サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« ペイド・バック | トップページ | アルゴ (試写会) »

2012年10月14日 (日)

推理作家ポー 最期の5日間

不幸な有名作家

Raven

公式サイト http://www.movies.co.jp/poe5days

監督: ジェームズ・マクティーク  「Vフォー・ヴェンデッタ」

1849年、アメリカのボルチモアで、密室で惨殺された母娘の遺体が発見された。捜査を担当する刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品を模した事件である事を見抜く。酒びたりで生活にも困窮しているポーは、容疑者とみなされるが、捜査が進められる中、さらに彼の作品を模倣した殺人が発生し、事件解明のために捜査に加わる。

原題は“The Raven”
ポーの詩の大鴉ですね。

詩を書いていたけど、生活のために小説も書いた。
江戸川乱歩の名前の基になった有名作家だけど、不幸な生い立ちで、貧乏なまま謎の死をとげたポー。

彼の最期にはこんなことがあったかもと言う、全くのフィクションのエンターテイメント。

突っ込みどころも多々あるけど、娯楽作として楽しんじゃいましょう。
数々の猟奇殺人の現場が出てくるので、そういうのが苦手な人はダメだと思うけど。

ポーの作品を色々盛り込んでいるので、作品を知っていれば、より楽しめるのは確かね。
知らない人は、作品を読んでみたくなるんじゃないかな。

The_raven2

フィールズ刑事と一緒に、犯人の手がかりを追ううち、ハミルトン大尉(ブレンダン・グリーソン)の娘でポーの恋人のエミリー(アリス・イヴ)が、仮面舞踏会から犯人に誘拐されてしまう。
そして、犯人からポーへ挑戦状が届く。

The_raven

一番興味をひかれたのは、エミリーがどこに監禁されているのか。棺の中のようにも見えるし、なかなかうまくできていた。

ラストのルーク・エヴァンスは、おいしい役だったわね。

(鑑賞日10月12日)

« ペイド・バック | トップページ | アルゴ (試写会) »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

けっこう好きなジャンルですねshine

本は読んでないけど・・・

楽しめそうですねhappy01

★ジョニー・タピアさん
推理物として期待していくと、物足りないかもしれません。

TBありがとうございます☆

エミリーの監禁場所が狭くて、苦しそうで
見ているだけで、ドキドキしてしまいました。
死にそうで......(汗).

ではでは☆ありがとうございます。

★yutake☆イヴさん
エミリーは脱出できるのか、ハラハラしましたね。

訪問&TBありがとうございます。
ラストのフィールズ、「よくやった!」と思いました。(笑)
ジュール・ヴェルヌが好きなので、彼が次のターゲットにならずにすんだので。

推理物として、いろいろとアラがあるし、弱いとこもありましたが、時代と雰囲気はとてもよかったです。
結構見れたのは、その辺の手を抜かなかったから~にも見えました。
やっぱルークっすよね♪

★すぷーきーさん
さらなる犯罪を防げてよかったですね。


★sakuraiさん
時代と物語の雰囲気を感じさせる映像は良かったですね。
ルーク・エヴァンスはかっこよかったです。

ポーの人物像は、結構こういう感じだったような記載がありますね。でも、彼の若くした死が謎が多いので、、フィクションとして膨らませた作品なんでしょうか?
残虐シーンもあり、個人的には面白かった。
こちらからもTBお願いします。

★atts1964さん
若くして亡くなってしまって残念でしたね。
映画は楽しめました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/47399479

この記事へのトラックバック一覧です: 推理作家ポー 最期の5日間:

» 推理作家ポー 最期の5日間 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(F) 本編の最大の謎、ポーの死因って、、、 [続きを読む]

» 『推理作家ポー 最期の5日間』... ※ネタバレ少々 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2012年:アメリカ映画、ジェイムズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンズ、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー、オリヴァー・ジャクソン=コーエン、ジミー・ユイル、パム・フェリス、ブレンダン・コイル、サム・ヘイゼ...... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [心のままに映画の風景]
1849年、ボルチモア。 ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似ている...... [続きを読む]

» 映画「推理作家ポー 最期の5日間」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「推理作家ポー 最期の5日間」観に行ってきました。 19世紀前半のアメリカで推理小説を執筆し有名になったエドガー・アラン・ポーの、その死に至るまでの最後の5日間に何が起こったのかについて描いたサスペンス・スリラー作品。 今作は猟奇的な殺人および死体の描写が満載のため、R-15指定されています。 ... [続きを読む]

» 映画『推理作家ポー 最期の5日間』★暗い!怖い!気色悪い!のゴシックムード満点! [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159499/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 映画 『Vフォー・ヴェンデッタ』 の監督作品ということで興味を持っていました。 『Vフォー・ヴェンデッタ』は、瀕死の淵から再生した男の美学を、 ついには、滅びの美学で〆るという、 ドラマチックな哀愁を持って描いていた、大好きな作品です。 &..... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 : 天才に対する賞賛と謎を求めて [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 民主党の田中法相、真偽のほどは分かりませんが…。まあ、報道と本人の質疑を見る限り、限りなくクロに近い感じですが、ここはあえて”謎”としておきましょう。ちなみに、本日 [続きを読む]

» 映画『推理作家ポー 最期の5日間』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
  『推理作家ポー、最後の5日間』(公式サイト)です。 またまたゆうりさんが試写会に誘ってくださいました。 ノーチェック [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [★ Shaberiba ]
上質なゴシックミステリーに痺れた〜!! [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [映画 K'z films 2]
Data 原題 THE RAVEN 監督 ジェームズ・マクティーグ 出演 ジョン・キューザック  ルーク・エヴァンス  アリス・イヴ  ブレンダン・グリーソン  ケヴィン・マクナリー 公開 2012年 10月... [続きを読む]

» 『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのかhellip;...... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間       ★★★★ [パピとママ映画のblog]
「モルグ街の殺人」「黒猫」など数々の推理小説で著名な作家エドガー・アラン・ポーの最期の日々を大胆な発想で描いたサスペンス・スリラー。ポーの著作を模倣した連続殺人事件が起きたことで、事件解明のために彼自身が捜査に加わり殺人鬼を追い詰めていく。主人公ポーに...... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間。 [すぷのたわごと。]
『推理作家ポー 最期の5日間』を観に行ってきました。 原題は『THE RAVEN』で、“カラス”? エドガー・アラン・ポーの作品に「大鴉」というのがあったよね。 今まで意識したことがなかったけど、この映画タイトルで“最後”と“最期”の違いが気になった。 Yahoo!辞書によると、“最後”は、物事のいちばんあと・後ろ・いちばん終わり・最終、“最期”は、命の終わるとき・臨終・末期、だそうだ。 へぇ〜。 1849年ボルティモア、悲鳴に警官が駆けつけると、密室で母娘が殺害されていた。 ..... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の五日間 [迷宮映画館]
虚虚実実の取り混ぜ方がうまい! [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [ハリウッド映画 LOVE]
原題:The Raven監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エバンス、アリスイブ、ブレンダン・グリーソン、ケビン・マクナリー俺は、“プー”じゃなくて“ポー”だ!... [続きを読む]

» 映画「推理作家ポー 最期の5日間」こんなに有名な作家の死にまつわるお話 [soramove]
「推理作家ポー 最期の5日間」★★★ ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、 アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン出演 ジェームズ・マクティーグ監督、 110分、2012年10月12日(公開) 2012,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題/原作:THE RAVEN) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「... [続きを読む]

» 『推理作家ポー 最期の5日間』 試写会で鑑賞 [pure breath★マリーの映画館]
     1849年10月7日、偉大なる作家エドガー・アラン・ポー死す。            その最期の5日間は、いまも謎のままである・・・ 『推理作家ポー 最期の5日間』 監督・・・ジェームズ・マクティーグ 出演・・・ジョン・キューザック、ルーク・...... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最後の5日間 [CINEMA見聞録 ]
 1849年のアメリカ、ボルチモアで凄惨な殺人事件が起きた。それはある小説に酷似 [続きを読む]

» ★推理作家ポー 最期の5日間(2012)★ [Cinema Collection 2]
THE RAVEN 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、 なぜ死んだのか…? 上映時間 110分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/10/12 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 R15+ 【解説】 世界初の推理小説家とも言われる偉大なる...... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [だらだら無気力ブログ!]
ルーク・エヴァンスの存在が良かった。 [続きを読む]

» 映画「推理作家ポー 最期の5日間」 [FREE TIME]
映画「推理作家ポー 最期の5日間」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 映画:推理作家ポー 最期の5日間 [よしなしごと]
 あれ?公式サイトがなくなってる!いくら何でも早くない?と言うわけで推理作家ポー 最期の5日間を見てきました。 [続きを読む]

» 「推理作家ポー 最期の5日間」 ミステリー好きのための [はらやんの映画徒然草]
劇場で見逃したので、レンタルで観賞。 主人公は「モルグ街の殺人」などの作品がよく [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [こんな映画見ました〜]
『推理作家ポー 最期の5日間』---THE RAVEN---2012年(アメリカ)監督:ジェームズ・マクティーグ 出演:ジョン・キューザック 、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン 、ケヴィン・マクナリー 世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家...... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [いやいやえん]
アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側から鍵がかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人であった…。 これ↑は密室殺人を扱った最初の推理小説とも言われているポーの「モルグ街の殺人」における事件です。が、ポーの小説ではC・オーギュスト・デュパンが解明するこの事件を模倣した殺人事件が起きるのです。その後も、ポーの作品「落とし穴と振り子」を模し... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [miaのmovie★DIARY]
推理作家ポー 最期の5日間 DVD(2013/12/04)ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス 他商品詳細を見る【THE RAVEN】 制作国:アメリカ  制作年:2012年 1849年、アメリカ、ボルティモア。闇夜を切り裂く悲鳴と共に怪奇的 な殺人事件が起こる。密室に残された母娘の死体。母親は絞殺後に首 をかき切られ、娘は殺されて煙突の中に宙づりになっていた。現場に 駆け...... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [♪HAVE A NICE DAY♪]
wowowで鑑賞 エドガー・アラン・ポーの死は謎のままなのですね。 最後は題名の通りですが、涙は出ませんがちょっとポーが可哀想になります。 ポーの小説の通りに連続殺人が起きていく様は サスペンスとして面白く観れましたが・・・ 犯人に驚きがなくて 誰?状態ほど...... [続きを読む]

» 推理作家ポー 最期の5日間 [atts1964の映像雑記]
2012年作品、ジェームズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック主演。 1849年のアメリカ、ボルティモア。 闇夜の中で凄惨な殺人事件が発生する。 現場に急行したエメット・フィールズ刑事(ルーク・エヴァンス)が目にしたものは、血まみれの母娘の無残な死体だった。  その事件は、トリックも殺害方法も、数年前に世間を震撼させたエドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の推理小説『モルグ街の殺人』に酷似していた。 その頃、エドガー・アラン・ポーは酒場にいた。 馴染のよ..... [続きを読む]

« ペイド・バック | トップページ | アルゴ (試写会) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ