サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« マリーゴールド・ホテルで会いましょう | トップページ | PARKER/パーカー »

2013年2月 9日 (土)

ムーンライズ・キングダム

ちょっと変な人たちのアンサンブル

Moonrise_kingdom

公式サイト http://moonrisekingdom.jp

監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「ダージリン急行」

1965年、アメリカのニューイングランド沖に浮かぶ全長26kmの小島、ニューペンサンス島。12歳のサム(ジャレッド・ギルマン)は、置手紙を残してボーイスカウトのキャンプから姿を消した。続いて、弁護士の父を持つスージー(カラ・ヘイワード)が家出した。ふたりは以前から計画していた駆け落ちを実行し、手つかずの自然が残る入り江を目指していたのだ。その頃大人たちは大慌て。島のシャープ警部(ブルース・ウィリス)やボーイスカウトのウォード隊長(エドワード・ノートン)、スージーの両親(ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド)らは、ふたりを追いかける。

ウェス・アンダーソン監督のコメディーは、万人受けする作品ではないのよね。
登場するのは、いつもちょっと変な人たち。
「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」は好みじゃなかったけど、「ダージリン急行」は好きです。
この監督さんは、音楽がなかなかいいの。

映像がちょっとレトロな感じと思ったら、1965年の設定と出ました。
「ダージリン急行」は風景もよかったけど、今作でも島の様々な風景がいいです。
ふたりが目指す入り江も、いい感じ。
子供って、冒険や隠れ家って好きだよねえ。

それと今作は、すごいキャスティングですね。

Moonrise_kingdom3

主役の少年少女は映画初出演だそうだけど、脇を固めるのは、この監督さんの常連のビル・マーレイを筆頭に、主役級の人がずらり。

Moonrise_kingdom6_2

フランシス・マクドーマンド
エドワード・ノートン
ブルース・ウィリス

事務的で冷酷な福祉局員にティルダ・スウィントン
別の島のボーイスカウトの隊長にハーベイ・カイテル
語り手はボブ・バラバ

Moonrise_kingdom5


特に、いつもタフな警官のブルース・ウィリスが今回も警官役だけど、全然強そうに見えない。(爆)
エドワード・ノートンも、この上なく頼りなさげで情けな~い感じが笑える~~。
全く威厳が感じられない隊長よ。

みんな情けない大人ばかりだけど、なんか憎めない人たち。

サムは両親を失い、里親のもとで生活しているいじめられっこ。
スージーは双眼鏡を覗くのが好き。しかし、母親がシャープ警部と密会しているのをそれで目撃してしまう。
そんなふたりが出会ったのは、駆け落ちする1年前。
サムが教会での劇「ノアの箱舟」を見に行ったとき、楽屋でカラスの衣装を着ていたスージーにシンパシーを感じたみたい。

Moonrise_kingdom4

ふたりは文通をし、周囲には内緒で駆け落ちの計画を立てていました。

大人たちに捕まりそうになりながら、逃避行を続けるふたり。

しょーもないけど、愛すべき人たち。
くすくす笑えて、最後はなんとなくほんわかする物語でした。

エンドロールが始まると、となりのおっちゃんは帰った。
でも、これから見る人は是非エンドロールで流れるセリフ入りの音楽を聴いてほしいですね。

冒頭にもあるんだけど、本編を見た後エンドロールで聞くと、とても味わい深く感じます。

楽器と同じように、人も形や音色はそれぞれ違う。
でもみんな一緒になると、すばらしい音楽だったり、楽しい音楽になるじゃないnotes

(鑑賞日2月8日)

« マリーゴールド・ホテルで会いましょう | トップページ | PARKER/パーカー »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。

豪華なキャストにひかれて、前知識もなく観てきました。

キャストの違和感についていけず
いい感じになったときはエンディングだったかも(笑)

素敵なエンドロールは、しっかり観てきました。

★Yoshimiさん
独特の作風の監督さんなので、
なにこれ?と思う人もいると思います。
エンドロールに冒頭と同じ曲を使っているのがシャレてますね。

風子さん、いつもありがとうございます!
私もエンドロールまでしっかり観なきゃ、この映画の神髄には気づけないかも、と思いました。
楽器と同じように人にも個性があって、そこがまとまってこその、音楽ですよね。

★uerei さん
映画は最後の最後まで見ないとですよね。good

わっちゃーー、失敗しました。
続けて、ぎりぎりの時間で、「ゴーストライダー」見るために絶対に最後までいるのに、この時だけエンドの途中で出た!!
「ゴーストライダー」の悪魔のせいにしよう。
ウェスの空気感は健在でしたね。
それを十分に生かしてる子供たち!お見事でした。

★sakuraiさん
子役達もいい感じでしたね。

>エンドの途中で出た!!

途中退席しちゃいましたか。
残念でしたね。

こんにちは。

ほっこりとした懐かしさを感じる作品でした。
OPとEDは良かったですね~ホント、人生はさまざまなアンサンブルで形成されてるのね(笑)

★オリーブリーさん
設定が1965年だし、ちょっとレトロな雰囲気でしたね。
ちょっと変だけど素敵なアンサンブルでした。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/49074836

この記事へのトラックバック一覧です: ムーンライズ・キングダム:

» ムーンライズ・キングダム [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  コメディ  監督:ウェス・アンダーソン  出演:ブルース・ウィリス      エドワード・ノートン      ビル・マーレイ      フランシス・マクドー ... [続きを読む]

» 『ムーンライズ・キングダム』 [こねたみっくす]
オーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。 独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作 ... [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(12) [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム [だらだら無気力ブログ!]
出演陣が何気に豪華。 [続きを読む]

» [映画『ムーンライズ・キングダム』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・「小さな島の、小さな恋のコメディ・・・、というには深みもあり」・・・。  この作品も、全く予備知識がないままに観た。  かなりの傑作なのでびっくりした。  その作風でかなり有名らしいウェス・アンダーソン監督だが、恥ずかしながら、私、この監督作、...... [続きを読む]

» 映画「ムーンライズ・キングダム」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ... [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム [新・映画鑑賞★日記・・・]
【MOONRISE KINGDOM】 2013/02/08公開 アメリカ PG12 94分監督:ウェス・アンダーソン出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・シュワルツマン、ボブ・バラバン、ジャレッド...... [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから 愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作 来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました〜 監督...... [続きを読む]

» 映画『ムーンライズ・キングダム』★パラパラ漫画を見る面白さでサムに元気をもらう [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
http://cinema.pia.co.jp/title/161279/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 これは、脚本がイイ☆との評判と 豪華キャスティングで、気になっていました。 (きっと、脚本が良くて、豪華共演になったのかな〜との期待☆) ストーリーのあらすじと配役は、参照どおりですが ^^; この作品の面白さ、インパクトを一..... [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム ★★★★ [パピとママ映画のblog]
若きオタク職人、ウエス・アンダーソンが、ボーイスカウト版「小さな恋のメロディ」でまさかのメインストリーム進出。 時は1965年の夏。米国東北部の沖に浮かぶニューペンザンス島は、1日に2便しか船が来ない辺鄙な小島で、警察官は疲れた中年オヤジ、シャープ警部(ブル...... [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム : 優しさが一杯の映画 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 PC遠隔操作事件の犯人が捕まりました。一目見ただけで、幸せが寄り付かないと想像できそうな風貌ですね。こんな方には、本日紹介する映画でも観て、心に潤いを持ったほうがよ [続きを読む]

» 『ムーンライズ・キングダム』ようこそ、12歳のみずみずしい王国へ [Healing ]
ムーンライズ・キングダム ★★★★4.5 60’sの画集から飛び出した 12歳のまっすぐピュアラブ まず一言、言わせていただくと、 ウェス・アンダーソン、大好きだ〜!!! まさに、ノーマン・ロックウェルの画集のような世界観。 彼のイラストから飛び出してきたような映像が、可愛らし過ぎます。 1960年代の雑賀やファッションも、可愛らし過ぎます。 とても好きです... [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム [迷宮映画館]
何とも言えない独特の空気感が、ウェスですねえ。 [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム/MOONRISE KINGDOM [いい加減社長の映画日記]
意外と有名な俳優さんが出演・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。 1年前、お芝居が上演されている島の教会でサムは同い歳のスージーと出会い、2人は恋に落...... [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム [心のままに映画の風景]
1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。 家庭に恵まれず、自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム(ジャレッド・ギルマン)は、ボーイスカウトのサマー・キャンプ中、置き手紙...... [続きを読む]

» 「ムーンライズキングダム」 [Con Gas, Sin Hielo]
心の叫びに応えられることが素敵な人間の条件。 賢い子供、早熟な子供というのは、得てして不必要な苦労を背負い込んでしまうもの。 小さな島でボーイスカウトのキャンプに参加していた主人公・サムには、更に両親を早くに失くすというハンデが加わっている。 そんな...... [続きを読む]

» 『ムーンライズ・キングダム』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、       エドワード・ノートン、ビル・マーレイ...... [続きを読む]

» 映画・ムーンライズ・キングダム [読書と映画とガーデニング]
2012年 アメリカ 原題 Moonrise Kingdom 「月の昇る王国」とは一体どんなところなのでしょう? 1965年、夏 アメリカのニューイングランド沖に浮かぶ小島、ニューペンザンス島 12歳のスージー(カーラ・ヘイワード)とサム(ジャレッド・ギルマン)が駆け落ち...... [続きを読む]

» 小さな恋の王国~『ムーンライズ・キングダム』 [真紅のthinkingdays]
 MOONRISE KINGDOM  1965年。ニューイングランド沖、周囲約26キロの小島。12歳のサム(ジャ レッド・ギルマン)とスージー(カーラ・ヘイワード)は駆け落ちをする。出会って すぐに惹かれ...... [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム(2012)☆★MOONRISE KINGDOM [銅版画制作の日々]
 恋をしに出かけよう! ふたりだけの秘密の場所へ――。 好き度:+8点=78点 公開前からとても気になっていた作品。ようやく観ることが出来ました。お話の内容はとても可愛いです。そして映像もなかなかお洒落ですね。1965年代のアメリカってこんな感じだったのか...... [続きを読む]

» 小さな恋と子供と大人 [笑う社会人の生活]
12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。 1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避行する 一方 彼らを追う保安官や親、ボーイスカウトたちがいて・・・ 監督はウィス・...... [続きを読む]

» 小さな恋のノスタルジィ ウェス・アンダーソン 『ムーンライズ・キングダム』 [SGA屋物語紹介所]
これまた個性的な作風で知られるウェス・アンダーソン。そのアンダーソンがなぜかコテ [続きを読む]

» 「ムーンライズ・キングダム」最高でした♪ [映画でひとこと英会話]
ちょっと前の話になりましたが、 「ムーンライズ・キングダム」 (原題:Moonr [続きを読む]

» 映画『ムーンライズ・キングダム』を観て [kintyres Diary 新館]
13-11.ムーンライズ・キングダム■原題:Moonrise Kingdom■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:94分■観賞日:2月9日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・製作:ウェス・アンダーソン□脚本:ロマン・コッポラ◆ブルース・ウィリス(...... [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム ◆ Moonrise Kingdom [■■たんたんたぬきの映画箱]
   独特の空気・世界観でオリジナルの作風を確立し、私たちの心を捕らえて放さないウェス・アンダーソン監督が送り出した新作は、小さな島に暮らす思春期前の少年少女が、駆け落ち騒動を起こすという天外なストーリー。 70年代「小さな恋のメロディ」や「リトル・ロマンス」なんかを思い出すが、かつて使われたテーマを、アンダーソンオリジナル魔法のスパイスで料理したらどうなるのだろうか? それは、期待を裏切らない、いや想像以上に素敵な作品に仕上がっていた。  冒頭からアンダーソンワールドが大爆破する。といってもご存じ... [続きを読む]

» 「ムーンライズ・キングダム」最高でした♪ [映画でひとこと英会話]
ちょっと前の話になりましたが、 「ムーンライズ・キングダム」 (原題:Moonr [続きを読む]

» ムーンライズ・キングダム [いやいやえん]
欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。 黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。 ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・シュワルツマン…などなど、役者が超豪華! 少年サムと少女スージーが駆け落ちして純粋な恋を成就させるという作品です。少し周りから浮いているこの二人は何か通じるものがあったのでしょうね。しかし大人たちは二人を引き離そうとします... [続きを読む]

» ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』1964年、レコードプレーヤー、ラジオ、赤い横縞灯台、ツリーハウス、釣り針で作ったイヤリング…・起こる出来事( [続きを読む]

» 「ムーンライズ・キングダム」/「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
ウェス・アンダーソン監督の映画2本続けてみました。 [続きを読む]

» 「ムーンライズ・キングダム」(2012年、アメ... [楽天売れ筋お買い物ランキング]
「ムーンライズ・キングダム」(原題:MoonriseKingdom)は、2012年公開のアメリカのコメディ映画です。ウェス・アンダーソン監督、ウェス・アンダーソン/ロマン・コッポラ共同脚本、ブル... [続きを読む]

« マリーゴールド・ホテルで会いましょう | トップページ | PARKER/パーカー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ