サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ジョン・カーター (試写会) | トップページ | ドライヴ »

2012年4月 3日 (火)

第九軍団のワシ

男の絆

Eagle

公式サイト http://washi-movie.com

原作: 第九軍団のワシ (ローズマリ・サトクリフ著/岩波少年文庫)
監督: ケヴィン・マクドナルド  「運命を分けたザイル」 「ラストキング・オブ・スコットランド」

西暦120年。名誉の象徴である黄金のワシを掲げて、フラビウス・アイクラが指揮を執る、ローマの第九軍団5千人がカレドニアに侵攻したが、霧の中で忽然と姿を消し、再び帰ってくることはなかった。それから20年。百人隊長となったフラビウスの息子マーカス(チャニング・テイタム)は、先住民族の夜襲に果敢に立ち向かって戦果を挙げるが、足に重傷を負い、退役を余儀なくされる。失意のマーカスは、父の汚名をはらすため、失われた黄金のワシを求めて、奴隷のエスカ(ジェイミー・ベル)と共に、危険な北の荒野へ旅立つ。

お気に入りのチャニングとジェイミーくんが出演しているのに、マイナー公開で寂しいです。

見に行ったのはサービスデイの日曜日とあって、小さい映画館の座席はほとんど埋まっていました。
全席自由席なので、座席に荷物を置いて、ロビーにある映画のチラシを見たり、トイレを済ませてスクリーンに戻ると、

もぬけの殻!
だーれもいない!!


愕然とするわたくし Σ( ̄ロ ̄lll)

なに!なに!どうなってるの?!!!

エイプリルフールのドッキリではありません。
なんと!私が席をはずしていた間に、上映スクリーンが変更になっていたんですよ。
こんな経験初めてです!

100席足らずのスクリーンで上映の予定でしたが、この映画館はサービスデイが毎月ついたちしかないため、多分満席になってしまったんでしょうね。
急遽、客席数が多い方のスクリーンに変更になり、観客が大移動したみたい。

見やすい席が残っていて、よかったです。

バリバリアクション映画かと思いきや、大掛かりなアクションは冒頭だけ。

Eagle2
後は、マーカスとエスカの感動のバディムービーでした。
義にあついエスカに、ぐっときます。

Eagle3

男臭~い映画です。

父がいなくなってから20年。百人隊長となったマーカスは、ブリテン島の南西部の砦に赴任します。赴任後まもなく功績を挙げますが、負傷して兵士としての生涯は絶たれてしまいます。

絶望の淵に追いやられたマーカスは、伯父(ドナルド・サザーランド)の屋敷で傷を癒しながら憂鬱な日々を送っていましたが、叔父と共に観戦していた剣闘試合で、奴隷戦士のブリトン人のエスカ(ジェイミー・ベル)の命を救います。
エスカは命の恩人であるマーカスに忠誠を誓い、奴隷として仕えます。

そんなとき、ブリテン島北端の神殿に“ワシ”があるという噂を聞いたマーカスは、ブリトン人の言葉がわかるエスカを連れて、ローマの支配が及んでいない、ハドリアヌスの長城の北側へ入っていきます。

屋敷でマーカスが、自分の父が第九軍団の指揮官だったと客人に話すのを聞いた時のエスカの反応から、これは何か深い関係があるなと思いましたが、旅の途中でわかります。

ローマ人だとバレたら殺されてしまうので、エスカが現地人と話をしてワシの手がかりを探しながら、歩みを進めます。

途中、第九軍団の兵士だった男に会います。
これがマーク・ストロングだけど、長髪にもじゃもじゃの髭面なので、彼とはわかりませんでしたよ。

その後、アザラシ族に遭遇。しかしエスカの機転で、エスカはアザラシ族の王子の客人として迎えられることになりました。

勧進帳の弁慶のようなエスカ。

戦利品として洞窟の神殿に飾られていたワシを見つけ出したマーカスとエスカは、持ち帰ろうとしますが、アザラシ族がふたりを必死に追ってきます。

Eagle55

怪我をして動けなくなったマーカスは、ワシを持ってひとりで戻れとエスカに言います。
ここでうるうるしましたが、まだまだうるうるポイントがありました。

マーカスを置いていくのかなと思いましたが...
絶対に見捨てない」というエスカの言葉にうるうる。

さらに、霧の中から現われたエスカと、元第九軍団の兵士達を見て、うるうる。

兵士達の遺体に、木彫りのワシ(マーカスの父が彫り、出立の時マーカスに渡した。)と短剣(エスカの父の物)が置かれるのを見て、ジーンときましたわ。

ラストにも壮絶なアクションはありますが、メインテーマは、マーカスとエスカの絆ですね。

Eagle6

チャニングだけでなくジェイミーくんも、こーんな鍛え上げた肉体を披露しています。

(鑑賞日4月1日)

« ジョン・カーター (試写会) | トップページ | ドライヴ »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

>勧進帳の弁慶のようなエスカ。
ははは!笑えますわ。
ジェイミー君は、腹に一物って役も、どこまでも忠誠をって役もどっちも似合いますね。

しかし、そして誰もいなくなった・・・・って、怖い~。
何が起こったと思ったでしょうね。なかなかない体験です。

★sakuraiさん
なんとなくエスカは裏切らないだろうと思ってみていたので、思ったとおりでよかったです。

>しかし、そして誰もいなくなった・・・・って、怖い~。

一瞬頭の中が真っ白になりましたよ。

TBありがとうございます。

勧進帳のようなところは、ドキドキでした。

メジャー公開ではありませんでしたが、まずまず楽しめる作品だったと思います(*^_^*)

ではでは☆

★yutake☆イヴさん
もう少し上映館が多くてもいいのではないかと思うんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/44712696

この記事へのトラックバック一覧です: 第九軍団のワシ:

» 第九軍団のワシ/The Eagle [LOVE Cinemas 調布]
ローズマリー・サトクリフの同名小説を映画化。ローマ帝国時代のブリテン島スコットランドを舞台に、ローマ人の青年とブリタニア人の奴隷が、青年の父の名誉を回復すべく第九軍団の象徴であるワシの紋章を探す旅にでる。主演は『G.I.ジョー』のチャニング・テイタムと『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』のジェイミー・ベル。監督は『消されたヘッドライン』のケヴィン・マクドナルド。... [続きを読む]

» 「第9軍団のワシ」イケメン映画 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
モデルや男性ストリッパーの経験を持つチャニング・テイタムが見事な筋肉美を披露! イケメンの美しい腹筋と、ハッピーエンドがお好きな人は是非☆ [続きを読む]

» ◆『第九軍団のワシ』◆ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:イギリス+アメリカ合作映画、ケヴィン・マクドナルド監督、チャニング・テイタム、デニス・オヘア、ドナルド・サザーランド、ジェイミー・ベル、マーク・ストロング、タハール・ラヒム、デイキン・マシューズ、ピップ・カーター、ネッド・デネヒー出演。... [続きを読む]

» 『第九軍団のワシ』 (2010) / イギリス・アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: THE EAGLE 監督: ケヴィン・マクドナルド 出演: チャニング・テイタム 、ジェイミー・ベル 、デニス・オヘア 、ドナルド・サザーランド 観賞劇場: ユーロスペース 公式サイトはこちら。 予告はもう何回もユーロで観てて、暗くて鬱蒼としてて歴史物で・...... [続きを読む]

» 『第九軍団のワシ』歴史ミステリ・・・というよりは [コナのシネマ・ホリデー]
歴史ミステリー・・・だと期待していたんだけど、どうも違っていたような気が・・・でも、面白かったのは確か。手に汗握る展開に、体もいつしかガチガチに固まって [続きを読む]

» 第九軍団のワシ [だらだら無気力ブログ!]
興味深い時代を舞台としていて、個人的には大いに見応えあって満足。 [続きを読む]

» 第九軍団のワシ [迷宮映画館]
王道の物語をきっちり作った力作。 [続きを読む]

» 映画『第九軍団のワシ』★ミタマエ・ロマエ〜名誉のために(雑感です) [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158409/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 『テルマエ・ロマエ』 で、いい湯につかっていた一方で、 この時代のローマには、こんな出来事もあったという事です。 ≪120年頃のローマ時代。(←『テルマエ・ロマエ』のハドリアヌス帝の頃) ブリトニ..... [続きを読む]

» 第九軍団のワシ [いやいやえん]
ローズマリー・サトクリフの原作(児童書)は小学生時代に読んだっきりですが、従者エスカとの関係やラストにおいて、大きく異なった設定になっていました。でも、これはこれで良かったですよ。 主演のマーカス役にはチャニング・テイタムさん。真っ直ぐな正義感溢れる役にぴったり。従者エスカにジェイミー・ベルさん。この二人の友情がメインに描かれているところがよかったのだけれど、映画ではあまり心情が描かれてなかった印象がありますね。 ローマ・ハドリアヌス帝の治世(「テルマエ・ロマエ」での帝でしたね)。当... [続きを読む]

» 第九軍団のワシ [あーうぃ だにぇっと]
第九軍団のワシ@ユーロスペース [続きを読む]

» 「第9軍団のワシ」 おもろい本の映画化(*^m^) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
いまなお解明されていない      イギリス歴史上の謎を暴け[E:sign01] [続きを読む]

» 第九軍団のワシ  THE EAGLE 2011 [映画の話でコーヒーブレイク]
英国の歴史・ファンタジー小説作家、サトクリフ原作の映画です。 古代ローマの物語って魅かれます。 劇場公開されていたのを知らず、DVDの予告編で知り鑑賞しました。    ***********************           第 九 軍 団 の...... [続きを読む]

« ジョン・カーター (試写会) | トップページ | ドライヴ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ