サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« デンジャラス・ラン (試写会) | トップページ | ヒュー・ジャックマン来日中 »

2012年9月 2日 (日)

最強のふたり

人生は楽しまなきゃ

Untouchable2

公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp

実話の映画化

原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版)

パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)の、介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)。彼の目的は、失業手当の支給に必要な不採用のサインをもらう事。しかしフリップは彼を採用する。すべてが全く異なるふたりは、ぶつかり合いながらも次第に友情が生まれる。

この映画の二人の監督は、モデルとなった二人のドキュメンタリーを見て、映画を作りたいと思ったそうです。

公開初日の初回に見てきました。
映画サービスデイでもあり、去年の東京国際映画祭グランプリ受賞作で、評判が高かったので、鑑賞した映画館では大盛況。
前々日にネットで座席をとっておいてよかったですぅ。
上映20分前くらいに着いたのですが、すでに午後3時台まで売り切れ。
帰りにチケット売り場をみたら、午後7時台が残りわずかとなっていて、その前まで完売でしたよ。

フィリップの家族構成や介護人の名前など、いくつか実際とは変えているみたい。
でもフィリップが事故で動けなくなったあと、奥さんが病死したのは事実なんですね。

ドリスはスラム育ちで前科もある。彼はフィリップに対して、かわいそうとか気の毒だという気持ちで接していない。フィリップの秘書には色目を使うし、わがままなフィリップの養女も遠慮なく叱り飛ばし、屋敷内でも常にマイペース。
タバコやマリファナをフィリップに吸わせたり、普通の介護人ならタブーと思われることも、必要と思った時には気にしない。

貧困層出身のドリスと貴族の血をひく大金持ちのフィリップは、音楽や芸術に対する趣味も全く異なるけど、相性が良かったんでしょうね。プロの介護士でないから、ある意味自由というか型破りな介護?

Untouchable3
耳は感じると聞くと↑(笑)

始終腫れ物に触るように、大事に丁寧に、気持ちを傷つけないようにと接せられるのは嫌だったのでしょう。

フィリップだけでなく屋敷内の他の人達も、次第にユーモラスに元気になったみたい。
どんどん心が解放されていく感じ。

とにかく笑い満載。
オマール・シーは、コメデイアンでもあるそうですね。

ドリスはづけづけ物を言うけど、フィリップのためになる事をちゃんと考えているの。
いっぱい笑ったあと、2人の絆に胸が熱くなりました。

(鑑賞日9月1日)

« デンジャラス・ラン (試写会) | トップページ | ヒュー・ジャックマン来日中 »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

これ観たいっす!

超楽しみにしてたんすけど・・・

地元では上映しない様子・・・・

レンタルを待つしかない(´Д`;)

★ジョニー・タピアさん
興行成績がいいと拡大公開になることもありますから、
地元で上映されるといいですね。

9月1日「映画の日」に封切で、さっそく鑑賞とは評判に誘われて出かけた風ですね。
目指した時間帯が売り切れなども、評判のなせる業でしょうか。
当方は、前触れもなく突然に試写会をもらっての鑑賞でしたから、観終えてほっこりな作品でした。
最強の作品でしたから、ことしの一押しにしちゃおうかと吟味中です。
http://www.geocities.jp/ina570/cinema.html

★もののはじめ の iinaさん
レディースデイにしようかと思ったのですが、都合のいいのが1日だったのです。
試写会で一足先にご覧になったんですね。
いい気分で映画館をあとにできました。

面白そうですね。私も映画館に行きたくなりました。

★クリさん
お時間があれば、ぜひどうぞ。

実話の映画化ですが、コメディとして良くできています。
深刻に描ける話を軽妙に映画化しているのがいいですね。
ドリス役のオマール・シー、フィリップ役のフランソワ・クリュゼどちらもうまいので、自然に話に引き込まれます。
結構笑わせてくれて、ラストはほろりとさせ、とても良い映画だと思いました。
介護者を黒人に変更したのは最初からオマール・シーをキャスティングする事に決めていたからだそうですね。

★きささん
湿っぽくなく、笑いにしているのがいいですね。
ふたりの強い絆が感じられるラストも良かったです。

やっと来ました!!
フィルム数、少ないのでしょうね。
いやーー、よかったです。噂にたがわず!!
笑って、泣いて、とっても気持ちよかったです。
お湯掛けたのはやり過ぎですが、やってみたい気はわかるわあ。

★saluraiさん
ミニシアター系としては異例の大ヒットで、
上映館が増えてますね。

熱さを感じなくても、
お湯をかけたら皮膚はやけどしますよねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/46853903

この記事へのトラックバック一覧です: 最強のふたり:

» 最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ...... [続きを読む]

» 最強のふたり / Intouchables (Untouchable) [勝手に映画評]
ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。 笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。...... [続きを読む]

» 『最強のふたり』 [ラムの大通り]
(原題:Intouchables) ----この映画、 確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。 すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。 「うん。 タイトルも不思議でね。 電動車椅子に乗っている白人と それを介助している黒人。 このふたりに“最強”という...... [続きを読む]

» 最強のふたり [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(10) 固い絆で結ばれた男の友情もたまには良いもんだ。 [続きを読む]

» 最強のふたり [心のままに映画の風景]
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)を新しい介護者として採...... [続きを読む]

» 最強のふたり ---試写会--- [こんな映画見ました〜]
『最強のふたり』 ---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。 実話を基に、首...... [続きを読む]

» 最強のふたり [新・映画鑑賞★日記・・・]
【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、ト...... [続きを読む]

» 心は自由。『最強のふたり』 [水曜日のシネマ日記]
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。 [続きを読む]

» ★最強のふたり(2011)★ [Cinema Collection 2]
INTOUCHABLES UNTOUCHABLE さぁ、人生に繰り出そう。 メディア 映画 上映時間 113分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/09/01 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 PG12 【解説】 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン...... [続きを読む]

» 『最強のふたり』(試写会) [・*・ etoile ・*・]
'12.08.16 『最強のふたり』試写会@シネマート六本木 migちゃんのお誘い♪ 見たくて試写会応募してたけどハズレ。よろこんで行ってきた~♪ ちなみに、木曜日だけどバレエはお盆休み。←って、聞いてないか(笑) *ネタバレありです! 「パリ。実業家のフィリップは事故で首から下を動かすことが出来ないため、介護士が必要。でも、気難しい彼と上手くいかず、次々辞めてしまう。介護士募集の面接にやってきたドリスは、失業保険欲しさに就活した事実が欲しいだけ。不採用を望んでいたが・・・」という話。後から知... [続きを読む]

» 「最強のふたり」心はひとつ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・ [続きを読む]

» 『最強のふたり』 [こねたみっくす]
大切な友人の幸せを願い、ユーモアを添える。それが真の友情。 実話をベースに首から下が麻痺した大富豪フィリップとスラム街育ちの黒人青年ドリスの本音で向き合う友情を描いた ... [続きを読む]

» 最強のふたり [to Heart]
さぁ、人生に繰り出そう。 原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作年度 2011年 上映時間 113分 監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ/オドレイ・フルーロ/アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ 車い...... [続きを読む]

» おたがいの存在が【痛み】をいやす『最強のふたり』 [Healing ]
最強のふたり ★★★★★ 住む世界が違っても、 最強になれるふたり フランス国民の3人に1人が見た、という大ヒット。 ヨーロッパ各国でも絶賛、各賞受賞の嵐。 昨年、上映された東京国際映画祭では、グランプリと主演男優賞(写真の2人とも) をW受賞。 ハリウッドリメイクも早々に決定。 ということで、 めちゃくちゃ楽しみにして、拝見しました。 冒頭の、はちゃめちゃ... [続きを読む]

» 映画「最強のふたり」 [放浪の狼のたわごと]
2011年フランスで製作された オリヴィエ・ナカシュ監督と エリック・トレダノ監 [続きを読む]

» 最強のふたり・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
悪ガキ二人、突っ走る。 事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪と、ひょんな事から彼の介護人として雇われたスラム出身の青年。 一見すると水と油、境遇も性格も人種も異なる二人は、何時しかお...... [続きを読む]

» 最強のふたり(2011)☆★INTOUCHABLES [銅版画制作の日々]
さぁ、人生に繰り出そう。 好き度:+5点=85点 大きな期待を胸に抱き、、、。ちょっとたいそうですが。早速鑑賞して来ました。東宝シネマズ二条にて・・・・。 てっきり大感動ものでお涙ちょうだいのようなものを期待していた私、ちょいと肩透しを喰らってしまいま...... [続きを読む]

» 〜『最強のふたり』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:フランス映画、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督&脚本、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、グレゴア・オスターマン出演。... [続きを読む]

» 映画「最強のふたり」 [FREE TIME]
映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 「最強のふたり」 [みんなシネマいいのに!]
 事故で全身麻痺となり車いす生活を送る富豪フィリップ。 そんな彼の介護士面接にや [続きを読む]

» 映画「最強のふたり」毎日を楽しむ方法はいくつもある [soramove]
「最強のふたり」★★★★ フランソワ・クリュゼ、オマール・シー出演 エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督、 113分、2012年9月1日(公開) 2011,フランス,ギャガ (原題/原作:Intouchables ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 第24回東京国際映画祭 で 東京 サクラ グランプリと最優秀男優賞を獲得!... [続きを読む]

» 『最強のふたり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■劇場 ...... [続きを読む]

» 「最強のふたり」 [みんなシネマいいのに!]
 事故で全身麻痺となり車いす生活を送る富豪フィリップ。 そんな彼の介護士面接にや [続きを読む]

» 「最強のふたり」 [セレンディピティ ダイアリー]
2011年にヨーロッパで大ヒットしたフランス映画、「最強のふたり」(Intouc [続きを読む]

» 無敵~『最強のふたり』 [真紅のthinkingdays]
 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失業手当受...... [続きを読む]

» 最強のふたり [Akira's VOICE]
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。   [続きを読む]

» 最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ [労組書記長社労士のブログ]
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募...... [続きを読む]

» 最強のふたり  監督/エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ [西京極 紫の館]
【出演】  フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ 【ストーリー】 パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが働く気はなく、目的は“不採...... [続きを読む]

» 「最強のふたり」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
こりゃ毒蝮三太夫だな。 誰が? 主役の黒人さ。無神経とも思えるほど歯に衣着せぬ言動で雇い主の身障者から信頼を得て行く黒人青年は、平気でババア呼ばわりしながらおばあちゃんたちの懐に飛び込んでいく毒蝮三太夫とそっくりじゃないか。 そういう例え方をすると何か...... [続きを読む]

» 「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク [はらやんの映画徒然草]
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が [続きを読む]

» 『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い [映画のブログ]
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...... [続きを読む]

» 最強の友情 [笑う社会人の生活]
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして… いやー まさに良作でした 万人にオススメできる作品で! ...... [続きを読む]

» 【最強のふたり】を映画鑑賞! [じゅずじの旦那]
障害者の大富豪と介護するスラム出身の黒人との友情物語。まぁ、よくあるサクセスストーリー?かとおもいきや・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが働く気はなく、目的は“不採用”の証明書3枚で支給される失業手当。しかし、なぜかドリスは“採用”となり、周囲の反対をよそにフィリップの介護をする事になる。フィリップを障害者扱いせず、... [続きを読む]

» 「最強のふたり」 [Con Gas, Sin Hielo]
行き詰ったら空気を入れ替えよう。 とことんさわやかなドラマだ。 首から下が完全に麻痺して動けない富豪のフィリップと、貧民街の生活に浸り切って失業手当で食いつなぐしかできないドリス。 冷静に二人の環境を見つめれば深刻なことだらけなのに、二人が触れ合った...... [続きを読む]

» 最強のふたり      評価★★★★★ [パピとママ映画のblog]
昨年の東京国際映画祭でグランプリと主演男優賞に輝いた、実話をベースにしたドラマ。揃って男優賞を受けた「PARIS」のフランソワ・クリュゼと「ミックマック」のオマール・シーの主演で、他には「ぼくの大切なともだち」のアンヌ・ル・ニ、「屋根裏部屋のマリアたち」...... [続きを読む]

» 映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog@FC2]
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...... [続きを読む]

» 最強のふたり [にきログ]
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね~ あらすじ 不慮の事故で全身...... [続きを読む]

» 映画『最強のふたり』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
9月の3連休の後半に関東に行っておりました。 娘が休みを取れなかったので 夕ご飯だけ、新宿で一緒にとることにしました。 [続きを読む]

» 最強のふたり [悠雅的生活]
先導。ウザい詩。Earth, Wind & Fire。 [続きを読む]

» 最強のふたり [だらだら無気力ブログ!]
とっても良い映画だった。 [続きを読む]

» 最強のふたり [迷宮映画館]
とっても、とっても素敵な映画だった! [続きを読む]

» 「最強のふたり」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
面白かったし、良い映画だった。 でも、期待し過ぎちゃったかも・・・4つ★ 実際のご本人達、お二人の写真です [続きを読む]

» 「最強のふたり」 介護福祉士は絶対観て(>_<) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
介護士には是非見てもらいたい[E:sign03] フランスで公開されるや歴代興収 [続きを読む]

» 『最強のふたり』は、やはり最強だった! [コナのシネマ・ホリデー]
公開前は観に行く気満々だったのに、公開が始まるとやっぱりパスしようかなと思いはじめ、10月に入ってもまだ公開中だと気づいて、結局観てしまった作品。最強たるゆえんは [続きを読む]

» 最強のふたり : 偽善を廃することの素晴らしさ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は仕事始めであいさつ回りをしましたが、今日は仕事が無いのお休みです。だったら、仕事がある初日にあいさつ回りしろよという意見があるとは思いますが、「そこが下請け稼 [続きを読む]

» 映画『最強のふたり』を観て [kintyres Diary 新館]
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマール・シ...... [続きを読む]

» 最強のふたり [いやいやえん]
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。 実話に基づいているそうですが、人と人の出会いって妙。縁なんだろうなあ…。互いが互いのありのままを受け入れていく、こんな素晴らしいことが他にあろうか。人の出会いの持つ意味が明るく肯定的に描かれていて、なんだかほっとする、あたたかい気持ちになる。 「いらないよ、情けなど... [続きを読む]

» 最強のふたり [銀幕大帝α]
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストーリ...... [続きを読む]

» 最強のふたり [miaのmovie★DIARY]
最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray](2013/03/22)フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 他商品詳細を見る 【UNTOUCHABLE】 制作国:フランス 制作年:2011年 ひとりは、スラム街出身で無職の黒人青年ドリス。 もうひとりは、パリの邸に住む大富豪フィリップ。何もかもが 正反対のふたりが、事故で首から下が麻痺したフィリップの介...... [続きを読む]

« デンジャラス・ラン (試写会) | トップページ | ヒュー・ジャックマン来日中 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ