サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« G.I.ジョー バック2リベンジ | トップページ | エンド・オブ・ホワイトハウス »

2013年6月16日 (日)

イノセント・ガーデン

解き放たれた本能

Stoker2

公式サイト http://www.foxmovies.jp/innocent-garden

製作: リドリー・スコット  トニー・スコット
監督: パク・チャヌク  「JSA」 「オールド・ボーイ」
脚本: ウェントワース・ミラー

インディア・ストーカー(ミア・ワシコウスカ)は、丘の上の邸の広大な庭で、探し物をしていた。その日は、彼女の18歳の誕生日。毎年どこかにプレゼントの〈靴〉が隠されているのだが、樹の上で見つけた今年の箱には、謎めいた鍵だけが入っていた。そして突然、贈り主のはずの父リチャード(ダーモット・マローニー)が、不審な事故死を遂げる。繊細で五感が鋭すぎる彼女は、家でも学校でも孤立していた。母のエヴィ(ニコール・キッドマン)とも心は通わず、ただ一人の理解者だった父を失ってしまった。すると葬儀の日、インディアと同じように鋭敏な感性を持つ、叔父のチャーリー(マシュー・グード)が姿を現わし、そのまましばらくストーカー家に泊まることになるが、それを発端にしてインディアの周囲で不可解な現象が頻発するようになる。

「ブレズン・ブレイク」でブレイクしたウェントワース・ミラーが、こんな脚本を書いていたとは驚きです。

秘密を知ったインディアが、叔父に対してどう行動するか、読めない展開。
彼女の心の揺れも、うまく描かれてました。

メインの3人の演技力にも注目。
自然で、それぞれのキャラが納得できました。

登場したときから怪しさがプンプン臭う叔父チャーリーは、予想通りというかそのまんま。
とんでもない奴です。
しかしいったい彼の目的はなんなのか。

エヴイにも近づくし
Stoker3

インディアにも...
Stoker4

連弾のシーンはとってもエロティック。

しかーし、彼の目的はセックスではない。

家政婦のマクガーリック夫人や、何かをエヴィに忠告しようとしていたチャーリーの叔母のジン(ジャッキー・ウィーヴァー)が姿を消してしまう。
その理由はすぐに明かされるので、謎はそれではない。

ストーカー家の過去と、インディアに関する秘密。

リチャードは、妻にも言えない秘密があった。
娘と2人でよく狩りに出かけていたが、夫が娘に目をかける理由も知らされずにいたエヴィとの仲が冷えてしまったのは無理ないかも。

しかしリチャードの長年の努力もむなしく、インディアの押さえられていた欲望が、チャーリーにより目覚めてしまう。

怖いですねえ~~。

ミア・ワシコウスカは、シャワーを浴びながらのオ○ニーシーンまで演じてます。
彼女を興奮させる事、快感を覚える事、それはチャーリーを興奮させるのと同じ事。

毎年のバースデープレゼント
Stoker5

サイズが違うだけだけど、ここにはない18歳の靴は違うのよ。

ゾクゾクする怖さのある場面も多いけど、エロスを感じさせる場面も多かった。

インディアは欲望を抑えられるのか、られないのか。
ん~~~、よくできた展開だと思いました。

真実を何も知らないエヴィは、一番可愛そうな登場人物かも。
それとも何も知らないで幸せかしら。

Stoker6

予告編でも見た↑の場面。何を狙っているのかと思いましたが、
まさかあんな場面とはね。

私の近くには来ないでね。
かかわりたくありません。

エンドロールにちょっと違和感があったのよ。よく見たら、普通上へ上がっていくのが、下に下がって行ったわ。

(鑑賞日6月14日)

« G.I.ジョー バック2リベンジ | トップページ | エンド・オブ・ホワイトハウス »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

訪問&TBありがとうございます。
チャーリーがまばたきしなくて不気味でした。
一番下の画像のちょっと前、インディアが見下ろしながら微笑んでるアップ、あの表情がこの映画を観たいと思った理由です。
まさかあんな場面だったとは…。

ウェントワース・ミラーが8年考えて書きあげた脚本を名前を伏せて関係者に渡したという制作話が雑誌にのっていて、確かにアクションを演じていても知的さがどこか離れない彼の顔を考えると、納得の才能な気もしました。。

スターは時々、本職の人を上回る力を発揮しますよねーー( ^ω^ )

★すぷーきーさん
インディアの変貌ぶりは、衝撃でした。


★ほぼ毎さん
複数の才能のある人って、いるんですよねえ。

ミア・ワシコウスカ、ホラー系もいけますね!!
映像が細部まで美しくてエロテックでした。

★オリーブリーさん
怖くてエロティックなミアでした~。

ミアちゃん、すご!!です。
この人、只者ではないと思ってましたが、色がないのがいいのかもですね。
いや、それぞれの変態ぶりを堪能させていただきました。

★sakuraiさん
ミアがかもしだすゾクゾク感は、すごかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/51806484

この記事へのトラックバック一覧です: イノセント・ガーデン:

» イノセント・ガーデン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(10) 映画の中に登場する小道具すべてパブリックアートのよう。 [続きを読む]

» イノセント・ガーデン ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『オールド・ボーイ』『渇き』などで知られる韓国の鬼才、パク・チャヌク初のハリウッド作となるサスペンス・スリラー。広大な屋敷で暮らす母娘のもとへ、長期間にわたって消息を絶っていた叔父が現れたのを機に、次々と起こる不気味な出来事と、その裏に隠された驚がくの...... [続きを読む]

» イノセント・ガーデン。 [すぷのたわごと。]
『イノセント・ガーデン』を観に行ってきました。 “イノセント”は、純粋、純潔、無邪気、無垢などという意味で、少女が主人公だし耽美なイメージ。 そっちはいいとして、“ガーデン”はちょっと違うなぁ。 イノセントな庭じゃなくて、イノセントな一族だよ。 原題は『STOKER』で、主人公一家の名字らしい。 しつこくつきまとう馬鹿者のことかと思ったら、そっちのストーカーのスペルは“stalker”だった。 これでは英語をそのままカタカナにして邦題にするのはダメだねぇ。 インディア・ストーカ..... [続きを読む]

» ショートレビュー「イノセント・ガーデン・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
鏖殺の庭へ、ようこそ。 初のハリウッド映画にも、気負いなし。 怒涛のシャレードの嵐は、どこからどう観てもパク・チャヌク印の作家映画である。 西部劇マニアのキム・ジウンが、古き良き大西部にオマー...... [続きを読む]

» 「イノセント・ガーデン」 [或る日の出来事]
この映像表現、すごく好きだなあ。 [続きを読む]

» イノセント・ガーデン [映画と本の『たんぽぽ館』]
禁断の世界への鍵 * * * * * * * * * 韓国のパク・チャヌク監督、ハリウッドデビュー作です。 本作はけっこう監督の手腕を感じる部分が多くて、 さすが!!と思いました。 インディア(ミア・ワシコウスカ)は、18歳の誕生日に、父を事故で亡くし...... [続きを読む]

» イノセント・ガーデン [心のままに映画の風景]
大きな屋敷に暮らすインディア・ストーカー(ミア・ワシコウスカ)は、18歳を迎えた日に、最愛の父を交通事故で亡くしてしまう。 葬儀の後、長年行方不明だった叔父のチャーリー(マシュー・グード)が現...... [続きを読む]

» イノセント・ガーデン [こんな映画見ました〜]
『イノセント・ガーデン』---STOKER---2013年(アメリカ)監督:パク・チャヌク出演:ミア・ワシコウスカ 、ニコール・キッドマン 、マシュー・グード 、ダーモット・マローニー 「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」などで世界的に評価の高い韓国を代表す...... [続きを読む]

» 『イノセント・ガーデン』 少女は禁断のエクスタシーに目覚める! [コナのシネマ・ホリデー]
やばい、この作品は、ヤバい。18歳の少女が目覚めたのは禁断のエクスタシー。この目覚めは危険だ。だが、美しい!!ダークな話なのに美しい。そして計算されつくしてる。 [続きを読む]

» 『イノセント・ガーデン』 [こねたみっくす]
白と黒の対決。どちらが勝っても最後は黒に染まる。 あのパク・チャヌク監督のハリウッドデビュー作となったこの作品は、まるでさなぎから蝶が脱皮する様をゆっくりと見ているか ... [続きを読む]

» イノセント・ガーデン [ルナのシネマ缶]
「オールドボーイ」や 「親切なクムジャさん」などで知られる 韓国の鬼才、パク・チャヌク監督の ハリウッドデビュー作です。 作品全体に漂う静かで不気味な印象が サスペンス感を高めていく。 DNAというか血筋の怖さを 感じる作品でした。 田舎の広大な屋敷で暮らしている少女 インディア・ストーカー(ミア・ワシコウスカ)は、 自身の誕生日に、大好きだった父親が交通事故で帰らぬ人となってしまう。 葬儀の最中、長期間にわたって消息を絶っていた叔父の チャーリー(マシュー・グード)... [続きを読む]

» 映画「イノセント・ガーデン」静謐な怖さと美しさ [soramove]
映画「イノセント・ガーデン」★★★☆ ミア・ワシコウスカ、ニコール・キッドマン、 マシュー・グード出演 パク・チャヌク監督、 99分、2013年5月31日より全国公開 2012,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:STOKER ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「俳優のウェントワース・ミラーが 自身の名を隠して執筆し... [続きを読む]

» 少女が目覚めるとき~『イノセント・ガーデン』 [真紅のthinkingdays]
 STOKER  広大な屋敷に住まう、鋭敏過ぎる感覚を持つ少女インディア(ミア・ワシコウス カ)は、18歳の誕生日に唯一人の理解者だった父を亡くす。葬儀の日、心の通 わない母(ニコ...... [続きを読む]

» サイコキラーでも大丈夫 パク・チャヌク 『イノセント・ガーデン』 [SGA屋物語紹介所]
「復讐三部作」や『JSA』で知られ、国外でも高い評価を得ている韓国の鬼才パク・チ [続きを読む]

» イノセント・ガーデン [迷宮映画館]
結構なチャヌクらしさが生きてた感じ。 [続きを読む]

» イノセント・ガーデン STOKER [まてぃの徒然映画+雑記]
『オールド・ボーイ』や『親切なクムジャさん』『渇き』のパク・チャヌク監督のハリウッド第一作。ハリウッドに行っても監督のカラーが映画のいたるところから滲み出ています。 インディア(ミア・ワシコウスカ)の父が自動車事故で亡くなり、葬儀のシーンから映画は始...... [続きを読む]

» 「イノセント・ガーデン」 [ここなつ映画レビュー]
外界から隔てられた大きな屋敷に住む母娘。美しく奔放な母イヴリン。父と相思相愛の仲だったインディア。父からは毎年、どんな離れた所に居ても、誕生日プレゼントをもらうのが習わしだった。…それは毎年、靴。誕生日を迎えたその年齢にぴったりの、靴。しかし、父はインディアの18歳の誕生日に死んでしまう。そして父の葬儀の日に、叔父のチャールズが屋敷にやって来る。 謎が多い父の死なのに、チャールズが来てからというもの、母はチャールズに夢中。インディアはまだ今年の誕生日プレゼントも貰ってないというのに!そして... [続きを読む]

» イノセント・ガーデン [銀幕大帝α]
STOKER 2013年 アメリカ 99分 サスペンス/ミステリー PG12 劇場公開(2013/05/31) 監督:パク・チャヌク 製作: リドリー・スコット トニー・スコット 出演: ミア・ワシコウスカ:インディア・ストーカー ニコール・キッドマン:イヴリン・ストーカー(エヴィ...... [続きを読む]

» 「イノセント・ガーデン」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
パク・チャヌクのハリウッドデビュー作。 [続きを読む]

» 映画『イノセント・ガーデン』を観て [kintyres Diary 新館]
13-53.イノセント・ガーデン■原題:Stoker■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス■上映時間:99分■料金:1,800円■観賞日:6月29日、TOHOシネマズシャンテ □監督:パク・チャヌク◆ニコール・キッドマン◆ミア・ワシコウスカ◆マシュー・グッド◆ダーモット・...... [続きを読む]

» イノセント・ガーデン [いやいやえん]
ミア・ワシコウスカ、ニコール・キッドマン、マシュー・グード共演。脚本がウェントワース・ミラーで話題になった作品。ミアが脱いだというのもあるけど。あと監督はパク・チャヌクさん。 突然少女の前に現れた、行方不明の叔父。その日から姿を消していく周囲の人々。いったい何が起こっているのか――。 叔父が現われてから、露にされていく、少女の性(サガ)。覚醒させたい叔父との関係。ここに偏執的なものを感じ、繊細で不機嫌な表情を見せるインディアの心の内を探っていくのです。 ピアノで連弾する際のインディ... [続きを読む]

» 映画「イノセント・ガーデン(原題:Stoker)」 [粉雪の日々是、ドラマ]
以前紹介したオールド・ボーイのパク・チャヌク監督のスリラー映画「Stoker」が [続きを読む]

» イノセント・ガーデン [miaのmovie★DIARY]
イノセント・ガーデン [DVD](2014/06/18)ミア・ワシコウスカ、ニコール・キッドマン 他商品詳細を見る 【STOKER】 制作国:アメリカ 制作年:2013年 インディア・ストーカーの父は、毎年彼女の誕生日には庭のどこかに プレゼントとして靴を隠しては彼女に探させていた。 18歳の誕生日、 プレゼントの中身は靴ではなく、たった一つの鍵だった。そのあと、 彼女の父が...... [続きを読む]

« G.I.ジョー バック2リベンジ | トップページ | エンド・オブ・ホワイトハウス »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ