サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 | トップページ | ジョン・カーター (試写会) »

2012年3月27日 (火)

マリリン 7日間の恋

マリリンに恋をして kissmark

Marilyn

公式サイト http://marilyn-7days-love.jp

コリン・クラークの二冊の回顧録を基にした物語

1956年、初の製作兼主演作「王子と踊り子」の撮影のために、新婚のマリリン・モンロー(ミシェル・ウイリアムズ)が夫アーサー・ミラー(ダグレイ・スコット)とイギリスにやってきた。名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督で共演。撮影が始まるが、精神が不安定なマリリンはたびたび遅刻し、オリヴィエの怒りを買う。撮影が大幅に遅れ、オリヴィエは23歳の下っ端の第3助監督コリン(エディ・レッドメイン)を、マリリンの見張り役につける。コリンはマリリンの信頼を得て、しだい親密になっていくが...。

Prince_and_showgirl

参考のため本作鑑賞前に、「王子と踊り子」をレンタルで見ました。
これを見ておくと、より本作を楽しめるのは確かです。
マリリンの役はコミカルでとても可愛いけれど、オバカな踊り子ではありません。

回顧録を書いたコリン・クラークは、イートン校出身の良家のお坊ちゃん。優秀な父と兄に比べると出来が悪かっただけで、一般的な基準では充分優秀だったのではないかと思われます。

オスカーにノミネートされたミシェル・ウイリアムズやケネス・ブラナーの演技だけでなく、主人公となるエディ・レッドメインもうまいので、彼の気持ちに共感でき、彼と同じ目線からマリリンを見られました。

レッドメインは二枚目じゃないけど、良家のお坊ちゃんの清潔さが感じられました。

コリンは映画の仕事がしたくて、何とか第3助監督の職を得ました。まあ、ぶっちゃけ雑用係です。
そこへ世界のセックスシンボル、マリリン・モンローがやってきます。

Marilyn3

マリリン夫妻の宿泊先の手配など、命じられた仕事をこなすなか、衣装部のルーシー(エマ・ワトソン)ともいい雰囲気になります。

Marilyn6
エマちゃん、美人でかわいいよね

しかしメソッド演技にこだわるマリリンは、演技コーチのポーラ・ストラスバーグに頼りきり、大幅な遅刻の連続で、オリヴィエはポーラを敵対視し、マリリンに怒りをつのらせます。

Marilyn4jpg_2

ポーラ役は、「ハリー・ポッターと賢者の石」のフーチ先生。2作目の時に高額なギャラを要求したとかで、1作目しかシリーズに出演していないのよね。

精神が不安定なマリリンに、創作活動を乱された夫のアーサーが帰国してしまうと、マリリンの精神状態はさらにひどくなります。

マリリン・モンローは、演技力を評価される女優になりたかったんですよね。
体がセクシーなだけでノータリンな女という役のイメージを、拭い去ろうともがいていた時期。相手役は、演技力の評価が段違いに高いローレンス・オリヴィエだし。

「王子と踊り子」は、もともとエリザベス女王戴冠式の際にローレンス・オリヴィエとヴィヴィアン・リーが上演することを予定として書かれた舞台喜劇だそうで、マリリンが映画で演じるのは、ヴィヴィアンが舞台で演じた役。
マリリンには、それらの重圧ものしかかっています。

スクリーンでの華やかさとは違い、素顔のマリリンは不安でおびえきっています。そんなマリリンに誠実で優しく接するコリン。

Marilyn7

そりゃ23歳の青年が、世界のマリリン・モンローにそばにいて欲しいなんて言われたら、断れるわけないじゃない。当然でしょ。
彼女からの誘いを断る奴は、男じゃないって。

マリリンに付き添っているため、折角いい感じになっていたルーシーとの仲はだめになってしまいます。
コリンはマリリンとイギリス各地を巡ったりしましたが、撮影が終わればマリリンはアメリカへ帰国する。所詮それまでの仲なのです。

女優のマリリンと素顔のマリリン、大きな心の揺れを持つ女性を演じたミシェル・ウィリアムズは、さすがです。コリンと旅行している時は、とてもかわいらしかったです。ただ、「王子と踊り子」の本物のマリリンは、ミシェルよりさらにずっとチャーミングです。
ミシェルは演技力のある女優だけど、マリリンほどのオーラはまだありません。

製作会社、マリリン・モンロープロダクションの株の49%を持っているというミルトン・グリーンに、ドミニク・クーパー

Marilyn5

彼も以前マリリンに恋したけど、捨てられた経験があり、コリンに忠告します。

きっと普段のマリリン・モンローは、無邪気でかわいらしかったんでしょうね。
生い立ちのせいで、愛情を強く求め、そばに誰かいないとダメな人だったのかな。でも、そばにいる人に安らぎを与える人ではなかったのかも。アーサー・ミラーはマリリンと婚姻中、1本も作品が書けなかったというし。

女優シビル・ソーンダイクにジュディ・デンチ
マリリンのボデイーガード役は、テレビシリーズ「名探偵ポアロ」にジャップ警部で出演してるフィリップ・ジャクソンでした。

(鑑賞日3月24日)

« マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 | トップページ | ジョン・カーター (試写会) »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、王子と踊り子先に復習して正解ですね★
テーマ曲とかちゃんと使ってましたし
マリリンのキュートな踊りの再現とか。

もともとマリリン大ファンなのでミシェルがどう演じるかすごく
不安だったけど、なかなか良かったです(上から目線)笑
キャストも皆良かったですね♪

★migさん
世界のセックスシンボルを演じるプレッシャーは大変だったと思います。
ミシェルはマリリンの可愛いい雰囲気を、うまく演じていましたね。

>2作目の時に高額なギャラを要求したとかで、1作目しかシリーズに出演していないのよね。
へえー、そんな話が!でも、いかにもありそうな感じのおばさんでした。
どの役者もみな素晴らしく、映画の品格をぐぐっと高めていたと思いました。
ケネスがまたらしい!

★sakuraiさん
脇を固める役者さん選びに成功ですね。
物語に自然に入れました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/44564868

この記事へのトラックバック一覧です: マリリン 7日間の恋:

» マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn [LOVE Cinemas 調布]
現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ジュディ・デンチ、ドミニク・クーパーといった英国俳優が揃う。監督はサイモン・カーティス。... [続きを読む]

» 「マリリン 7日間の恋」(Vol.1) [或る日の出来事]
ミシェル・ウィリアムズさんの演じるマリリン。 期待以上に、うまくスクリーンに「マリリン・モンロー」と「ノーマ・ジーン・ベイカー(マリリンの本名)」を刻みつけてくれました。 [続きを読む]

» 『マリリン7日間の恋』 [ラムの大通り]
(英題:My Week with Marilyn) ----この映画って、 ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じているんだよね。 「うん。 それほど似ているとは思わなかったけど、 映画の中、つまり劇中劇での彼女は 本物そっくりの表情、しぐさ。 まあ、これで改めて確認した...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(P) マリリン・モンローの年齢を超えたときからファンになりました。 [続きを読む]

» 「マリリン7日間の恋」ゆかりの地をたずねて [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
「試写会に行く前にこのDVDを見ておくといいよ」とmigちゃんに薦められて借りて見たのが、マリリンモンロー主演「王子と踊り子」。 そういえば、マリリン・モンローの映画を見たのは初めて☆... [続きを読む]

» 人気者はつらいよ。『マリリン 7日間の恋』 [水曜日のシネマ日記]
マリリン・モンローが『王子と踊子』出演のためにイギリスに赴いた際の知られざるエピソードを描いた作品です。 [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 / My Week With Marilyn (2度鑑賞) [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click NYで観て来た映画つづき 2012年はマリリン没後50年 ミシェル・ウィリアムズがマリリンになり切った話題作で日本では2012/3月公開。 当時オリヴィエの監督助手を務めていたコリン・クラーク自身による...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【MY WEEK WITH MARILYN】 2012/03/24公開 イギリス/アメリカ 100分監督:サイモン・カーティス出演:ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、ジュリア・オーモンド、ゾーイ・ワナメイカー、ダグレイ・スコット、エマ・...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [悠雅的生活]
1956年、ロンドン。『王子と踊り子』 [続きを読む]

» 映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも! エンドロールの...... [続きを読む]

» *『マリリン 7日間の恋』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:イギリス+アメリカ合作映画、サイモン・カーティス監督、ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン出演。 [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [心のままに映画の風景]
1956年、マリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める映画の撮影のためロンドンに降り立った。 本作に意欲を見せていたマリリンだ...... [続きを読む]

» 「マリリン 7日間の恋」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 1957年公開の映画「王子と踊り子」の舞台裏を描いたコリン・クラークの著書を基にした、伝説の大女優マリリン・モンローと著者との淡く短いラブロマンスを映画化。  コリン氏の体験談が原作という事もあり、主観的過ぎるように思われる部分も多々見受けられるが、そ... [続きを読む]

» 「マリリン 7日間の恋」 [みんなシネマいいのに!]
 世の中には存在そのものがエロい困った女性がいる。 その代表はマリリン・モンロー [続きを読む]

» 『マリリン 7日間の恋』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マリリン 7日間の恋」□監督 サイモン・カーティス □脚本 エイドリアン・ホッジス□キャスト ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、      ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナメイ...... [続きを読む]

» 「マリリン 7日間の恋」 マリリンというキャラクター [はらやんの映画徒然草]
惜しくもオスカーを逃したミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じる「マリ [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [映画 K'z films 2]
Data 原題 MY WEEK WITH MARILYN 監督 サイモン・カーティス 出演 ミシェル・ウィリアムズ  ケネス・ブラナー  エディ・レッドメイン  ジュディ・デンチ  エマ・ワトソン 公開 2012年 3月... [続きを読む]

» 好きにならずにいられない~『マリリン 7日間の恋』 [真紅のthinkingdays]
 MY WEEK WITH MARILYN  1956年。ハリウッドで絶大な人気を博していたマリリン・モンロー(ミシェル・ ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督する『王 子...... [続きを読む]

» 映画「マリリン 7日間の恋」予告の印象と中身は随分違って見えた [soramove]
「マリリン 7日間の恋」★★★★ ミシェル・ウィリアムズ、エディ・レッドメイン、ケネス・ブラナー、 エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ出演 サイモン・カーティス監督、 100分、2012年3月24日公開 2011,アメリカ,日活 (原題:MY WEEK WITH MARILYN ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ミシェル・ウィリ... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [to Heart]
メイクを落として、 ヒールを脱いで、 それから―― 秘密の恋におちた。 原題 MY WEEK WITH MARILYN 製作年度 2011年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 100分 原作 コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』(新潮文庫刊) 監督 サイモン・カーティス ...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋        評価★★★60点 [パピとママ映画のblog]
世界のセックスシンボル、マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの原作を基に映画化したラブロマンス。出演は「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ、「パイレーツ・ロッ...... [続きを読む]

» マリリン [映画的・絵画的・音楽的]
 『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思われてしまうところ、実は「My」とは、マリリン・モンローが出演する映画の助監督コリン・...... [続きを読む]

» 本気と演技を行ったり来たり『マリリン 7日間の恋』 [Healing ]
マリリン 7日間の恋 ★★★★ 今年、没後50年を迎えるマリリンが かつて、ある青年にだけ見せた本当の姿 ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』の撮影のために イギリスを訪れたマリリン・モンロー。 慣れない異国の地での撮影、プレッシャー、 演技論の板挟み、 同行した夫アーサー・ミラーとの確執…。 そんななか 若き第3助監督と恋に落ちた7日... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [食はすべての源なり。]
マリリン 7日間の恋 ★★★☆☆(★3つ) 7日間の恋って・・・、男側からみたらだよね。 目の前に全力投球な恋愛体質な人だと、こんな男日常茶飯事じゃなんじゃない?... [続きを読む]

» 『マリリン 7日間の恋』 [・*・ etoile ・*・]
'12.04.07 『マリリン 7日間の恋』@イクスピアリ マリリン・モンローは大ファンってほどじゃないけど好き これは見たかった! 試写会応募しまくったけどハズレ(涙) 上映館も少なくなってきたので慌てて行ってきた! *ネタバレありです! 「1956年『王子と踊り子』撮影のため、イギリスにやってきたマリリン・モンロー。新婚のアーサー・ミラーとは上手くいっておらず、気難しいローレンス・オリヴィエとは衝突してばかり。遅刻したり、すっぽかしたりと撮影に支障をきたすようになる。第3助監督のコリン・ク... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [映画、言いたい放題!]
もし、アカデミー賞にノミネートされなかったら 観なかったかもしれません。 1956年。 コリン・クラークは恵まれた富裕の家に育ったが、 映画業界への憧れを捨てられないでいた。 機転のきく性格をかわれ、 ローレンス・オリヴィエが監督と主演を務める「王子と踊り子... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [迷宮映画館]
とにかく、ミシェル・ウィリアムズが秀逸! [続きを読む]

» 映画『マリリン 7日間の恋』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
   先月から見たいと思いつつ、なかなか予定が合なかった 『マリリン 7日間の恋』(公式サイト) やっと観る事が出来まし [続きを読む]

» 「マリリン 7日間の恋」 (-_-;)けっこう面倒くさい女・・・ [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
世界が愛した大スターの恋の実話[E:sign03] 世界のセックスシンボル、マリ [続きを読む]

» 映画『マリリン 7日間の恋』を観て [kintyres Diary 新館]
12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督:サイモン・カーティス◆ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロー)◆ケ...... [続きを読む]

» マリリン 7日間の恋 [こんな映画見ました〜]
『マリリン 7日間の恋 』---MY WEEK WITH MARILYN---2011年(イギリス/アメリカ )監督:サイモン・カーティス出演:ミシェル・ウィリアムズ 、ケネス・ブラナー 、エディ・レッドメイン 、ジュリア・オーモンド 、エマ・ワトソン 、ジュディ・デンチ 1956年、ハ...... [続きを読む]

» マリリン 七日間の恋 [タケヤと愉快な仲間達]
【あらすじ】 1956年。ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演 を務める「王子と踊り子」の撮影で、ハリウッドからロンドンへと 渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。 スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影による プレッ...... [続きを読む]

» マリリン7日間の恋 [miaのmovie★DIARY]
マリリン 7日間の恋 [DVD](2012/08/03)ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー 他商品詳細を見る【MY WEEK WITH MARILYN】 制作国:アメリカ/イギリス 制作年:2011年 1956年、ハリウッドの大スター...... [続きを読む]

» 「マリリン7日間の恋」(2011年、イギリス) [楽天売れ筋お買い物ランキング]
「マリリン7日間の恋」(原題:MyWeekwithMarilyn)は、2011年公開のイギリスの映画です。コリン・クラークによる2冊の著作「MyWeekwithMarilyn」、「ThePrince,theShowgirlandMe」を基にした作品で、数々... [続きを読む]

» 映画・マリリン 7日間の恋 [読書と映画とガーデニング]
原題 My week with Marilyn2011年 イギリス、アメリカ 1956年ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)監督主演作品「王子と踊子」の撮影のためハリウッドからロンドンへやってきたマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)大歓迎を受ける彼女でしたが、...... [続きを読む]

« マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 | トップページ | ジョン・カーター (試写会) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ