鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ハンガー・ゲーム (試写会) | トップページ | エージェント・マロリー »

2012年9月27日 (木)

天地明察

日食で白黒つけるぜ

Photo

公式サイト http://www.tenchi-meisatsu.jp

原作: 天地明察 (冲方丁著/角川文庫)
監督・脚本: 滝田洋二郎  「陰陽師」 「おくりびと」

将軍に囲碁を教える名家に生まれた安井算哲(岡田准一)は、対局よりも星と算術に夢中になり、時間を忘れてのめり込んでしまう事もしばしばだった。ある日、会津藩主の保科正之(松本幸四郎)から、日本全国で北極星の高度を測り、その土地の位置を割り出す北極出地を命じられる。一年半の任務を終えて暦のずれが判明すると、今度は新しい暦作りの総大将に任命される。天体観測と数理解析を重ねた結果、幕府は改暦を帝に請願するのだが…。

天文学って、ロマンを感じますよねえ。
今と違って、晴れている時でなければ、太陽も月も星も観測できない。
日本各地の北極星の角度を測る作業だけでも、大変なことです。

暦にずれが生じているのを知った算哲は、比較検討の結果、中国の元の時代の授時暦がいいとするのだけど、改暦に関しては、暦を担当する公家達の反対と妨害にあいます。

算哲は日食となる日の正解率で、授時暦の正当性を証明しようとしますが、緯度と経度が違えば、日食となる日も時間も違うのを考慮していなかった。

中国で日食でも、日本で日食になるとは限りません。
日本には日本の暦が必要なのよ。

そこに気づき、またもや地道な観測と計算を続け、新しい暦の作成を試みます。
強い信念がないと、続けられませんね。

算哲の後ろ盾となっていたのは、会津藩主保科正之(中村幸四郎)と水戸光圀(中井貴一)。
それでも算哲の作った新しい暦は、またもや公家達に妨害されます。

算哲は、女性に奥手な天文オタクってところでしょうか。
碁打ちの家の出身だけど、算術も得意な理数系男子。

妻となった村瀬えん(宮崎あおい)も、多分感覚的に理数系女子だったんじゃないかしら。
この時代の女性だからそういう教育を受けなかっただけで、男だったら、お兄さんのように算術の先生をしてたかも?
そうでなければ、算哲のような夫を支えて、観測も手伝ったりしなかったと思う。
きっと理数系の男子が好きで、相性もよかったのね。

Tenchi

今年の金環日食の時に、肉眼で見ないようにとしつこく報道されていたので、映画の中で、肉眼で日食を見る宮崎あおいに、おいおいと突っ込んじゃいました。(爆)

岸辺さんと笹野さんのお笑いキャラは、さすがにうまいですね。
市川染五郎も、嫌味な公家の雰囲気が充分。
他の出演者もなかなか豪華でうまい役者さんたちだけに、囲碁の天才、本因坊道策を演じた横山君の下手さが目立ったような。

ナレーションは、真田広之さんだったんですね。

(鑑賞日9月26日)

« ハンガー・ゲーム (試写会) | トップページ | エージェント・マロリー »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

楽しく見ましたが、原作を読んでいるので違いはちょっと気になりました。
確かにお客さんはあまり入っていなかったなあ、やはり題材が地味という事なのか。
とにかく長い原作なのでかなりお話は整理されています。
それでも映画は2時間20分ありますが。
俳優さんはみんな良かったです。主演の二人も良かったですが、特に笹野高史と岸部一徳のコンビが良かった。
あの二人とのからみは原作ももっと泣けます。
映画も良かったのですが、原作はとても面白いです。

★きささん
この映画に限らず、長い原作を映画にするのは難しいですね。
地味な題材だけど興味ある題材なので、見に行きました。

風子さんの冒頭コピー、いつも感心します。
うまいですよねえ。
こつこつ努力型の算哲と、天才肌の孝和と、いいバランスだったと思います。
やっぱ難点は、道策??

★sakuraiさん
算哲、孝和、道策と、この時代の優秀な頭脳の人たちですよね。
歴史を知ってもらう映画かな。

集団で、見てきました。
結構原作を読んでいる人もいたけど、好評でした。
その中の一人が、原作の算哲と、岡田君の算哲のイメージが
爽やかでピッタリと話していました。
江戸時代の、人たちの教養の高さ、文化の凄さを
知りました。
諦めないで、挫折しても、挑戦する算哲の姿は、
虚無感漂う、現在の人たちに、未来を信じる事を教えてくれたような気がしました。
映画で、埋もれていた凄い人を主人公にした功績は大だと思います。

★紫の上さん
戦乱の世から泰平になって、色々な文化が花開いてくるころだったんですね。
歴史に興味を持つきっかけなる映画ですね。

なかなか地味な作品の映画化でしたね。俳優さんたちの演技で持たせないとの作品でした。
ただあの時代の天文学をつかさどっていたのが、やはりお公家さんたちで、陰湿だったのがよくわかりました(^^)
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
この分野に興味がない人は、
退屈する映画でしょうね。
今でも天文学は、毎日の地道な観測と分析で、
根気のいる作業を続けていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/47119584

この記事へのトラックバック一覧です: 天地明察:

» 天地明察  監督/滝田洋二郎 [西京極 紫の館]
【出演】  岡田 准一  宮崎 あおい  松本 幸四郎  中井 貴一 【ストーリー】 代々将軍に囲碁を教える名家に生まれた安井算哲は、対局よりも星と算術に夢中になり、時間を忘れてのめり込んでしまう事もしばしばだった。ある日、会津藩主の保科正之から日本全国で北極...... [続きを読む]

» 映画・天地明察 [読書と映画とガーデニング]
2012年 日本 冲方丁さんの原作に素直に感動し、映画はどんな雰囲気に仕上がっているか、とても楽しみにしていました 350年前、徳川家綱の時代 将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれた安井算哲(後の渋川春海) 長い年月をかけ星や太陽の観測を続け、日...... [続きを読む]

» 映画「天地明察」ご明察!その言葉が胸に刺さる [soramove]
「天地明察」★★★★ 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川亀治郎、 笹野高史、岸部一徳、渡辺大、白井晃、横山裕、 市川染五郎、中井貴一、松本幸四郎出演 滝田洋二郎監督、 141分、2012年9月15日(公開) 2011,日本,角川映画、松竹 (原題/原作:天地明察 ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場4位、2週目で3位という... [続きを読む]

» 「天地明察」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
チケット頂いたので見て来ました。 普通に面白かったです・・。3つ☆ でも、なんだろう・・・。何かこう、見ていてぐ~っと来る何かが無かったというか・・。 [続きを読む]

» 「天地明察」 宮﨑あおい論 [はらやんの映画徒然草]
冲方丁さんの小説「天地明察」が「おくりびと」の滝田洋一郎監督で映画となりました。 [続きを読む]

» 天地明察 [迷宮映画館]
スピード感がもうちょっとほしかったかも。 [続きを読む]

» 『天地明察』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「天地明察」□監督・脚本 滝田洋二郎 □脚本 加藤正人 □原作 冲方丁□キャスト 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川亀治郎、笹野高史、       中井貴一、松本幸四郎、岸部一徳■鑑賞日 9月23日(日)■劇場 チネチッタ■cyaz...... [続きを読む]

» 天地明察 [CINEMA見聞録 ]
江戸時代、碁打ちとして徳川家に仕えていた安井算哲は、会津藩主、保科正之の命を受け [続きを読む]

» 天地明察 [映画的・絵画的・音楽的]
 『天地明察』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)原作〔冲方丁著『天地明察』(角川書店、2009年)〕を本屋大賞受賞の際に読み、大層面白かったので、映画の方はどうかなと映画館に足を運びました。  映画の冒頭は、屋根に上って夜空の星を見上げている主人公の安井...... [続きを読む]

» 『天地明察』 宇宙に流れ星はない? [映画のブログ]
 滝田洋二郎監督は大きな勝負に出てきたな。  『天地明察』を観て一番に感じたのはそこだった。  『天地明察』は勝負を描いた作品である。算術の設問を出し合う勝負、囲碁の勝負、暦の勝負、蝕の勝負。賭...... [続きを読む]

» 天地明察(2012-123) [単館系]
天地明察 MOVIX川口 太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、 算術にもたけていた。 もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある日会津藩主の保科正之(...... [続きを読む]

» 「天地明察」感想 [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
 冲方丁原作の同名時代小説を、「おくりびと」の滝田洋二郎監督、V6の岡田准一主演で映画化。江戸前期、得意の算術を用いて、日本の正しい暦作りに尽力した囲碁棋士・安井算哲(のちの渋川春海)の半生を描く。... [続きを読む]

» 天地明察 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(F) 宮崎あおいさんが太陽に見える(笑) [続きを読む]

» 『天地明察』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
冲方丁の小説は何となく題名だけは知っていたのですが、どんな内容なのかは全く知りませんでした。ただ本屋大賞を受賞したりで人気があるんだろうなあ、ぐらいに考えていたのですが、映画化が決まって予告編を見た際に、ああ面白そうだなと思ったものの、そのままにしてしまってました。 物語は江戸時代、将軍家綱の治世に始まります。これまで採用されてきた暦が正確性に欠ける為、囲碁棋士の安井算哲という人物が正しい暦の作成を命じられ、多くの協力者を得、また数々の妨害を受け、失敗を繰り返しながらも遂に新しい暦を作り上げる... [続きを読む]

» 天地明察 [のほほん便り]
本屋大賞を受賞して話題になってた頃から興味を持ってたので、映像で見ることが出来て嬉しかったです。 惜しむらくは、主役のふたりの、話題性が先行しすぎて、映画作品的には損をしたように感じましたが、なかなか、お似合いのふたりです。じつに目の保養… (^。^*) 市川猿之助の関孝和がハマってました。 やや、賛否両論あったみたいですが、私は面白かったし、感動しました。満足     (解説) 2010年第7回本屋大賞を受賞した冲方丁の小説を、「おくりびと」の滝田洋二郎監督が映画化。... [続きを読む]

» 天地明察 [atts1964の映像雑記]
2012年作品、滝田洋二郎監督、岡田准一、宮崎あおい出演。 江戸時代前期。 安井算哲(岡田准一)の生まれた安井家は、将軍に囲碁を教える名家であるものの、算哲自身は出世欲のない不器用な男だった。 星の観測と算術の問いを解くことが好きで、あまりにも熱中しすぎて周囲が見えなくなることもしばしばだった。 また、たまに打つ碁にも興味がわきはじめていたが、算哲は形ばかりの勝負となった囲碁に次第に疑問を抱き、真剣勝負の場に身を置きたいとの願いを持つようになる。 算哲は北極出地隊に..... [続きを読む]

« ハンガー・ゲーム (試写会) | トップページ | エージェント・マロリー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ