サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ハーフ・デイズ | トップページ | コロンビアーナ (試写会) »

2012年8月28日 (火)

THE GREY 凍える太陽

生きたい理由はありますか?

The_grey

公式サイト http://www.grey-kogoeru.com

原作: Ghost Walker (イーアン・マッケンジー・ジェファーズ)

製作総指揮: トニー・スコット
監督: ジョー・カーナハン  「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」

ならず者たちが集まるアラスカの石油採掘現場。そこで働くオットウェイ(リーアム・ニーソン)は、作業員たちを野獣から守るために雇われた射撃の名手。最愛の妻が去った後、彼は流れるようにこの場所にたどり着いた。ある日、作業員たちと共にオットウェイが乗った飛行機が、大嵐にあってアラスカの山中に墜落し、7人の男が生き残った。しかしそこは、オオカミたちの縄張りだった。

先日自殺したトニー・スコットがエグゼクティブ・プロデューサーの1人で、お兄さんのリドリー・スコットも製作に名前を連ねています。

冒頭、オットウェイは生きる希望も気力も失っていて、自殺しようとします。しかし作業員たちのいるところに獣が来て、自分ではなく獣を射殺。
その後、休暇で家族の元へ帰る作業員達と一緒に乗った飛行機が墜落。
気がつくと、オットウェイは雪原の真っ只中にいました。
生き残った男達と食料を確保し、飛行機の残骸の中で暖をとってしました。
しかし、彼らの周りには狼たちがいました。
交代で見張りを立てましたが、その一人が襲われて無残な姿に。

オットウェイは望みの薄い救助隊を待つより、林へ移動したほうがいいと提案します。
極寒の地ですから、じっとしていても凍傷になりますよね。

The_grey3

しかしここから壮絶なサバイバルが始まります。
林へ移動する間も、林に入ってからも、容赦なく狼たちは襲ってきます。
ハンターであるオットウェイは狼の生態をよく知っていて、一行のリーダー的存在になります。でも当然<反抗的な態度の者もいます。

必死に狼たちからの攻撃から逃れようとする男達。
壮絶なアクションが続きます。
断崖から川を挟んだ向かいの木に飛ぶ、決死のダイブ。
寄せ集めの物で作られたローブを張り、それを頼りに絶壁から移動。

娘や息子、養っている兄弟のため、恋人のために生き残ろうとする人。
愛する人がいる、会いたい人がいるという事は、生きようとする活力になりますよね。

一方、たとえこの窮地を生き抜いても、昼は穴掘り、夜は泥酔の日々の繰り返し。それよりは美しい景色を独り占めしたまま死にたいという人。

孤独で、楽しいと思えることもなーんにもなければ、生きる気力は湧いてこないですよね。

しかし、生きたいと思っても生きられない人もいる。運命は過酷で容赦ない。
死んでも悔いのない日と思える時に死ねるわけでもありません。

事故の現場で、亡くなった人達の財布を集めるオットウェイ。財布には家族や恋人の写真が入っているので、財布を遺族に渡そうと考えたからです。

見ていて、浅野忠信のアメリカ人のおじいさんが、幼い頃の娘(忠信の母)の写真をずっと財布に入れていたというのを思い出し、じーんと来ました。

生き残った人達も、途中で次々亡くなり、そのたびに遺体から財布を取り出して中を見るシーンが胸に迫りましたわ。

CGではなく、マイナス20度の地での撮影なので、見ているだけでも凍りつくようです。
あんな場所での撮影に耐える俳優さんたちってすごいわ。

サバイバルアクションの映画と思いきや、それだけでなく、「生きるとは」と考えさせられた映画でした。

愛する娘との事を話す高所恐怖症のタルゲットに、ダーモット・マローニー
有名俳優を使うと展開が予想できてしまうので、他はあえて、知名度の低い俳優さんたちをキャスティングしたそうです。マローニーも髭とメガネで、すぐには彼だとわからないようにしたんだとか。

こんなラストかあと、ため息が出ましたが、エンドロールのあとにワンシーンありました。
解釈は人によって違うだろうけど、希望と思いたい。

(鑑賞日8月24日)

« ハーフ・デイズ | トップページ | コロンビアーナ (試写会) »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

頼りがいのある、リーアム・ニーソンがみんなを率いて生還させるという話かと思ったら、逆の話でしたね。
妻を亡くしているニーソンは事故以前から死に魅入られていて、意識せずに死に近づいていったのでしょうか。

★きささん
鑑賞前に想像していたストーリーとは全然違いました。
生と死について、哲学的な感じでした。

訪問&TBありがとうございます。
浅野忠信のエピソード、初めて知りました。
観ていて映画とは全然違うことを連想した仲間(?)ですね。
自分は、リーアム・ニーソンの妻のことを思い出しました。

★すぷーきーさん
アメリカ人て、財布の中に写真を入れている人が多いんですね。

ニーソンは突然奥さんを亡くし、大変だったと思います。

暑さ真っ盛りでの観賞でしたが、
映像を見ると、すっかり涼しく、いや寒くなる感じでした。

想像していたストーリーとは全然違ったけど、
ただ死んだのではなく、生きること念頭にしての死に、
主人公は、良かったかな?と思いました。

観賞後、リーアム・ニーソンの奥さんの死を知って、
こういう被る作品に出演された、彼の俳優としての
凄さを知りました。

★紫の上さん
見ているほうも、凍りつくように寒々しい感じでしたね。
ニーソンの奥さんの死は、本当に突然でしたからショックが大きかったと思います。それでこの内容の出演作ですから、すごい役者さんです。

浅野忠信さんのお話って、「ファミリー・ヒストリー」ですよね。
来週、再放送だった。
私は、ジョンって名前を名乗って、これはイエスを摸したのかななどと思ったんもんで、薄目の希望です。

★sakuraiさん
浅野忠信さんのファミリーヒストリーは泣きましたよ。

ラストの解釈は見た人しだいですよねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/46732288

この記事へのトラックバック一覧です: THE GREY 凍える太陽:

» THE GREY 凍える太陽 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE GREY】 2012/08/18公開 アメリカ PG12 117分監督:ジョー・カーナハン出演:リーアム・ニーソン、フランク・グリロ、ダーモット・マローニー、ダラス・ロバーツ、ジョー・アンダーソン、ノンソー・アノジー、ジェームズ・バッジ・デール 生き残れ。本能が叫んで...... [続きを読む]

» [映画『THE GREY 凍える太陽』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆時間がないので、寸評です。  ただ、この話、あらすじは簡単だ。  過去に傷を持つ主人公オットウェイ(リーアム・ニーソン)は、アラスカの石油採掘工場で、現場を脅かす野獣を狙撃する仕事を寡黙にこなしていた。  そんな折、彼や同僚達を乗せた航空機が、極寒の...... [続きを読む]

» THE GREY 凍える太陽 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(13) 真夏の映画は涼しく観ようキャンペーン第3作目(笑) [続きを読む]

» THE GREY 凍える太陽。 [すぷのたわごと。]
『THE GREY 凍える太陽』を観に行ってきました。 寒い映画館で極寒の地が舞台の映画、なかなか雰囲気はあるんだけど、映画館よ、ブランケットを用意する前にエアコンの設定温度を上げろよ! 原題は『THE GREY』のみ。 灰色?オオカミのこと??? ならず者が集まる石油採掘現場。 そこで、オオカミ退治のスナイパーとして働くオットウェイ(リーアム・ニーソン)。 休暇のため、作業員達と飛行機に乗り込むが、その飛行機が嵐のため墜落。 意識を取り戻したオットウェイがいたのは、一面が深い..... [続きを読む]

» THE GREY 凍える太陽 猛暑のなか身体の芯から涼しくなれます [労組書記長社労士のブログ]
【=33 -4-】 あぢあぢあぢーっ( ̄。 ̄;)と焼け死にそうになっている猛暑の最中、すっごく寒い映画の試写会に行ってきた、試写会場のエル大阪、わざとなのか冷房しっかり効いていて、心身ともにヒンヤリ。  石油掘削現場で働く屈強な男たちを乗せた飛行機が、アラスカの...... [続きを読む]

» 「THE GREY 凍える太陽 」 [みんなシネマいいのに!]
 8月中頃過ぎても暑いのは変わらず。 こういう時は涼しい映画館で、「海猿」のよう [続きを読む]

» The Grey 凍える太陽 [迷宮映画館]
トニー先生は、製作だったのですね。合掌でございます。 [続きを読む]

» 映画『THE GREY 凍える太陽』を観て [kintyres Diary 新館]
12-70.The Grey 凍える太陽■原題:The Grey■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:117分■字幕:斎藤敦子■観賞日:9月1日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・脚本・製作:ジョン・カーナハン□脚本:イアン・マッケンジー・ジェファーズ◆リーアム・ニーソン(オ...... [続きを読む]

» THE GREY 凍える太陽 [銀幕大帝α]
生き残れ。本能が叫んでいる。 −感想− 極寒の猛威と狼の脅威に立ち向かう一人のおっさんの姿を描いたアクション映画。 主人公を演じるのは戦うおっさんと云えばこの人リーアム・ニーソン。 飛行機が墜落してからは生き残った7人のリーダーとなって雪原を水辺を、そし...... [続きを読む]

» ザ・グレイ [いやいやえん]
リーアム・ニーソン主演。 人間は、大自然の猛威の前ではほとんど無力だ。 マイナス20℃の凍える寒さの中、武器なし、食料わずか、通信手段も救助もなしという状況…自分だったら生き残れるか!?無理! 全てにおいて希望的観測にすぎない極限状態の中、生きる事を選択した男たちがそれを信じて突き進んだ先には…。 主人公を含む男たちの無計画な行動やちょっとしたタイミングでの運命の岐路がリアリティをうんでいるのかもしれない。互いに知り合った仲というには浅い人間関係のなか、受け入れるしかない厳しい現実。... [続きを読む]

» ザ・グレイ [miaのmovie★DIARY]
ザ・グレイ [DVD](2013/02/06)リーアム・ニーソン、フランク・グリロ 他商品詳細を見る 【THE GREY】 制作国:アメリカ 制作年:2011年 石油採掘現場で働く屈強な男たちを乗せた飛行機が、アラスカ の荒野に墜落。生き残った7人の男たちは、極寒の大雪原に放り 出される。すべてが寒さで凍りつき、満足な武器も食糧もなく 南へと移動を始めた彼らを待ち受けていたの...... [続きを読む]

» THE GREY 凍える太陽 (The Grey) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョー・カーナハン 主演 リーアム・ニーソン 2011年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ 動物って集団の中からボスを見出す能力に優れてますよねぇ。「あ、この家ではこの人が一番偉い人だ!」と、すぐに見分ける。ウチのネコらなんかもそうなんです…... [続きを読む]

« ハーフ・デイズ | トップページ | コロンビアーナ (試写会) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ