鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 推理作家ポー 最期の5日間 | トップページ | SAFE/セイフ »

2012年10月18日 (木)

アルゴ (試写会)

前代未聞の救出作戦

Argo

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/argo
10月26日公開

実話の映画化

原作: アルゴ (アントニオ・メンデス著・マット・バグリオ著/ハヤカワ文庫)
監督・主演 ベン・アフレック

1979年11月4日。革命に沸くイランで、過激派がアメリカ大使館を占拠。 混乱の中で密かに6人が脱出し、カナダ大使(ビクター・ガーバー)の私邸に逃げ込んだ。残る大使館員52人を人質にとったイラン側の要求は、癌治療の名目でアメリカに入国した、パーレビ前国王の引き渡し。6人の脱出が明るみに出れば公開処刑は避けられない。人質救出のプロであるCIAのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、SF映画『アルゴ』の製作をでっち上げ、ロケハンのクルーとして6人を出国させようとする。

いくらアメリカに対する怒りや憎しみがあっても、治外法権である大使館を占拠した上に、人質にとるなんて、とんでもないですよね。

社会科の勉強になるけど、サスペンスエンターテイメントとしても楽しめる映画でした。

事態は長期化し、カナダ大使が私邸に匿うのも限界になっていた。

大使館が占拠される前に、重要書類等は急いで焼却やシュレッダーで処分されましたが、イランは子供を使って、シュレッダーにかけられた紙をつなぎ合わせていて、大使館員の写真付き名簿も、徐々に復元が進んでいました。
そしてカナダ大使邸では、カナダからの客人が一度も外出しないのを、イラン人のメイドが不審に思い始めていました。

6人を脱出させる良い方法はなかなか出ませんでしたが、トニーは、映画製作を利用することを思いつき、「猿の惑星」の特殊メイクでオスカーを取ったジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)に、作戦の協力を頼みます。
大物プロデューサーのレスター(アラン・アーキン)も参加してもらい、3人でボツになった脚本から、イランでの撮影に相応しい「アルゴ」を選びます。
アメリカ映画ではイランには入国できないので、カナダ製作の映画としました。

Argo2

偽の映画製作を計画する様子は、ハリウッドを皮肉ったセリフも多く、結構コミカルで笑えました。

トニーがチェンバースに相談すると、本物の映画製作と思わせるには、まず大物のプロデューサーでないということで、レスターになりました。
レスターは、「嘘つきばかりのハリウッドを騙すんだぞ。」
そりゃ、大変よね。(笑)
「アルゴ」の脚本の売買交渉も愉快でした。

「アルゴ」製作の事務所も借り、新聞に載るようにマスコミにも製作を発表。

いよいよトニーがロケハンとしてイランに入国すると、そこからは非常に緊迫した展開になります。何しろ命がけ。もしばれたら、6人だけでなく、カナダ大使やトニーの命も危ない。

トニーには、別居中の妻と幼い息子がいます。
イランへ向う前、息子に電話をかけるトニーが辛い。作戦が失敗して死んでしまうかも知れないのですから。

必死に6人を出国させようとするトニー。

Argo3

結末はわかっていても、ハラハラしました。

6人は、本人に似ている俳優さんを選んだようですね。
エンドロールで写真が出ると、「そっくり」と声があがった俳優さんもいましたよ。

この作戦にアメリカがかかわっているとなれば、人質52人の命が危ないので、カナダが行った作戦とされました。

当時の大統領だった、ジミー・カーター氏のコメントもありました。

(鑑賞日10月16日)

« 推理作家ポー 最期の5日間 | トップページ | SAFE/セイフ »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

これは面白かったですね。
確かに実在の人物に似せた配役は見事でした。演出もうまいです。
最後、無事出国できるかというサスペンスが効いていてハラハラさせますが、実話にしては綱渡りすぎる気もしました。
アラン・アーキンとジョン・グッドマンの脇役もうまいですが、役者は巧い人を揃えていました。

★きささん
実話の映画は、エンターテイメントの要素が薄いものが多いですが、これはうまく構成されていたと思います。

こんにちは風子さんコメありがとう★
面白かったですね!今年のベスト入り決定♪
役者も実際とそっくりな人選んで70年代風になっててツボでした
スゴい忠実。
(ベン以外)笑
次回の監督作も楽しみですねー

★migさん
ベン・アフレックが監督として成功するとは思いませんでしたよ。
3作とも高評価ですね。
ほんと、次が楽しみです。

原作最後の方だけ立ち読みしてみましたが、やはり最後はあそこまで綱渡りではないです。
でもまああそこまで脚色するのは映画としてはアッパレかも。

★きささん
実話物は退屈になりやすいですが、エンターテイメントとして見られるように、緊迫感のある脚色でよかったと思います。

話自体もよくできてるけど、映画のよくできてた!!ほんとにお見事でした。
なのに、上映がないのですよ!!!!(怒)
遠出しましたが、それに見合うだけの十分な中身でした。
はるばる行った甲斐があったです。
ベンちゃん、監督作品では好きだわ。俳優としては、脇に置いときます・・・・
だったのですが、今回のベンちゃんは、とっても良かったです。

★sakuraiさん
あらま、お近くで上映していませんでしたか。
遠出する価値のある作品でよかったですね。
今回のベンは髭面なので、顔の欠点が隠れてました。

訪問&TBありがとうございます。
ハラハラドキドキでした。
エンドロールの本人達と役者達の画像、似てましたね~。
役作りって大事ですね。

★すぷーきーさん
緊迫感ありましたねえ~。
エンドロールの写真にはびっくりでした。

>「アルゴ」の脚本の売買交渉も愉快でした。
そうでした。そんなクスグリがありました。

ブログで、ストーリーをつづるのもおさらいになって自分にはいいですね。
ただ、未見の読者にはネタばれになってしまいます。

いつも思うのは、ストーリーを思い出すには公式サイトを吟味するなど手間ヒマがかかりすぎます。それが未見の者に余計な知識を与えすぎる弊害につながります。
もっとも、観終えた者同士の交流には役立っています。
未見の方は、あえて見ないという暗黙のルールもあるかもしれません。

当方とすれば、自分なりな最低限の評価をするほどで、良心的に核心には一切触れません。

★iinaさん
映画の感想ブログも、ネタバレ絶対ナシから必ずネタバレを載せているものまで様々ですし、ブログを見る人がニーズに合うブログを選べはいいと思っています。
私の場合は、映画を見る前に他人のブログや、公式サイトのストーリーを見ないことがほとんどです。

最後の脱出の間一髪のときは、ハラハラドキドキでしたが、
高評価をあげたい作品です。
ベンは、俳優としては「パール・ハーバー」で、大根役者のレッテルがはられて、なかなか抜け出せなかったけど、監督としては、素晴らしいですね!!
でも、今回の「アルゴ」では、押さえた演技で俳優としても、
良かったと思いました。
監督としての自信が相互作用しているのでしょうか?
もう一度みたい作品です。じっくりと。

★紫の上さん
ベン・アフレックは注目の監督になりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/47458835

この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ (試写会):

» 『アルゴ』 [ラムの大通り]
(原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、 その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を描いているんだ」 ----...... [続きを読む]

» ARGO/アルゴ [のんびり亭映画情報 ]
 今年公開され私が見た映画(*)の中で現時点でのNo1。理由は後半の脱出劇に代表 [続きを読む]

» 映画「アルゴ」@よみうりホール [新・辛口映画館]
 客席はほぼ満席。試写会場入場前にカメラチェック&身体検査、上映中には1階席と2階席両端に警備員が観客を監視する厳重な試写会となった。      映画の話  1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過...... [続きを読む]

» 「アルゴ」胃が痛くなるほどの緊張感 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。 言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしまう(かも?)。 それだけでも恐怖なのに~~~と思いながら観ているうちに、この緊迫感で胃が痛くなり・・・・... [続きを読む]

» アルゴ / argo [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目となるベン・アフレック監督作は、 緊迫感たっぷりで最初から最後まで釘付...... [続きを読む]

» アルゴ [Akira's VOICE]
地味だけど面白い。   [続きを読む]

» アルゴ [心のままに映画の風景]
1979年11月。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派グループがアメリカ大使館を占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。 秘かに脱出した6人の職員は、カナダ大使の私邸に逃げ込んだ。 ...... [続きを読む]

» 映画:アルゴ Argo 長く極秘にされていたイランからの「奇抜」な救出大作戦。重さ軽さの対比が売り! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アメリカでも公開されたばかり(8/31)のこの映画が日本でもさっそく。 1979年革命真っ最中のイラン。アメリカ大使館が乗っ取られ、52人のアメリカ人外交官が人質に。 その直前に脱出した6人のアメリカ人外交官を救出する秘密作戦。 その方法が奇抜! 「アルゴ」とい...... [続きを読む]

» アルゴ [花ごよみ]
監督、主演はベン・アフレック、 ジョージ・クルーニーがプロデューサー。 1979年イランで起こったアメリカ大使館占拠、 人質事件救出作戦を描いています。 6人がアメリカ大使館から脱出、 カナダ大使の自宅に身を潜める。 ベン・アフレック演じる CIAの人質...... [続きを読む]

» アルゴ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(F) 前代未聞の救出劇は映画ファンにはたまらない?(笑) [続きを読む]

» アルゴ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリス・デナム、テイト・ドノヴァン、タイタス・ウェリヴァー...... [続きを読む]

» [映画『アルゴ』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子と映画を見に行くときは、必ず相手の分も払うので、いつでも、あなた、「やったあ!」じゃ...... [続きを読む]

» 映画「アルゴ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「アルゴ」観に行ってきました。1979年に勃発したイランのアメリカ大使館人質事件で実際にあった話を題材とした、映画「ザ・タウン」のベン・アフレックが監督&制作&主演... [続きを読む]

» 実話を誠実に描いた作品。『アルゴ』 [水曜日のシネマ日記]
1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件の裏で敢行されたCIAによる救出作戦を描いた作品です。 [続きを読む]

» アルゴ [悠雅的生活]
人質奪還。絶体絶命。真剣勝負の作り話。 [続きを読む]

» アルゴ [to Heart]
この《実話》は、フィクションよりも大胆 製作年度 2012年 原題 ARGO 上映時間 120分 脚本 クリス・テリオ 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック/ブライアン・クランストン/アラン・アーキン/ジョン・グッドマン/ヴィクター・ガーバー/テイト・ドノヴァン/クレア...... [続きを読む]

» アルゴ [そーれりぽーと]
役者の顔で観ない映画を決めてしまいがちなそーれです。 ベン・アフレックのむさ苦しい顔が嫌で観ないでおこうかと思っていた『アルゴ』を観てきました。 ★★★★★ 食わず嫌いせず観てきて良かった。 鬚と前髪で顔の大半が隠れてるベン・アフレックが別人のように見えたのも...... [続きを読む]

» 「アルゴ」 国のため、正義のためというより [はらやんの映画徒然草]
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな [続きを読む]

» 人質救出大作戦~『アルゴ』 [真紅のthinkingdays]
 ARGO  "Argo fuck yourself! "  1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち が人質となる中、6人の男女が秘かに脱出、カナダ大使私邸に匿われる。見 ...... [続きを読む]

» アルゴ [映画 K'z films 2]
Data 原題 ARGO 監督 ベン・アフレック 製作 ジョージ・クルーニー 出演 ベン・アフレック  アラン・アーキン  ブライアン・クランストン 公開 2012年 10月 [続きを読む]

» 『アルゴ』(試写会) [・*・ etoile ・*・]
'12.10.23 『アルゴ』(試写会)@ワーナーブラザーズ試写室 cocoで当選♪ いつもありがとうございます! これは見たかった! けっこう試写会やってて、見て来た人の評判も良くて見たくてウズウズしてた(笑) よろこんで行って来たー♪ *ネタバレありです! 長文です(o´ェ`o)ゞエヘヘ 「1979年11月4日イランの首都テヘランのアメリカ大使館が占拠され、職員52人が人質となる事件が発生した。職員のうち6名は自力で脱出。カナダ大使の自宅に匿われている。彼らの存在をイラン側に知られることな... [続きを読む]

» アルゴ [映画的・絵画的・音楽的]
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、...... [続きを読む]

» アルゴ  ARGO [映画の話でコーヒーブレイク]
私、ベン・アフレックって苦手でした。 演技も今一つやなぁ()、な〜んて思ってました。 しか〜し、本作を見て、監督として俳優として「ベン!なかなかやるやないのー!」っと見直しました。                   (偉そうにすみません)。 おそらく、いや...... [続きを読む]

» アルゴ [迷宮映画館]
手に汗握った!!! [続きを読む]

» 「アルゴ」 [セレンディピティ ダイアリー]
ベン・アフレック監督・主演の実話に基づくサスペンス、「アルゴ」(Argo)を見ま [続きを読む]

» アルゴ。 [すぷのたわごと。]
『アルゴ』を観に行ってきました。 ギリシャ神話の船の名前でもあるけど、この映画では偽映画のタイトル。 原題は『ARGO』。 実話をもとにした話だそうだ。 1979年11月4日、イランの米国大使館が占拠される事件が発生。 混乱の中、6人の大使館員が脱出、カナダ大使の私邸に逃げ込む。 残る52人を人質にとったイラン側の要求は、癌の治療のため米国に入国した前国王の引き渡し。 6人の脱出がばれ、捕まれば公開処刑は確実。 国務省は人質救出に、CIAに協力を要請。 人質救出のエキスパ..... [続きを読む]

» アルゴ(2012)☆★ARGO [銅版画制作の日々]
 この《実話》は、フィクションよりも大胆 好き度:+5点=75点 MOVIX京都にて鑑賞。 ベン・アフレック監督・主演の作品です。 何とこれ実話らしく、びっくり!!舞台はあの中東イラン。そのイランにあるアメリカ大使館で起きた人質事件らしく。CIAが実際...... [続きを読む]

» アルゴ (Argo) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語…... [続きを読む]

» ★アルゴ(2012)★ [Cinema Collection 2]
ARGO この《実話》は、フィクションよりも大胆 上映時間 120分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/10/26 ジャンル サスペンス 映倫 G 【解説】 79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、 実際にCIAが行った架空のSF映...... [続きを読む]

» ◆『アルゴ』◆ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2012年:アメリカ映画、ベン・アフレック製作&監督&主演、ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴ製作、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、ブライアン・クランストン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリストファー・デナム、テイト・ドノヴァン...... [続きを読む]

» アルゴ・・・爽快な真実の物語 [KATHURA WEST・・・Art-Mill]
アルゴ 監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、他 2012/アメリカ オフシャルサイト はらはらドキドキ。あん時(30年ほど前のあん時の混乱をかすかに覚えているが}にこんな馬鹿げた作戦が、実際に行われたのかどうか、何処まで真実で、どこまでエンタメ目指したフィクションなのかわからない。でもどっちでもいい。とにかく圧倒的なリアリティサスペンスに釘付けにされました。こう言うの《良作?》それとも《快作... [続きを読む]

» アルゴ [こんな映画見ました〜]
『アルゴ』---ARGO---2012年(アメリカ )監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック 、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン 79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口...... [続きを読む]

» 「アルゴ」第25回東京国際映画祭特別招待作品 [ここなつ映画レビュー]
ベン・アフレック監督作品。1979年に実際に起こった、イランでのアメリカ大使館占拠事件の際に、大使館を脱出した6名のアメリカ人の、その最終的なアメリカ本国への逃走劇を、CIAの人質救出作戦のプロフェッショナル、トニー・メンデス(ベン・アフレック)の活躍を通して描いた実話の映画化。この作戦は、「CANADIAN Caper」と呼ばれ、アメリカCIAの最重要シークレット事項として、長い間、1997年までアメリカ国内でさえも封印されてきていた。 イラン革命のさ中、過激派がテヘランのアメリ... [続きを読む]

» 『アルゴ』 [スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス]
1979年11月4日、イラン革命が激化していたテヘランにて、アメリカ大使館占拠事件が発生。 過激派により52人が人質となったが、6人が逃げ出すことに成功し、カナダ大使の私邸に身を潜める。 しかし見つかるのも時間の問題で、もし見つかれば公開処刑は間違いない。 そこで、CIAの救出作戦のエキスパート、トニー・メンデス(ベン・アフレック)は、彼らを無事に国外へ逃すため、奇想天外な作戦を立てる。 こんなに面白い映画は久しぶりに見た〜{{s..... [続きを読む]

» 映画「アルゴ」真実が伝える本物の緊張感 [soramove]
映画「アルゴ」★★★★ ベン・アフレック、アラン・アーキン、 ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン出演 ベン・アフレック 監督、 120分、2012年10月26日より全国にて公開 2011,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ (原題/原作:ARGO) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場10位スタート、2週目は 圏外へと淋... [続きを読む]

» 映画的救出作戦! [笑う社会人の生活]
29日のことですが、映画「アルゴ」を鑑賞しました。 イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く サスペンス ドラマ いや〜 面白かった! 映画製作を装って スタッフとして脱出させるという! 驚きの作戦 事実は小説よりも奇なりとは まさにこのこと...... [続きを読む]

» 映画『アルゴ』を観て [kintyres Diary 新館]
12-85.アルゴ■原題:Argo■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・製作:ベン・アフレック◆ベン・アフレック(トニー・メンデス)◆アラン・ラーキン(レスター・...... [続きを読む]

» 映画:アルゴ [よしなしごと]
 ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しかも映画が題材(?)となっていると聞いてはスルーするわけにもいかず、そんなわけでアルゴを見てきました。... [続きを読む]

» 映画『アルゴ』(12外-29) [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
全くノーチェックの作品で評判も知らなかったのですが  sakuさんからの強いプッシュで上映状況をチェックしたら 予定して [続きを読む]

» アルゴ : これが実話ベースって…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨夜の侍ジャパン、薄氷の勝利といってよかったですね。日本中の野球ファンが、ハラハラドキドキしましたよ。ちなみに、本日紹介する作品も、ハラハラドキドキのこちらになりま [続きを読む]

» アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・ [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww  1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...... [続きを読む]

» 『アルゴ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル...... [続きを読む]

» 『アルゴ』 [My Pace, My Self]
アカデミー賞の結果が出る以前からの予定通り、『アルゴ』観てきました〜!アフター5の回は混むだろうなぁ・・・と思っていたら、ちょうど今日は休みを入れていたので、日中だったらまだ確実に観れるかなぁと思い、今日のお昼の回へ。上映30分前に行って、55席あるうちの16番で入場だったんだけど、あっという間に55番まで売れてて、ギリギリに来た人は補助席になってた。ウチ含め、秋の本上映時にファクトリーに行かなかったことを後悔している人は多い?!なのにねぇ・・・、ウチの右隣の人は途中から寝息していたし、左隣の人は静... [続きを読む]

» アルゴ [銀幕大帝α]
ARGO 2012年 アメリカ 120分 サスペンス 劇場公開(2012/10/26) 監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』 製作: ベン・アフレック ジョージ・クルーニー 出演: ベン・アフレック『ザ・タウン』・・・トニー・メンデス ブライアン・クランストン『ジョン・カー...... [続きを読む]

» アルゴ [タケヤと愉快な仲間達]
【あらすじ】 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートと...... [続きを読む]

» アルゴ [いやいやえん]
実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政府の救出だけが頼りだが、CIAの救出の専門家であるトニー・メンデスは、奇想な救出作戦を立案する。それは「アルゴ」という映画を作ることにし、映画関係者に成りすまして関係者に偽装をした6名の米国人と共に、脱出をする計画だった。 事実は小説よりも奇なりといいますが、これがまさにそうですよね。監督... [続きを読む]

» アルゴ ARGO [まてぃの徒然映画+雑記]
今年のアカデミー賞作品賞を受賞して、凱旋上映をしていたので観てきました。公開時には観逃していたので。 1979年、イスラム革命後のイラン・テヘランで起きたアメリカ大使館占拠事件。暴徒が大使館を襲撃した時に、大使館員のほぼ全員が革命防衛隊の人質となったが、6...... [続きを読む]

» 【映画】アルゴ…アカデミー賞作品だけどやっつけた(2013年観賞) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
昨日2015年8月15日(土曜日)は、娘がホークスの試合を観にヤフードームまで行くと言うので、送りがてらついでにマリノアシティというのに初めて行きました。 ここでの収穫は特に無し。試合が終わるのを待つ間、ほぼ駐車場で昼寝していた一日でした 以下は映画観賞記録...... [続きを読む]

« 推理作家ポー 最期の5日間 | トップページ | SAFE/セイフ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ