サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 007 スカイフォール | トップページ | ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

2012年12月10日 (月)

マリー・アントワネットに別れをつげて (試写会)

報われない無償の愛

Les_adieux_a_la_reine

公式サイト http://myqueen.gaga.ne.jp
12月15日公開

原作: 王妃に別れをつげて (シャンタル・トマ著/白水社)

1789年7月14日、バスティーユが陥落しフランス革命が勃発。王妃マリー・アントワネット(ダイアン・クルーガー)を筆頭にした286名の処刑リストが出回り、ヴェルサイユは騒然となる。召使いや貴族たちが次々に逃げ出す中、王妃の朗読係シドニー(レア・セドゥ)は、心酔する王妃のためなら何でもする覚悟だった。そんな彼女に王妃が自ら命じたのは、王妃の寵愛を一身に受け、冨と権力を思うままにしてきたポリニャック公爵夫人(ヴィルジニー・ルドワイヤン)一家の国外逃亡を助けるために、公爵夫人の身代わりになる事だった。

フランス革命が背景にあるものの、朗読係シドニーの王妃に対する愛がメインの、とっても私的な物語。
革命勃発からの4日間の様子を描いています。

物語に盛り上がりがなく淡々と進むので、眠気に襲われるのを必死にこらえての鑑賞となりました。
豪華な宮廷衣装と、ヴェルサイユでの撮影された映像が楽しめた程度。

そして不倫とエロスが必須のフランス映画。
レア・セドゥとヴィルジニー・ルドワイヤンが、大胆なヌードを披露してます。

美人の家系で有名なハプスブルグ家出身の王妃を、ドイツ美人のクルーガーが演じるのは○。
今作でのアントワネットは、気まぐれでわがままな王妃。
夫に関心はなく、ポリニャック夫人を溺愛する同性愛者って感じかな。
しかしポリニャック夫人は王妃を利用しているだけで、愛情があるわけではありません。

王妃が、上流階級出身でない朗読係のシドニーの気持ちなど知る由もない。
召使いや貴族たちが宮廷から逃げ出す中、シドニーは何があっても王妃のそばを離れないつもりだった。

王妃はポリニャック夫人に、国外に逃げるように言います。
王妃は「いいえ、私はおそばに留まります。」との言葉を期待していたのでしょうが、夫人はあっさり承諾。
王妃はポリニャック夫人の本心を知っても、彼女の命を救おうとします。

シドニーの王妃への愛も、王妃のポリニャック夫人への愛も報われない悲しいもの。

ポリニャック夫妻は侍女と下僕に変装するので、シドニーにポリニャック夫人の服を着て、夫妻と共に馬車に乗ることを命じます。
王妃のためならと、泣く泣く王妃の命令に従うシドニー。

もし逃げる途中でバレたら、殺されるのはシドニーよ。

フランス映画って大きく感情移入できるようなものでなく、客観的に眺める感じなのよね。
フランス映画のラブストーリーとか愛憎劇とは、やっぱり相性悪いわ。

(鑑賞日12月4日)

« 007 スカイフォール | トップページ | ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/47980693

この記事へのトラックバック一覧です: マリー・アントワネットに別れをつげて (試写会):

» 『マリー・アントワネットに別れをつげて』 [ラムの大通り]
(原題:Les adieux a la reine) ----この映画、いま人気のレア・セドゥが出ているんだよね。 彼女がマリー・アントワネットを演じるの? 「いや、 レア・セドゥはマリー・アントワネットの朗読係シドニーの役。 この、王妃に“朗読係”がいたというのは、どうやらは史...... [続きを読む]

» マリー・アントワネットに別れをつげて★★ [パピとママ映画のblog]
王妃マリー・アントワネットの朗読係の視点から、フランス革命勃発後の3日間を描く歴史劇。原作はフランスの権威ある文学賞、フェミナ賞に輝いたシャンタル・トマの『王妃に別れをつげて』。出演は「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のレア・セドゥ、...... [続きを読む]

» 映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』★ “ダリアの刺繍”にもさようなら [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160553/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 1789年7月14日の朝から始まる。 それは、パリのバスティーユ監獄が陥落し、フランス革命の勃発した日。 パリから離れた、ベルサイユ宮殿にいる国王と貴族にも 王や貴族の名が書かれた、処刑者リストが出回る。 王妃マリー・アン..... [続きを読む]

» マリーアントワネットに別れを告げて [こんな映画見ました〜]
『マリー・アントワネットに別れをつげて』---LES ADIEUX A LA REINE   FAREWELL, MY QUEEN---2012年(フランス/スペイン)監督: ブノワ・ジャコー出演:レア・セドゥ 、ダイアン・クルーガー 、ヴィルジニー・ルドワイヤン、グザヴィエ・ボーヴォワ フラ...... [続きを読む]

» マリー・アントワネットに別れをつげて [映画三昧、活字中毒]
■ WOWOWにて鑑賞マリー・アントワネットに別れをつげて/LES ADIEUX A LA REINE 2012年/フランス、スペイン/100分 監督: ブノワ・ジャコー 出演: レア・セドゥ/ダイアン・クルーガー/ヴィルジニー・ルドワイヤン/グザヴィエ・ボーヴォワ/ノエミ・ルボフスキー 1789年07月14日、フランスは、王室への不信から不穏な空気が流れていた。王妃マリー・アントワ...... [続きを読む]

« 007 スカイフォール | トップページ | ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ