鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 人生はビギナーズ | トップページ | TIME/タイム »

2012年2月17日 (金)

マシンガン・プリーチャー

憎しみに心を支配されたら負け

Machinegun_preacher

公式サイト http://mgp-eiga.com

実話の映画化

監督: マーク・フォスター  「チョコレート」 「ネバーランド」 「007/慰めの報酬」 

刑務所を出所したサム・チルダース(ジェラルド・バトラー)は、麻薬と酒に溺れる元の生活を送っていた。ある日、自分が起こしたある事件に対して自責の念に駆られ、信仰に目覚めた妻のリンに助けを求め、生まれ変わるつもりで洗礼を受ける。建設現場で真面目に働き始めた彼は、やがて会社を設立し第二の人生を歩み始めた。数年後、数年後、教会で牧師からウガンダの話を聞いて興味を持ったサムは、現地へボランティアに向かうことにする。そこで彼が見たのは、武装ゲリラ「神の抵抗軍(LRA)」の恐怖にさらされる子供たちだった。

ドラッグの売人で、薬売人のための銃携帯のガードマンもしていた、実在のサム・チルダース。
出所すると、ストリッパーはだった妻は信仰に目覚め、工場勤めをしていた。でもサムは、また元の稼業にもどる。
ある日、男を殺してしまったと思った思い、罪の意識に苛まれ、信仰に救いを求める。
あとになって、路上に捨て置いたその男は、病院に運ばれて命が助かっているのを知ります。

住居修復のボランティアでアフリカへ行ったサムは、内戦中の現地で、地雷でバラバラになった死体をみる。

子供たちを救おうと、孤児院の建設を計画します。
寄付はなかなか集まらず、アメリカのペンシルベニアにある自宅を売ってまで、アフリカの子供たちを救おうとします。

もう、彼の頭の中は、アフリカの子供たちの事でいっぱい。
アメリカにいる妻子はたまりませんね。
自分達の生活を犠牲にしてまで、サムはアフリカでの活動にお金をつぎ込みます。

孤児院で子供を保護するだけでなく、LRAにさらわれた子供たちを救出しようと、マシンガンを手にします。

見ているのは、本当に辛い現実です。
実際にサムが見たアフリカでの光景は、彼にとってあまりにも衝撃的だったのでしょう。
取りつかれたように、アフリカの子供たちをなんとか救いたいと行動します。
武力なしで解決できればいいですが、この瞬間にも村が襲われ、殺戮と子供の拉致が続いている。和平成立を待っている間にも、どんどん犠牲者が増える。
少年兵を増やさないようにしなければという思いもわかります。
黙って見ていられず、とにかく今できる行動が、彼にとってはマシンガンを持つことだった。

サムが活動を始めて13年経っても、まだ続いているのが悲しいですね。

他のいくつかの映画でも、家族を殺して子供たちを拉致して少年兵にするのを見ましたが、本当に今でも続いている地域があるんですよね。

映画を通して、広く多くの人に現状を知ってもらえるといいです。
自分には何ができるだろうと考えさせられます。

ジェラルド・バトラーは、サムの熱情が伝わってくる演技でした。

サムの妻役に、ミシェル・モナハン
母親に、キャシー・ベイカー
友人ダニーにマイケル・シャノン

(鑑賞日2月15日)

« 人生はビギナーズ | トップページ | TIME/タイム »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
自分の家族を犠牲にしていますが、簡単に家族のそばにいるべき、とは言えないですよね…。
銃に対抗するには銃しかないという現実もつらいです。
いろいろ考えさせられました。

★すぷーきーさん
辛い現実ですよねえ。
実際に現場を見たら、何かせずにはいられなくなるのでしょうね。
ほんと、色々考えさせられました。

本当に見てて辛かったです。
なんでここまでできるんだろう・・って思うほどのことが現実に起きてるんですよね。
アフリカの内戦・内紛の少年兵を使うことと、ナタで腕を簡単に切り落としするのを見るたび、マジに頭抱えたくなります。
なんとかせねば・・・と思うのですが、なにもできない自分悔しいです。
そう思うと、サムさんは、手段はどうあれ、凄いですよねえ。

★sakuraiさん
実際に目にしたら、何かせずにいられなくなってしまうのでしょうね。
是非はともかく、行動にでたサムさんは本当にすごいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/44129995

この記事へのトラックバック一覧です: マシンガン・プリーチャー:

» マシンガン・プリーチャー/Machine Gun Preacher [LOVE Cinemas 調布]
アフリカはスーダンの内戦でゲリラに誘拐された子どもたちを救うために奔走する実在の活動家、サム・チルダースを描いた人間ドラマ。主演は『完全なる報復』のジェラルド・バトラー。共演に『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のミシェル・モナハン、『ロシアン・ルーレット』のマイケル・シャノンが出演している。監督は『チョコレート』のマーク・フォスター。... [続きを読む]

» 『マシンガン・プリ―チャー』 [ラムの大通り]
(英題:Machine Gun Preacher) 「こんな変な映画、 久しぶりに観た気がする」 ----“変”? これって、実際の人がモデルになっているんでしょ? ちょっと失礼じゃニャい。 「いくつもの物語、エピソードが 一つの映画に入っているようで 妙に収まりが悪く感じる。 でも...... [続きを読む]

» 『マシンガン・プリーチャー』 [こねたみっくす]
もしあなた方の子供や家族が誘拐されそれを私が助けると言ったら、その手段を選びますか? 実際に南スーダンで十字架よりもマシンガンで武装組織LRAに誘拐された子供たちを救うた ... [続きを読む]

» マシンガン・プリーチャー。 [すぷのたわごと。]
『マシンガン・プリーチャー』を観に行ってきました。 タイトルだけ見るとB級アクションっぽいけど、実話をもとにしたシリアスな話。 “銃を持った牧師”と呼ばれる元麻薬密売人が、アフリカの子供達を救い続ける半生を描いたもの。 原題は『MACHINE GUN PREACHER』。 刑務所を出所したサム・チルダース(ジェラルド・バトラー)は、妻リン(ミシェル・モナハン)が信仰に目覚め、ストリッパーを辞めたことが気に食わない。 麻薬に溺れ、犯罪に手を染めるサムだったが、ある事がきっかけで信仰に..... [続きを読む]

» 『マシンガン・プリーチャー』 [こねたみっくす]
もしあなた方の子供や家族が誘拐されそれを私が助けると言ったら、その手段を選びますか? 実際に南スーダンで十字架よりもマシンガンで、武装組織LRAに誘拐された子供たちを救う ... [続きを読む]

» ■映画『マシンガン・プリーチャー』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
酒・麻薬・暴力にまみれ、恋人がストリップで稼いだお金で暮らすいわゆる“ホワイト・トラッシュ”から、マシンガンを携えて子どもを守る超武闘派“プリーチャー”に変身した実在の男、サム・チルダースを描いた映画『マシンガン・プリーチャー』。 サム・チルダースを演じるジ... [続きを読む]

» 「マシンガン・プリーチャー」 [みんなシネマいいのに!]
 アフリカの内戦地域で子どもたちを守ろうとマシンガンを手に奮闘する牧師。 演じる [続きを読む]

» 映画「マシンガン・プリーチャー」今も実際に起こっている現実を知る [soramove]
「マシンガン・プリーチャー」★★★☆ ジェラルド・バトラー、ミシェル・モナハン、 マイケル・シャノン、キャシー・ベイカー、 スレイマン・スイ・サヴァネ出演 マーク・フォースター監督、 129分、2012年2月4日公開 2011,アメリカ,日活 (原題:MACHINE GUN PREACHER ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ... [続きを読む]

» マシンガン・ブリーチャー [ここなつ映画レビュー]
「心を憎しみで満たしたら奴らの勝ちになる。心を奪われてはだめだ。」 このセリフは、分別のある大人が言ったものでも、崇高な思想に支えられた教育者が言ったものでも、理想を追求する宗教家が言ったものでもない。虐殺と略奪と戦いの中で自分自身の手で母親を殺さなければならなかったスーダンの一少年が言ったセリフである。 このセリフにひどく胸を打たれたのは、この「マシンガン・ブリーチャー」のサム・チルダースだけではない。作品を観た誰もが、茫然自失になりながらも、この言葉の持つ意味を深く噛み締めるのである。 そ... [続きを読む]

» 映画『マシンガン・プリーチャー』を観て [kintyres Diary 新館]
12-11.マシンガン・プリーチャー■原題:Machine Gun Preacher■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:李静華■観賞日:2月4日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)□監督・製作総指揮:マーク・フォースター□脚本:ジェイソン・ケラー□撮影監督:...... [続きを読む]

» 目には目を、という確実性 『マシンガン・プリーチャー』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:マーク・フォースター出演:ジェラルド・バトラー、ミシェル・モナハンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・5点 [続きを読む]

» 「マシンガン・プリーチャー」 世界の子供を救えヽ(´▽`)/ [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
アフリカの内戦地域で子どもたちを守ろうとマシンガンを手に奮闘する実在の牧師サム・ [続きを読む]

» マシンガン・プリーチャー [新・映画鑑賞★日記・・・]
【MACHINE GUN PREACHER】 2012/02/04公開 アメリカ PG12 129分監督:マーク・フォースター出演:ジェラルド・バトラー、ミシェル・モナハン、マイケル・シャノン、キャシー・ベイカー、スレイマン・スイ・サヴァネ、マデリン・キャロル ただ、救いたい――。拉致された...... [続きを読む]

» マシンガン・プリーチャー [miaのmovie★DIARY]
マシンガン・プリーチャー [DVD](2012/08/03)ジェラルド・バトラー、ミシェル・モナハン、マイケル・シャノン商品詳細を見る 【MACHINE GUN PREACHER】 制作国:アメリカ 制作年:2011年 日々銃弾の飛び...... [続きを読む]

» マシンガンプリーチャー [シネマ日記]
なんか題名だけを見るとふざけた映画みたいに思えますが、実話の映画化です。刑期を終えて出所したばかりのサムチルダースジェラルドバトラー。特に反省の様子はなく昔の仲間ドニーマイケルシャノンにすぐに会いに行き、すぐに麻薬を打って、ギャングの麻薬工場を襲い金を...... [続きを読む]

« 人生はビギナーズ | トップページ | TIME/タイム »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ