サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« 緑の川 | トップページ | 宇宙人ポール »

2012年1月 6日 (金)

永遠の僕たち

two of us
three of us か?


Restless1

公式サイト http://www.eien-bokutachi.jp

舞台劇“Of Winter and Water Birds”の映画化

監督: ガス・ヴァン・サント

交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年イーノック(ヘンリー・ホッパー)。ただぶらぶらと怠惰な日常を送っている彼の唯一の友人は、彼だけにしか見えない、死の世界から来た日本人特攻パイロットの青年ヒロシ(加瀬亮)だけ。喪服を着て他人の葬式に潜り込む趣味があるイーノックは、ある葬式で、余命3ヶ月と宣告されている癌患者のアナベル(ミア・ワシコウスカ)という少女に出会う。

アナベルという少女と出会い、恋をし、彼女の死を見届け、両親を失った悲しみを乗り越える、イーノックという少年の成長の話。

青春だなあ。
とってもピュアで初々しいの。
映像もきれいでした。
撮影は、監督の故郷のポートランドだそうですね。
10代だったら、胸にキュンキュンきちゃうんだろうなあ。
「僕の初恋をキミに捧ぐ」を思い出しちゃいました。

ビートルズの“Two of Us”をバックに始まるオープニング。
地面に横たわった自分の体の輪郭を、チョークで書く様子から、彼がまだ悲しみに囚われているのがわかります。

両親を失い叔母と暮らしているけれど、事故にあった日は、叔母の授賞式に向かう途中だった。そのため、叔母を許せない。叔母は残された彼のために、全てを捨てて一緒に暮らしているというのに。
理不尽な理由だけれど、そう思わないとやりきれない気持ちもわかります。特に10代の時って、そんなものよ。

3分間死んでいたのに、自分だけが生き残った。3ヶ月も昏睡状態だったため、両親の葬式も知らない間に済んでいた。
そして昏睡状態から目覚めると、死んだ特攻隊員の日本兵のヒロシが見えるようになっていた。

アナベルは、そんなイーノックを変人扱いせず、ごくふつうに接してくれるので、イーノックは親近感を覚え、彼女と付き合い始めます。

Restless2

彼女が余命3ヶ月と知っても、その時間を楽しく過ごそうとします。

Restless3

アナベルが、自分の葬式の希望する演出を話すと、準備を手伝うというイーノック。
2人で楽しい時間を過ごしていたけど、いよいよアナベルの死期が迫ってくると、治ってほしい、生きてほしいと思うイーノック。

Henry_hopper

デニス・ホッパーって、5回も結婚してるのね。
4人いる子供のうち、ヘンリーは4番目の妻との子で、唯一の男の子。
繊細な少年を、とてもうまく演じていると思いました。
時々怒りや悲しみが爆発してしまう様子も、良かったです。

ミア・ワシコウスカは、少年ぽいルックスになってますね。
ガス・ヴァン・サント監督がゲイだから?

アナベルのように死を受け入れて残された日をすごすのは、現実にはなかなかむずかしいかも。

日本兵のヒロシは、なぜか英語をしゃべってる。
でも日本の特攻隊員の気持ちを、きちんと描いていると思いました。
ヒロシは、さりげなくイーノックを見守っている感じ。
イーノックを見ている、ヒロシの佇まいがいいわ。

正装して現われたヒロシに、イーノックが深々とお辞儀をする場面は涙が出ました。
イーノックの成長が感じられたシーンです。
ラストのイーノックの笑顔が、とてもよかったわ。
彼は前に進んでいけるわね。

(鑑賞日1月4日)

« 緑の川 | トップページ | 宇宙人ポール »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

>青春だなあ。
ですねえ。10代の特権みたいなもんを見せられたような気がしました。
悟りきった子供たちでしたね。おばさんは暖かく見守るしか無いのですが、なんかもっとぎらぎらしててもいいんじゃないかなあとも感じました。

★sakuraiさん
ガス・ヴァン・サントですから、きんぎらぎんにはなりませんねえ。
美しい感じでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/43631848

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の僕たち:

» 永遠の僕たち [心のままに映画の風景]
交通事故で両親を亡くし、自らも臨死を体験した少年イーノック(ヘンリー・ホッパー)は、日本人の青年ヒロシ(加瀬亮)の霊が見えるようになり、唯一の話し相手となっていた。 他人の葬式に紛れ込むこと...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [LOVE Cinemas 調布]
両親の死から立ち直れず、自分も臨死体験をした青年と、脳腫瘍で余命3ヶ月の少女の間の淡く切ない恋愛模様を丁寧に描く。監督は『ミルク』のガス・ヴァン・サント。主演は故デニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパーと『アリス・イン・ワンダーランド』のミワ・ワシコウスカ。共演に日本の加瀬亮も出演している。第64回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門のオープニング上映作品。... [続きを読む]

» 終わりじゃない〜『永遠の僕たち』 [真紅のthinkingdays]
 RESTLESS  両親を亡くし、高校をドロップアウトした少年イーノック(ヘンリー・ホッパー) は、ある告別式で透き通るような存在感の少女・アナベル(ミア・ワシコウスカ) と出逢う。 ...... [続きを読む]

» 「永遠の僕たち」 消化しきれていない死 [はらやんの映画徒然草]
2012年、最初の作品はこちら、「永遠の僕たち」です。 他のブロガーさんの昨年の [続きを読む]

» 永遠の僕たち(2011)☆RESTLESS [銅版画制作の日々]
 天国より近くにいる君へ 評価:+8点=78点 フリ―パスポート第三弾はこの作品を鑑賞! 何か微妙な点数になりました。 一番気に入ったのはこの映像かな。淡い雰囲気でちょっとぼんやりしている。時代はいつごろなのかしら? ミア・ワシコウスカのファッションもな...... [続きを読む]

» 『永遠の僕たち』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「永遠の僕たち」□監督 ガス・ヴァン・サント □脚本 ジェイソン・リュウ □キャスト ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬 亮■鑑賞日 12月30日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  青春&ドラマ&ロマンス  監督:ガス・ヴァン・サント  出演:ヘンリー・ホッパー      ミア・ワシコウスカ      加瀬亮      シュイラー・フィスク ... [続きを読む]

» 死と素敵な笑顔。【映画】永遠の僕たち [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】永遠の僕たち 監督はガス・ヴァン・サント監督。 主演にデニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパー。 アリス・イン・ワンダーランドのミア・ワシコウスカ。 日本の加瀬亮も重要な役で登場。 【あらすじ】 交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年イー... [続きを読む]

» 映画「永遠の僕たち」生きることに実感できない毎日の空虚 [soramove]
「永遠の僕たち」★★★☆ ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮出演 ガス・ヴァン・サント監督、 90分、 2011年12月23日公開 2010,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (原題:RESTLESS) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 不治の病に冒された少女と、 死に取り憑かれた青年の恋の物語 ... [続きを読む]

» 映画『永遠の僕たち』@劇場 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
ノーチェックだったのですが、時間がピッタリだったのと 加瀬くんが出ていることを知って、観て参りました。 『永遠の僕たち』 [続きを読む]

» 永遠の僕たち [映画的・絵画的・音楽的]
 『永遠の僕たち』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)本作は、自閉症気味の青年が主人公ですが、実はこれもまた、余命3カ月と宣告された少女を巡る物語でもあります。  であれば、『50/50』と『私だけのハッピー・エンディング』、それに本作という具合に、短期間...... [続きを読む]

» 映画・永遠の僕たち [読書と映画とガーデニング]
2011年 アメリカ原題 Restless 不治の病に冒され余命3ヶ月の少女アナベル(ミア・ワシコウスカ)両親を交通事故で亡くしてから死に取り憑かれた少年イーノック(ヘンリー・ホッパー)二人のナイーブで優しいラブストーリーですもう一人、重要な役回りを演じるのが...... [続きを読む]

» 死を感じながら [笑う学生の生活]
4日のことですが、映画「永遠の僕たち」を鑑賞しました。 臨死体験を葬式に参列するのを日常とする少年、病で余命わずかな少女 2人の交流と恋・・・ ストーリーはなんてことないのだが 非常に空気感ができていますね ピュアで繊細な、優しい・・・ 2人の恋、青春劇...... [続きを読む]

» 「永遠の僕たち」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
他人の葬式に潜り込む少年なんて、「ハロルドとモード」だな。 あの映画で待っていたのは、八十歳近いおばあさんだけど、こちらは十代の少女。 葬式で知り合った若い恋人たちの物語。 何気なく振り向いたときの、ミア・ワシコウスカのなんとも言えずチャーミングで瑞々...... [続きを読む]

» 映画:永遠の僕たち Restless「死」に取り付かれた青春映画、ってかなり嫌悪しつつ妙に残るものが、嗚呼... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
「死」にまつわるストーリー展開は、基本パスな私。 なのだけれど、監督がガス・ヴァン・サントなので。 他人の葬式に勝手に参加する少年。 これにからむ女性、そして幽霊(なんと特攻隊員!) この関係性が少しずつ動き出す。 最初は嫌々(笑)観ていた。 のだが、...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [食はすべての源なり。]
永遠の僕たち ★★★★☆(★4つ) 余命三ヶ月と、臨死体験をした期限付きラブストーリー。 死を死として描き、美化されずよかったと思います。 加瀬さんの英語発音がきれい!と思ったら、帰国子女だったんですね。...... [続きを読む]

» 『永遠の僕たち』 [beatitude]
イーノック(ヘンリー・ホッパー)は、自動車事故で両親を亡くして以来、生きることを諦めてしまった少年。見知らぬ人の葬儀に、遺族のふりをして参列することが彼の趣味だった。ある時、いつものように葬儀に参列していると、係員から問い詰められてしまう。窮地を救って...... [続きを読む]

» [映画『永遠の僕たち』を観た(スマン、短信だ)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これは、激烈な傑作であった。  残業を午後八時までした後、家と逆方向の多摩センターまでレイトショーを観に行き、心に、淡々と、だが大きな感動を、この作品は与えてくれた。    ◇  見知らぬ者の葬式に参列し、雰囲気をそれとなく観察することを趣味としている...... [続きを読む]

» ■映画『永遠の僕たち』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
17歳で死を目前にした少女、両親を事故で亡くし自身も臨死体験をした少年、特攻隊として自ら敵機に飛び込んだ体験を持つ日本兵。 この三人が過ごすまぶしい日々を描いた映画『永遠の僕たち』は、重いテーマを持ちながらも、キラキラとまぶしい青春物語です。 生と死の狭間でゆ... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「ミルク」のガス・ヴァン・サント監督が、事故で両親を失った孤独な少年とガンで余命いくばくもない少女の交流を繊細なタッチで綴ったラブストーリー。出演は、個性派俳優デニス ... [続きを読む]

» 映画:永遠の僕たち [よしなしごと]
 まだ見てから1ヶ月もたっていないのに、見たこともすっかり忘れてました。と言うわけで今回は永遠の僕たちのレビュー記事です。 [続きを読む]

» 映画『永遠の僕たち』を観て [kintyres Diary 新館]
11-93.永遠の僕たち■原題:Restless■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:寺尾次郎■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ □監督・製作:ガス・ヴァン・サント□脚本(脚色):ジェイソン・リュウ□撮影監督:ハリス・サヴィデス□編集:エリオ...... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★余命わずかな女の子との恋物語は日本のドラマなどでもわりとよくある話のように思います。 この映画の面白いところは、人の死に惹かれてしまったという主人公と、その友人のヒロシの存在だと思います。 赤の他人の葬儀に参列するなんて常識では考えられない不謹慎な奇行ですよね。 イーノックの両親が死んだ事故の際、一緒に車に乗っていた彼は昏睡状態となり、臨死体験をします。そんな中で両親の葬儀が執り行われ、言ってみればイーノックが知らないうちに両親が墓に入ってしまった形になってしまうのでした。そんなことを考える... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [迷宮映画館]
ガス・ヴァン・サントがこんな映画を撮るとは!!と、ちょっとびっくり。 [続きを読む]

» 永遠の僕たち [いやいやえん]
故デニス・ホッパーの息子のヘンリー・ホッパーさんが主人公。臨死体験をしたせいで彼だけにみえる特攻隊の幽霊の青年ヒロシ(加瀬亮さん)、知らない人の葬式を練り歩いたり、道に倒れた自分の周りに白線を引くなどの死への捉われなど、暗い話かと思えば、生を謳歌する切ない余命3ヶ月のラブストーリーでもあるじゃないの。ミア・ワシコウスカさんが大胆に髪を切って好演しています。 大切な人と出会いそして失うことによって生命力溢れる人間らしさを取り戻すという主人公イーノックの心の成長とも取れると思う。 描かれるの... [続きを読む]

» 永遠の僕たち [新・映画鑑賞★日記・・・]
【RESTLESS】 2011/12/23公開 アメリカ 90分監督:ガス・ヴァン・サント出演:ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラー・フィスク、ジェーン・アダムス、ルシア・ストラス、チン・ハン 天国より近くにいる君へ 交通事故で両親を失い、自身も臨死...... [続きを読む]

» 「永遠の僕たち」 [或る日の出来事]
“Two of Us”で始まったのは思いがけなくて、ビートルズ好きな私は感激したけど。 [続きを読む]

» 『永遠の僕たち』 [cinema-days 映画な日々]
永遠の僕たち 両親を交通事故で亡くし 生き残った登校拒否児が 葬式巡りで脳腫瘍の少女と出会う... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Restless [続きを読む]

« 緑の川 | トップページ | 宇宙人ポール »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ