サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 ジャパンプレミア | トップページ | 一枚のめぐり逢い ニコラス・スパークス著 »

2012年6月30日 (土)

ワン・デイ 23年のラブストーリー

ずっとあなたが好きだった

One_day

公式サイト http://oneday.asmik-ace.co.jp

原作: ワン・デイ (デイヴィッド・ニコルズ著/ハヤカワ文庫)
監督: ロネ・シェルフィグ  「17歳の肖像」
脚本: デイヴィッド・ニコルズ
主題歌: Sparkling Day (エルヴィス・コステロ)

エマ(アン・ハサウェイ)は真面目なしっかり者で、作家志望の女の子。
デクスター(ジム・スタージェス)は、自由奔放なプレイボーイ。
1988年の7月15日。大学の卒業式のあと、ふたりは初めて言葉を交わした。惹かれあうものを感じながら、恋人ではなく友達として付き合い始める。親友として一緒に旅行に行ったり、ケンカをしたり恋の悩みを相談したりしながら、それぞれの人生を歩む。愛する気持ちを心に秘めていたエマだったが、ある年の“7月15日”に、デクスターから他の女性と結婚する事を打ち明けられる。そしてその後も人生を歩み続けるふたりに、“運命の7月15日”が近づいていた。

今月は、「君への誓い」「一枚のめぐり逢い」に続いて、私の好きなラブストーリーが公開。なかなかない事だわん♪

エマとデクスターの出逢いから、毎年2人の7月15日の様子を描いています。
つまりいつも夏なのよ。

アンも可愛いけど、1番の目当てはやっぱりジム・スタージェス。
声もなかなか好みなの~。もともとミュージシャンだもんね。
なかなか大人になれない、しょーもない奴を好演しています。

夢見がちで、変にプライドが高いプレイボーイ。
そんな男をず~~~っと思い切れなかったエマ。

作家志望のエマは、卒業後、メキシコ料理店で働きます。作家としての成功は遠く、その後も教師として働きます。メキシコ料理店で知り合った、コメディアン志望のイアンと付き合い、同棲したり。

一方裕福な家庭のデクスターは、卒業後定職には就かず、外国を周ったり気ままに過ごしています。テレビの低俗番組の司会で有名になりますが、30代になると、その番組もクビになります。その間にもっとまともな仕事をしなさいと言っていた母親(パトリシア・クラークソン)が亡くなったり。

人生誰でも、山あり谷あり。
いい時もあれば悪い時もある。

ここからネタバレ感想です。

1992年、デクスターはエマをフランス旅行に連れて行きます。

デクスターは、教師で満足せず、作家になれよとエマに言いますが、それよりお前がちゃんと働けよと思っちゃいました。

One_day4

ふたりでプールに全裸で入っていい感じになった時、デクスターのアルマーニのジャケットとカルバンクラインの下着が盗まれ、デクスターは泥棒を追いかけます。

そんな感じで、お互いに恋人がいたり、タイミングが悪かったり、すれ違いを繰り返します。
本当に辛くて悲しくて、助けて欲しい、そばにいて欲しいと思う時に、相手がいなかったり、他の事に気をとられていたり。

ある年、エマはデクスターに愛想をつかし、別れを告げます。
傷心のデクスターは、心の穴を埋めてくれた女性シルヴィ(ロモーラ・ガライ)と、できちゃった婚。

One_day6

娘ジャスミンが生まれますが、そんな結婚がうまく行くはずもなく...

大体、シルヴィの家族との様子から、絶対無理ねと思ったわ。どう見たって、相性悪いわよ。

2003年、作家となってパリにいるエマに、デクスターは会いに行きます。空港に迎えに来ていたエマ。
ショートカットのエマが、とっても素敵です。

デクスターは、エマの家に泊まろうと思っていましたが、今は新しい恋人がいるから泊められないと言われてしまいます。

One_day11

デクスターは荷物を抱え、パリには滞在せずに、このまま帰国するとエマに告げます。

あー、またまたすれ違いかあと思ったら、エマがデクスターを追いかけてきました。
そしてや~~~~~っと、2人は結婚へ。

でも待って。
23年でしょ。まだ途中じゃない。
このあと、どういう展開?と思いながら、見てました。

結婚したエマとデクスターのところへ、デクスターの娘ジャスミンが時々来ます。
多分共同親権なのね。
エマもそろそろ子供が欲しいと、子作り開始。
しかし、1年経ってもまだ妊娠せず、ちょっとイラついているエマ。

デクスターには娘がいるものね。妊娠しないのは自分のせいと思っていたかも。

それでも、仲良く暮らしているエマとデクスター。
しかし突然やってきた別れ。
なんと、エマが交通事故で突然死んでしまった。shock
あまりにも短かかった幸せな結婚生活。

こんな展開の話だったなんて、ショック。
せっかく結婚したのに、あんまりじゃないの。

1年後、デクスターはまだ精神的にボロボロ。crying

そんなデクスターにお父さんが言います。
「エマがいると思って暮らしてみないか。」
当然、できないというデクスター。
「でも、俺は10年そうしてる。」とお父さん。

この会話で、crying

小さな店を営むデクスターのもとに、イアンが妻子を連れてやってきた。

君だけがエマを輝かせることができた。
エマは君をまともにした。


このイアンの言葉と、お父さんの言葉が、心に残りました。

そして最後の7月15日。娘をエマとの思い出の場所に連れてくるデクスター。
この辺は、「幸せへのキセキ」の主人公と同じね。やっと、亡き妻の思い出を語れるようになった。

そして、最初に出会った1988年の7月15日の翌日の様子が明かされます。

One_day9

お母さんのセリフで、「家に連れてきた子?」というのがあって、いつの事だろうと思っていましたが、この時の事だったのね。

デクスターの部屋に両親が来る予定だったけど、まだ時間があるから、それまで夕べの続きをと言ってエマを連れてきたけど、予定より早く来た両親とアパートの前で鉢合わせ。エマは帰らざるを得なくなってしまったのね。

でもこの2人は、20代で結婚してもうまく行かなかったんじゃないかしら。
人生経験を重ね、紆余曲折あって、お互いの長所短所をよく知った上で一緒になったのでよかったんだろうと思う。

One_day3

このジムの写真好きだわheart01
白髪が混じったジムも、なかなか良かった。

One_day5

今回意外にマッチョな体だったけど、9月公開の「ウェイバック」でポーランド人兵士の役だから、そのためだったのかしら。

(鑑賞日6月27日)

« The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 ジャパンプレミア | トップページ | 一枚のめぐり逢い ニコラス・スパークス著 »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

いろいろあって、やっとつかんだ家庭だったので、そのままにっこり笑って映画館を出たかったです。
それこそいろいろある!からかもしれませんが、そこで何も・・・感がぬぐえない。

まあ、ジム君堪能できたんで、よしとしてますが。

★sakuraiさん
2人の結婚生活が、あんな終わり方とはねえ。
ラブストーリーは陳腐でもハッピーエンドが好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/45853444

この記事へのトラックバック一覧です: ワン・デイ 23年のラブストーリー:

» ワン・デイ 23年のラブストーリー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(14) 時間軸とアン・ハサウェイと衝撃シーン。 [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー/One Day [LOVE Cinemas 調布]
とある男女の23年間の恋愛感情と友情を、7月15日という1日のスポットを当てて描いたラブストーリー。ヒロイン役を『レイチェルの結婚』のアン・ハサウェイが、彼女が恋愛感情と友情を抱く男性を『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが演じている。監督は『17歳の肖像』のロネ・シェルフィグ。... [続きを読む]

» 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』 [ラムの大通り]
(原題:One Day) 「この映画、 原作がそうなっているってことだろうけど、 その発想がまずユニーク」 ----「23年。23回の7月15日。」という、あれ? 「そう。 23年前の7月15日、 主人公ふたりの出会いから現在までを、 毎年、その一日(ワン・デイ)に絞って描いてい...... [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー [心のままに映画の風景]
1988年7月15日。 真面目なエマ(アン・ハサウェイ)と自由奔放なデクスター(ジム・スタージェス)は、大学の卒業式の後、一線を越えぬまま一夜を共にした。 友だち関係を選んだふたりは、互いに微妙な...... [続きを読む]

» 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』人生が集約する1日 [Healing ]
ワン・デイ 23年のラブストーリー ★★★★ 友だち同士の関係を選んだ すれ違う男女の23回分の1日 作家志望、真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と 自由奔放なチャラ男のデクスター(ジム・スタージェス)。 正反対な性格の男女の 出会いから23年間を、23年分の7月15日だけでつむいでいくお話。 同名ベストセラー小説の映画化です。 原作は未読。 スト... [続きを読む]

» 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』人生が集約する1日 [Healing ]
ワン・デイ 23年のラブストーリー ★★★★ 友だち同士の関係を選んだ すれ違う男女の23回分の1日 作家志望、真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と 自由奔放なチャラ男のデクスター(ジム・スタージェス)。 正反対な性格の男女の 出会いから23年間を、23年分の7月15日だけでつむいでいくお話。 同名ベストセラー小説の映画化です。 原作は未読。 スト... [続きを読む]

» 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 幸せなカップルはいっしょに観ちゃダメ [はらやんの映画徒然草]
しっかり者で真面目、けれど自分に自信がもてないエマ。 ちょっとチャラ男なところも [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー よかったのか悪かったのか・・・不思議な映画だ [労組書記長社労士のブログ]
【=30 -3-】 昨日、映画を観た後、友人とばったり会った、「女房です」と妻を紹介したら、友人は「赤の他人です」と連れの女性を紹介してくれた、なんかそうとう可笑しくて、その後もずっと思い出し笑いするに至った。  大学の卒業式後に出会ったエマとデクスターはす...... [続きを読む]

» 人に歴史あり。『ワン・デイ 23年のラブストーリー』 [水曜日のシネマ日記]
ひとりの男性とひとりの女性の23年にわたる恋と友情を描いた作品です。 [続きを読む]

» ワン・デイ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ワン・デイ―23年のラブストーリー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、全体としてはエマ(アン・ハサウェイ)とディクスター(ジム・スタージェンス)とを巡る典型的なラブストーリーながら、特徴的なことが2点あるように思われます。  一つは、二人は、お...... [続きを読む]

» 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 [或る日の出来事]
プールでは思うように泳いで進んでいけても、人生はそうは行かない。 [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー [悠雅的生活]
聖スウィジンの祝日。Same time , Next year. [続きを読む]

» 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 [みんなシネマいいのに!]
 大学の卒業式で意気投合して親友となった男女の23年間を毎年7月15日の一日を切 [続きを読む]

» ワン・デイ [迷宮映画館]
20年前くらいの映画みたい・・。 [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー  評価★★★58点 [パピとママ映画のblog]
お互いに惹かれ合いつつ友人でいることを選んだ男女の、23年に渡るある特定の日を切り取り二人の移り変わりを綴るラブストーリー。ヨーロッパを中心にベストセラーになっている同名小説を、原作者自ら脚本を担当し映画化。 監督は「17歳の肖像」が第82回アカデミー賞に3部...... [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー [いやいやえん]
アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン他。 大学の卒業式で初めて会話を交わしたエマとデクスター。2人は急速に接近するのだが、お互い「友達」としての道を選んだ。そこから始まる23年間の毎年7月15日の2人の物語。 7月15日という一日だけに焦点をあてた演出は奇抜で新鮮さがあった。しかしその間の余白はある程度鑑賞者に任されるもので、二人にはその間それぞれ恋人やパートナーが出来たりしているのだけれど、満たされない何かがあるという設定。すれ違いの部分がとにかく多くて、非常... [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー [こんな映画見ました〜]
『ワン・デイ 23年のラブストーリー』---ONE DAY---2011年(アメリカ)監督:ロネ・シェルフィグ 出演:アン・ハサウェイ 、ジム・スタージェス 大学の卒業式で意気投合して親友となった男女の23年に渡る切ない紆余曲折の道行きを、毎年7月15日の一日を切り取...... [続きを読む]

» ワン・デイ 23年のラブストーリー [miaのmovie★DIARY]
ワン・デイ 23年のラブストーリー [DVD](2012/11/16)アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス 他商品詳細を見る 【ONE DAY】 制作国:アメリカ 制作年:2011年 真面目でしっかり者のエマと、自由奔放で恋...... [続きを読む]

» 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
う~~ん、期待したほど、面白くは無かったかも・・・。でも最後の方は、意外な展開でした。 [続きを読む]

» 映画・ワン・デイ 23年のラブストーリー [読書と映画とガーデニング]
原題 ONE DAY2011年 イギリス 1988年から2011年までの23年間に渡り、特定の1日、7月15日(聖スウィジンの祝日)だけを描きます 1988年、スコットランドエディンバラ大学の卒業式の後、真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と実家が裕福で自由奔放な...... [続きを読む]

« The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 ジャパンプレミア | トップページ | 一枚のめぐり逢い ニコラス・スパークス著 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ