鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« オン・ザ・ロード | トップページ | 許されざる者 ジャパン・プレミア »

2013年9月 6日 (金)

エンド・オブ・ウォッチ

今日もパトロールは続く

End_of_watch

公式サイト http://gacchi.jp/movies/eow

監督・脚本・製作: デヴィッド・エアー  「フェィク・シティ ある男のルール」

ロサンジェルスの一角にある重犯罪多発地区で、ギャングと黒人系ギャングとヒスパニック系ギャングの抗争が絶えないサウス・セントラル。
その中でも特に危険なニュートン地区で巡回パトロールに当たる白人警官のテイラー(ジェイク・ギレンホール)とメキシコ系警官のザヴァラ(マイケル・ペーニャ)は、固い絆で結ばれた名コンビ。ある日パトロール中に通報を受けて向かった一軒家で、メキシコ麻薬カルテルの秘密に触れてしまう。そんな2人は、
カルテルから暗殺指令を受けたギャングたちから命を狙われるようになる。

監督は、「ワイルド・スピード」や「トレーニング デイ」などの脚本を書いた人。
本作の舞台となるサウスセントラルで育ち、実際にギャングに入っていて、そこから抜けるために、海軍に入隊した経歴を持つ。
そんな人だから、裏社会の犯罪がらみの脚本を書くのね。

危険な地域ゆえ、現場ではいつでも銃を撃てる体勢で応対。
しかもギャング達の武器が過激になっていくから、警察もそれに対抗できる武器を持たなくてはならなくなる。

ジェイクは撮影前に5か月間、週に2~3回本物の警官たちとパトロールをしたそうですが、その時実際に殺人事件を目撃したそう。
実際にそういう場所なのね。
平和で治安のいい日本に生まれて、よかったなあと思います。

警官物だけど、事件を追うというより、警官そのものにスポットを当てている。
勤務中の様子と、プライベートの様子。
彼らだって生身の人間なのである。
ひどい目にあって、警官を辞めてしまう新人もいる。

常に命の危険がある、パトロール警官。
パトカーの中では他愛のない話をしていても、事件の現場へ向えば、一瞬たりとも気は抜けない。
陰惨な現場を目にすることもある。
精神的にタフでないと続けられない。

End_of_watch2

臨場感あふれる映像で、ドキドキしました。
緊迫感が、ハンパない。

そして彼らにだって恋人や家族がいる。

End_of_watch4_2

毎日、無事で帰って来るようにと待っている。

警官の妻になるのも、覚悟がいりますねえ。
夫が死ぬかも知れないし、もし夫の相棒が死んだら、遺族の面倒を見る覚悟もないとね。

「エンド・オブ・ウォッチ」は警察用語で、任務終了の意味と、殉職の意味があるそうです。

同僚警官のひとりに、「旅するジーンと16歳の夏」などに出ているアメリカ・フェレーラがいたわ。

(鑑賞日9月1日)

« オン・ザ・ロード | トップページ | 許されざる者 ジャパン・プレミア »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/53039653

この記事へのトラックバック一覧です: エンド・オブ・ウォッチ:

» エンド・オブ・ウォッチ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(10) フェイク・ドキュメンタリーは好きではあるが [続きを読む]

» エンド・オブ・ウォッチ [心のままに映画の風景]
ロサンジェルスの一角にある重犯罪多発地区サウス・セントラル。 特に危険とされるニュートン地区で、巡回パトロールに当たる白人警官のテイラーと(ジェイク・ギレンホール)とメキシコ系巡査ザヴァラ(...... [続きを読む]

» エンド・オブ・ウォッチ・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
これが、ロス市警最前線。 昼夜を問わず、ありと凡ゆる犯罪が起こるロサンゼルス、サウスセントラル地区を舞台に、パトロール警察官たちの死と隣り合わせの“日常”を描く異色作。 「ワイルド・スピード」「...... [続きを読む]

» 「エンド・オブ・ウォッチ」 [ここなつ映画レビュー]
エンド・オブ・ウォッチ。ロサンゼルス市警の警察官が、一日の業務の終わりに書く業務日誌には、末尾にEOW(エンド・オブ・ウォッチ)と書く慣わしがある。つまり、「勤務時間終了」。そして帰宅の途につくのだが、もし二度と家に帰る事ができなければ、それはもう一つのEOW…殉職と呼ばれるのだ。 胸に迫る作品。警官物は数あれど、one of the most な作品なのではないか。ただリアル、というだけではない。犯罪の巣窟のような場所に警官として生きていく、人間としての生きざまを、その中で互いに生命を預... [続きを読む]

» エンド・オブ・ウォッチ [こんな映画見ました〜]
『エンド・オブ・ウォッチ』---END OF WATCH---2012年(アメリカ )監督:デヴィッド・エアー 出演:ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ 、アナ・ケンドリック、ナタリー・マルティネス ヒスパニックや黒人のストリート・ギャング団の抗争が絶え...... [続きを読む]

» エンド・オブ・ウォッチ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【END OF WATCH】 2013/08/17公開 アメリカ PG12 109分監督:デヴィッド・エアー出演:ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ、アナ・ケンドリック、ナタリー・マルティネス、アメリカ・フェレーラ、フランク・グリロ、デヴィッド・ハーバー、 これが、ロス市警の...... [続きを読む]

» エンド・オブ・ウォッチ ★★★ [パピとママ映画のblog]
『トレーニング デイ』の脚本家デヴィッド・エアーが監督を務め、全米でスマッシュヒットとなったポリスアクション。世界で最も危険な街、LAのサウスセントラルを舞台に、制服警官たちのハードな日常を描く。10代をこの地で過ごし、実態を知り尽くした監督ならではの独...... [続きを読む]

» エンド・オブ・ウォッチ (End of Watch) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デヴィッド・エアー 主演 ジェイク・ギレンホール 2012年 アメリカ映画 109分 ドラマ 採点★★★★ 事件と鉢合わせした刑事が草々に犯人を追跡し、激しい銃撃戦を展開した後に犯人射殺。または、市民からの通報で現場に駆けつけた刑事がその足で捜査を開始し…... [続きを読む]

« オン・ザ・ロード | トップページ | 許されざる者 ジャパン・プレミア »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ