サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« ワイルドスピード6撮影開始 | トップページ | ロック・オブ・エイジズ (試写会) »

2012年9月12日 (水)

夢売るふたり

女心は複雑

Photo_2

公式サイト http://yumeuru.asmik-ace.co.jp

原案・脚本・監督: 西川美和  「ゆれる」 「ディア・ドクター」 

東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻(松たか子)の里子。店は小さいながらも繁盛していたが、開店5周年の日に、調理場からの失火が原因で店は全焼。もう一度やり直せばいいと前向きな里子とは対照的に、やる気を無くした貫也は、働きもせず酒びたりの日々。そんな貫也はある日、常連客だった玲子(鈴木砂羽)と再会し、酔った勢いで一夜を共にしてしまう。その事を知った里子は、結婚詐欺で金をだまし取る事を思いつく。店を再開する資金を稼ぐために貫也は、結婚したい実家暮らしの出版社のOL(田中麗奈)、男運の悪いソープ嬢(安藤玉恵)、孤独なウエイトリフティング選手(江原由夏)、幼い息子を抱えたシングルマザー(木村多江)など、言葉巧みに次々と接近する。

西川美和監督の作品て、楽しくないしわかりやすくもない。
様々で複雑な人間の心情を描いて、見終わって色々考えてため息が出る。

いろいろと他の人の意見を聞きたくなりますね。

貫也も里子も、完全な悪人でも、完全な善人でもない。
でも人間て、大体そんなもんでしょ。

貫也は憎めないダメ男。板前としては、生活のために妥協はできないし、理想を持つ。
妻の里子はしっかり者で、夫を支えている。

Umeuru

夫に結婚詐欺をさせるけど、妻としては、夫が他の女性と関係を持つ事に平気なわけはない。

貫也にだまされる女性達の、それぞれの事情と心情の描き方もうまいですね。

Umeuru2

登場する女性達の心理はわかるけど、貫也の心理はどうなのか、男性の方に聞いてみたいですね。
だまされる女性達に申し訳ないという気持ちもあるみたいだけど、妻の事は本当のところどう思っているのかな。
どういう気持ちで結婚詐欺を続けていたのかしら。

男性はだまされる女達をどう思うのかなあ。

夫に対しいろんな思いが交錯する、松さんの表情がすばらしい。
玲子と交差点で偶然出会い、玲子にニコッとお辞儀をされた後の表情とか、ラストの表情とか。

夫婦って複雑で奇妙なものかも。

(鑑賞日9月10日)

« ワイルドスピード6撮影開始 | トップページ | ロック・オブ・エイジズ (試写会) »

【映画】や行」カテゴリの記事

コメント

あら・・・明るい話かと思いきや・・・

意外とダークネスなんすねsweat02

けど面白そう~happy01

★ジョニー・タピアさん
西川美和監督ですから、お気楽コメディーではありません。
女って...
男って...
夫婦って...
感じです。

西川監督らしく色々キツイ映画ですね。
とはいえ「ゆれる」あたりと比べるとかなりユーモアも。
松たか子と阿部サダヲは好演、他にも鈴木砂羽、木村多江など俳優陣はみないいです。
ウェイトリフティングの選手役の江原由夏は本当の選手としか思えませんでした。
最初の方の阿部サダヲのダメ男っぷりはうまいです。
松たか子の演技も色々と怖いです。
ラストは西川監督らしく観客の心に投げかける様な終り方ですが、実は最初の構想では全く違うエンディングだったのだそうです。
見ごたえのある映画ですが、137分はちょっと長かったかな。

「夢売るふたり」に関しては、ほぼ日刊イトイ新聞の糸井重里と西川美和監督の対談が面白いです。
http://www.1101.com/nishikawa2012/2012-09-04.html

★きささん
わたしも糸井さんと西川監督の対談読んでます。
裏話もわかって面白いですね。

いつもながら、すさまじいものをつくりだしますよねえ。
決して楽しくはないですが、一瞬たりとも目が離せませんでした。
男なんて、あんなもんでしょ。ふらふらと。好かれれば嬉しいし、ついてきてくれれば浮かれるし、本当痛い目に遭わないと分からなかったりと、監督のある意味、男性感のような気もしました。

★sakuraiさん
女性の心の隙間にうまく入り込む阿部さんは、イメージに合っていて適役でしたね。

この映画観たかったんですよね~
出演者的にも監督的にも気になって・・・。
でも、当分映画館には行けそうもないので、DVD出るのを待たなくちゃ・・・。(><。)

★yukiさん
お母さんになられて、当分は赤ちゃんのお世話で大変ですね。
映画館でなくても、レンタルならいつでも見られますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/46904445

この記事へのトラックバック一覧です: 夢売るふたり:

» 女のプライド。『夢売るふたり』 [水曜日のシネマ日記]
結婚詐欺に手を染める夫婦を描いた作品です。 [続きを読む]

» 『夢売るふたり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「夢売るふたり」□監督・脚本・原案 西川美和□キャスト 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、       江原由夏、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古舘寛治、       小林勝也、伊勢谷...... [続きを読む]

» 夢売るふたり [to Heart]
人間最大の謎は、男と女 製作年度 2012年 上映時間 137分 映倫 R15+ 脚本 監督 西川美和 出演 松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/木村多江/伊勢谷友介/古舘寛治/小林勝也/香川照之/笑福亭鶴瓶 『ディア・ドクター』などで高評価を得た西川美和監督がメガホンを...... [続きを読む]

» 『夢売るふたり』 [ラムの大通り]
※今日、ブログ9年目に突入しました。 ----この映画って西川美和監督の新作だよね。 松たか子、阿部サダヲ主演で 詐欺師夫婦を描いているんでしょ。 「そう。 いま、その演技力が最も買われているふたりが、 同じく、『蛇いちご』で衝撃のデビューを果たして以来、 これま...... [続きを読む]

» 夢売るふたり [Akira's VOICE]
ヒューマンドラマであり心理サスペンス、そしてホラー。   [続きを読む]

» 夢売るふたり [悠雅的生活]
騙す男。貢ぐ女。黙る妻。 [続きを読む]

» 『夢売るふたり』が夢見たもの [Healing ]
夢売るふたり ★★★★ 脳裏にこびりつく、男と女の奇妙な形 いかんとも理解しがたい夫婦の関係 本当に、やばいお話をよく考えるものですね。西川美和監督ったら。 松たか子さん、よく受けたよね。よくやったよね。 阿部サダヲさんが、こうも人たらしだったとは、よく気づいたよね。 夫婦は「運命共同体」などといいますけれど、 そうはいっても、 いざなったら、 女はしぶとい... [続きを読む]

» 映画「夢売るふたり」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「夢売るふたり」観に行ってきました。 結婚詐欺をテーマに男女間の複雑な心情や葛藤などを描いた、阿部サダヲと松たか子の2人が夫婦として主演を担う人間ドラマ作品。 作中では「本番」さながらのセックスシーンが3回ほど出てくることもあり、今作は当然のことながらR-15指定されています。 作中で披露される... [続きを読む]

» 夢売るふたり・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
女と男の心のスペクタクル。 火事で経営していた小料理屋を失い、結婚詐欺で再出発の資金を作ろうとする夫婦の物語を、「ゆれる」「ディア・ドクター」などオリジナル脚本による心理劇を得意とする西川美和...... [続きを読む]

» 「夢売るふたり」 迷い、ゆれる [ももたろうサブライ]
監督 西川美和 [続きを読む]

» 夢売るふたり [迷宮映画館]
なんか次元が違うわ。 [続きを読む]

» 夢売るふたり [サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村]
       『夢売るふたり』  (2012) 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)とその妻、里子(松たか子)。 2人が懸命に働いてようやく手に入れたその店は、調理場からの失火が原因で全焼、2人は一夜にして全てを失ってしまう。 一からやり直そうと前向きな里子に対し、すっかり投げやりになってしまった貫也。 そんなある日、店の常連客だった玲子(鈴木砂羽)と再会した貫也は、思いがけず一夜を共にしてしまう。 しかも玲子に同情され、大金まで..... [続きを読む]

» 夢売るふたり(2012-115) [単館系]
夢売るふたり MOVIXさいたま 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。 ある日、貫也が常連客と一夜を...... [続きを読む]

» 夢売るふたり [いい加減社長の映画日記]
結婚詐欺師になるために、お勉強しようかと・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 東京の片隅で小料理屋を営む貫也と妻の里子。 店は小さいながらも繁盛していたが、調理場からの失火が原因の火事で全てを失ってしまう。 絶望して酒びたりの日々を送っていた貫...... [続きを読む]

» 夫婦善哉~『夢売るふたり』 [真紅のthinkingdays]
 里子(松たか子)と貫也(阿部サダヲ)は、東京のある街で小料理屋を営む仲の 良い夫婦。しかし、火事で店は全焼し、二人は全てを失ってしまう。  『ゆれる』 『ディア・ドクター』 と、評価の高い...... [続きを読む]

» 夢売るふたり(2012) [銅版画制作の日々]
 人間最大の謎は、男と女 好き度:=80点 西川美和監督ワールド炸裂!この独特な世界がたまらなく好きです。 松たか子さんも炸裂ですね。「告白」の彼女を観て以来、彼女の演技にはもうもう圧倒されている私です。 今回は阿部サダヲが彼女の夫役で登場。女は強しと...... [続きを読む]

» 夢売るふたり [心のままに映画の風景]
東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 小さいながらも順風満帆な店だったが、火事で全てを失ってしまう。 一からやり直そうと前向きな里子に対し、貫也はすっかり投げ...... [続きを読む]

» 「夢売るふたり」感想(簡易版) [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
 「ディア・ドクター」の西川美和監督・脚本・原案。阿部サダヲ・松たか子主演。東京の片隅で、ふとしたきっかけから結婚詐欺をはじめた夫婦の悲喜を描く、クライム(?)ストーリー。... [続きを読む]

» 詐欺によって [笑う社会人の生活]
10日のことですが、映画「夢売るふたり」を鑑賞しました。 小料理屋を営む 夫婦 貫也と里子だったが、火事により全てを失う あるきっかけでふたりは結婚詐欺をし 店再開の資金を稼ぐのだが… 西川美和監督作 彼女らしい作品で 詐欺といってもコンムービーではなく サス...... [続きを読む]

» 「夢売るふたり」どっこい女はしたたか [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
女の怖さを十二分に表現する松たかこの凄い演技と、見事なまでに薄幸顔の女優を集めたのに、どこか悲惨さが無い。 松たかこと阿部サダヲだから実現した絶妙な空気感。 あったかいのに薄ら寒い、弱弱しいのに力強い、西川監督のなせる業なのか・・・・... [続きを読む]

» 夢売るふたり      評価★★★ [パピとママ映画のblog]
『ゆれる』や『ディア・ドクター』など、人間の深層心理に肉薄し、人間の心の闇をえぐり出すような作品で定評のある西川美和監督作。ある夫婦が火事で全てを失った事から始めた結婚詐欺を繰り返すうちに、本人ですら自覚していなかった己の深層心理と、お互いが知らなかっ...... [続きを読む]

» 「夢売るふたり」 愛の行く末 [はらやんの映画徒然草]
だいたい映画を観たあとすぐにレビューを書くのですが、本作はちょっと苦労しました。 [続きを読む]

» 映画『夢売るふたり』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
『蛇イチゴ』では、ニヤリ (^_-)-☆ 『ゆれる』では、グラグラ (・へ・)? 『ディア・ドクター』では、エェーン ( [続きを読む]

» 夢売るふたり [まてぃの徒然映画+雑記]
『ゆれる』『ディア・ドクター』の西川美和監督の最新作は、男と女の間の愛情を描いた作品。主演は松たか子と阿部サダヲ。 夫婦ふたりで小さな居酒屋を切り盛りしていた市澤貫也(阿部サダヲ)と里子(松たか子)。ある夜、調理中の火が元で火事になり、全てを失ってし...... [続きを読む]

» 「夢売るふたり」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
西川監督のファンです。これまでは男性が主人公の作品が多かったので、女性が主人公のお話は新鮮でした。4つ★ [続きを読む]

» 夢売るふたり [いやいやえん]
どんな理由があろうとも、結婚詐欺はいかん!!と思います。 夢を取り戻そうとする夫婦と、その犠牲となる女性たち。平凡な男性にこんなにも惹かれてしまうのは、男の心中にすっと心に入ってくる優しさなるものを女性たちが嗅ぎ取っているからなのでしょうね。 しかし松たか子さんは素晴らしかったです、逞しくもしたたかで繊細な女性を巧みに演じられてた。ラストで働いてるシーンがありましたが、最初から二人して働いてまたいつか金を貯めれば良かったのだ。いつか出所する夫を待つのであろう強さをもの凄く感じました。 ... [続きを読む]

« ワイルドスピード6撮影開始 | トップページ | ロック・オブ・エイジズ (試写会) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ