サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« リンカーン / 秘密の書 | トップページ | 黄金を抱いて翔べ »

2012年11月 6日 (火)

のぼうの城

二万の軍勢と戦う方法
お金では買えない秘策


Nobou

公式サイト http://nobou-movie.jp

天下統一目前の豊臣秀吉(市村正親)は、北条勢を攻撃目標に定めていた。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州・忍城もそのひとつ。秀吉は石田三成(上地雄輔)に、忍城を二万の軍勢で落とすように命じる。
その忍城には、城主成田氏長(西村雅彦)の従弟でありながら、領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という男がいた。やがて石田三成が率いる軍勢が攻撃を開始するが、武将に求められる資質を持たず、まさに“でくのぼう”のような長親は、たった五百の軍勢で迎え討とうとする。

大震災の影響で、公開が1年延期された作品。
豪華なキャストにひかれて、見に行きました。

オリジナル脚本だけど、映画化を実現するために小説を書いたそうですね。
映画会社は、ヒット小説の映画化には前向きだけど、オリジナル脚本の映画化は渋るんだとか。

巨大セットを北海道に造り、大勢のエキストラを動員した大作ですね。

巨大なセットやアクションシーンは見ごたえあるけど、やっぱり野村萬斎の映画という感じでした。
役にはまっているからでしょうねえ。

城主氏長が豊臣方に内通し、忍城はすぐに開城する予定でした。
しかし豊臣勢の長束正家と対面した長親は、正家の態度にカチンときて戦いを決意。

圧倒的な兵力を誇る豊臣勢にとって、忍城はすぐに落とせるはずでしたが、地の利と知略を持つ忍城勢に苦戦。三成は秀吉が備中高松城で行ったのと同じ、水攻めで城を落とそうとします。

忍城勢は本丸に逃げ込みますが、城に篭らざるを得なくなり皆の士気も低下。次第にそこにも水が迫ってきて、このままでは皆死んでしまう。

その時長親は、小船を湖上へ漕ぎ出し、そこで田楽踊りを始めます。
これが彼の秘策。

刀や槍を持って戦うタイプではなかったけど、知恵と武士としての魂はちゃんと持っていた人なのでしょうね。

領民にでくのぼうと言われていたけど、それは嫌悪からではなくて愛称かな。
頼りない感じだけど、憎めない愛らしさを持っていたんじゃないかな。
領民を大事にし、愛していて、領民もそれを感じていたのでしょうね。

スポーツでも、監督を胴上げさせてあげたいからとか、選手の士気を高める人望のある人もいるじゃないですか。
ロンドンオリンピックでも、「康介さんを手ぶらで帰すな。」と言ってたそうだし。

北条の小田原城が落ちても、忍城はまだ落ちていなかった。
誰も予想していなかったでしょう。

萬斎さん以外で、キャストの中で特によかったなと思ったのは、佐藤浩市さんと、山田孝之さんです。

(鑑賞日11月2日)

« リンカーン / 秘密の書 | トップページ | 黄金を抱いて翔べ »

【映画】な行」カテゴリの記事

コメント

安心して見ていられる直球の時代劇という感じでした。
145分を一気に見せる演出はさすが。SFXも良くできています。
原作読んでなかったのですが、今読んでいます。
城戸賞を受賞した脚本の作者自身のノベライズなので正しくは原作という訳ではないようですが。
コミック化された方は読んでいるのでストーリーは知っていました。
つかみどころの無い主人公の長親役の野村萬斎さんは適役だったと思います。
他の俳優さんもみんな良かったですね。特に佐藤浩市と山口智充。
宣伝文句と違って実は主人公の長親は何もしていないですよね。
人望はあった訳ですが。
ラストは現在の忍城跡の風景が写ります。
埼玉県民なんですが、行田市には行った事ないです。

★きささん
日本のSFXもかなり進歩してきましたね。

萬斎さんの存在感は、良くも悪くもすさまじいなあと思いました。
すっかり萬斎さんの映画になってましたもんね。
本からのイメージだと、違う人なんですが、もう彼しか考えられないです。

★sakuraiさん
野村萬斎の存在感は強烈で圧倒的ですよねえ。

7月のはじめに、行田市に古代蓮の写真を撮りに行って、展望台から下を見たら、大きな田んぼアートで、この映画の両者が描かれていて、映画の事を知ったのです。素晴らしい蓮と田んぼアートに魅了されました。
で、映画は絶対見ようと思って見ました。
あの田楽踊りは、圧巻でしたね。さすが狂言師。
萬斎さんの映画だったけど、佐藤浩市さんとか、山口智充さんとかの存在感が大でしたね。それぞれの戦いのシーンも見せてくれましたよね!

12月8日に、この忍城見学に、あるグループで行く予定です。

★紫の上さん
映画の舞台となった場所に行かれたんですね。
忍城の写真も是非見せてくださいね。

映画化したくて小説を書いたとは、劇的要素があるので分かるような気がします。
元気者の山口智充が、武骨な荒武者ぶりを発揮して面白かったです。

★iinaさん
珍しく小説より脚本が先の映画なんですよね。
登場人物のキャラがどれもはっきりしていて、わかりやすかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/47714901

この記事へのトラックバック一覧です: のぼうの城:

» のぼうの城 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(10) 野村萬斎なくして本作はあり得ない!それくらい嵌まってた [続きを読む]

» のぼうの城 [悠雅的生活]
20,000VS500。水攻め。嫌なものは嫌。 [続きを読む]

» のぼうの城 [花ごよみ]
和田竜作「のぼうの城」を、 犬童一心監督と樋口真嗣監督で映画化。 実在した武将・成田長親を描く。 主演の成田長親(のぼう様)には野村萬斎。 のぼう様とはでくのぼうの意味で 領民から親しみをもって受けいられている。 和平交渉に向かった長束正家(平岳大)の...... [続きを読む]

» 映画『のぼうの城』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
この作品、観たくて観たくて~ 試写会にいっぱい応募しました、そしたら大量当選で  「どの日に行こうかなぁ~」と、贅沢な悩 [続きを読む]

» のぼうの城 [迷宮映画館]
わかりやすい作りと、半端ない存在感の萬斎さん。 [続きを読む]

» のぼうの城 [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp;JUGEMテーマ:映画館で観た映画 nbsp; nbsp; 2万人の大軍に500人の兵がどうやって立ち向かったのかが nbsp; 知りたくて、「のぼうの城」を見ました。 nbsp; 様々な戦略により石田三成率いる豊臣軍に立ち向かう姿は nbsp; あっぱれですね。 nbsp; 理攻めの石田三成に意外性で対抗した成田長親は &am... [続きを読む]

» のぼうの城 [CINEMA見聞録 ]
 時は戦国時代、天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の北条家に大軍勢を差し向ける。2万 [続きを読む]

» 『のぼうの城』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「のぼうの城」□監督 犬童一心□脚本・原作 和田竜□キャスト 野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳 大、       西村雅彦、平泉 成、夏八木 勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田 吟、中尾明慶、    ...... [続きを読む]

» ★のぼうの城(2011)★ [Cinema Collection 2]
この男の奇策、 とんでもないッ! 上映時間 145分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝=アスミック・エース) 初公開年月 2012/11/02 ジャンル 時代劇/アクション 映倫 G 【解説】 一大ベストセラー『のぼうの城』の元になった和田竜の オリジナル脚本を、「...... [続きを読む]

» 映画「のぼうの城」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「のぼうの城」観に行ってきました。戦国時代末期、豊臣秀吉の配下だった石田光成率いる2万の軍勢に攻められながら、たった500の兵力、避難してきた民百姓を含めても300... [続きを読む]

» のぼうの城 : これぞ、日本の娯楽映画 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 巨人が、日本一になりましたねぇ。うらやましい限りです。私が生きている間、広島カープは日本一になれるのでしょうか。まあ、そんなことはさて置き、本日紹介する作品はこちら [続きを読む]

» のぼうの城 [もののはじめblog]
秀吉軍20,000と忍城おしじょう軍500の戦い。 「のぼう」とは、「でくのぼう」のこと。 漢字にすると、「木偶の坊」。 意味を調べると、 ? 人形。あやつり人形。? 役に立たない人。気のきかない人。人のいいなりになっている人。また、そのような人をののしっ...... [続きを読む]

» のぼうの城 [映画的・絵画的・音楽的]
 『のぼうの城』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、1年前に劇場公開される予定だったものが、3.11によって今頃公開の運びとなったものです。  物語の舞台は、およそ400年前、戦国時代末期の忍城(現在は、埼玉県行田市)。  時の関白の豊臣秀吉(市...... [続きを読む]

» 映画「のぼうの城」でく“のぼう”に命を懸けられるか? [soramove]
映画「のぼうの城」★★★☆ 野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、 山口智充、上地雄輔、山田孝之、 平岳大、市村正親、佐藤浩市出演 犬童一心、樋口真嗣 監督、 145分、2012年11月2日より全国にて公開 日本,東宝、アスミック・エース (原題/原作:のぼうの城) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首位スタート、2週連続で好調 3週... [続きを読む]

» 「のぼうの城」 人の力と銭の力 [はらやんの映画徒然草]
和田竜さんの小説「のぼうの城」の映画化作品です。 こちらについては珍しく原作を先 [続きを読む]

» のぼうの城(2012-144) [単館系]
のぼうの城 MOVIX川口 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には 最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。 その城には領民からでくのぼう...... [続きを読む]

» 映画:のぼうの城 [よしなしごと]
 “戦いまする”という台詞が印象的。歴史物は苦手なので躊躇していたのですが、評判もいいし見に行くことに。そんなわけで今回の記事はのぼうの城です。 [続きを読む]

» のぼうの城 [いやいやえん]
これ劇場で見たかった作品でした。だって戦国時代でしょ、しかも忍城攻め。原作は弟がもっていたのですが、わざと未読。それでもキャスティングはどうかと思いましたよ、案の定でしたが。 忍(おし)城の攻防戦を描いた作品で、対するは石田三成率いる2万の大軍。史実をだいぶアレンジしているようですが、エンタメ時代劇ですしまあいいでしょう。面白かったですもん。 500 VS 20000…邦画版の「300」ですか。あー、こんなん勝てるわけないじゃんって思うわけですよ。戦国無双じゃあるまいし。しかし土壇場... [続きを読む]

» のぼうの城 [のほほん便り]
キャッチ・コピーは「豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。」「この男の奇策、とんでもないッ!」。 まさに、野村萬斎ありての本作! 「でくのぼう」だけど、民心を掴む天才、のぼう様こと、成田長親(なりた ながちか)の快挙に、彼の存在感のスキルが、ハマり役。 彼が考えた、という田楽踊りが抜群の効果をあげてます。 TBS開局60周年記念作品ってことで、犬童一心×樋口真嗣のダブル監督作品、だったのですね。 「水攻め」のシーンが、東日本大震災を連想させるとのことで、公開延期になるも、... [続きを読む]

« リンカーン / 秘密の書 | トップページ | 黄金を抱いて翔べ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ