サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ボーン・レガシー | トップページ | アイアン・スカイ »

2012年10月 3日 (水)

チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ (第25回東京国際映画祭プレイベント上映会にて)

忘れられない人がいる

Chickinplums

公式サイト http://chicken.gaga.ne.jp 
11月10日公開

原作: 鶏のプラム煮 (マルジャン・サトラビ著/小学館集英社プロダクション)
監督: マルジャン・サトラビ

天才音楽家ナセル・アリ(マチュー・アルマリック)は人生に絶望していた。壊されたバイオリンと同じ音色を出せる楽器は見つからない。8日後にアリは亡くなるが、それまでに彼は自分の人生を回想する。
テクニックはあるが、音楽は空っぽだと師匠に言われた修行時代。
ひと目で恋に落ちたイラーヌ(ゴルシフテ・ファラハニ)との出会い。
本物の音色を見つけ世界各地を演奏旅行で飛び回った時代。
失敗した愛のない結婚生活。
大切な母の死。
そして叶わなかった恋と観客を魅了する彼の切ない音色の秘密。

キャストに惹かれて応募したのが当たって、見に行ってきました。
マチュー・アルマリックに、イングリット・バーグマンの娘イザベラ・ロッセリーニと、

Poulet_aux_prunes27

マルチェロ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーブの娘キアラ・マストロヤンニが出演しているっていうんだもの。

Poulet_aux_prunes3

上映前に、東京国際映画祭の特別招待作品と、コンペティション部門の作品の紹介がありました。
今作は去年の東京国際映画祭で上映されたそうです。

コミックが原作だというので、マンガチックだろうとは予想して見に行ったのですが、共感できない部分が多かったせいか、全く面白くなく、眠気に襲われました。

まず、バイオリンが壊されたので新しいバイオリンを購入するのですが、バイオリニストが音色も確かめずに買うなんて、ありえなーい!!!
買って帰ってから弾いてみて、だまされたっていうなんて絶対ない!
それも2度も!

ナセルは自分の母親(イザベラ・ロッセリーニ)に言われてしかたなく結婚したのですが、実はナセルの妻ファランギースは、10歳年上のナセルを幼い頃から好きでした。それなのに、本当に彼を愛しているなら、バイオリンを壊すなんてありえないでしょ!
バイオリンなしでは、ナセルの存在意義がないじゃない。

ナセルも妻に対して愛はなくても、まだ幼い子供達には責任があるでしょ。
あまりに身勝手。まあでも、芸術家って大体エゴイストだから、しかたないのか?

死ぬまでの8日間が紹介されますが、7日目にやっと注意をひく展開が待っていました。

このあと、ネタバレ感想。

ナセルはまだ貧乏な若者だった頃、恋をしました。彼女の名はイラーヌ。

Poulet_aux_prunes2

相思相愛の仲になりますが、彼女の父親に貧乏だからと反対され、別れを余儀なくされます。

Poulet_aux_prunes4

しかし失恋が、ナセルの音色に変化をもたらします。
ついに師匠に認められ、師匠のバイオリンを譲り受けます。それが壊されたバイオリンでした。

その後のナセルとイラーヌの人生が、並行して映し出されます。
イラーヌは別の人と結婚し、子供や孫を授かります。

ナセルは20年も世界各地へ演奏旅行をして帰国すると、母親からしっかり者で教師のファランギースと結婚するように言われます。
母親に押し切られ、仕方なく結婚。

Poulet_aux_prunes26

バイオリンを壊されたナセルが、新しいバイオリンを探している時、偶然イラーヌとすれ違います。
ナセルは彼女に声をかけますが、彼女は彼を全く覚えていないと言います。
実はこれがナセルの自殺の理由でしょう。
かつて愛してずっと忘れられなかった人に名乗っても、知らない、覚えていないと言われたら、人生に絶望するのも無理はない。

それでもナセルは、身勝手な男としか思えなかったけど。

しかしナセルは、イラーヌの本心を知らないまま死んでしまった。
実は、「彼女はナセルの事を忘れてなどいなかった。彼女の心の中にもずっと彼はいた。

7日目で切ないふたりのラブストーリーとなるのですが、この部分だけの物語にしてしまうと、あまりに陳腐なラブストーリーすぎるかしらね。

(鑑賞日9月29日)

« ボーン・レガシー | トップページ | アイアン・スカイ »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

なんとも不思議な作品でしたね。
わがまま勝手な人ばっかりで、とてもじゃないが、共感とか、普通の物語じゃ考えられない。
ですが、画面はなかなか目を見張りました。

★sakuraiさん
切ないラブストーリーだけど、
共感できない部分が多すぎてだめでしたわ。
映像は面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/47229087

この記事へのトラックバック一覧です: チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ (第25回東京国際映画祭プレイベント上映会にて):

» 『チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢』(試写会) [・*・ etoile ・*・]
'12.10.23 『チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢』(試写会)@よみうりホール 2011年TIFF(東京国際映画祭)出品作品。去年の時点で見たかったんだけど、予定が合わず・・・ 試写会応募しまくった! ハガキに記載がなかったので、正直どこで当選したのか不明だけど、タイミング的にはyapolgかなぁ・・・ いつもありがとうございます! お友達たちも当選したので、総勢4人で行ってきたー♪ *ネタバレありです! そして、長文・・・(o´ェ`o)ゞエヘヘ 「聴く者が涙する天才ヴァイオリ... [続きを読む]

» 映画・チキンとプラム〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜 [読書と映画とガーデニング]
2011年 フランス・ドイツ・ベルギー合作 原題 Poulet aux prunes 天才音楽家ナセル・アリは死ぬことにした 大切なバイオリンを壊されたから 最期の8日間で人生を振り返るナセル・アリ 空っぽな音だと叱られた修業時代 絶大な人気を得た黄金時代 誤った...... [続きを読む]

» チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ [心のままに映画の風景]
天才音楽家のナセル・アリ(マチュー・アマルリック)は、大切なバイオリンを妻に壊されてしまう。 代わりのバイオリンを探してみるものの、気に入ったものが見つからない。 絶望したナセル・アリは死ぬ...... [続きを読む]

» チキンとプラム [映画的・絵画的・音楽的]
 『チキンとプラム―あるバイオリン弾き、最後の夢』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)予告編を見て、なんだかおしゃれな作品だなと思って映画館に出向きました。  本来的にフランス映画ですが、監督・脚本のマルジャン・サトラピがイラン出身だからでしょう、主な舞台は...... [続きを読む]

» 「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~」 [みんなシネマいいのに!]
 命よりも大切なヴァイオリンを妻に壊され絶望し、死ぬことを決意した天才音楽家のナ [続きを読む]

» チキンとプラム/あるバイオリン弾き、最後の夢★★ [パピとママ映画のblog]
イラン出身の女性監督マルジャン・サトラピの最新作、題名は鶏肉のプラム煮を指しているが、イランの名物料理でこの映画の主人公のバイオリニストの大好物という。そのイランといえば前作の「ペルセポリス」で注目を集めたマルジャン・サトラビ監督の故国。今度も自身のコ...... [続きを読む]

» 映画『チキンとプラム〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜』★ため息のようにジンワリくる“チキンとプラム煮”の香り [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157811/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 大切なバイオリンを壊されたバイオリニスト:ナセル・アリは、 思う音を出せるバイオリンが手に入らず絶望し、自殺します。 その前、 8 日間に、彼の人生に何があったのかを ロマンチックに、かつ ファンタジックに、見せてくれ..... [続きを読む]

» チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜 [迷宮映画館]
マチューが、何とも可愛らしい。 [続きを読む]

» 「チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
雰囲気は、どことなくアメリっぽいのだけれど、内容は物哀しい・・・。4つ★ [続きを読む]

« ボーン・レガシー | トップページ | アイアン・スカイ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ