サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

トゥ・ザ・ワンダー (試写会)

風景の映像が美し~~い

To_the_wonder

公式サイト http://www.tothewonder.jp
8月9日公開

監督: テレンス・マリック  「シン・レッド・ライン」 「ツリー・オブ・ライフ」

アメリカ人のニール(ベン・アフレック)とフランス人のマリーナ(オルガ・キュリレンコ)は、フランスの観光名所モンサンミシェルで出会い、愛し合うようになる。その後マリーナの娘タチアナとともに3人でアメリカへ渡り、オクラホマの小さな町での生活が始まる。だが、いつしか2人の間に少しずつすれ違いが生まれ、マリーナはクインターナ神父(ハビエル・バルデム)に悩みを打ち明ける。しかしクインターナ自身も信仰が揺らぎ、苦悩を深める。やがてビザが切れたマリーナはフランスへ戻り、ニールは幼なじみのジェーン(レイチェル・マクアダムス)との愛に孤独を癒されていくが…。

続きを読む "トゥ・ザ・ワンダー (試写会)" »

2013年7月28日 (日)

マジック・マイク (試写会)

イケメンの肉体美

Magic_mike

公式サイト http://magic-mike.jp
8月3日公開

製作・主演: チャニング・テイタム
監督: スティーヴン・ソダーバーグ

自称起業家のマイク(チャニング・テイタム)の夢は、注文家具を作って売る事業を興す事だが、昼は建築現場で働いたり、洗車業をし、夜は男性ストリップクラブ「エクスクイジット」のスターダンサーとして活躍。知り合った19歳のアダム(アレックス・ペティファー)に才能を感じ、彼をクラブへと連れていく。異様な世界に驚きながらも、ステージに上がった彼は、女性客たちの圧倒的支持を得てダンサーの一員に。ほどなく享楽的な生活に呑み込まれていくアダム。一方、マイクは堅実なアダムの姉ブルック(コディ・ホーン)と知り合い、自分が本当に求める人生に気づき始める。

続きを読む "マジック・マイク (試写会)" »

2013年7月26日 (金)

終戦のエンペラー (試写会)

平和のために 耐え難きを耐え 忍び難きを忍んで

Photo_3

公式サイト http://www.emperor-movie.jp
7月27日公開

原作: 終戦のエンペラー/陛下をお救いなさいまし (岡本 嗣郎著/集英社文庫)
監督: ピーター・ウェーバー  「真珠の耳飾りの少女」 「ハンニバル・ライジング」

1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の最高司令官として、ダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。彼は日本文化に精通しているボナー・フェラーズ准将(マシュー・フォックス)に、戦争の真の責任者が誰かをわずか10日間で探し出せと命じる。しかし調査は、予想以上に困難を極める。

続きを読む "終戦のエンペラー (試写会)" »

2013年7月22日 (月)

31年目の夫婦げんか (試写会)

スキンシップは大事です heart

Hope_springs

公式サイト http://31years.gaga.ne.jp
7月26日公開

監督: デヴィッド・フランケル  「プラダを着た悪魔」  「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」

ケイ(メリル・ストリープ)とアーノルド(トミー・リー・ジョーンズ)は結婚31年目。子供たちは独立し、夫婦ふたりで味気なく変わり映えのない毎日の繰り返し。ケイは夫婦関係を見直したいと、カウンセリング本を購入。その本の著者であるバーナード・フェルド医師(スティーヴ・カレル)の“カップル集中カウンセリング”を夫に内緒で申し込んだ。アーノルドはカウンセリングを嫌がったが、渋々ケイに同行し、ふたりでフェルド医師が提示する課題に挑むが…。

続きを読む "31年目の夫婦げんか (試写会)" »

2013年7月18日 (木)

25年目の弦楽四重奏

25年のその先は

A_late_quartet

公式サイト http://25years-gengaku.jp

第1バイオリンのダニエル(マーク・イヴァニール)、第2バイオリンのロバート(フィリップ・シーモア・ホフマン)、ビオラのジュリエット(キャサリン・キーナー)、チェロのピーター(クリストファー・ウォーケン)から成るフーガ弦楽四重奏団は、結成25周年を迎えようとしていた。そんな時、ピーターはパーキンソン病の告知を受け、引退を申し出る。残されたメンバーは動揺すると同時に、今まで抑えてきた感情や葛藤が露呈し、メンバー内に不協和音が響き始める。

続きを読む "25年目の弦楽四重奏" »

2013年7月12日 (金)

ワイルド・スピード EURO MISSION

いつまで続く このシリーズ carcarcarcarcarcarcar

Fast_furious_6

公式サイト http://euro-mission.com

監督:ジャスティン・リン

リオデジャネイロの犯罪王から1億ドルを奪い取ったあと、優雅な逃亡生活を送っているドミニク(ヴィン・ディーゼル)の前に、FBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)が現れる。ホブスは元英国軍人ショウ(ルーク・エバンス)率いる巨大国際犯罪組織を追っているが、その組織に、死んだはずのドミニクの元恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)がいるという。それを聞いたドミニクは、すぐにブライアンや他の仲間達を召集し、レティを巡る謎を解き明かすべく、ロンドンへ向かう。

続きを読む "ワイルド・スピード EURO MISSION" »

2013年7月11日 (木)

風立ちぬ (試写会)

ジブリは後継者がいないのね

Photo

公式サイト http://www.kazetachinu.jp
7月20日公開

宮崎駿が月刊模型雑誌「モデルグラフィックス」に連載していた漫画を基に、零式艦上戦闘機の設計者として知られる堀越二郎の半生を軸に、堀辰雄の小説「風立ちぬ」のエピソードを盛り込みながら描いた。

監督: 宮崎駿
音楽: 久石譲
主題歌: 荒井由美 「ひこうき雲」

大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎は、イタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子とある日再会。二人は恋に落ちるが、菜穂子は結核にかかっていた。

続きを読む "風立ちぬ (試写会)" »

2013年7月10日 (水)

スタンリーのお弁当箱

給食はありがたい

Stanley_ka_dabba

公式サイト http://stanley-cinema.com

明るくて「お話」が得意なクラスの人気者スタンリー(パルソー)は、家庭の事情で弁当を持って来られず、昼食の時間になるとそっと教室を抜けだし、水道水を飲んで空腹をしのいでいた。それに気づいた同じクラスのアビシェークは、クラスメートに協力してもらい、みんなのお弁当を少しずつスタンリーに分けてあげていた。ところが食い意地の張った国語教師のヴァルマー(オモール・グプテ)が、生徒たちの弁当を横取りした上、スタンリーに「ネズミめ、弁当を持ってこられない生徒は学校に来る資格などない」と叱りつけ、スタンリーを追い出してしまう。先生の言葉に傷ついたスタンリーは、学校に行かなくなってしまった。

続きを読む "スタンリーのお弁当箱" »

2013年7月 9日 (火)

偽りの人生 (試写会)

自分は自分でしかない

Todos_tenemos_un_plan

公式サイト http://www.itsuwari-jinsei.com
7月12日公開

ブエノスアイレス在住の医師アグスティン(ヴィゴ・モーテンセン)は、結婚8年目の妻クラウディアと恵まれた暮らしをしながらも心は満たされず、漠然とした空虚感に苛まれる日々を送っていた。そんなある日、音信不通だった一卵性双生児の兄ペドロの訪問を受ける。ペドロは自分が末期ガンであることを告白し、自分を殺してほしいと懇願する。一度は拒絶するアグスティンだったが、衝動的に殺害してしまう。そして、瓜二つのペドロに成りすまして生まれ故郷のティグレにもどり、新しい人生をスタートさせる。しかし、生前ペドロが手を染めていた犯罪に巻き込まれていく。

続きを読む "偽りの人生 (試写会)" »

2013年7月 3日 (水)

コン・ティキ

ティキを信じて8000キロ
海は障壁ではなく道である

Kon_tiki

公式サイト http://www.kontiki.jp

実話の映画化
米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作

本作のヨアヒム・ローリングとエスペン・サンドベリの監督コンビは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の5作目の監督に決まっています。

1937年、新婚のノルウェーの人類学者トール・ヘイエルダールは、研究のために妻とタヒチのファツヒバ島で暮らしていた。そして島の偶像や果物が南米のものと同じである事を発見する。南太平洋に暮らすポリネシア人の祖先はアジアから来たとする通説に対し、南米から来たとする説を発表しようとするが、どこの出版社からも相手にされない。そこで自説を証明するため、1500年前と同じ材料で作った筏“コン・ティキ号”で、1947年にペルーからポリネシアへ向かう航海に出発する。

※参考 コン・ティキ号探検記 (トール・ヘイエダール著/河出文庫)

続きを読む "コン・ティキ" »

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ