鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

日本へのメッセージ

« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い | トップページ | エバー・アフター »

2012年2月24日 (金)

おとなのけんか

親の顔を見てみたら
┐( ̄ヘ ̄)┌


Carnage

公式サイト http://www.otonanokenka.jp

原作はヤスミナ・レザの戯曲“God of Carnage”

監督: ロマン・ポランスキー

公園での子供同士のけんかで、ひとりの少年が前歯を2本折った。話し合いで和解しようと、リベラルな知識層のマイケル(ジョン・C・ライリー)とヘネロペ(ジョディ・フォスター)・ロングストリート夫妻のアパートを訪問した、弁護士アラン(クリストフ・ヴァルツ)と投資ブローカーのナンシー(ケイト・ウィンスレット)・コーワン夫妻。
冷静で穏やかに始まったはずの話し合いは、お互いのわだかまりや本音がむき出しになって次第に険悪なり、やがては夫婦間の問題まであらわになっていく。

オリジナルの舞台はパリですが、映画ではブルックリン。
人気の舞台劇で、パリだけでなく、ロンドンやニューヨーク、日本でも「大人は、かく戦えり」というタイトルで上演されたそうです。

子供のけんかに、親は口出しするなと言うけれど、医者に行かなければならない怪我をしたとなれば、ほおってはおけない。

コーワン夫妻の息子ザッカリーが、ロングストリート夫妻の息子イーサンに怪我をさせてしまった。
まずは和やかに話していたのだけれど、段々本音が出てきて、そもそもけんかの原因はなんなのかとか、怪我したイーサンにも非はあったのではとか、誰でも親ばかですからね。

しかし話題はしばしば本題からはずれ、それぞれの価値観、悩みを吐露しあう場に変貌し、敵意が向く相手も、相手夫婦だったり、自分の配偶者だったり、ころころと入れ替わり、絶妙なテンポと会話とテンションで進んでいきます。

弁護士のアランは仕事ばかりで、家庭はほったらかしのよう。離婚暦があり、前妻との間にも子供あり。子供の話より、携帯電話ばかり気にしています。
あきれ返る夫ぶりを、クリストフ・ヴァルツが好演。(≧m≦)

子供の事より、どちらの家も夫婦仲は大丈夫なのかと、そっちの方が、深刻な問題かもと思ってしまいます。(爆)

4人のうち3人はオスカー俳優だし、ライリーもノミネート経験ありの実力派なので、みな、説得力のある演技で笑えました。

アフリカのスーダンの話も出てくるんですが、「マシンガン・プリーチャー」を見ていてよかったと思いました。

昨今は深刻ないじめ問題もあるので、一概に親が口出ししない方がいいわけではないでしょうけど、子供は親が考えるほど深刻になんて全く思っていなくて、子供同士は、案外あっさり仲直りしちゃってるのよね。

(鑑賞日2月22日)

« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い | トップページ | エバー・アフター »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは★
キャスト全員はまり役で面白かったですね〜

ケイトのアレにはほんっとびっくりしちゃいました 笑

★migさん
ずっと同じ場所での演技ですから、役者さんの実力がわかりますよね。

風子さん
今晩は☆彡
お邪魔するのが遅くなりました!
ほんと夫婦仲、に大丈夫なのか?心配しちゃいますね。
舞台同様リハもあったらしく、4人の息はピタリと合っていましたね。


★mezzotintさん
夫婦仲に問題があるから、子供にも問題があるんじゃないの?とか思ってしまいます。

実力ある4人だから、笑わせていただきました。

こんばんは。

これは面白かったですね。
密室劇って、ストーリーが面白くないと途中から飽きちゃうんですが、これって、ミステリー仕立てでもなく当然、どんでん返しもないのに、上手い演出でした。
ホント、こんなシチュエーション、エスプレッソだのなんだの言われても、サッサと退散するに越したことないですよ(笑)

★オリーブリーさん
劇場内でも、度々笑い声があがっていました。
余計な話は無しにして、さっさと済ませるのが一番ですね。

こんばんわ。

TBありがとうございます。

かなり笑いました。
特にクリストフ・ヴァルツがツボでした(笑)

こんな映画もあるんだなって・・・新鮮な感じでした。

★Yoshimiさん
コントみたいにも思えますよね。
クリストフ・ヴァルツは、うまいですねえ~~。

「マシンガン・プリーチャー」!これからなんで楽しみです!
大人気なさの表し方、秀逸でした。
何処も同じね。

★sakuraiさん
なにやってんのこのおとなたちはって話でしたね。(^m^)

子供どうして解決しているシーンがエンドロールで入っていましたね。親同士の今までの話し合いはなんだったのか?というシュールさがまた引き立っていましたね。
こちらからもできたらTBお願いします。
(昔の記事はしにくいようですが)

★atts1964さん
親たちのけんかが、バカバカしくみえるラストでした。
^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/44234964

この記事へのトラックバック一覧です: おとなのけんか:

» おとなのけんか/Carnage [LOVE Cinemas 調布]
オリヴィエ賞とトニー賞に輝いたヤスミナ・レザの舞台劇を、『ゴーストライター』のロマン・ポランスキー監督が映画化。子供同士のケンカを解決しようと集まった両方の両親が最初は平穏に話し合うも、徐々に本音と本性が表面化しバトルを繰り広げ始める姿を描いたコメディーだ。出演はジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー。... [続きを読む]

» おとなのけんか/ CARNAGE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「戦場のピアニスト」や前作「ゴーストライター」の評価も高いロマン・ポランスキー監督脚本の最新作 NYで本作の予告篇を劇場でみてから超楽しみにしてました 原作は、パリ、ロンドン、NYのブロードウ...... [続きを読む]

» おとなのけんか [だらだら無気力ブログ!]
ケイト・ウィンスレットの豪快な吐きっぷりに惚れた! [続きを読む]

» 「おとなのけんか」 カチンとくるスイッチ [はらやんの映画徒然草]
予告編を観たときから、ぜひ観たいと思っていた作品。 期待通り面白かった! 二組の [続きを読む]

» おとなのけんか [ダイターンクラッシュ!!]
2012年3月3日(土) 19:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『おとなのけんか』公式サイト 予告編で、ジョン・C・ライリーだけ「アカデミー賞ノミネート俳優」と書かれていた。その他の3人は、「アカデミー賞受賞俳優」だ。 隣人の夫婦が、子供の喧嘩の後始末で、友好的に対話していたが、結局、こちらも喧嘩になるという話。その頃、子供は和解していた。 もっと笑えるのかと思ったら、それ程でも無かった。その辺は、ロマン・ポランスキーな... [続きを読む]

» 「おとなのけんか」4人の演技に拍手っ!!!!! [アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!]
2月18日公開 「おとなのけんか」《公式HP》 ■出演■ ジョディ・フォスター ケイト・ウィンスレット クリストフ・ヴァルツ ジョン・C・ライリー 他 世界各地の公演で好評を博し、 演劇界でも権威のあるオリヴィエ賞と トニー賞に輝いたヤスミナ・レザの... [続きを読む]

» 「おとなのけんか」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
ロマン・ポランスキーがまた職人の腕の冴えを見せたな。 公園で遊ぶ子どもたちから始まって、その子どもたちのけんかの和解のために集まった二組の両親が最初は上品ぶっていたのに徐々に本性を表わして修羅場と化していくまでを、さすがと言うしかないスムーズな手さば...... [続きを読む]

» おとなのけんか [映画的・絵画的・音楽的]
 『おとなのけんか』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作は、戯曲を映画化したものとは予め分かっていましたが、昨年後半で見た『ゴーストライター』のロマン・ポランスキー監督が制作し、ジョディ・フォスターなど錚々たる面々が出演するとあっては、見逃せませ...... [続きを読む]

» 『おとなのけんか』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
  愛知県内でも、一劇場にしか掛っていない本作。             全くのノーチェックだったのですが        [続きを読む]

» 『おとなのけんか』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おとなのけんか」□監督・脚本 ロマン・ポランスキー□脚本 スミナ・レザ □キャスト ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー■鑑賞日 3月4日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cy...... [続きを読む]

» おとなのけんか(2011)■◇CARNAGE [銅版画制作の日々]
 顔で笑って、心に殺意。 評価(好き度):=80点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」の巨匠ロマン・ポランスキー監督が、ヤスミナ・レザの大ヒット舞台劇を、4人のオスカー受賞&ノミネート俳優の豪華共演で映画化したコメディ...... [続きを読む]

» 人生最悪の日~『おとなのけんか』 [真紅のthinkingdays]
 CARNAGE  NYに住むアラン(クリストフ・ヴァルツ)とナンシー(ケイト・ウィンスレット)は、 11歳の息子が怪我をさせた級友の自宅を訪れる。表向きは二人を和やかに迎 え入れる、ペ...... [続きを読む]

» 討論、議論、口論・・・ [笑う学生の生活]
1日のことですが、映画「おとなのけんか」を鑑賞しました。 題名どおり、まさにおとなのけんか! 子どものけんかを穏やかに話し合いにより 解決しようとした2組の夫婦なのだが・・・ 元が舞台劇ということで、濃厚な演技と台詞合戦が繰り広げられ 4人による討論、論...... [続きを読む]

» おとなのけんか [心のままに映画の風景]
ニューヨーク・ブルックリン。 子ども同士のケンカを解決するため、カウアン夫妻(クリストフ・ヴァルツ、ケイト・ウィンスレット)は、ロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー、ジョディ・フォスター...... [続きを読む]

» おとなのけんか [あーうぃ だにぇっと]
おとなのけんか@TOHOシネマズシャンテ [続きを読む]

» □『おとなのけんか』□ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:フランス+ドイツ+ポーランド合作映画、ロマン・ポランスキー監督、ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー出演。 [続きを読む]

» ★おとなのけんか(2011)★ [Cinema Collection 2]
CARNAGE 顔で笑って、心に殺意。 上映時間 79分 製作国 フランス/ドイツ/ポーランド 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/02/18 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 G 【解説】 「戦場のピアニスト」「ゴーストライ...... [続きを読む]

» おとなのけんか [普通の会社員の○○○な話]
(あらすじ) 子どもの喧嘩でのケガの謝罪に それぞれの親同士が和解の場を設けるが [続きを読む]

» ■映画『おとなのけんか』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
子どものけんかが発端で、おとなたちが大げんかを繰り広げることとなる映画『おとなのけんか』。 この作品はロマン・ポランスキー監督がヤスミナ・レザの大ヒット舞台を映画化したものです。 ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツというアカ... [続きを読む]

» 映画『おとなのけんか』を観て [kintyres Diary 新館]
12-20.おとなのけんか■原題:Carnage■製作年・国:2011年、フランス・ドイツ・ポーランド■上映時間:79分■字幕:牧野琴子■観賞日:2月25日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:ロマン・ポランスキー□脚本・原作:ヤスミナ・レザ◆ジョディ・フォスター(ペネロペ・...... [続きを読む]

» おとなのけんか     評価★★★★82点 [パピとママ映画のblog]
ヤスミナ・レザの舞台劇を原作に、二組の夫婦4人の室内劇を「ゴーストライター」のロマン・ポランスキー監督が映画化。出演は「幸せの1ページ」のジョディ・フォスター、「コンテイジョン」のケイト・ウィンスレット、「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のク...... [続きを読む]

» [映画『おとなのけんか』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆ワーナーマイカル系で「シネアーツ」と題し、劇場が都内だけであったり、各地の数館で限定されるのみだった作品群を期間限定で公開してくれている。    ◇  今回は、見たかった作品『おとなのけんか(ロマン・ポランスキー監督)』だ。  子供たちのケンカで、片方...... [続きを読む]

» おとなのけんか [迷宮映画館]
一言評で [続きを読む]

» おとなのけんか [銀幕大帝α]
CARNAGE/11年/仏・独・ポーランド/79分/コメディ・ドラマ/劇場公開(2012/02/18) −監督− ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ゴーストライター』 −脚本− ロマン・ポランスキー −出演− *ジョディ・フォスター…ペネロペ・ロングストリート 過去出演作:『幸せ...... [続きを読む]

» おとなのけんか [新・映画鑑賞★日記・・・]
【CARNAGE】 2012/02/18公開 フランス/ドイツ/ポーランド 79分監督:ロマン・ポランスキー出演:ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー 顔で笑って、心に殺意。 ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子ども同...... [続きを読む]

» おとなのけんか [こんな映画見ました〜]
『おとなのけんか』---CARNAGE--- 2011年(フランス/ドイツ/ポーランド )監督:ロマン・ポランスキー出演:ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー ニューヨーク、ブルックリン。 11歳の子ども同士が...... [続きを読む]

» おとなのけんか [いやいやえん]
子供の喧嘩に大人が口を出してはいけないとは言いますが。 80分程度におさめられているのでテンポはいいです。 ジョディ・フォスター、ジョン・C・ライリー、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツさんらが共演。 価値観の異なる二組の夫婦が互いに空気を読みながら徐々に核心へと近づいていく「間」が微妙な空気感で実にいいですね。 徐々に話がこじれ、本音と建前を駆使しながら饒舌な舌戦になるのが可笑しい。子供の喧嘩よりもたちの悪い「おとなのけんか」のはじまりです。 売り言葉に買い言葉、揚げ足と... [続きを読む]

» おとなのけんか  Carnage [映画の話でコーヒーブレイク]
ジョディー・フォスターとケイト・ウインスレット主演、ロマン・ポランスキー監督作。 ヴェネチア国際映画祭で金若獅子賞受賞なのに、公開されていたことも知らずDVDにて鑑賞。 出演は、2大女優に加え、クリストフ・ヴァルツとジョン・C・ライリーという曲者俳優の4人...... [続きを読む]

» 「おとなのけんか」 [或る日の出来事]
ほぼ全編4人だけでの会話の応酬劇が面白い! [続きを読む]

» おとなのけんか [miaのmovie★DIARY]
おとなのけんか [DVD](2012/12/19)ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット 他商品詳細を見る 【CARNAGE】 制作国:フランス・ポーランド・スペイン・ドイツ 制作年:2011年 ニューヨーク、ブルック...... [続きを読む]

» おとなのけんか [♪HAVE A NICE DAY♪]
wowowで鑑賞 なるほど〜、元々は舞台劇なんですね〜 この作品・・・出演者の方々に一番、お金がかかってるのでは? と,ふと・・・思った次第です(笑) 撮影期間も短そう お部屋の中での2組の夫婦の言い合いの物語でした! ジョディー・フォスターとジョン・C・ラ...... [続きを読む]

» 【映画】おとなのけんか…(ヤッツケ映画観賞記録5)とiPhon5に変えた話。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
2013年8月10日(土曜日)は、午前中に嫁さんのお姉さん宅に届けモノをした後(他の方から頂いた食べ物がうちでは人気の無いものだったので押しつけた後)、某看護専門学校のオープンキャンパスに行っていた娘と合流、午後からは小倉の街をブラブラ…まぁ小倉も遊ぼうと思え...... [続きを読む]

» おとなのけんか [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ロマン・ポランスキー  出演:ジョディ・フォスター、ジョン・C・ライリー、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ 【あらすじ】 ニューヨーク・ブルックリン、子ども同士のケンカを解決するため2組の夫婦、ロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー、...... [続きを読む]

» おとなのけんか [atts1964の映像雑記]
2011年作品、ロマン・ポランスキー監督、ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー出演。 11歳の少年ザカリー・カウワンはブルックリンの公園で同級生イーサン・ロングストリートを棒で殴り、前歯を折る怪我を負わせる。 この喧嘩の後始末をするために、「被害者」の親であるロングストリート夫妻は、「加害者」の親であるカウワン夫妻を自宅に招く。 リベラルな知識層で作家であるペネロピ(ジョディ・フォスター)、金物商を営むマイケル(ジョン・..... [続きを読む]

« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い | トップページ | エバー・アフター »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ