サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« 僕と彼女とオーソン・ウェルズ | トップページ | 映画の福袋 »

2012年2月 9日 (木)

ビーストリー

現代版 美女野獣
シャイなビーストがかわいい

Beastly

公式サイト http://www.finefilms.co.jp/beastly

原作: ビーストリー (アレックス・フリン著/角川文庫)

カイル(アレックス・ペティファー)は、わがままで考えが浅いが、高校では絶大な人気を誇っている。自分の容姿にうぬぼれ、自信過剰になっているカイルが、おふざけでいじめの対象に選んだのは、ケンドラ(メアリー=ケイト・オルセン)という魔女と噂される風変わりな女の子。しかし、ケンドラはカイルの心ない仕打ちに動じず、カイルを懲らしめるために教訓を与えることにする。カイルの姿を内面と同等の醜い姿に変えてしまい、1年以内に誰かに“愛している”と言われなければ、永遠に“ビーストリー(忌まわしい)”の姿のままという魔法をかける。

美女と野獣の主人公は女の子だけど、これはビーストに変えられてしまった男の子カイルの目線の物語。

カイルはお金持ちで、父親は有名な人気キャスター。

Beastly5

うぬぼれが強くて傲慢な感じがよく出てました。
顔だけでなく、体もお見事↓

Beastly2

それが呪いでこんな顔に↓

Beastly3

腕もこんな↓

Beastly4

でもこの腕、カイルの行動で、星やお花が出るの。(*^m^)

Beastly6

ビーストの姿になる前に、自分の取り巻き達とはちょっと違うタイプで、気になる女の子ができます。それがヴァネッサ・ハジェンズが演じるリンディ。

人は外見が一番というカイルの父親は、ビーストになったカイルを遠ざけます。

両親が離婚して母親はいないし、父親は仕事ばかりで、全くカイルをかまってくれません。
カイルは親の愛情に飢えている男の子
醜い姿になってしまって一番悲しかったのは、父親が自分を別の家に住まわせ、全く会いに来てくれない事。
学校にも行けず、誰にも会えないカイルは、リンディの様子をこっそり遠くから見る日々。

リンディの父親は教師だったけど、妻が死んで以来ヤク中。
ヤクの売人とのトラブルで人を殺してしまい、リンディ親子は相手の弟に命を狙われます。

その様子を見ていたカイルは、自宅にリンディをかくまいます。
しかし身分を偽り、リンデイの父親の古い友人の息子で“ハンター”という名前だといいます。
そうとは知らず、父親に連れられて、渋々カイルの家に来たリンディでしたが、次第にビーストに心を開いていきます。

醜い姿になって、シャイで、一所懸命リンディの気をひこうとするカイルの様子が可愛いです。happy01heart

盲目の家庭教師ウィル(ニール・パトリック・ハリス)や、家政婦のゾラ(リサ・ゲイ・ハミルトン)に度々助言を求めます。

いやー、ビーストの姿の時のアレックスくんの演技が、予想外に良かったのは収穫だったわ

孤独や悲しみ、苦悩する様子がよくわかり、共感を呼びます。

ヴァネッサも、雰囲気は地味だけどしっかりした女の子リンディを、うまく演じていたと思います。

カイルが醜い姿になる前の恋人スローンに、メラニー・グリフィスの娘、ダコタ・ジョンソン

ラスト、ケンドラの次のターゲットは、カイルの父親でしょうか。(笑)

(鑑賞日2月8日)

« 僕と彼女とオーソン・ウェルズ | トップページ | 映画の福袋 »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

風子さん、こんばんは。

アレックスくんは孤独感や苦悩を自然に表わしていて思ったよりも良かったですね。
ヴァネッサさんの意志のある凛とした雰囲気も印象的でした。

>ラスト、ケンドラの次のターゲットは、カイルの父親でしょうか。(笑)

このオチは最高ですよね。^^

★BCさん
展開は決まっているので、出演者たちの演技を楽しみました。
ゾラとウィルも良かったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/44031875

この記事へのトラックバック一覧です: ビーストリー:

» ビーストリー/Beastly [LOVE Cinemas 調布]
有名な童話『美女と野獣』をモチーフにしたアレックス・フリンの同名ファンタジー小説を映画化した青春ラブストーリー。主演は『アイ・アム・ナンバー4』のアレックス・ペティファー。ヒロインに「ハイスクール・ミュージカル」シリーズのヴァネッサ・ハジェンズ。共演にメアリー=ケイト・オルセン、ニール・パトリック・ハリスが出演している。監督は本作で長編二作目となるダニエル・バーンズ。... [続きを読む]

» 「ビーストリー」 [みんなシネマいいのに!]
 「美女と野獣」を現代の若者に設定を置き換えたファンタジック・ラブストーリー。  [続きを読む]

» 〜『BEASTLY ビーストリー』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:アメリカ映画、ダニエル・バーンズ監督、アレックス・ペティファー、ヴァネッサ・ハジェンズ、メアリー=ケイト・オルセン、ニール・パトリック・ハリス、エリック・ナドセン出演。... [続きを読む]

» ビーストリー [だらだら無気力ブログ!]
展開が強引で安直過ぎやしないか・・・? [続きを読む]

» ビーストリー [ここなつ映画レビュー]
中学生の息子がデートムービー(死語?)で観たらいいかも。勿論、大人も充分楽しめます。 まあ、私は冒頭の3分、ノリノリの音楽をバックにジムで身体を鍛える超ナルシストのカイル(アレックス・ペティファー)の肢体が観られただけで、お腹いっぱいで。 現代ニューヨーク版の「美女と野獣」。ストーリーを簡単に言うと、容姿と物質的に恵まれた高校生のカイルは、非常に傲慢でわがままな男子で、常に自分のしたいように振舞ってきた。例えそれが誰を傷つけることになっても。ある日、同... [続きを読む]

» 「ビーストーリー」 魔法を解くのは真実の愛(*≧ε≦*) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
[E:heart04]魔法を解くのは真実の愛[E:heart04] 不朽の名作『 [続きを読む]

» ビーストリー [いやいやえん]
ヴァネッサ・ハジェンズさん、アレックス・ペティファーさん共演。まさに王子様のような美貌というカイルにアレックス・ペティファーさんは似合っていたと思います。 それが醜い内面が外面に変えられて、1年以内に内面を愛してくれる人を見つけなければ、永遠に忌まわしい姿のまま。 見た目は地味だけど心根は美しいリンディと出会い、カイルも次第に変わっていきます。醜い姿のカイルがたくさんの薔薇のある温室にリンディといるシーンが好きですね。醜いといっても容貌自体が壊れているわけではなく、顔面傷だらけというかス... [続きを読む]

» ビーストリー [銀幕大帝α]
BEASTLY/11年/米/86分/青春ファンタジー・ロマンス/劇場公開(2012/02/04) −監督− ダニエル・バーンズ −脚本− ダニエル・バーンズ −出演− *ヴァネッサ・ハジェンズ『エンジェル ウォーズ』・・・リンディ・テイラー *アレックス・ペティファー『アイ・アム・...... [続きを読む]

« 僕と彼女とオーソン・ウェルズ | トップページ | 映画の福袋 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ