サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« コン・ティキ | トップページ | スタンリーのお弁当箱 »

2013年7月 9日 (火)

偽りの人生 (試写会)

自分は自分でしかない

Todos_tenemos_un_plan

公式サイト http://www.itsuwari-jinsei.com
7月12日公開

ブエノスアイレス在住の医師アグスティン(ヴィゴ・モーテンセン)は、結婚8年目の妻クラウディアと恵まれた暮らしをしながらも心は満たされず、漠然とした空虚感に苛まれる日々を送っていた。そんなある日、音信不通だった一卵性双生児の兄ペドロの訪問を受ける。ペドロは自分が末期ガンであることを告白し、自分を殺してほしいと懇願する。一度は拒絶するアグスティンだったが、衝動的に殺害してしまう。そして、瓜二つのペドロに成りすまして生まれ故郷のティグレにもどり、新しい人生をスタートさせる。しかし、生前ペドロが手を染めていた犯罪に巻き込まれていく。

所々主人公の気持ちがわからない映画だったけど、きっとブエノスアイレスやその周辺の生活環境や文化や感覚などを知らないせいかもね。

公式サイトを見て、ちょっとわかったような気もする。

主人公にとっては、妻とはなんとなく気持ちがすれ違ったまま、ずるずるとすごしてきてしまっていたのかな。
妻は養子をほしがったが、自分の本音を言えないままのアグスティン。
しかし、いざ赤ちゃんをもらう時になってほしくないなんて、妻が怒るのも無理はない。

Todos_tenemos_un_plan3

結局離婚。

双子の兄を殺してしまった理由も、よくわからないわ。
いくら双子でも生活や仕事が違うから、体つきとか、特に手の違いは誰でもわかってしまうと思うけど、そこを突っ込んではいけないのね。

兄に成りすまして生まれ故郷に戻ったけど、兄は養蜂業だけでなく、裏の仕事もしていた。
昔なじみのアドリアンとそのアドリアンが名付け親のマヌケなルーペンと組み、人を誘拐して身代金を取っていた。
ペドロがアグスティンに会いに来る前、誘拐に不手際があって、誘拐した人物を殺していた。

結局ペドロに成りすましたままでは、犯罪に手を染めるしかない。それは嫌だけど、自分がアグスティンだと、公にするわけにもいかないジレンマ。

兄の養蜂を手伝っていた若い娘ロサに、心をひかれて関係を持つアグスティン。
誘拐はやりたくないとアドリアンに言うけれど、彼の成りすましに気づいているアドリアンは、アグステインを脅す。

Todos_tenemos_un_plan4

人は自分の人生しか歩めないのよ。
妻にとっては、身勝手な男としか映らなかったでしょうね。

故郷に戻ったけど、結局アグスティンがいられる場所ではなく、ロサと別の土地へ行こうとするけど、自業自得な哀れで悲しいラスト。

ただアグスティンにも、ペドロと同じ部分もあるわね。
血は争えないと思う部分が。

本作の女性監督は、これが長編デビュー作。
脚本に興味を示したヴィゴが、作品に参加する事になったので、大きなプロジェクトになったそうです。
ヴィゴが出てなかったら、日本で公開はなかったわね。

(鑑賞日7月4日)

« コン・ティキ | トップページ | スタンリーのお弁当箱 »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

訪問&TBありがとうございます。
アグスティンの行動の理由が分からない。
ペドロの身元を使って、なぜ別の土地に行かない?
説明不足過ぎて、よく分からない話でした。

★すぷーきーさん

>アグスティンの行動の理由が分からない。

そのせいで、主人公に感情移入できませんでしたね。
アルゼンチンの人には、わかるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/52245001

この記事へのトラックバック一覧です: 偽りの人生 (試写会):

» 「偽りの人生」偽る事をやめたとき [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ヴィゴ・モーテンセンが双子を一人二役するサスペンス・スリラー。 双子の片割れに成りすます話だから、一役?それとも三役?・・・・・(汗) 本当の自分探しの旅は、ハッピーエンドと言うべきか。... [続きを読む]

» 「偽りの人生」 [セレンディピティ ダイアリー]
ヴィゴ・モーテンセン主演のアルゼンチン映画、「偽りの人生」(Todos Tene [続きを読む]

» 偽りの人生 [映画と本の『たんぽぽ館』]
どちらが“偽り”なのか * * * * * * * * * * アルゼンチン作品ですが、なぜビゴ・モーテンセンかといえば、 氏は子供の頃アルゼンチンに住んでいたことがあるそうなのです。 それで、スペイン語も話せるということで抜擢されたそうなのですが、 こ...... [続きを読む]

» 偽りの人生 [映画的・絵画的・音楽的]
 『偽りの人生』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作は、以前見たことのある『善き人』で主役のドイツ人大学教授を演じたヴィゴ・モーテンセンが出演するアルゼンチン映画というので、面白いと思って映画館に行ってみました。  ブエノスアイレスに住む小児科...... [続きを読む]

» 偽りの人生(試写会) TODOS TENEMOS UN PLAN [まてぃの徒然映画+雑記]
アグスティン(ヴィゴ・モーテンセン)は、妻とブエノスアイレスで普通に暮らしながら日々の生活に閉塞感を感じていた。そこへ一卵性双生児の兄ペドロが久しぶりに訪ねてきて、自分が末期癌だと打ち明ける。 とっさの弾みでペドロを殺してしまったアグスティンは、自分...... [続きを読む]

» 「偽りの人生」 [ここなつ映画レビュー]
そもそも「偽りの人生」って何だろう。今の自分自身の人生が偽り(仮の姿)という事か、つまり新しく生まれ変わったかのように過去を封印してこれまでと違う人生を歩んで行く事なのか。それとも新たに生まれ変わったその人生こそが偽りなのか。いずれにしても人は局面局面自ら選択して生きていくのだから、いつでも瞬間を切り取ったものが「本当の」人生であって、「偽りの人生」なんてあり得ない筈なのに。 この「偽りの人生」は、消息が途絶えていた双子の兄が突然訪問してきて、重病に冒されて死んでしまったため、ふと、兄... [続きを読む]

» 偽りの人生 ★★★ [パピとママ映画のblog]
ビゴ・モーテンセンが一卵性双生児を1人2役で演じたサスペンスドラマ。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで医師として裕福な暮らしを送りながらも、生きることに重圧とむなしさを感じていたアグスティン。そんな彼のもとに、ある時、長らく離れていた一卵性双生児の兄ペ...... [続きを読む]

» 偽りの人生 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【TODOS TENEMOS UN PLAN/EVERYBODY HAS A PLAN】2013/07/12公開 アルゼンチン/スペイン/ドイツ 117分監督:アナ・ピターバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ソレダ・ビジャミル、ダニエル・ファネゴ、ハビエル・ゴディーノ、ソフィア・ガラ・カスティリオーネ ただ、...... [続きを読む]

» 偽りの人生 [こんな映画見ました〜]
『偽りの人生』 ---TODOS TENEMOS UN PLAN  EVERYBODY HAS A PLAN---2012年(アルゼンチン/スペイン/ドイツ)監督: アナ・ピターバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン 、ソレダ・ビジャミル 、ダニエル・ファネゴ、ハビエル・ゴディーノ、ソフィア・ガラ・カ...... [続きを読む]

« コン・ティキ | トップページ | スタンリーのお弁当箱 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ