サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

レオが演じた実在の人物

20代の頃のインタビューでレオは、実在の人物にひかれると答えていた。
実在のすごい人物に。

1年に1本程度の出演作の中で、実在の人物を演じた割合は、他の主役級俳優より高いんじゃないかしら。

まずは、
「ボーイズ・ライフ」のトバイアス・ウルフ
「バスケットボール・ダイアリーズ」のジム・キャロル

どちらも原作者の自伝的作品の映画化。

「太陽と月に背いて」のアルチュール・ランボー
10代のスキャンダラスな天才詩人だけど、詩を書いたのは19才まで。

「仮面の男」のルイ14世
物語はフィクションだけど、事実に則している部分もちょっとある。
この作品の場合は、銃士役の4人のベテランキャストにひかれて出演を決めたとか。

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のフランク・W・アバグネイル
これまた原作は本人が書いたものだけど、読むと映画よりとんでもなくすごい人なのがわかる。

「アビエイター」のハワード・ヒューズ
これもねえ、ヒューズに関する本を読むと、映画以上になんてすごい人と思った。
とにかくものすごーーいお金持ち。
飛行機の墜落も映画では1回だけど、4回位しているらしいという。

この後、バズ・ラーマン監督で「アレキサンダー大王」が製作予定だったけど、オリバー・ストーン監督と企画がかぶり、ストーン監督が先にロケ地を押さえていた事もあって、製作中止になった。
アレキサンダー大王も、若くして偉業を成し遂げた人。

「J・エドガー」のジョン・エドガー・フーバー
私生活は謎に包まれ、死ぬまで48年もFBIの長官だった、これまたとんでもない人物。

12月20日公開予定の
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」も原作はジョーダン・ベルフォートの回想録。
レオが演じるのはもちろんその人だ。

予告編


これまで演じてきたのは、どういう風にすごいのかはそれぞれ違うけど、とにかくとんでもない人達よ。
好きか嫌いか、良いのか悪いのかは別にして、とにかくとんでもない。普通じゃない。何なのこの人って感じよ。
今度もまた、なんという生活、なんという人生なんだって人みたいね。

2013年8月29日 (木)

大統領の料理人 (試写会)

フランスのお袋の味
料理人はアーティスト
Haute_cuisine

公式サイト http://daitouryo-chef.gaga.ne.jp
9月7日公開

実在の人物をモデルにした映画

監督: クリスチャン・ヴァンサン  「恋愛小説ができるまで」

フランス領南極地区の基地に、“女大統領”と呼ばれるシェフがいた。もうすぐ任期の切れるオルタンス・ラボリ(カトリーヌ・フロ)だ。彼女は以前の職場の事を思い出していた。フランスの田舎で小さなレストランを経営する彼女の元に、ある日フランス政府の公用車がやって来た。彼女はパリ中心部にあるエリゼ宮殿と呼ばれる大統領官邸へと招かれ、フランソワ・ミッテラン大統領(ジャン・トルメッソン)のプライベートシェフに任命されたのだ。しきたりと規律に縛られた官邸の中で、次第に彼女の熱意と技術が人を動かしていくが...。

続きを読む "大統領の料理人 (試写会)" »

2013年8月25日 (日)

スター・トレック イントゥ・ダークネス

悪役カンバーバッチの存在感

Star_trek_into_darkness

公式サイト http://www.startrek-movie.jp

製作・監督: J.J.エイブラムス  「M:i:III」 「SUPER 8/スーパーエイト」

西暦2259年。未知の惑星ニビルを探査中にカーク(クリス・パイン)は、スポック(ザッカリー・クイント)の窮地を救うために重大な規則違反を犯してしまい、地球に帰還すると、USSエンタープライズの艦長を解任される。その頃ロンドンでは、宇宙艦隊データ基地が破壊される。そのためにサンフランシスコの艦隊本部に幹部が緊急召集されるが、その会議場所も急襲にあう。犯人の艦隊士官ジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)は、惑星クロノスに逃亡。この緊急事態に、再びUSSエンタープライズの艦長に復帰したカークは、ジョン・ハリソンを追って、クリンゴン人が支配するクロノスへと向かう。

続きを読む "スター・トレック イントゥ・ダークネス" »

2013年8月23日 (金)

ペーパーボーイ 真夏の引力

壮絶で辛すぎる ひと夏の経験
ニコールのビッチぶりがすごい!

The_paperboy

公式サイト http://paperboy-movie.jp

原作: ペーパーボーイ (ピート・デクスター著/集英社文庫)
監督: リー・ダニエルズ  「プレシャス」

1969年、真夏のフロリダ州モート郡。有望な水泳選手だったジャック・ジャンセン(ザック・エフロン)は、問題をおこして大学を中退し、父の小さな新聞社の手伝いをしていた。そこへ、大手新聞社に勤める兄ウォード(マシュー・マコノヒー)が、地元で起きた保安官殺害事件の再調査をするために、同僚の黒人記者ヤードリー(デヴィッド・オイェロウォ)を伴って帰省した。既に判決が確定している死刑囚ヒラリー(ジョン・キューザック)に冤罪の可能性があるというのだ。運転手としてウォードたちの取材を手伝うジャックの前に、金髪のセクシー美女が現われる。彼女は今回の取材の依頼者で、獄中のヒラリーと文通の末に婚約までしたシャーロット(ニコール・キッドマン)だった。ジャックは美しく奔放な彼女に心を奪われてしまうと同時に、殺人事件をめぐる濃密な人間模様に引き込まれていく。

続きを読む "ペーパーボーイ 真夏の引力" »

2013年8月22日 (木)

スマイル、アゲイン

一番大切なものは?

Playing_for_keeps

公式サイト http://smile-again.jp

製作・主演: ジェラルド・バトラー
監督: ガブリエレ・ムッチーノ  「幸せのちから」 「7つの贈り物」

サッカーのヨーロッパリーグで、“キング”と呼ばれるほどのスター選手だったジョージ・ドライヤー(ジェラルド・バトラー)は、ケガで引退を余儀なくされた。家庭を顧みずに別れてしまった元妻ステイシー(ジェシカ・ビール)や息子ルイス(ノア・ロマックス)とやり直そうと、彼らが住む米バージニア州の田舎町に引っ越してきたが、ステイシーが一緒に暮らしているマットと再婚する予定なのを知る。そんなある日、ルイスとの距離を縮めようと、彼が所属するサッカーチームの練習に顔を出すと、コーチを依頼される。引き受けたジョージは、すぐに子どもたちの心を捉え、ルイスもそんな父を誇りに思い始めるが、子供達の母親が次々とジョージに言い寄ってきて、ルイスとの関係がぎこちなくなってしまう。

続きを読む "スマイル、アゲイン" »

2013年8月20日 (火)

マン・オブ・スティール (試写会)

クリプトン生まれで地球育ち

Man_of_steel

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel
8月30日公開

製作: クリストファー・ノーラン
監督: ザック・スナイダー  「300」 「ウォッチメン」

滅びる寸前の惑星クリプトン科学者のジョー=エル(ラッセル・クロウ)は、生まれたばかりの息子カル=エルを宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その赤ん坊は、偶然宇宙船を発見したジョナサン・ケント(ケヴィン・コスナー)とマーサ(ダイアン・レイン)夫妻にクラークと名づけられ、大事に育てられる。次第に超人的な能力に目覚めていく少年時代、養父からはその能力を使うことを固く禁じられていた。周囲との違いに孤独と葛藤を抱えながら青年へと成長したクラーク(ヘンリー・カヴィル)は、やがて自分探しの旅に出て、自らの使命を確信する。そんなある日、クリプトン星の生き残り、ゾッド将軍(マイケル・シャノン)がクラークの存在に気づき、彼を追って地球へと襲来する。

続きを読む "マン・オブ・スティール (試写会)" »

2013年8月15日 (木)

ワールド・ウォーZ

俊足ゾンビの大群襲来

World_war_z

公式サイト http://www.worldwarz.jp

原作: WORLD WAR Z (マックス・ブルックス著/文春文庫)
監督: マーク・フォースター  「ネバーランド」 「007/慰めの報酬」

その日、ジェリー(ブラッド・ピット)が妻と2人の娘を乗せた車は、渋滞にはまっていた。すると、前方で爆発音が聞こえ、トレーラーが無数の車をはじき飛ばしてクラッシュし、パニック状態の群衆が通りになだれ込んでくる。そのただならぬ状態から家族を守ろうと、妻子を連れて逃げるジェリー。やがて彼は、人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染が、猛スピードかつ世界的規模で拡大しているのを知る。そんな中、元国連職員の技能と知識を買われたジェリーは、愛する家族の安全と引き換えに、調査隊への協力を求められる。

続きを読む "ワールド・ウォーZ" »

2013年8月14日 (水)

パシフィック・リム

監督の日本愛

Pacific_rim

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim

監督: ギレルモ・デル・トロ

ある日突然、未知の巨大生命体が、太平洋の深海の裂け目を通って異次元から現われる。“KAIJU”と名付けられたそれは、世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、対抗可能な人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。その操縦は2人のパイロットによって行われるが、イェーガーの能力を引き出すためには、パイロット同士の脳波をシンクロさせる必要があった。当初は優勢を誇ったイェーガーだったが、出現するたびにパワーを増していくKAIJUたちの前に、次第に苦戦を強いられていく。そんな中、かつてKAIJUとのバトルで兄を失い、失意のうちに戦線を離脱した名パイロット、ローリー(チャーリー・ハナム)が復帰を決意する。彼が乗る旧式イェーガー“ジプシー・デンジャー”の修復に当たるのは、日本人研究者の森マコ(菊地凜子)。幼い頃にKAIJUに家族を殺された悲しい記憶に苦しめられていた。やがて彼女はローリーとの相性を買われ、ジプシー・デンジャーのパイロットに選ばれる。

続きを読む "パシフィック・リム" »

2013年8月13日 (火)

ホワイトハウス・ダウン (試写会)

娘の役は 旗振り

White_house_down

公式サイト http://www.whitehousedown.jp
8月16日公開

製作総指揮・主演: チャニング・テイタム
監督: ローランド・エメリッヒ

国内外で賛否両論の、第46代大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)が提案する中東和平条約は、法案採決の日を迎えていた。議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、娘エミリー(ジョーイ・キング)が憧れるジェームズ・ソイヤー大統領のシークレットサービスになるべく面接に臨むも不採用に。しかしエミリーの悲しむ顔を見たくないケイルは、一緒にホワイトハウスの見学ツアーに参加する。ところがその最中に、突然の大爆発とともに謎の武装集団が乱入し、ホワイトハウスを占拠するのだった。この大混乱の中でエミリーと離ればなれとなってしまったケイル。娘を助け出したい一心の彼は、やがてソイヤー大統領の窮地を救うと、2人で協力しながらテロリストたちに立ち向う。

続きを読む "ホワイトハウス・ダウン (試写会)" »

2013年8月 9日 (金)

ムービー43 (試写会)

超豪華キャストで超お下劣 ( ̄ロ ̄lll)

Movie_43

公式サイト http://movie43.asmik-ace.co.jp
8月10日公開

監督: ピーター・ファレリー、ブレット・ラトナー、ジェームズ・ガン、エリザベス・バンクス、スティーヴン・ブリル、ウィル・グレアム、スティーヴ・カー、グリフィン・ダン、ジェームズ・ダフィ、ジョナサン・ヴァン・タルケン、パトリック・フォーシュベリ、ラスティ・カンデッフ

脚本家のチャーリー(デニス・クエイド)は、ハリウッドの大物プロデューサー、グリフィン(グレッグ・キニア)のオフィスに乗り込み、自分の映画企画を何とか売り込もうとしていた。しかし彼の企画の内容はどれもひどくてグリフインが相手にしないと、彼はグリフィンを銃で脅して企画を買わせようとする。

続きを読む "ムービー43 (試写会)" »

2013年8月 8日 (木)

少年H (試写会)

少年が見た戦中戦後

Photo

公式サイト http://www.shonen-h.com
8月10日公開

原作: 少年H (妹尾河童著/講談社文庫) 
監督: 降旗康男

1941年の神戸。胸に名前の頭文字“H”が大きく刺繍されたセーターを着ていることから、エッチとあだ名がついている妹尾肇(吉岡竜輝)は、洋服の仕立屋を営む父・盛夫(水谷豊)とクリスチャンの母・敏子(伊藤蘭)、妹・好子の家族4人で楽しく元気いっぱいの毎日を送っていた。仕事柄、外国人との付き合いもある盛夫は、、自分の目で見て考えることの大切さをHに教えていく。そんな中、時代は急速に軍国化の道を突き進み、次第にHの家族や周囲の人々にもその影響が及び始める。

続きを読む "少年H (試写会)" »

2013年8月 4日 (日)

ローン・レンジャー

ハイヨ シルバー!

The_lone_ranger

公式サイト http://www.disney.co.jp/loneranger

監督: ゴア・ヴァービンスキー  「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ

1869年、絞首刑のなるはずの極悪人のブッチ・キャベンディッシュ(ウイリアム・フィクトナー)を護送中の列車が、奴の一味に襲われ、まんまと逃げられてしまった。正義感あふれる:検事のジョン・リード(アーミー・ハマー)は、兄のダン(ジェームズ・バッジ・デール)が率いるテキサスレンジャーと共にキャベンディッシュを追跡するが、兄は一味に殺され、自らも自らも凶弾に倒れて生死をさまよう。そんな彼の前に現われたのは、ネイティブ・アメリカンで、ブッチ・キャヴェンディッシュに復讐しようとしている男、トント(ジョニー・デップ)だった。彼はその聖なる力でジョンを甦らせると、ジョンと共に、キャヴェンディッシュを追う。

続きを読む "ローン・レンジャー" »

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ