サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • キングスマン:ゴールデン・サークル

    5パーセントの奇跡

    ジオストーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

レ・ミゼラブル

慈悲の心と愛に出会って

Lesmiserables

公式サイト http://www.lesmiserables-movie.jp

ビクトル・ユゴーの同名小説のミュージカル舞台版の映画化

監督: トム・フーパー  「英国王のスピーチ」

ジャン・バルジャンは(ヒュー・ジャックマン)、飢え死にしそうな姪のためにパンを盗み、19年間服役した後、仮出獄するが、前科者に世間は冷たく、生活に困り再び盗みを働いてしまう。その罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れた彼は、生まれ変わろうと決意し、過去を捨て、市長となるまでの人物になった。
そんな折、不思議な運命の糸で結ばれた女性フォンテーヌ(アン・ハサウェイ)と出会い、彼女から幼い娘のコゼットを託されたバルジャンは、ジャベール(ラッセル・クロウ)の追跡をかわしてパリに逃亡し、コゼットを愛情深く育て上げる。
しかしパリの下町で、革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発。誰もが激動の波にのまれて行く。

続きを読む "レ・ミゼラブル" »

2012年12月27日 (木)

LOOPER/ルーパー (試写会)

愛は未来を救う

Looper_2

公式サイト http://looper.gaga.ne.jp
1月12日公開

監督・脚本: ライアン・ジョンソン  「BRICK ブリック」

タイムマシンが開発されたが、その使用が禁じられた近未来。犯罪組織だけが違法に使用し、邪魔者を消すために30年前へ送り、ルーパーと呼ばれる者に抹殺を命じていた。
ある日凄腕ルーパーのジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の元に送られてきたのは、30年後の自分(ブルース・ウイリス)だった。一瞬の隙をつき、その男は逃走。このままでは自分が組織に殺されると、必死に男を追跡するジョー。ようやく未来の自分を追い詰めた時、男はこの時代に来た真の理由を話し出す。

続きを読む "LOOPER/ルーパー (試写会)" »

2012年12月24日 (月)

メリークリスマス

我が家は特別なことはありませんが、
今日はお寿司を食べに行きました。

遠くからですが、
クリスマスイルミネーションのスカイツリー

Skytree

☆*:;;;:*☆Merry Christmas☆*:;;;:*☆

2012年12月14日 (金)

砂漠でサーモン・フィッシング

夢をもとう

Salmon_fishing_in_the_yemen

公式サイト http://salmon.gaga.ne.jp

原作: イエメンで鮭釣りを (ポール・トーディ著/白水社)
監督: ラッセ・ハルストレム
脚本: サイモン・ビューフォイ  「スラムドッグ$ミリオネア」 「127時間」

水産学者のアルフレッド・ジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)は、ある日、イエメンの大富豪(アマール・ワケド)の代理人、コンサルタントのハリエット(エミリー・ブラント)から、「イエメンに鮭を泳がせて釣りをしたい」という、とんでもないプロジェクトの顧問を引き受けてほしいとのメールが届く。荒唐無稽な計画に、不可能だと一蹴したが、英国外務省が中東との緊張緩和のために支援を決定し、首相まで巻き込んで国家プロジェクトに発展。ジョーンズはハリエットと共に、無謀な計画に着手するはめになる。

続きを読む "砂漠でサーモン・フィッシング" »

2012年12月13日 (木)

ホビット 思いがけない冒険 (試写会)

とんでもない冒険の旅に出ちゃいました run

Hobbit

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart1
12月14日公開
上映時間2時間50分

原作: ホビットの冒険 (J.R.R.トールキン著/岩波少年文庫)
監督: ピーター・ジャクソン

ホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は魔法使いのガンダルフに誘われて、13人のドワーフたちと共に、恐るべきドラゴン“スマウグ”に奪われたドワーフの王国を取り戻すという危険な冒険の旅に加わる。彼らは凶暴なアクマイヌ、そして謎の魔術師たちがうごめく危険な荒野や、ゴブリンが潜むトンネルを抜けていかねばならない。そこでビルボは、ゴラム(アンディ・サーキス)という醜悪な生き物と出会う。

続きを読む "ホビット 思いがけない冒険 (試写会)" »

2012年12月11日 (火)

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

許さないわよ 黒衣の女

Woman_in_black

公式サイト http://www.womaninblack.jp

原作: 黒衣の女 ある亡霊の物語 (スーザン・ヒル著/ハヤカワ文庫)
脚本: ジェーン・ゴールドマン  「キック・アス」 「ペイド・バック」(日本未公開) 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

数年前に妻を亡くして以来、失意の日々を過ごすロンドンの若き弁護士アーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は、ある日事務所の所長から、田舎町で他界したアリス・ドラブロウ夫人の館へ行き、館内にある文書全てに目を通して、遺言書を見つけ出すよう命じられる。館で仕事をするうちに、アーサーは黒衣をまとった女が周囲の森や窓辺に出現するのを目にするようになり、館の恐ろしい歴史と町の子どもたちが次々と怪死している事実を知る。

続きを読む "ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館" »

2012年12月10日 (月)

マリー・アントワネットに別れをつげて (試写会)

報われない無償の愛

Les_adieux_a_la_reine

公式サイト http://myqueen.gaga.ne.jp
12月15日公開

原作: 王妃に別れをつげて (シャンタル・トマ著/白水社)

1789年7月14日、バスティーユが陥落しフランス革命が勃発。王妃マリー・アントワネット(ダイアン・クルーガー)を筆頭にした286名の処刑リストが出回り、ヴェルサイユは騒然となる。召使いや貴族たちが次々に逃げ出す中、王妃の朗読係シドニー(レア・セドゥ)は、心酔する王妃のためなら何でもする覚悟だった。そんな彼女に王妃が自ら命じたのは、王妃の寵愛を一身に受け、冨と権力を思うままにしてきたポリニャック公爵夫人(ヴィルジニー・ルドワイヤン)一家の国外逃亡を助けるために、公爵夫人の身代わりになる事だった。

続きを読む "マリー・アントワネットに別れをつげて (試写会)" »

2012年12月 9日 (日)

007 スカイフォール

古い奴とお思いでしょうが

007_skyfall

公式サイト http://www.skyfall.jp

監督: サム・メンデス  「アメリカン・ビューティー」 「ジャーヘッド」

世界各地に潜伏するMI6のエージェントのリストファイルが何者かに盗まれ、それを追うジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、イスタンブールで敵ともみ合ううちに、M(ジュディ・デンチ)の指令で発砲した味方の誤射で、列車の上から90m下の川に落ちた。MI6では007を死亡したと判断するが、一命を取り留めていたボンドは、MI6がサイバー攻撃を受けている事を知って復帰する。

続きを読む "007 スカイフォール" »

2012年12月 6日 (木)

ロックアウト

ガイ ワイルドだぜ 

Lockout

公式サイト http://lockout.jp

製作・脚本: リュック・ベッソン

2079年。コールドスリープによる囚人管理や徹底した防衛設備を誇り、“宇宙のアルカトラズ”と言われる刑務所MS-1。そこへ大統領の娘エミリー(マギー・グレイス)が視察に訪れた時、500人もの囚人が一斉に覚醒して所内を制圧し、彼女を人質に籠城を始める。スパイ活動中に殺人容疑で逮捕されたスノウ(ガイ・ピアース)に、CIA捜査官のハリーは、スノーのMS-1潜入指令を提案する。気が進まないスノウだったが、自分の無実を証明できる仲間が収容されているいる事を知り、MS-1に向かう。

続きを読む "ロックアウト" »

2012年12月 4日 (火)

人生の特等席

♪ You Are My Sunshine ♪
アナログオヤジをなめんなよ


Trouble_with_the_curve

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/troublewiththecurve

長年メジャーリーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル(クリント・イーストウッド)だが、昔ながらのスタイルを貫く彼を、球団はお払い箱にしようとしていた。視力が衰え目がかすみ始めても、スカウトマンとしての誇りと自信を失っていないガスは、キャリア最後のスカウトの旅に出る。そんな彼に手を貸したのは、父との間にわだかまりを感じ続けてきた、ひとり娘のミッキー(エイミー・アダムス)だった。

続きを読む "人生の特等席" »

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COMING SOON

無料ブログはココログ