サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

    パワーレンジャー

    トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

日本へのメッセージ

« 映画の福袋 | トップページ | 人生はビギナーズ »

2012年2月12日 (日)

ドラゴン・タトゥーの女

心に闇を抱える孤独な刺青女

Dragontattoo

公式サイト http://www.dragontattoo.jp

原作: ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン著/ハヤカワ・ミステリ文庫)
監督: デヴィッド・フィンチャー

ストックホルムに住む雑誌ミレニアムの敏腕記者ミカエル(ダニエル・クレイグ)は、実業界の大物ヴェネンストレム氏の告発記事を書いたが、逆に名誉毀損で訴えられて有罪となってしまう。記者生命が危うくなった彼に、大富豪のヴァンゲル一族の元会長ヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)から、仕事の依頼が来る。それは40年前に起きた彼の姪、ハリエットの失踪事件の究明だった。ヘンリックは、彼女が一族の誰かに殺されたと考えていた。
ミカエルは、一族の弁護士から紹介された、風変わりだが天才的な調査能力を持つ、リスベット(ルーニー・マーラ)を助手として、事件の手がかりを捜していく。

早々にハリウッドリメイクが決まっていて、監督がデヴィッド・フィンチャーなので、これはハリウッド版の方が面白いかもと、あえてオリジナルのスウェーデン映画は未見、原作未読で見に行きました。

サスペンスミステリーが好きな人は、是非どうぞ。

ダニエル・クレイグはできる男って感じがよくでていて、かっこよかったです。

劇場公開はR15ですが、ジャパンプレミアで上映されたのは、編集前のR18版だったそうですね。そっちが見たかったかも。(笑)

カレン・オーがカバーしたチェッペリンの「移民の歌」がバックに流れる、オープニングの白黒映像が、さすがフィンチャーって感じで、とってもスタイリッシュ。
リスベットの悪夢を表現したそうです。

スウェーデンの風景も、とてもきれいな映像でした。

Dragontattoo_2


最初リスベットは、ミカエルを調査しています。これはヘンリックが調査会社に依頼した仕事。その会社の非常勤職員がリスベット。彼女はいつも違法な方法で、情報収集を行ないます。そして依頼された仕事以外に、自分の興味から、独自に誰かを調べる事もします。

ミカエルがクリーンだとわかると、ヘンリックはハリエットの事件を依頼します。

ハリエットの事件を調べるミカエルと、リスベットの私生活の様子が同時進行で進みます。
2人が一緒にハリエットの事件を捜査するのは、大分経ってから。

Dragontattoo_3

リスベットは23歳なのに、精神病院いたことがあるので、後見人がいるんですね。優しかった後見人が脳卒中で倒れてしまい、別の後見人がつくのですが、これがとんでもない変態野郎。
子供の頃からずっと悲惨な生活で、男性に優しくしてもらった事が、ほとんどなかったんでしょうね。精神的に病んでいる部分があるのは、そのせいだと推測できます。
「ソーシャル・ネットワーク」では大して印象に残らなかったルーニー・マーラが、大胆なベッドシーンや、レイプシーンをヌードで演じています。
この役をやりたがった有名女優さん達もいたそうですが、中性的なルックスのマーラが、とても合っていますね。

Dragontattoo_1

ミカエルは離婚した妻と娘がいますが、既婚者である編集長のエリカ(ロビン・ライト)と長年男女の関係にあります。もちろんリスベットは知っていますが、自分からミカエルに迫って、関係を持ちます。
その後も度々関係を持ちますが、自分がミカエルに持っている感情と、彼が自分に持っている感情が違うことに、あとになって気づかされるのよ。
かわいそうではあるけれど、人付き合いがほとんどできず、男女の付き合い方なんてまだわかっていない子供なのよ。

ハリエットの事件の手がかりを見つけて、真相に近づいていく様子は、とても引き込まれました。これは間違いなく楽しめます。
ただ、ヴァンゲル家の家系図が、映画だけでは頭に入りません。

事前にヴァンゲル一族の家族関係を頭に入れてから、見た方がいいですね。

ハリエットの母親は健在ですが、父親はアル中で、ハリエットの失踪の数年前に溺死しています。
きっとただの溺死じゃないはず思って見ていましたが、やっぱりね。
そして、過去の猟奇的な未解決の連続殺人が、謎を解く鍵になっていきます。

ハリエットの事件の真相がわかって終わりかなと思ったら、そう、この物語はドラゴン・タトゥーの女の話だったんだと、気づきました。

上映時間158分だから、ここまででもかなり長いのよ。事件解決までは気にならなかったけど、この後が長く感じてしまいました。

リスベットは、ヴェネンストレムの記事に関して、ミカエルは正しいと証明しようとします。但し、非合法な手段を使うのがリスベット。

ハリエットの兄に、ステラン・スカルスガルド

ハリエットが失踪した当時のヘンリック役の人が、なかなかかっこいいと思ったら、「眺めのいい部屋」のジュリアン・サンズでした。

(鑑賞日2月10日)

« 映画の福袋 | トップページ | 人生はビギナーズ »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

ものすごいお久しぶりのジュリアン・サンズでした。
なんか若くなってた。
映画になる以前に読んでしまってましたが、本の大ファンです。
最高に面白いですよ。こんだけ出来のいい本はめったにないですから、機会がありましたらぜひどうぞ!

★sakuraiさん
眺めのいい部屋は20年以上前の作品なんですね。
今でもハンサムですね。

原作は、必ず読むつもりですぅ。

面白かったです。
原作を読んでないですし、スウェーデン版の映画も見ていないので全く予備知識なしで見たのですが、とても楽しめました。
ルーニー・マーラ演じる天才ハッカーのヒロイン”ドラゴン・タトゥーの女”リスベットがとても良かったです。
ルーニー・マーラ、「ソーシャル・ネットワーク」では出番は短かったですが、結構印象に残っています。

横溝正史の犬神家みたいな一族の関係は分かりにくいですが、さすがフィンチャー監督うまく処理していたと思います。
映画がとても面白かったので、この後がとても気になりました。
特にリスベットがどうなるのか。
なので、原作を読んでみようと思っています。

★きささん
私も原作やオリジナルを見ていないので、展開を楽しめました。
原作を読む予定です。

監督が監督だけに、オリジナルを見ていないけど、見てきました。
やはり、ルーニー・マーラーが演じたリスペットが印象に残りました。
彼女が主役なんですよねっ?
あの後見人に仕返しをするシーンは、目もそむけたくもなるけど、拍手したい気持ちになりました。
あの「ソーシャル・ネットワーク」とあまりに違うのに驚いたけど、
さすが女優でした。渾身の演技でした。
明日のアカデミー賞で、主演女優賞をゲット出来るでしょうか?

ラストは切なかったですが・・・。

★紫の上さん
>「ソーシャル・ネットワーク」とあまりに違うのに驚いたけど

こういう役も演じられると見抜く、監督にも驚きますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/44052080

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン・タトゥーの女:

» ドラゴン・タトゥーの女 [悠雅的生活]
押し花。封鎖された橋。室内禁煙。 [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO】 2012/02/10公開 アメリカ R15+ 158分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ロビン・ライト 月刊誌「ミレニ...... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [Memoirs_of_dai]
リスベットの魅力減 【Story】 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪事件...... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(10) エスカレーターを使った一連のアクションに「おぉ〜!」 [続きを読む]

» 「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 [はらやんの映画徒然草]
スウェーデンの映画「ミレニアム」(こちらは未見。原作も未読)を鬼才でデヴィッド・ [続きを読む]

» 「ドラゴン・タトゥーの女」 [みんなシネマいいのに!]
 スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリーを映画化。 本国スウェーデ [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [だらだら無気力ブログ!]
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。 [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [Akira's VOICE]
劇的は薄めだが,タイトルロールの女性が濃い味。   [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [心のままに映画の風景]
スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)は、大物実業家の不正告発記事を暴き、名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。 そんな時、国内有数の...... [続きを読む]

» 面白い!『ドラゴン・タトゥーの女』 [水曜日のシネマ日記]
40年前に起きた少女の失踪の謎を解き明かす物語です。 [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [迷宮映画館]
雰囲気はきっちり出ていた。さすがフィンチャー!みせるのはうまいぞ。 [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [青いblog]
解説 英題: THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 製作年: 2011年 製作国: アメリカ 日本公開: 2012年2月10... [続きを読む]

» [映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆スウェーデン映画のリメイク作だそうだが、それらの作品は都内でしかやっていなかったので、多摩地区で保護観察下にあり、後見人に虐待されている私には観に行くことが出来なかった(←こういうこと書くと本気にするバカがいるんだよなぁ^^;)。  ・・・のだが、この...... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
2009年に映画化されたスティーグ・ラーソンのベストセラー小説をデヴィッド・フィンチャー監督が再映画化。40年前の少女失踪事件の謎を、敏腕ジャーナリストと高い資料収集能力を持 ... [続きを読む]

» 【映画】ドラゴンタトゥーの女 [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:洋画nbsp; 本作品は原作があるみたいですが、 宣伝からして面白そうなのと アカデミー賞にノミネートされた ルーニー・マーラの演技も見たいのもあり見に行きました。 初っ端がツェッペリンってのがいいですね!! ロック好きの私には痺れます(笑) 感想としては 濃厚ですね。 時間も長いですが、内容も濃い。 謎に関してもよく作りこまれていましたし、 グイグイ引き込み観客も謎に一緒に引き込まれていくような感覚になります。 なので放映時間に比べると短く感じますが疲れます(笑) ... [続きを読む]

» ドラゴンタトゥ―の女(2011)★★THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO [銅版画制作の日々]
 誰がハリエットを殺した? 評価:=60点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。さすがハリウッドでリメイクしたということでの公開となるとこんなにも集客率が良いんだと改めて感心しました!その上にミカエル役には007のダニエル・クレイグですから、オリジナル版のミカエ...... [続きを読む]

» 『ドラゴン・タトゥーの女』 スウェーデン版との違いはココだ! [映画のブログ]
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。  同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチャー監督が2011年に放った『ドラゴン・タトゥーの女...... [続きを読む]

» 映画「ドラゴン・タトゥーの女」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ドラゴン・タトゥーの女」観に行ってきました。 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説「ミレニアム」三部作のうち、同名タイトルの第一部を実写映画化したハリウッド版リメイク作品。 この映画、SM強姦やレイプにフェラチオ、アナルセックスなど、15禁どころか18禁指定すらされても... [続きを読む]

» ★ドラゴン・タトゥーの女(2011)★ [Cinema Collection 2]
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 誰がハリエットを殺した?   上映時間 158分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/02/10 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 R15+  【解説】  スティーグ・ラ...... [続きを読む]

» 「ドラゴン・タトゥーの女」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
さすがは、デビッド・フィンチャー。この手の映画を撮らせたら右に出る者はいない。 常軌を超えた主人公の造型の確かさ。スピーディかつ切れのある映像のみごとさ。複雑に入り組んだ話を整理する手さばきの良さ。 目をそむけたくなるような残虐なシーンを織り込みながら...... [続きを読む]

» 「ドラゴン・タトゥーの女」ダークで重い…、見応え感ズッシリ。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード  スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“鬼才”デヴィッド・フィンチャー監督が、久々におどろおどろしい映画に挑戦しています。  スウェーデンの首都・ストックホルム。雑誌“ミレニアム”の記者、ミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は、実業家・ヴェンネルストレムの疑惑を追及する記事を書いたことで、名... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 ルーニー・マーラの演技に尽きるでしょ! [労組書記長社労士のブログ]
【=9 -0-】 初めて予告編を観たときに「こりゃ絶対に面白い!絶対にハズレはない!」と確信したので、封切りを今か今かと心待ちにしていた、期待は裏切られなかった〜!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪  雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉...... [続きを読む]

» 『ドラゴン・タトゥーの女』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ドラゴン・タトゥーの女」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 スティーヴン・ザイリアン □原作 スティーグ・ラーソン □キャスト ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ロビン・ライト、ステラン・スカルスガルド、ジュリアン・サ...... [続きを読む]

» ドラゴンタトゥーの女 / The Girl with the Dragon Tattoo デヴィッド・フィンチャー版 [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click カッコイイ ツェッペリンの「移民の歌」のカバーに合わせたオープニングの疾走感 質感の異なる黒くメタリックでクール、フィンチャーの昔のpvがさらに進化したような映像 2年前日本でも公開、スウェーデン...... [続きを読む]

» デヴィッド・フィンチャー監督 「ドラゴン・タトゥーの女」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。]
劇場で↓の予告を初めて観たとき… 【映画『ドラゴン・タトゥーの女』オンライン特報】 何この強烈なインパクト? いやぁ〜、もう絶対観たい! そう思って、公開前には原作本も読みました。 (原作本のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/892821da9b...... [続きを読む]

» 「ドラゴン・タトゥーの女」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 本国スウェーデンはもとより、世界各国でカリスマ的人気を誇るスティーグ・ラーソンの推理小説を、鬼才・デヴィット・フィンチャー監督でハリウッド映画化。    自他共に認める熱狂的フィンチャー信者である小生だが、それを差し引いても素晴らしい出来。先日DVDで鑑... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
パンク少女の純情。 スウェーデン発の世界的ベストセラー、背中にドラゴンのタトゥーを纏う女、リスベットと敏腕記者ミカエルの活躍を描く、「ミレニアム」三部作が本国で映画化されたのは僅か三年前の2009...... [続きを読む]

» 白い闇〜『ドラゴン・タトゥーの女』 [真紅のthinkingdays]
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO  北欧・スウェーデン。雑誌『ミレニアム』記者のミカエル(ダニエル・クレイグ) は、執筆した記事を巡る裁判で敗訴。全財産を失い、会社も存続の危機...... [続きを読む]

» 映画「ドラゴン・タトゥーの女」オリジナルを見ていても楽しめるフィンチャー 版 [soramove]
「ドラゴン・タトゥーの女」★★★★ ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、 クリストファー・プラマー出演 デヴィッド・フィンチャー 監督、 158分、2012年2月10日公開 アメリカ,SPE (原題:THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「2年前に見たばかりの作品、... [続きを読む]

» 「ドラゴンタトゥーの女」予習せよ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
オリジナル「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」を見ている人ならともかく、原作も未読な人は、公式サイトでしっかり人物相関図を頭に入れて観ることをオススメ。 できれば家系図も書いてみよう~... [続きを読む]

» 『ドラゴン・タトゥーの女』の成長の物語 [Healing ]
ドラゴン・タトゥーの女 ★★★★☆4.5 これはこれで、あり! D・フィンチャー版はファンを裏切らない スウェーデン版の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の公開時でしたか、 記憶が定かではないのですが、 「すでにハリウッドリメイクが決まっている」といわれていて、 若干の不安を感じながらも、楽しみに待っておりました。 それが、『ソーシャル・ネットワーク』の... [続きを読む]

» シネトーク101『ドラゴン・タトゥーの女』●もっとフィンチャーの毒を期待したのだが・・・・ [ブルーレイ&シネマ一直線]
映画が元気のミナモト! てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「静かなシーンの時にお腹がなるとすっごい恥ずかしい」 シネトーク101 『ドラゴン・タトゥーの女』 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO... [続きを読む]

» ■映画『ドラゴン・タトゥーの女』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
2009年、スウェーデンでスティーグ・ラーソンの小説、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」が映画化されました。 この原作は三部作になっており、映画も三部作になっています。 小説も世界的に話題になり、その幾重にも重なった謎解きの面白さと深いテーマ、斬新なキャラク... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 (The Girl with the Dragon Tattoo) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ映画 158分 サスペンス 採点★★★ 非常に当たり前の事なんですが、どんな国だって暗部ってのはあるんですよねぇ。もう、福祉大国だろうが安全・清潔を売…... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:早くあたたかくなってほしいよね? 参加中 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 」が面白かったので、 実はすぐ、続編の2,3も見てしまいました。 どれも2時間を超える作品なのですが、 飽きずに見てしまいました。 面白かったです。 原作がしっかりし... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [こんな映画見ました〜]
『ドラゴン・タトゥーの女』---THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO---2011年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ 、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ヨリック...... [続きを読む]

» モザイクw 【映画】ドラゴン・タトゥーの女 [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】ドラゴン・タトゥーの女 『ミレニアム』3部作として映画にもなった スウェーデンのベストセラー小説を映画化。 【あらすじ】 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 <ネタバレあり> [HAPPY MANIA]
3月1日(木)に観に行って来ました オープニングから ツェッペリンの 移民の歌やで〜  (カバーやけども) この曲は大好きなので 初めからテンション上がるわ と思いつつ お話が始まると 難しい  何やら難しい 私がおバカなのか そうでないのか 財閥の一族の名前やら 関係やらが ダダダーーっと出て...... [続きを読む]

» 『ドラゴン・タトゥーの女』 [cinema-days 映画な日々]
名誉毀損で敗訴した雑誌記者が 大財閥から40年前に起きた 一族の娘失踪事件の捜査を依頼される... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:スティーグ・ラーソン 『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』 原題:The Girl with the Dragon Tattoo... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★“陰鬱でショッキングなストーリーとダークなヒロインの魅力にどんどん惹かれます” この映画は2時間40分とこのごろの映画としては長めですが、途切れない緊張の連続であっという間に終わった感じです。 オープニングはレッドツェッペリンの“移民の歌”のカヴァーとともに、女性の体やデジタルガジェットに黒くてドロっとした液体が絡んで、エロさというか危険な雰囲気がプンプン漂ってきます。血塗られたヴァンゲル一族やリスベットのダークなキャラクターを美しい黒で描き出していて、映画の陰鬱とした雰囲気に引き込まれま... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [普通の会社員の○○○な話]
(あらすじ) 40年前の少女失踪の調査依頼されたジャーナリストが 天才ハッカーの [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [我が頭に巣くう映画達]
52点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「セブン」、「ソーシャル・ネットワーク 」のデヴィッド・フィンチャー、 主演は「007 カジノ・ロワイヤル」のダニエル・クレイグです。 優れた調査能力を持...... [続きを読む]

» 映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観て [kintyres Diary 新館]
12-13.ドラゴン・タトゥーの女■原題:The Girl With The Dragon Tattoo■製作年・国:2011年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・ドイツ■上映時間:158分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:デヴィッド・フィンチャー◆ダニエル・...... [続きを読む]

» 映画:ドラゴン・タトゥーの女 [よしなしごと]
 予告編がめっちゃおもしろそうで、とても楽しみにしていた映画の1つ、ドラゴン・タトゥーの女の記事です。 [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [銀幕大帝α]
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/11年/米/158分/ミステリー・サスペンス/R15+/劇場公開(2012/02/10) −監督− デヴィッド・フィンチャー 過去監督作:『ソーシャル・ネットワーク』 −出演− *ダニエル・クレイグ…ミカエル・ブルムクヴィスト 過去出演作:『...... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [いやいやえん]
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイク。 話の顛末は面白いことも含めてわかっているので割愛。OPから音楽と映像が非常にクール。 ミカエル役にはダニエル・クレイグ 、リスベット役にルーニー・マーラ。 リスベットが可愛すぎる。オリジナル版のノオミ・ラパスさんが野生的な面を強調していたので、リスベットがちょっと少女すぎる感じはありました。 スウェーデン版の1対1の関係だった二人のパワーバランスも崩れていて、そこはちょっと気になりましたね。ただしリメイクとしては凄く良く出来ていると... [続きを読む]

» ドラゴン・タトゥーの女 [のほほん便り]
かなりハードで複雑だけど、なかなかに雰囲気と引力のある作品でした。 スウェーデンのベストセラー小説をハリウッドで映画化 思いっきりパンクというか、眉なし、ピアスだらけで、ドラゴン・タトゥーを背負った女、リスベット(ルーニー・マーラ)が、だんだん魅力的に見えてきて 終盤、カツラと化粧で変装すると、大美人さんになるあたり、ウケました。 彼女と一緒に、少女・失踪事件の謎を探る、ミカエル(ダニエル・クレイグ)は007の俳優さんでもあったのですね。なるほど、セクシー・シーンも許せます ... [続きを読む]

» 【映画】ドラゴン・タトゥーの女…ヤッツケ映画観賞記録(1) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
最近読んでいる本は十二国記、十二年ぶりの新刊「丕緒の鳥」、十二国記だから十二年ぶりなんだろうか 久しぶりに読むこのシリーズですが、面白いです。もうすぐ出るという長編新作も楽しみです(といってもヤッパリ何年か待つのでしょうか)。戴の王様にケリが付く話なん...... [続きを読む]

« 映画の福袋 | トップページ | 人生はビギナーズ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ