サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

新作映画鑑賞リスト

予告編

  • フライト・ゲーム

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

    バツイチは恋のはじまり

    ゲッタウェイ スーパースネーク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« LOOPER/ルーパー (試写会) | トップページ | あけまして おめでとうございます »

2012年12月28日 (金)

レ・ミゼラブル

慈悲の心と愛に出会って

Lesmiserables

公式サイト http://www.lesmiserables-movie.jp

ビクトル・ユゴーの同名小説のミュージカル舞台版の映画化

監督: トム・フーパー  「英国王のスピーチ」

ジャン・バルジャンは(ヒュー・ジャックマン)、飢え死にしそうな姪のためにパンを盗み、19年間服役した後、仮出獄するが、前科者に世間は冷たく、生活に困り再び盗みを働いてしまう。その罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れた彼は、生まれ変わろうと決意し、過去を捨て、市長となるまでの人物になった。
そんな折、不思議な運命の糸で結ばれた女性フォンテーヌ(アン・ハサウェイ)と出会い、彼女から幼い娘のコゼットを託されたバルジャンは、ジャベール(ラッセル・クロウ)の追跡をかわしてパリに逃亡し、コゼットを愛情深く育て上げる。
しかしパリの下町で、革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発。誰もが激動の波にのまれて行く。

原作は中学か高校の時に読みました。

映画は、リーアム・ニーソン主演のを見たことがあります。

Lesmiserables_1998

ジェラール・ドパルデュー主演の、テレビミニシリーズも見ました。

Lesmiserables_french

私がイメージしたジャン・バルジャンに一番近いルックスは、ドパルデューね。
リーアムも今回のヒューもハンサムすぎる。

本作は歌を撮影と同時録音していて、セリフに近い感じなので、ミュージカルが苦手な人や馴染みのない人にはいいかも。
しかし私は、ミュージカル特有の高揚感がなぜか得られなかったのよ。

「ムーランルージュ」「RENT/レント」「オペラ座の怪人」「ヘアスプレー」は、すぐにサントラを買ったし、また見たいと思ったけど、そういう気が起きなかった。

バルジャンの人生に、ぐっとフォーカスした物語に感じられなかったからかしら。

司教が銀の燭台をくれたところで、ぽろぽろ涙がこぼれ、こんなに始まりから泣いてどうしようと思ったけど、そのあと泣けたのは、ラストのシーンだけ。
司教とのシーンは、バルジャンがそれまでどれほど辛く苦しい思いをしてきたのかよくわかった。
でもその後や、フォンテーヌの辛さや悲しさも、深く描かれていない感じ。
それぞれの役の歌に込められた感情はわかるけど、どうもその思いに入り込めなかった。
ラッセル・クロウは、歌い方が合わないと思った場面もあったのよ。

バルジャンとマリウスの関係も、さらりと描かれてた。
そのせいで、自分を助けてくれたのがバルジャンと知った時の原作でのマリウスの気持ちが伝わってこない。

エポニーヌの切ない気持ちは、すごく伝わってきたわ。

エポニーヌ役のサマンサ・バークスとアンジョルラス役のアーロン・トヴェイは歌がうまいなと思いました。
バークスは舞台で同じエポニーヌ役を演じているそうだし、トヴェイトは、ミュージカル版「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の主役をしていると聞いて納得。

司教役のルム・ウイルキンソンは、ミュージカル舞台版の初演で、ジャン・バルジャンを演じた人だそうです。

テナルディエ夫妻を演じたサシャ・バロン・コーエンヘレナ・ボナム=カーターは、うまいですねえ~~。登場人物の中で唯一コミカルな役だけど、強欲な感じもよく出てました。

(鑑賞日12月22日)

« LOOPER/ルーパー (試写会) | トップページ | あけまして おめでとうございます »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

私も今年ぎりぎりで、見てきました。
舞台のミュージカルになっていると知らなかったので、
なんでこういう物語がミュージカルになるのかしら?
と思いながら見ていました。
確かにミュージカル特有の高揚感はなかったですね。
「オペラ座の怪人」はすぐCDを購入、結局劇場で6回位見たけど・・・。
題材としては、ミュージカル向きではないですよね?
でも、ある意味、シリアスなストーリーだからこそ、ミュージカルで緩和したのかな?
とも思いました。
私はリーアム・ニーソン版は確か、テレビ放映で、見ています。

で、あの酒場の群舞はなぜか汚さばかり目立っていました。
でも、エポーヌ役の人、歌が上手く、感情表現も抜群でしたね。
それに私は、マリウスが、仲間がみんないなくなった、部屋で歌った時は
上手いなぁ~と思いましたが・・。涙が最高に溢れました。
そばかすだらけの俳優は良く見る顔だけど、どういう作品に出ていたかしら?
そうですね。アンジョルラス役のアーロン・トヴェイトは歌よりも、とてもハンサムなので、
顔ばかり見ていました。爆

では、今年も押し迫ってきました。
よいお年をお迎え下さいね。来年もよろしくお願いします。

★紫の上さん
マリウス役のエディ・レッドメインは、トニー賞も受賞している若手実力派です。
「グッド・シェパード」「エリザベス:ゴールデン・エイジ」「ブーリン家の姉妹」など、最近だと「マリリン 7日間の恋」に出演しています。
イートン校からケンブリッジに行ったお坊ちゃんで、粗野な感じが全くない人ですね。

年内はこの作品がしめとなりました。
紫の上さんも、どうぞよいお年を。happy01

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
ツッコミまくりの記事にTBありがとうございます。(笑)
エポニーヌ役のサマンサ・バークスの歌、良かったですね~。
マリウス役のエディ・レッドメインの仲間を失った後の歌も良かったです。
けどやっぱり一番は最後の“民衆の歌”かな。

★すぷーきーさん
歌はよかったのですが、
全体としてはいまいち感動が薄かったです。

今晩は。
いつもTB送るばかりで、失礼していますが、
今年も宜しくお願い致します。

この映画素晴らしい作品であることはよく分かるのですが、
私には少々長かった・・・です。

リーアムのジャン・バルジャンは見てないので、
記事を読ませて頂いて、見てみようかと思いました。

★小米花さん
私も、いまひとつ登場人物達の心情に入り込めず、
長く感じました。
リーアム主演作のほうが、バルジャンの苦悩や、
フォンテーヌの悲しみがよくわかると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/48343678

この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル:

» レ・ミゼラブル [新・映画鑑賞★日記・・・]
【LES MISERABLES】 2012/12/21公開 イギリス 158分監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、...... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(P) もういちど家族に対し見つめ直したくなるそんな映画。 [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [to Heart]
愛とは、生きる力。 原題 LES MISERABLES 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 158分 原作 ヴィクトル・ユゴー(原作小説) 脚本 ウィリアム・ニコルソン/アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク/ハーバート・クレッツマー 監督 トム・...... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [心のままに映画の風景]
19世紀フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。 マドレーヌと...... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [Akira's VOICE]
感動で満たされた!   [続きを読む]

» 「レ・ミゼラブル」 (2012) [セレンディピティ ダイアリー]
トム・フーパー監督、ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画、「レ・ミゼラブル [続きを読む]

» レ・ミゼラブル・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
誇り高き人々の唄。 ヴィクトル・ユーゴーの不朽の名作を原作に、1985年にロンドンで初演されて以来、全世界で6000万人を超える観客を動員した傑作ミュージカル、「レ・ミゼラブル」の完全映画化。 十九世...... [続きを読む]

» ★レ・ミゼラブル(2012)★ [Cinema Collection 2]
LES MISERABLES 愛とは、生きる力。 上映時間 158分 製作国 イギリス 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2012/12/21 ジャンル ミュージカル/ドラマ/文芸 映倫 G 【解説】 日本を含む世界中で愛され続ける空前の大ヒット・ミュージカルを、 豪華キャス...... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル  Les Miseacute;rables [映画の話でコーヒーブレイク]
ここ数日、年末の片付けや掃除、新年を迎える準備などに追われ、なんとなく気忙しく 落ち着かない毎日を送っています。 あぁ〜ごみを出し忘れたーーー 年越しゴミ もう肩は凝るし、腕は筋肉痛ですわ  そんな合間を縫って、見てきました「レ・ミゼラブル」。 子供の頃に...... [続きを読む]

» 〜『レ・ミゼラブル』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2012年:イギリス映画、トム・フーパー監督、ヴィクトル・ユーゴー原作、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド、エディ・レッドメイン、アーロン・トゥヴェイト、サマンサ・バークス、ヘレナ・ボナム=カーター、 サシャ・...... [続きを読む]

» 『レ・ミゼラブル』 ミュージカルファンよ、心配するなかれ [映画のブログ]
 奇異な目を向ける人もいただろうが、私は席を立つことができなかった。  私と友人は、場内が明るくなり、他の観客が帰り出しても嗚咽が止まらず、いつまでも泣き続けていた。  子供の頃に児童書『ああ無...... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル。 [すぷのたわごと。]
『レ・ミゼラブル』を観に行ってきました。 遠い遠い昔、「ああ無情」を読んだことはある。 きっと子供用のダイジェスト版だったんだろうけど、ジャベールを嫌な奴だと思った記憶しか残っていない。 この映画は、原作本ではなくミュージカルをもとに映画化したものだそうだ。 フランスが舞台だけど、セリフが英語なのは突っ込んではいけないんだろうなぁ。 またまた長文になってしまった。(^^;) パンをひとつ盗んだ罪+脱獄で、19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)。 ある日、監..... [続きを読む]

» 「レ・ミゼラブル」 [みんなシネマいいのに!]
 大ヒットミュージカルの映画化。 といっても、自分は観ていない。 原作の「ああ無 [続きを読む]

» レ・ミゼラブル(2012)◇◆LES MISERABLES [銅版画制作の日々]
 愛とは、生きる力。 好き度:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。昨年最後ということでこの作品を選んだ。どちらかというとミュージカルはあまり得意ではない。そんな私はセリフも少しはあるのかと密かに期待していたのだが、何と全編歌なのでびっくり!! こ...... [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★]「レ・ミゼラブル」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 1862年の発表以来、様々な形で映像・舞台化。日本でも「噫無情」(ああむじょう)の名で知られる、ヴィクトル・ユーゴー不朽の名作を、アラン・ブーブリル&クロード・ミシェル・シェーンベルク脚本によるミュージカルを基に、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監... [続きを読む]

» 「レ・ミゼラブル(2012)」 与える、与えられる [はらやんの映画徒然草]
昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [こんな映画見ました〜]
『レ・ミゼラブル』---LES MISERABLES---2012年(イギリス)監督:トム・フーパー 出演:ヒュー・ジャックマン 、ラッセル・クロウ 、アン・ハサウェイ 、アマンダ・セイフライド 、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター 、サシャ・バロン・コーエン ...... [続きを読む]

» ・・・ふーん。『レ・ミゼラブル』 [水曜日のシネマ日記]
ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化した作品です。 [続きを読む]

» 映画:「レ・ミゼラブル」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成24年12月27日(木)。 映画:「レ・ミゼラブル」。 監  督:トム・フーパー 脚  本:クロード=ミシェル・シェーンベルク      アラン・ブーブリル      ハーバート・クレッツマー      ウィリアム・ニコルソン 原  作:ヴィクト…... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [花ごよみ]
レ・ミゼラブルやっと見てきました。 原作はヴィクトル・ユゴーの小説。 この小説を基にした、 大ヒットミュージカルを映画化。 主人公ジャン・ヴァルジャンの、 波瀾に満ちた一生を描く 監督はトム・フーパー。 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、 アン・ハサ...... [続きを読む]

» ミュージカルで締める! [笑う社会人の生活]
31日のことですが、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。 ジャン・バルジャンを主人公に彼の波乱の人生を ファンテーヌやその娘コゼット、彼を追うジャベール警部などを絡めて描いた作品 有名なミュージカル舞台の映画化 まさに大作、大河ドラマですね ミュージカル...... [続きを読む]

» 映画:レ・ミゼラブル  普段ノー・ミュージカルな私でも、展開される「魂」に震えた = やはり必見か(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
普段ミュージカルしないワタクシ。 にとって、「映画化」は作品に触れる貴重な機会となる。 ので公開中のうちに、なんとか劇場へ。 冒頭 いきなし! ばばっと歌い出すので、「やっぱ苦手!」と思いつつ、我慢して見続けた。 すると、 監督トム・フーパー がこだわ...... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル  監督/トム・フーパー [西京極 紫の館]
【出演】  ヒュー・ジャックマン  ラッセル・クロウ  アン・ハサウェイ 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。8年後、...... [続きを読む]

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル : 我慢の先に感動があった…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 週に一度の休日の朝を迎えました。ここ広島は、なかなか気持ちの良い朝ですよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 レ・ミゼラブル 【製作年】 2012年 [続きを読む]

» 『レ・ミゼラブル』’12・英 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ1815年、ジャン・バルジャンは、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに・・・。解説アカデミー賞助演女優賞メイクアップ賞録音賞「いのち燃ゆ」、「愛無情」、世界... [続きを読む]

» 映画:レ・ミゼラブル [よしなしごと]
 ミュージカルが好きなので映画版レ・ミゼラブルも絶対観たい。でもこれほど予告でやって、テレビCMやテレビでの特集とかが放送されると、なんかもうおなかいっぱいになっちゃいます。それでも見に行かねば!ということでレ・ミゼラブルの記事です。... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [いやいやえん]
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手いのは知っていた)。古典名作なのであらすじは多くの方が知っているとは思います。 ジャン・バルジャンはパンを盗んだ罪で19年間服役、仮釈放されたものの教会で再び盗みを働いてしまう。しかしその罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れ、身も心も生ま... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [タケヤと愉快な仲間達]
監督  トム・フーパー  出演 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ 【あらすじ】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年...... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [Yuhiの読書日記+α]
文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化したもの。監督はトム・フーパー、出演はヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド他。 <あらすじ> 1815年、ジャン・バルジ...... [続きを読む]

» レ・ミゼラブル [のほほん便り]
なんと、普通の台詞まで歌で、終始一貫した音楽劇なのに驚きました。だけど、俳優さん達の圧倒的・歌唱力と、ベースになってるリズムが一貫してるので、違和感ありません。じつは、普通、ミュジカル映画の場合、「後で音を入れる」けれど、この場合、その場で録音したものを使ったんですってね。なるほど、独特の臨場感です。ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド等の豪華キャストが、実は「オーディションで選ばれた」事実にびっくり。個人的には、ヒュー・ジャックマンと、ラッセル・クロウ、... [続きを読む]

« LOOPER/ルーパー (試写会) | トップページ | あけまして おめでとうございます »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

COMING SOON

無料ブログはココログ