サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ザ・ワーズ 盗まれた人生 | トップページ | 21日 マイ・ルーム 放映 »

2013年4月15日 (月)

君と歩く世界

生きる本能を感じる辛くて苦いラブストーリー

Rust_and_bone

公式サイト http://www.kimito-aruku-sekai.com

原作: 君と歩く世界 (クレイグ・ディヴィッドソン著/集英社文庫)
監督: ジャック・オディアール  「リード・マイ・リップス」 「真夜中のピアニスト」

腕っぷしだけが取り柄の貧乏なシングルファーザーのアリ(マティアス・スーナーツ)は、5歳の息子サムを連れて姉夫婦のもとに転がり込む。ある日、用心棒をしているナイトクラブで他の客とトラブルになっていた女性を助けて、自宅に送り届ける。その女性ステファニー(マリオン・コティヤール)は、南仏の観光名所のマリンランドで働くシャチの調教師。しかし彼女は、ショーの最中に事故に巻き込まれて両脚の膝から下をを失ってしまう。失意の日々を過ごしていた彼女は、ある時ふと、アリに連絡を取る。再会したアリは、脚のないステファニーをまるで気遣うそぶりも見せず、ステファニーはかえって気楽さを感じ、次第に彼の不器用な優しさに惹かれていく。

原題は、ボクシング用語で口内の血の味を意味するらしいです。

粗野で愛し方を知らない男と、両足を失った女の、大人のラブストーリー。
主役はマリオン・コティヤールではなく、マティアス・スーナーツだと思います。

事故後、カーテンを閉め切った家の中に閉じこもったままだったステファニー。
そんな彼女に対するアリの接し方は、「最強のふたり」の介護士のよう。
ちょっと臭いとか、外に出ようとか。
泳がないかと聞いて彼女が泳がないというと、彼女をビーチに座らせたまま、自分だけ泳ぎに行っちゃう。

そんな彼を見ていて、泳ぎたくなったステファニー。
Rust_and_bone2

ベルギーでボクシングを6年、ムエタイを2年やっていたという格闘技好きなアリは、足のないステファニーを容易く抱き上げちゃいます。

セックスも確かめてみる?なんてことも、平然と聞いちゃいます。
でもぶっちゃけ、生きていくには必要な事項。

ずっと閉じこもっていたステファニーは、アリと会うようになってからリハビリを始め、義足を作って外出するようになり、かつての職場にも足を向けます。

Rust_and_bone5

ガラス越しに水中にいるオルカに合図を送るこの美しい映像のシーンは、心に沁みました。

一方アリは、夜警の仕事をしながら、賭けストリートファイトでお金を得るようになる。

Rust_and_bone3

ステファニーは次第にアリに惹かれるようになるけど、アリは行きずりの女性達と本能のままの関係も持つ日々。

アリは息子を愛してはいるけど、自分本位なのよね。子供から目を離してはいけないのに、度々息子の事は二の次になってしまい、姉に叱られる。

子役がとっても可愛くて、ちゃんと面倒見てあげてよと思っちゃう。
Rust_and_bone4

アリにも貧しい暮らしの中で様々な事があり、息子を置いたまま姉の家を出てしまう。

しばらくのち、アリは本格的なボクシングジムで、トレーニングを積んでいました。
義兄がサムを連れてきてくれて、久しぶりに親子で楽しく遊んでいたら...。

今度は辛い状況にあるアリが、スティファニーの声に泣き崩れる場面もよかったです。
人間、辛い時には誰かそばにいてほしいもの。誰でもいいってわけではないけどね。
ひとりよりふたりなら、前に進める。

ラストだけずいぶん甘いのね。

でも、生きるということを感じた作品でした。

(鑑賞日4月12日)

« ザ・ワーズ 盗まれた人生 | トップページ | 21日 マイ・ルーム 放映 »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

訪問&TBありがとうございます。
原題はそういう意味だったねすね。
Yahoo!翻訳では意味不明でした。(笑)
ラストは唐突でしたね~。
何がどうあったのか、一切説明なし。(^^;)

★すぷーきーさん
原題の錆と骨は、説明がないとちんぷんかんぷんですね。

途中がかなりすっ飛ばされていて、ラストは映像から推測するだけですね。

ブログ、放置状態だったもので、すっかりご無沙汰です。
一度、離れるとなかなか復帰が大変。
貯めるのはよくないですね。
貯めていいのはお金だけかな・・・。

そうそう、「最強のふたり」の相手を思いやってるけど、自然体ってのが感じられました。
こちらはフィクションでしょうから、これでもかっというくらい辛い展開でしたが、やけにリアル。フランスならではかもです。

★sakuraiさん
ブログは時間のある時や気が向いたときでかまわないと思います。
管理人さんしだいのものですから。
性生活を生きていくのに必要なものとしてきったり入れるのは、フランスらしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/51020049

この記事へのトラックバック一覧です: 君と歩く世界:

» 君と歩く世界。 [すぷのたわごと。]
『君と歩く世界』を観に行ってきました。 短編小説を組み合わせたものだそうだ。 フランス・ベルギー合作。 原題は『DE ROUILLE ET D’OS』で、Yahoo!翻訳のフランス語→日本語で“さびと骨の”と訳された。 なんか違うような…。 まぁ、フランス語なのかも分からないから、仕方ないか。 5歳の息子サム(アルマン・ヴェルデュール)を連れて、アンティーブにやって来たアリ(マティアス・スーナーツ)。 姉のアナ夫婦の家に世話になる。 マリンランドでシャチの調教師をしているス..... [続きを読む]

» 猛獣使い~『君と歩く世界』 [真紅のthinkingdays]
 DE ROUILLE ET D'OS  ほぼ無一文の男・アリ(マティアス・スーナールツ)は、5歳の息子サムを抱え、 姉の住む南仏に辿り着く。姉の家に居候し、ナイトクラブの用心棒として働くよ うに...... [続きを読む]

» 君と歩く世界 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
両脚を失い絶望した女性が、ひとりの男性との出会いを経て再び人生に希望を見出していく姿を描いた人間ドラマ。 主演は「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のオスカー女優マリオン・コティヤール。監督は「真夜中のピアニスト」「預言者」の名匠ジャック・オーディアール。...... [続きを読む]

» 「君と歩く世界」 [prisoners BLOG]
デジタル処理で両脚を失った姿を自然に描けるようになったのは技術的な驚きだったけれど、セックスしたりトイレに抱えて連れて行くところを隠し立てしないで踏み越えたのはまた質の違う驚きがある。 ちょっと宣伝から想像していたような身障者の社会復帰譚とはかなり違う...... [続きを読む]

» 君と歩く世界(2012)***DE ROUILLE ET DOS [銅版画制作の日々]
 光射す方へ一歩ずつふたりで・・・・。 好き度:=70点 MOVIX京都にて鑑賞。地味ではありましたが、個人的にはまあまあ良かったかな。 さすがマリオン・コティヤ―ルさん、演技は抜群ですね。事故で両足を切断してしまい、失意のどん底を落とされる女性をリアルに演...... [続きを読む]

» 『君と歩く世界』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「君と歩く世界」□監督 ジャック・オーディアール □脚本 トーマス・ビデガン、ジャック・オーディアール □原作 クレイグ・デイヴィッドソン □キャスト マリオン・コティヤール、マティアス・スーナールツ、アルマン・ヴェルデュール、 ...... [続きを読む]

» 『君と歩く世界』 2013年3月26日 丸ノ内ピカデリー [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『君と歩く世界』 を試写会で鑑賞しました。 予定ではマリオン・コティヤールだけだったんですが、ジャック・オディアール監督と 中谷美紀がゲストで登壇しました。 美女2人にダンディな監督でした。 中谷美紀は監督にディスカウントといって売りこんでいたけど、如何に(笑) 【ストーリー】  南仏の観光施設でシャチの調教師をしているステファニー(マリオン・コティヤール)は、ショーの最中に事故に遭い、両脚の膝から下を失ってしまう。失意の彼女を支えたのは、不器用なシングルファーザーのアリ(マティアス・スーナール... [続きを読む]

» 君と歩く世界 [映画的・絵画的・音楽的]
 『君と歩く世界』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)ウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』に出演して魅力的だったマリオン・コティヤールの主演映画というので映画館に出かけました。  舞台は、南フランスのリゾート地・アンティーブ(コート・ダジュー...... [続きを読む]

» 君と歩く世界 / De rouille et dos [勝手に映画評]
原題の『De rouille et dos』は、英語だと“Rust and Bone”。日本語では、“錆と骨”なんていう、何とも色気のないタイトルなんですよね。それが、邦題だと『君と歩く世界』となる不思議。まぁ、脚を失った女性が出ているので、判らなくはないです。 「両脚を失った女...... [続きを読む]

» 君と歩く世界 : 基本は、あの作品と同じ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 私の住む広島市の隣にある廿日市市。この廿日市市にある廿日市フットボールクラブが、J3参入を目指し久保竜彦氏を始めとする元サンフレッチェの選手3人の加入を発表しました [続きを読む]

» 『君と歩く世界』は【生】がほとばしる「錆と骨」の世界 [Healing ]
君と歩く世界 Rust and Bone (De rouille et d'os) ★★★★ 「錆と骨」から【生】を知る 生々しくも躍動するフィジカルな世界 <ネタバレありますので、鑑賞前の方はご注意ください> マリオン・コティアール主演、 不慮の事故で両脚を失った、シャチの調教師をする女性の、再生と希望の物語… ということで ちょっぴりアンニュイな雰囲気を... [続きを読む]

» 君と歩く世界 [迷宮映画館]
淡々と流れて行く作りに、違和感を感じつつ、リアルすぎる。 [続きを読む]

» 映画『君と歩く世界』を観て [kintyres Diary 新館]
12-32.君と歩く世界■原題:De Rouille Et Dos(英題:Rust And Bone)■製作年、国:2012年、フランス・ベルギー■上映時間:122分■観賞日:4月14日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督・脚本:ジャック・オディアール□脚本:トーマス・ビデガ...... [続きを読む]

» 君と歩く世界 [miaのmovie★DIARY]
君と歩く世界 [DVD](2013/11/02)マリオン・コティヤール、マティアス・スーナーツ 他商品詳細を見る 【DE ROUILLE ET D`OS】 制作国:ベルギー 制作年:2012年 南仏アンティーブの観光名所マリンランドのシャチ調教師ステファニ ーを突然襲った事故は、彼女の人生を一変させた。シャチの華麗なシ ョーを指揮している最中に事故に遭い、両脚を失う大怪我を負っ...... [続きを読む]

« ザ・ワーズ 盗まれた人生 | トップページ | 21日 マイ・ルーム 放映 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ