サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« ヒッチコック | トップページ | 君と歩く世界 »

2013年4月14日 (日)

ザ・ワーズ 盗まれた人生

虚構か現実か

The_words

作品サイトは こちら

レンタルで鑑賞。
アメリカではわりにヒットしたみたいだから楽しみしていたのに、先月超マイナー公開され、今月DVDが出ました。

配役にひかれて楽しみにしていましたが、マイナー公開でも仕方ないかなと思いました。

人気作家(デニス・クエイド)が自分の新作を朗読するところから始まる劇中劇になっています。

作家志望のローリー・ジャンセン(ブラッドリー・クーパー)は、大学を出ると恋人のドラ(ジーイ・サルダナ)と暮らし始めます。しかしなかなか目が出ず、生活のために出版社の下働きとして就職し、彼女と結婚。
新婚旅行で行ったパリで、ドラは夫の仕事用に古いかばんを買います。

The_words3

帰国後、ローリーはかばんの中に、小説の原稿を見つけます。
その小説に魅せられた彼は、一字一句同じにパソコンのキーボードをたたきます。
夫の留守中に、夫のパソコンにあるその物語を読んで深く感動したドラは、夫の作品だと思いこみ、会社の上司に見せるべきだといいます。

自分の作品ではないと言い出せないまま会社へ持っていくと、数ヵ月後、上司から出版すると告げられます。その本「窓辺の涙」がベストセラーとなって大きな賞を受賞し、お祝いのパーティーがあった翌日、セントラルパークでローリーは、老人(ジェレミー・アイアンズ)に声をかけられます。その男は、「窓辺の涙」の真の作者だと言います。

The_words4

何の目的で、ローリーに近づいてきたのか。
ゆすりか?とか思いますよね。

老人は、若き日の事を語り始めます。
第二次世界大戦終戦直前、兵役でパリに赴任した青年(ベン・バーンズ)は、フランス人のセリア(ノラ・アルネゼデール)と恋に落ち、帰国後も彼女の事が忘れられず、再びパリへ行き彼女と結婚。

The_words2

まあ、美男美女の夫婦で、これが見られただけでも良しとしましょう。
この夫婦の話は切なく悲しいんですけどね。
バスから美しく幸せそうなイリアを見た、ベン・バーンズの気持ちが特に胸に迫りました。
細身に見えるベン・バーンズですが、ランニング姿の背中はしっかり逆三角形だったわよん♪

年をとったベン・バーンズがジェレミー・アイアンズのおじさまなのはOK。
問題は、デニス・クエイド。

新作はただの小説の話なのか、それとも彼の実体験を書いたものなのか。
多分クレイ・ハモンド=ローリー・ジャンセンなのだろうけど、顔が似ていないのはともかく、性格や雰囲気が同じ人物と思えないの。

これが一番のネックで、物語がなーんかしっくり来ない感じなの。
過去のブラッドリー・クーパーのパートと現在のデニス・クエイドのパートがつながって見えないの。
オリビア・ワイルドの役割も、今一。

ハモンドは妻がいないようだから、死別か離婚。
多分破局して離婚に思えるけど。

ラストシーンが何を意味するのかわからなかったわ。
ハモンドの実体験の記憶なのか、そうではないのか。
実体験の記憶だとすると、離婚したらしい現在と合わないような。

ラストで何これ?と思いました。

« ヒッチコック | トップページ | 君と歩く世界 »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

やはりイマイチでしたか(´Д`;)

評判が悪かったので借りるか迷ってましたsweat02

風子さんのおかげで助かりました~

★ジョニー・タピアさん
配役がいいなあと思っていましたが、ちょっと残念な作品でした。

え~っ!もうDVD出たんですか。
ブラッドリー・クーパー目当てで観ましたが、ジェレミー・アイアンズとベン・バーンズが良かったです。
デニス・クエイドのパート、必要ないような気がしました。(^^;)
ラストはモヤモヤしました。

★すぷーきーさん
はい、もうDVD出てるんですよぉ。

アイアンズとバーンズのパートはよかったですよねえ。

>ラストはモヤモヤしました。

何を意図してたのかわかりませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/51209961

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ワーズ 盗まれた人生:

» ザ・ワーズ 盗まれた人生。 [すぷのたわごと。]
『ザ・ワーズ 盗まれた人生』を観に行ってきました。 原題は『THE WORDS』で、“言葉”。 劇中の作家の本のタイトルでもある。 地味に豪華な出演者。 上映館が少ない。 作家としての成功を夢見ながら、なかなか芽が出ないロリー(ブラッドリー・クーパー)。 恋人ドラ(ゾーイ・サルダナ)は、信じて支えてくれていた。 金のため、別の仕事をしながらドラと結婚。 新婚旅行先のパリの骨董屋で、古い鞄を見つける。 ドラがプレゼントとして買ってくれたその中には、原稿が入っていた。 偶然手..... [続きを読む]

» THE WORDS 盗まれた人生 [映画の話でコーヒーブレイク]
先日、ブラッドリー・クーパーがNHKの「アクターズ・スタジオ インタビュー」に出演しているのを見ました。 彼はアクターズ・スタジオの卒業生だったのですね。 学部長で司会のリプトンから「卒業生が成功して番組に出演することこそ待ち望んでいた瞬間」と 誇らしげに迎...... [続きを読む]

» ザ・ワーズ 盗まれた人生 [こんな映画見ました〜]
『ザ・ワーズ 盗まれた人生』---THE WORDS---2012年( アメリカ)監督:ブライアン・クラグマン、リー・スターンサール出演:ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・アイアンズ、デニス・クエイド、オリヴィア・ワイルド、ゾーイ・サルダナ 、ベン・バーンズ ...... [続きを読む]

» 『ザ・ワーズ 盗まれた人生』 [cinema-days 映画な日々]
ザ・ワーズ 盗まれた人生 盗作した売れない作家が、 愛する人との生活と作家としての 成功の狭間で葛藤する姿を描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Words [続きを読む]

» ザ・ワーズ 盗まれた人生 [miaのmovie★DIARY]
ザ・ワーズ 盗まれた人生 [DVD](2013/09/20)ブラッドリー・クーパー、デニス・クエイド 他商品詳細を見る 【THE WORDS】 制作国:アメリカ  制作年:2012年 作家として成功を夢見ながらもなかなか芽が出ないロリー。 ある時彼は新婚旅行先の骨董屋で、古いアタッシュケースを見 つける。中に入っていたのは、一束の原稿。それは、彼が書き たいと切望してきた、読...... [続きを読む]

» ザ・ワーズ 盗まれた人生 [miaのmovie★DIARY]
ザ・ワーズ 盗まれた人生 [DVD](2013/09/20)ブラッドリー・クーパー、デニス・クエイド 他商品詳細を見る 【THE WORDS】 制作国:アメリカ  制作年:2012年 作家として成功を夢見ながらもなかなか芽が出ないロリー。 ある時彼は新婚旅行先の骨董屋で、古いアタッシュケースを見 つける。中に入っていたのは、一束の原稿。それは、彼が書き たいと切望してきた、読...... [続きを読む]

« ヒッチコック | トップページ | 君と歩く世界 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ