サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ (第25回東京国際映画祭プレイベント上映会にて) | トップページ | ペイド・バック »

2012年10月 7日 (日)

アイアン・スカイ

オバカで皮肉満載

Ironsky

公式サイト http://gacchi.jp/movies/iron-sky

2018年、再選を目指すアメリカ大統領により、選挙PRのために月にふたりの人間が送り込まれた。ふたりは無事に月面に着陸して上陸したが、何者かによりすぐに1人は殺され、黒人モデルのワシントンは拉致される。なんと第二次世界大戦後に地球を後にしたナチスの残党が、月の裏側に第四帝国を築き、軍備を増強していた。連合軍への復讐の機会をうかがっていた彼らは、最終調査のために地球へナチス党員を派遣し、UFO軍団がついに積年の復讐を遂げるため、地球に向けて出撃するのだった。

フィンランド、ドイツ、オーストラリアの合作映画。

とにかくバカバカしいコメディーだけれど、それだけではなく、皮肉がたっぷり利いている。

ナチスやアメリカのネタだけでなく、世界情勢もに対しても、すくっと笑ってしまいます。
権力や地位に執着する人間とか。

結局、欲にきりがない人間は戦争を始めるし、地球をだめにするのよ。

結構な宇宙船の軍団を持っている月面ナチスだけど、なぜかそのわりにはレトロなコンピューターを使用。地球ほど、コンピューター技術が進化していないの。

月面青年団伍長にして地球学者のレナーテ・リヒター。
Ironsky2jpg

ちょっと勘違いな女で、笑わせてくれます。

レナーテの父親のリヒター博士は、どう見てもアインシュタインだし。(笑)

Ironsky3

この手の映画はまじめに見てはいけません。
面白いネタとして見ましょう。

(鑑賞日10月4日)

« チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ (第25回東京国際映画祭プレイベント上映会にて) | トップページ | ペイド・バック »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

訪問&TBありがとうございます。
毒気とお笑いのミックスされたおバカ映画ですね。(笑)
ウド・キア以外の出演者は見覚えがありませんでしたが、みんなキャラが濃かったです。

コメディタッチなんすか?

けっこう期待してるんですけど・・・

イマイチっぽいっすね(-_-;)

★すぷーきーさん
すごいキャラばかりでしたね。(笑)


★ジョニー・タピアさん
マニアックなオバカコメディーではないかと思います。

SFX始めビジュアルは良く出来ています。でもお話がちょっと。
細かいギャグは面白い物もあるのですが、展開がいいかげんなのでいまひとつ盛り上がりません。
とはいえB級SFは好きなので劇場で見れたのは良かったかも。

おまけ:「アイアン・スカイ」公開記念! 富野由悠季監督×ティモ・ヴオレンソラ監督特別対談
http://d.hatena.ne.jp/char_blog/20120916/1347761265

富野監督はほめている?けどリップサービスかな。

★きささん
映像としては、昔の宇宙SF物を思い出させるシーンが多かったですね。
お話は突っ込みどころ満載のオバカでした。

あちらの国って、寛容ですよねえ。
とっても楽しめました。

★sakuraiさん
言論の自由、万歳です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/47297021

この記事へのトラックバック一覧です: アイアン・スカイ:

» アイアン・スカイ [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 フィンランド&ドイツ&オーストラリア  SF&アクション&コメディ  監督:ティモ・ヴオレンソラ  出演:ユリア・ディーツェ      ゲッツ・オットー      クリス ... [続きを読む]

» アイアン・スカイ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(F) 映画という枠を最大限に生かしたエンターテインメント? [続きを読む]

» アイアン・スカイ [だらだら無気力ブログ!]
アメリカがまともに倒した敵はナチスだけらしい。 [続きを読む]

» アイアン・スカイ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【IRON SKY】 2012/09/28公開 フィンランド/ドイツ/オーストラリア PG12 93分監督:ティモ・ヴオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービイ、ペータ・サージェント、ステファニー・ポール、ティロ・プリュックナー、マイケル・カ...... [続きを読む]

» アイアン・スカイ/IRON SKY [いい加減社長の映画日記]
たまには、おばか映画も、いいかなと・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、ナチス・ドイツは完全に敗北する。 しかし、その一部の残党たちはひそかに月の裏側へと逃亡を図っていたのだった。 そして70年の歳月をかけてその...... [続きを読む]

» [映画『アイアン・スカイ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆先の大戦で敗れたナチスドイツの残党が、月の裏側に逃れ、そこで秘密基地を建設、現代までに着々と規模を広げ、地球侵略を開始す!  その設定を聞いただけで胸がワクワクして見に行きましたよ^^  残業が8時までだったけど、レイトショーに駆けつけました。  お...... [続きを読む]

» 『アイアン・スカイ』月からナチスがやってキター! [コナのシネマ・ホリデー]
ナチス映画、SF映画へのオマージュ、そして政治風刺劇。一般ファンから1億円を集めた衝撃のSF映画は、面白かった! [続きを読む]

» 「アイアン・スカイ」 B級テイストの裏に、現代世界への皮肉あり [はらやんの映画徒然草]
ナチが月から攻めてくる! って内容を聞いただけで、B級の香り、トンデモ系のにおい [続きを読む]

» 『アイアン・スカイ』 [こねたみっくす]
フィンランド発、SFブラックコメディの奇作、ここに現る! 第2次世界大戦後に月へと逃げた残党ナチスが70年の時を超えて地球に攻めてくるパロディ映画かと思いきや、風刺と痴情の ... [続きを読む]

» アイアン・スカイ [心のままに映画の風景]
2018年。 再選を目指すアメリカ大統領の人気取り政策によって、月面へ送り込まれた黒人モデルのジェームズ・ワシントンは、ナチスの残党によって築かれた第四帝国の月面秘密基地を発見する。 地球侵略の...... [続きを読む]

» アイアン・スカイ [迷宮映画館]
なんつか、こんな映画を作れる心の広さが欲しい! [続きを読む]

» 映画:アイアン・スカイ [よしなしごと]
 制作費が足りなくなり一度は映画化が中止。ところがファンからのカンパが7,000万円集まり正式に映画化が決定。そんな超大作ではないけれどコアなファンの多い作品、アイアン・スカイを見てきました。... [続きを読む]

» アイアン・スカイ [銀幕大帝α]
ナチスが月から攻めてきた!! −感想− 映画秘宝ライターが好むってのも解る気がする。 ブラックユーモア満載のおバカ映画です。 シュールなギャグで溢れてる。 映画の中でここまで北朝鮮を笑いものにした作品も珍しいんじゃないですかね。 いかにも北が言いそうな台詞だ...... [続きを読む]

» 『アイアン・スカイ』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
西暦2018年、再選を目指すアメリカ大統領は人気取りのため、黒人のモデルを月面の裏側へと送り込む。しかしそこには第二次大戦末期に密かに脱出したナチスの秘密基地があったのだ。彼らは第四帝国を築き、地球への侵攻を企てていた! アメリカをはじめ世界各国の首脳たちがかなりカリカチュアされて描かれていたり、ナチス党員が地球の文化に触れてカルチャーショックを受けたりと、かなーりブラックなコメディ映画でした。 そもそも月面からナチがUFOに乗って攻めてくる、という映画がマトモなワケはありませんが、クラ... [続きを読む]

» アイアン・スカイ [いやいやえん]
【ナチスが月からやって来る! 】これにカンパ金1億円が集まったという異例の作品。(制作費は、750万ユーロで約9億円らしい) 月の裏側に密かにナチスの残党が生き延びてたっていう設定だけで奇抜ですが、基地も逆さ「卍」だったのにはちょっと笑った。しかし月の裏側になんてあったらすぐに見つかると思うんだけどw そういうことは突っ込んじゃいけないのね、これは。 ブラックユーモアと皮肉に満ちていた作品でした。 93分と短い割には内容は結構濃い。「イエス・シー・キャン」は勿論アレのパロだし。序盤... [続きを読む]

» アイアン・スカイ [映画と本の『たんぽぽ館』]
iPhoneで息づく地球侵略             * * * * * * * * * 第二次世界大戦後、ナチス第三帝国の一部のエリートが密かに月へ逃亡。 月の裏側に秘密基地を作り、復讐の機会を伺っていた。 ・・・70年後、2018年。 アメリカの宇宙船が、月の...... [続きを読む]

» アイアン・スカイ [映画感想メモ]
トドメは身近な武器で。 いい加減あらすじ 宇宙飛行士のジェームスは月の裏側に無事 [続きを読む]

» 映画「アイアン・スカイ」感想(DVD観賞) [タナウツネット雑記ブログ]
映画「アイアン・スカイ」をレンタルDVDで観賞しました。日本では2012年9月に公開された、フィンランド・ドイツ・オーストラリアの3国合作映画です。出自からしてかなりマ... [続きを読む]

» 【映画】アイアン・スカイ(の観賞記録をやっつけた…というよりほぼ近況報告) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
まずは近況から。 (近況と言っても二週間前ぐらいの事) 2014年10月25日(土曜日)…この日は、朝一に、ずっと行きそびれていた、かかりつけの病院に行った後、娘の学校の学院際に。娘とはタイミングが合わず会えずに、学院際からは直ぐに退散 その後、HOBBYBOX(※模型店...... [続きを読む]

« チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ (第25回東京国際映画祭プレイベント上映会にて) | トップページ | ペイド・バック »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ