サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

ワン・デイ 23年のラブストーリー

ずっとあなたが好きだった

One_day

公式サイト http://oneday.asmik-ace.co.jp

原作: ワン・デイ (デイヴィッド・ニコルズ著/ハヤカワ文庫)
監督: ロネ・シェルフィグ  「17歳の肖像」
脚本: デイヴィッド・ニコルズ
主題歌: Sparkling Day (エルヴィス・コステロ)

エマ(アン・ハサウェイ)は真面目なしっかり者で、作家志望の女の子。
デクスター(ジム・スタージェス)は、自由奔放なプレイボーイ。
1988年の7月15日。大学の卒業式のあと、ふたりは初めて言葉を交わした。惹かれあうものを感じながら、恋人ではなく友達として付き合い始める。親友として一緒に旅行に行ったり、ケンカをしたり恋の悩みを相談したりしながら、それぞれの人生を歩む。愛する気持ちを心に秘めていたエマだったが、ある年の“7月15日”に、デクスターから他の女性と結婚する事を打ち明けられる。そしてその後も人生を歩み続けるふたりに、“運命の7月15日”が近づいていた。

続きを読む "ワン・デイ 23年のラブストーリー" »

2012年6月28日 (木)

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 ジャパンプレミア

夫の強力なサポート

The_lady

公式サイト http://www.theladymovie.jp
7月21日公開

監督: リュック・ベッソン

アウンサンスーチー(ミシェル・ヨー)は、留学先のイギリスで知り合ったマイケル・アリス(デヴィッド・シューリス)と結婚し、夫と二人の息子と共に、オックスフォードで幸せな生活を送っていた。1988年、母の看病するため、久しぶりに生まれ故郷のビルマに戻ると、軍部が独裁を敷いており、学生民主化運動を武力で制圧する凄惨な光景が広がっていた。ビルマ建国の父と、死後も民衆から敬愛されるアウンサン将軍の娘の帰国を知った民主主義運動家たちは、スーチーに選挙への出馬を懇願する。不安を抱きつつも民衆を眼前にして、立候補を決意するスーチー。それは、家族と引き裂かれた辛く厳しい軍事独裁政権との闘いの始まりだった。

続きを読む "The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 ジャパンプレミア" »

2012年6月24日 (日)

さらば復讐の狼たちよ (試写会)

昔の西部劇みたいだった horse

Let_the_bullets_fly

公式サイト http://saraba-ookami.jp
7月6日公開

監督・主演: チアン・ウェン
音楽: 久石譲

辛亥革命後、政治は腐敗し、軍閥が割拠していた。金で県令職を買ったマー(グォ・ヨウ)は、妻(カリーナ・ラウ)と書記のタンとともに、馬列車で赴任先となる地方都市・鵝城へと向かっていた。列車内で彼らが食事をしていると、指名手配中の“アバタのチャン”(チアン・ウェン)率いる山賊たちに列車が襲撃され、妻とともに捕えられたマーは、自身の命を守るため書記になりすまし、「鵝城の県令になれば、金儲けできる」と、チャンに県令になりすますことを促すのだった。こうして二人は妻や手下を引き連れて鵝城へと向かうが、そこは金と暴力ですべてを牛耳る大地主のホアン(チョウ・ユンファ)が支配する街だった。

続きを読む "さらば復讐の狼たちよ (試写会)" »

2012年6月22日 (金)

ジェーン・エア

暗いよねえ

Jane_eyre

公式サイト http://janeeyre.gaga.ne.jp

原作: ジェーン・エア (シャーロット・ブロンテ著)
監督: キャリー・ジョージ・フクナガ 「闇の列車、光の旅」

ジェーン・エア(ミア・ワシコウスカ)は幼くして両親を亡くし、引き取ってくれた伯父も亡くなり、その妻と息子に、日々苛められた。寄宿学校でも理不尽な扱いを受け、唯一の友達だったヘレンは、病で天に召された。
卒業したジェーンは母校で教職を勤めたあと、ソーンフィールド館で、住み込みの家庭教師として働き始める。それまでの人生とは打って変わり、充足した日々を送っていた彼女は、それまで不在であったソーンフィールド館の主人ロチェスター(マイケル・ファスベンダー)と出会う。どこか暗くて冷たい雰囲気に包まれた彼と徐々に心を通わせるようになり、求婚されるが、ロチェスターが抱えていた恐ろしい秘密を知ってしまう。

続きを読む "ジェーン・エア" »

2012年6月21日 (木)

一枚のめぐり逢い

ザックを堪能 heart04

Lucky_one

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/theluckyone

原作: 一枚のめぐり逢い (ニコラス・スパークス著/ソフトバンク文庫)
監督: スコット・ヒックス  「ヒマラヤ杉に降る雪」 「幸せのレシピ」

戦場の瓦礫の中に見つけた1枚の写真。見ず知らずの女性が微笑むその写真に、自分の命が救われたと思った米海兵隊三等軍曹ローガン・ティボルト(ザック・エフロン)は、イラクから帰還後、写真に写っている背景から、それがルイジアナだと突き止め、その女性に会おうと、愛犬ゼウスと旅に出る。町で彼女の名前と所在を知ったローガンは、その女性ベス(テイラー・シリング)が経営する犬舎で働き始める。

続きを読む "一枚のめぐり逢い" »

2012年6月18日 (月)

スノーホワイト

甲冑を着た白雪姫

Snow_white

公式サイト http://snowwhite-movie.jp

雪のように白い肌、血のように赤い唇、漆黒の髪を持つ王女、スノーホワイト(クリステン・スチュワート)。母の死後、ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)が王であるスノーホワイトの父と結婚したが、実は彼女は魔女で、王を殺してスノーホワイトを幽閉し、女王となる。7年後、永遠の美しさと支配を得ようと、ラヴェンナはスノーホワイトの心臓を食そうと狙うが、スノーホワイトは、城から脱走して、ラヴェンナの魔力が及ばない、暗黒の森に逃げ込む。ラヴェンナは狩人エリック(クリス・ヘムズワース)に、スノーホワイトを捕まえるように命令する。

続きを読む "スノーホワイト" »

2012年6月14日 (木)

ネイビーシールズ (試写会)

メインキャストは現役隊員たち

Navy_seals

公式サイト http://navyseals.gaga.ne.jp/official
6月22日公開

メキシコの医師を装ってコスタリカに潜入し、麻薬取り引きと武器密輸で莫大な富を手にしているクリストを探っていたCIAの女性エージェント、モラレスが拉致された。米国は、直ちに海軍特殊部隊に出動を要請。ローク大尉率いるチーム7は敵のアジトを急襲し、モラレスを奪還する。しかし彼女の得た情報から、東南アジアのテロリストのシャバールが、米国をターゲットにした大きなテロを計画しているのが明らかになり、休む間もなく、隊員たちに新たな任務が発令される。

続きを読む "ネイビーシールズ (試写会)" »

2012年6月12日 (火)

幸せへのキセキ

動物園を買うという冒険をしました

We_bought_a_zoo

公式サイト http://www.foxmovies.jp/sk

実話の映画化

原作: 幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語 (ベンジャミン・ミー著/興陽館)

監督: キャメロン・クロウ  「あの頃ペニー・レインと」 「バニラスカイ」

ロサンジェルスの新聞社に勤めるコラムニストのベンジャミン(マット・デイモン)は、半年前に最愛の妻を亡くし、反抗期真っ盛りの14歳の長男ディランと7歳の娘ロージーの子育てに日々追われていが、衝動的に会社を辞めてしまう。そんな折、ディランも退学処分なり、ベンジャミンは心機一転のため、引っ越すことにする。郊外に理想的な家を見つけたが、そこは閉鎖された動物園付きの物件だった。

続きを読む "幸せへのキセキ" »

2012年6月 9日 (土)

星の旅人たち

巡礼の目的は?

The_way

公式サイト http://hoshino-tabibito.com

監督: エミリオ・エステヴェス  「ボビー」

カリフォルニアに住む眼科医トム(マーティン・シーン)のもとに、息子のダニエル(エミリオ・エステヴェス)が、ピレネー山脈で嵐に巻き込まれて死んだという知らせが入る。スペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅に出てまもなくの事だった。現地へ飛んだトムは、ダニエルの遺志を継ぎ、彼の遺品と遺灰を背負って、800キロに渡る巡礼の旅に出る。

続きを読む "星の旅人たち" »

2012年6月 4日 (月)

君への誓い

僕は君の夫なのに weep

Kimichika

公式サイト http://www.kimi-chikai.jp

実話を基に製作された作品

親しい友人達に囲まれ、お互いに誓いの言葉を交わして結婚したレオ(チャニング・テイタム)とペイジ(レイチェル・マクアダムス)。幸せな新婚生活も束の間、ある夜、交通事故にあい、昏睡状態から目覚めたペイジには記憶に障害があり、結婚している事や夫のレオに関する記憶を失っていた。覚えているのは、両親と郊外の屋敷に暮らし、ロースクールに通っていて、ジェレミーという婚約者がいた事だけだった。

続きを読む "君への誓い" »

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ