サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ジャックと天空の巨人 | トップページ | 妻夫木くんの写真展 »

2013年3月28日 (木)

ザ・マスター

救われなかった男

The_master

公式サイト http://themastermovie.jp

監督: ポール・トーマス・アンダーソン  「マグノリア」 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

第二次大戦終結し、出征先から帰還したフレディ(ホアキン・フェニックス)は、アルコール依存症になり、トラブルを繰り返しては職場を転々とする日々を送っていた。そんなある日、いつものように酒に酔ったフレディは、港に停泊中の船にこっそり乗り込んでしまう。やがて船員に見つかり、“マスター”と呼ばれる男、ランカスター・ドッド(フイリップ・シーモア・ホフマン)の前に引き出される。“ザ・コーズ”という新興団体を率いるドッドだったが、意外にも彼はフレディを歓迎し、一方のフレディもドッドに自分を導いてくれる可能性を見出す。以来、2人は行動を共にするようになり、次第に強い絆で結ばれていくが…。

フレディとドッドの関係は、説明しにくいですねえ。
同性愛とも友情ともちょっと違う。

The_master2jpg

もともとフレディは、救いを求めてドッドのところへいったのではなく、たまたま出会った相手。
ドッドといれば、もしかしたらアル中から抜け出せるかもしれないと思ったけれど、結局フレディを100%は信じ切れなかった。

戦争体験から、アル中になってしまったフレディ。
彼は何を求めていたのかな。

帰還後にドリスをたずねなかったのはなぜなのだろう。
彼女が若すぎて、自分が受けた心の傷を理解できない、または癒してはくれないと思ったのか。それとも、今の自分を見せたくなかったのか。
説明がないので、女の私には、その辺の理由がわからない。

彼が求めていたのは、自分を愛して寄り添ってくれる包容力のある女性だったのかしら。

ドッドは団体のマスターだけど、ドッドのマスターは妻のようね。
結構怖い女。
エイミー・アダムスが独特の雰囲気を出している。

The_master3

ホアキンとホフマンの演技力でひきつけられる。
ホアキンのアル中ぶりは、「フライト」のデンゼルとはまた違うだめっぷり。

人はマスター無しで生きられるか?とドッドは言うけど、信仰心のない私にはその意味がぴんとこない。

(鑑賞日3月27日)

« ジャックと天空の巨人 | トップページ | 妻夫木くんの写真展 »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

ホアキンのイッてるぶりが、あまりに真に迫ってて、どこまでが演技なのかわからなくなるくらい。
怖さを感じました。
そして、何より一番怖いのは、妻…でしたかね。
エイミーとホフマンで、「ダウト」を思い出しました。あっちも怖かったかも・・・。

★sakuraiさん
本当にホアキンはアル中はなんじゃないかと思っちゃうますね。

エイミーのあんな風に夫を操る妻、怖いですぅ。

そう、二人の関係が微妙なんですね。ゲイっぽいんですが、そういうシーンはない。一種の宗教的なつながりなんでしょうね。
ポール・トーマス・アンダーソン監督の色は前面に出ていましたが、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に比べるとちょっと難解に感じました。
TBお願いします。

★atts1964さん
独特の空気感がある監督さんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/50979284

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・マスター:

» ザ・マスター / The Master [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 男たちの関係性を巧みに描き 第69回ヴェネチア映画祭4冠達成(銀獅子賞 監督賞・主演男優賞W受賞・国際批評家連盟賞) マニア&評論家ウケの良い、PTA ことポール・トーマス・アンダーソンの 「ゼア...... [続きを読む]

» ザ・マスター [心のままに映画の風景]
第2次世界大戦後のアメリカ。 軍病院のメンタルテストで問題を指摘された元海兵隊員のフレディ(ホアキン・フェニックス)は、アルコール依存を抜け出せず、トラブルを繰り返しす日々を送っていた。 あ...... [続きを読む]

» 映画・ザ・マスター [読書と映画とガーデニング]
2012年 アメリカ 原題 THE MASTER 第二次世界大戦中、海軍に勤めていたフレディ・クエル(ホアキン・フェニックス) 戦争が終り、故郷に戻ってデパートの写真店でカメラマンとして働き始めるのだが、戦争中に作りだした自前の強烈なカクテルのせいでアルコール...... [続きを読む]

» 『ザ・マスター』 2013年3月23日 TOHOシネマズシャンテ [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
本日の2本目の映画は、『ザ・マスター』 でした。 こちらが催眠術にかかったように眠気が襲ってきた(笑) 【ストーリー】  第2次世界大戦後のアメリカ。アルコール依存の元海軍兵士のフレディ(ホアキン・フェニックス)は、「ザ・コーズ」という宗教団体の教祖ドッド(フィリップ・シーモア・ホフマン)に出会う。やがてフレディはドッドを信頼し、ドッドもフレディに一目置くように。そんな中、ドッドの妻・ペギー(エイミー・アダムス)は暴力的なフレディを追放するよう夫に進言し……。 この映画はやっぱり難しいね..... [続きを読む]

» 過去への旅~『ザ・マスター』 [真紅のthinkingdays]
 THE MASTER  第二次大戦に水兵として従軍していたフレディ(ホアキン・フェニックス)は、 退役後もアルコール依存から抜け出せずにいた。職を転々としながら放浪して いた彼は、密航...... [続きを読む]

» ザ・マスター [映画的・絵画的・音楽的]
 『ザ・マスター』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作は、ヴェネチア国際映画祭で様々の賞をとった作品だということと、フィリップ・シーモア・ホフマンの姿が見られるということで映画館に足を運びました。  舞台は1950年代のアメリカ。  職もなく彷徨い歩...... [続きを読む]

» ザ・マスター(2012)◇◆THE MASTER [銅版画制作の日々]
 男はただ、信じようとした。 好き度:=70点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。実は観たい映画にうっかり挙げるのを忘れていた作品です。 この前に「クラウド・アトラス」を観たのですが、ほぼ爆睡。レビュー書くどころかまったく記憶になし。ということでお恥ずかしいな...... [続きを読む]

» アメリカクラシック映画の域で [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画「ザ・マスター」を鑑賞しました。 第2次世界大戦後のアメリカ、アルコール依存の元海軍兵士のフレディは 宗教団体の教祖ドッドに出会い関係を深めていくのだが・・・ 鬼才 ポール・トーマス・アンダーソン監督作品 作り 流れ的には前作のテイス...... [続きを読む]

» ショートレビュー「ザ・マスター・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
激突する魂。 ポール・トーマス・アンダーソンの作品を、面白いかと聞かれれば、どれを観ても特別に面白くはない。 ただ、毎回グッタリとした疲労感と共に、「何だか凄いモノを観た」という独特の感覚を味...... [続きを読む]

» 「ザ・マスター」 [prisoners BLOG]
 オープニングでホアキン・フェニックスが割ったココナツから部品を外した器械から液体を飲んでいるといった映像が積み重ねられる。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に続くジョニー・グリーンウッドの現代音楽という緊張した音楽とともに肉体的な表現を通して精神的な意...... [続きを読む]

» 映画「ザ・マスター」まさに演技賞の熱演、でもストーリーはもうひとつ [soramove]
映画「ザ・マスター 」★★★☆ フィリップ・シーモア・ホフマン、ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス、ローラ・ダーン 出演 ポール・トーマス・アンダーソン監督、 138分、2013年3月22日より全国公開 ファントム・フィルム (原題/原作:THE MASTER) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 本年度アカデミー賞の 主演男... [続きを読む]

» ザ・マスター ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソンがメガホンを取り、新興宗教サイエントロジー創始者をモデルに人間の深層心理に鋭く迫る問題作。第2次世界大戦後、精神に傷を負った元兵士が宗教団体の教祖と出会い、関係を深めていく様子をスリリング...... [続きを読む]

» 映画『ザ・マスター』★救われたいと思う心を妖しくくすぐる作品かと [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160510/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 ・戦争後遺症を抱えた元兵士: フレディ 〜 ホアキン・フェニックス ・新興宗教の教祖(マスター): ランカスター 〜 フィリップ・シーモア・ホフマン この2人の名前で、観たい作品でした☆ ..... [続きを読む]

» ザ・マスター [迷宮映画館]
ホアキンを見てると、演技とは思えなくなってくるのが怖い。 [続きを読む]

» 映画『ザ・マスター』を観て [kintyres Diary 新館]
12-29.ザ・マスター■原題:The Master■上映時間:138分■製作年、国:2012年、アメリカ■観賞日:3月31日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,800円 □監督・脚本・製作:ポール・トーマス・アンダーソン◆フィリップ・シーモア・ホフマン(ランカスタ...... [続きを読む]

» ザ・マスター [♪HAVE A NICE DAY♪]
wowow鑑賞 あらすじ: 第2次世界大戦後のアメリカ。アルコール依存の元海軍兵士のフレディ(ホアキン・フェニックス)は、「ザ・コーズ」という宗教団体の教祖ドッド(フィリップ・シーモア・ホフマン)に出会う。やがてフレディはドッドを信頼し、ドッドもフレディに...... [続きを読む]

» ザ・マスター [映画と本の『たんぽぽ館』]
不思議な吸引力のある二人 * * * * * * * * * * この2月に46歳で亡くなった、フィリップ・シーモア・ホフマン氏を偲んで ・・・ということになりましょう。 新興宗教の教祖という役どころです。 まあ、新興宗教といってしまうと、いかにも危ない人...... [続きを読む]

» ザ・マスター [atts1964の映像雑記]
2012年作品、ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、フォリップ・シーモア・ホフマン出演。 第二次世界大戦末期。 海軍勤務のフレディ・クエル(ホアキン・フェニックス)は、ビーチで酒に溺れ憂さ晴らしをしていた。 やがて日本の敗北宣言によって太平洋戦争は終結した。 そして今まで召集されていた兵士たちに、これからはおのおの自由な職場で頑張ってくれと、訓示があり、そして各々精神的ケアの面接が行われる。 船で絵を見せられ連想する物に、全てエロの対象として発想す..... [続きを読む]

« ジャックと天空の巨人 | トップページ | 妻夫木くんの写真展 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ