サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« テッド | トップページ | 今年はブルース・ウィリス祭りか? »

2013年1月26日 (土)

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い (試写会)

やっぱり炎でした

Fire_with_fire

公式サイト http://fire-with-fire.com
2月2日公開

カリフォルニア州ロングビーチの消防士ジェレミー・コールマン(ジョシュ・デュアメル)は、仕事帰りに立ち寄った馴染みのコンビニで、アーリア系犯罪組織のボス、デヴィッド・ヘイガン(ヴィンセント・ドノフリオ)が、店主と店主の息子を射殺するのを目撃した。マイク・セラ警部補(ブルース・ウィリス)は、ヘイガンを刑務所に送るためには、裁判でジェレミーの証言が不可欠と考え、証人保護プログラムを適用する。しかしヘイガンは強固なセキュリティをものともせず、名前と住居を変えたジェレミーを執拗に追いかけ、その魔の手はジェレミーの恋人や友達の命まで脅かし始めた。彼らを守りたい一心で、ジェレミーはヘイガンとの死闘を決意する。

ジェレミーは幼い頃に火事で両親を失った。
仕事を生きがいにしていて、結婚に興味はなく、女性に本気になることはない。

ヘイガンは犯罪組織のボスだが、これまで彼の犯罪が立証された事はない。
犯罪の証人になろうとする人物達は、彼に殺されたからだ。

Fire_with_fire3

セラ警部補は、相棒とその妻をヘイガンに殺された過去を持つ。
なんとかヘイガンを有罪にしたい彼は、ジェレミーに裁判での証言を頼みます。
迷いながらも証言を決意したジェレミーは、証人保護プログラムにより、裁判が始まるまでニューオリンズで暮らす事に。
数ヶ月が過ぎ、いよいよ裁判の開始が二週間後に決まると、ロングビーチに戻る準備を始めます。

Fire_with_fire2

ジェレミーはニューオリンズに滞在する間に、保安官のタリア(ロザリオ・ドーソン)と愛し合うようになっていましたが、ヘイガンが送り込んだ殺し屋(ジュリアン・マクマホ)との銃撃戦で、タリアが負傷してしまいます。

ヘイガンからの電話で、もし刑務所に入れられても、手下がジェレミーやジェレミーの大事な人達の命を狙うと予告されたジェレミーは、ひとりでロングビーチに戻り、秘かにヘイガンの命を狙います。

人殺しはしたくないけど、愛する人や大事な消防士仲間の命を守るため、足のつかない銃を手に入れ、ヘイガンの居所を突き止めようとします。
ヘイガンを殺すために、心ならずもその手下達を殺してしまう彼の心の葛藤もあり。

でも、ラストは明確な殺意による計画。

銃を使うけど、それよりも、消防士の七つ道具を駆使するのが彼らしい。

ジョシュ・デュアメルが満喫できるので、彼のファンにはおすすめ。
タリアとのベッドシーンもあります。

ブルース・ウィリスは脇役なので派手なアクションはないけれど、存在感はさすがですねえ~~。

撮影期間がたった20日としては、かなり頑張っている作品でしょう。

(鑑賞日1月23日)

« テッド | トップページ | 今年はブルース・ウィリス祭りか? »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

最近ブルース・ウィリス、仕事選んでないというか、映画と言う映画に出まくってませんか?!
たまたま、日本での公開時期が近い作品ばかりが揃っちゃっただけなのかもしれませんが、「またブルース出てるdown」とちょっと食傷気味(笑)

★こんさん
今年はブルースの出演作が続々日本公開ですね。
こんなに多いのは珍しいですね。
公開日も考えればいいのにと思ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/48863209

この記事へのトラックバック一覧です: ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い (試写会):

» ファイヤー ウィズ ファイヤー 炎の誓い [ここなつ映画レビュー]
偶然にも殺人事件を目撃し、自らも被害に会った消防士が、証人保護プログラムに基づいて別人となるものの、執拗なギャングのボスに命を狙われ、自衛という名の復讐に乗り出す物語。 これだけでも非常に濃い面白い展開。加えて主役が消防士ならではの、炎燃え盛る中の脱出劇は手に汗握る。 だから、決して「ブルース・ウィリスが…!」なーんて宣伝文句にしないでね。お願い。ブルース・ウィリスは地元警部として登場するも、そして更に近頃にない渋い役どころではあるものの、やはり彼でなくては、という部分はないし。... [続きを読む]

» ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い [Memoirs_of_dai]
中途半端な“fight fire with fire”展開 【Story】 消防士のジェレミー(ジョシュ・デュアメル)は立ち寄ったコンビニで、ギャングの親玉ヘイガン(ビンセント・ドノフリオ)らが店主親子を銃殺する様子...... [続きを読む]

» ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い [だらだら無気力ブログ!]
ブルース・ウィリスは添え物なので、彼目当てで観に行く人は要注意! [続きを読む]

» ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い : とってもアメリカ的な映画 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、久々に緊急地震速報のメールが入りました。この音は何時聞いてもドッキとしますね。ここ広島では揺れは皆無でしたけど。ちなみに、本日紹介する作品はとてもアメリカ的 [続きを読む]

» ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い [いやいやえん]
証人保護プログラムにより別人となった主人公に、殺人を目撃したギャングのボスの魔の手が伸びる。 巻き込まれ型のクライムアクションながら、消防士の主人公が次第に復讐の闘志を燃やす…といった感じ?(笑)ブルース・ウィリスはチョイ役ですが顔出しだけではありませんでした。 しかしいまひとつ盛り上がりにかける。主人公と他のキャラクターたちとの接点があまりなく、携帯の通話記録は貯まっていくのですが、緊迫感が溜まらんのです。 全体的に大味で、登場人物がみんなショボイ。しかも消防士ならではなんでしょうが... [続きを読む]

» ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い [こんな映画見ました〜]
『ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い』---FIRE WITH FIRE---2011年(アメリカ)監督:デヴィッド・バレット出演:ジョシュ・デュアメル、ブルース・ウィリス、 ロザリオ・ドーソン 、ヴィンセント・ドノフリオ 殺人事件の目撃者となりldquo;証...... [続きを読む]

« テッド | トップページ | 今年はブルース・ウィリス祭りか? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ