サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« 許されざる者 ジャパン・プレミア | トップページ | キャプテンハーロック »

2013年9月10日 (火)

サイド・エフェクト

報い

The_side_effects

公式サイト http://www.side-effects.jp

監督: スティーヴン・ソダーバーグ

28歳のエミリー(ルーニー・マーラ)の夫マーティン(チャニング・テイタム)は、インサイダー取引の罪で服役していたが、ようやく出所。しかし夫の服役中にうつ病を再発させていたエミリーは、自殺未遂を起こしてしまう。そこで担当医になったバンクス(ジュード・ロウ)は、以前彼女の診療をしていたシーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に相談。エミリーの了承も得て新薬アブリクサを投与するが、薬の副作用で夢遊病を発症。それでもその薬のおかげで夫との関係も回復したと主張し、服用を辞めたがらない彼女だったが、ある日、夢遊病状態のまま、殺人事件を起こしてしまう。主治医の責任を問われ、キャリアも家庭も失いかねない窮地に追い込まれたバンクスは、自らの名誉のため、独自の調査に乗り出し、このセンセーショナルな殺人事件の背後に渦巻く衝撃的な真実に迫って行く。

上映館が少なめなせいか、あまり予告編も目にしなかったおかげで、薬の副作用って情報しか知らずに見られたのがよかった。

やっぱりこの手の作品は、何も知らないほうが良いわ。
視点がどんどん変わるので、どう展開するかわからない。
でも、伏線はうまく張ってある。
主要キャストの演技がうまいので、映画に入り込んじゃう。

ネタバレ感想なので、見る予定の人は読まないでね。

まずは殺人現場らしい床の血が映り、話は事件の3ヶ月前になる。
服役していたマーティンが出所すると、エミリーは車に乗って壁に激突。ブレーキを踏んだ形跡がない事から、入院先で精神科医のバンクスが担当になる。

Side_effects2

夫と一緒に、バンクス医師の診療に通うエミリー。
いろいろ薬を変えてみるも、なかなか症状が改善しないので、エミリーの希望で、アブリクサを投与する事に。
しかし夜中に無意識で、大きな音量で音楽をかけたり、料理を作ったりと、夢遊病の副作用がでてしまった。
そしてある日、夫を刺し殺してしまう。
情報を入れていなかった私は、ここで愕然。( ̄ロ ̄lll)
ええ~~~~!!!!!
チャニングが死んじゃうの~
うっそー
ひどい!
お気に入り俳優の、こんな死に方は許せない。


しかし、副作用の夢遊病は自覚がない状態と、法廷で証言するバンクス。
ま、主治医としては当然よね。
その結果、エミリーは精神病院に入るのを条件に、無罪となる。
その後、主治医のバンクスは法的に罪にはならないけれど、マスコミ報道により医師としての信用を失って窮地に陥るし、アブリクサを販売している製薬会社もたたかれる。

状況を改善しようとするバンクスは、色々調べていくうちに、エミリーに疑問を持つ。

Side_effects4

そして彼女が、うつ病を装っていたと確信します。

わたしもねえ、なんで駅の係員の名前を確認した?
とか、
職場で抗うつ剤を飲んでいる人の話とか、
自分がアブリクサを飲んでみたいと言ったのに、事件の後、アブリクサを飲ませたからだと主張したり、なーんかおかしいわと思うところは多々あった。
きっともう一度見ると、細かい伏線がしっかり確認できるでしょうね。

Side_effects5

キャサリン・ゼタ・ジョーンズが、ちょい役のはずなかったわ。
後半は重要になってきます。

エミリーと彼女はぐるでした。
しかも、性的関係もあり。

しかしエミリーが故意に夫を殺害したのを証明できても、一事不再理によりもはや有罪にはできない。
そしてシーバートは、早くエミリーを精神病院から退院させないと破滅させてやると、バンクスを脅します。
シーバートの策略で、夫を誤解したバンクスの妻は、子供を連れて出て行ってしまう。

妻に自分の疑問や明らかになった事実を話しても、妻には夫が精神的に追い詰められて妄想を話しているようにしか思えない。
この辺の、ジュード・ロウの演技が良いですね。

始めは、うつ病患者の苦悩の話かなと思ったけど、裁判、新薬に関する製薬会社と医師の事、そして殺人事件の真相と展開し、そして株まで。
エミリーの事件で、アブリクサを販売している製薬会社の株価が下落し、別の抗うつ剤を販売している製薬会社の株価は上昇。これを見越してエミリーとシーバートは株を購入して、大金を得ていました。
実はすべてはこのお金のために、2人が計画した事だった。

次は、公私共に追い詰められたバンクスの反撃というか復讐かな。
この時点で、バンクスにとても同情しているので、頑張れと応援してしまいます。
エミリーを有罪にはできないけど、シーバートを何とか有罪にしようと、バンクスは策をめぐらすのです。
そして、裁判で有罪にできないエミリーに対しても、罰を与えます。

だいたいねえ、チャニングが殺されるほどひどい事した?

Side_effects3

贅沢三昧だった暮らしが一変したからって、いくらなんでもひどいでしょと思ったわたしは、最後にざまあみろと思ったのでした。

(鑑賞日9月6日)

« 許されざる者 ジャパン・プレミア | トップページ | キャプテンハーロック »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

けっこう面白そうっすね~

DVDレンタルまで待ちますがネタバレは飛ばして読みました

楽しみだな~

★ジョニー・タピアさん
レンタル待ちですか。
数ヶ月先ですね。

訪問&TBありがとうございます。
バンクスが調査に没頭していって、それでもどんどん追い詰められて、そして最後の大逆転。
エミリーの嘘とか、なんか変だな~と思っていたら、最後はどんでん返しでしたね。

★すぷーきーさん
すごいリベンジでしたね。

こんにちは。
風子さんは、チャニング・テイタムのファンなのですね☆
私はファンではないけれど、あまりにあっけなかったので
あれ?あれ?と、そこにも何か裏があるのでは
と勘ぐってしまいましたよ。
動機の弱さが気になりましたが、この作品ではそれよりも
3人の駆け引きと、最後のどんでん返しを重要視したのでしょうね。

★セレンディピテイさん
チャニングは好きな俳優の一人です。
回想シーンでは素敵な姿が見られてよかったです。

エミリーの動機には、納得いかなかったです。

風子さん☆
すべては金のためだったのですねー
私も、夫は殺されるほど?って思っちゃいました。
最後は女医も裏切って、ルーニーは本当にひどいーってかんじでしたが、精神を病んでいるか弱い女性っぽさがうまくて、実際それで本当に騙される人もいたりするんだろうな・・・と思いました。

★ノルウェーまだ~むさん
ルーニーはひどかったですね。
でも最後は、退院も許されず病院で不必要な薬を飲み続け、本当の患者になってしまうなと思いました。

根本的に怖いのは女だよ~ですかね。
でも、ジュード先生もしたたかだったし。
人間の深層心理の怖いもんを描くのは、本当にうまい。
これで映画から離れるとは、残念です。

★sakuraiさん
人間は善悪両面を持っている生き物。
状況次第で変わる、魔物ですねえ。

ソダーバーグは、活動をテレビに移すらしいですね。

風子さん

ご無沙汰してます。
そして、TBありがとうございます。

予告ではジュード・ロウが悪そうに見えたのですが
意外な展開で、引き込まれました。

★Yoshimiさん
どこへ向って展開するのか全くわからず、見入っちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/53039701

この記事へのトラックバック一覧です: サイド・エフェクト:

» スティーブン・ソダーバーグ監督『サイド・エフェクト(Side Effects)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。スティーブン・ソダーバーグ監督 (復帰の期待も込めて、一応)最後の劇場公開監督作『サイド・エフェクト(Side Effects)』薬の副作用が招いた殺人事件と、その事件に... [続きを読む]

» サイド・エフェクト/THE SIDE EFFECTS [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 26歳で撮った「セックスと嘘とビデオテープ」でデビュー、 「エリン・ブロコビッチ」「オーシャンズ11」など多彩な作品、 先日「マジック・マイク」が日本では公開になったばかりのスティーブヴン・ソダ...... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【SIDE EFFECTS】 2013/09/06公開 アメリカ R15+分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム 事件に潜む、もう一つのldquo;副作用(サイド・エフェクト)rdquo; [Story]...... [続きを読む]

» 『サイド・エフェクト』 新上流の不安 [Days of Books, Films ]
Side Effects(film review) 映画監督をやめて絵描きになる [続きを読む]

» サイド・エフェクト [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(F) 前半ダレるが蓋を開ければ上質サスペンスだった [続きを読む]

» 『サイド・エフェクト』 [ラムの大通り]
(原題:Side Effects) ----この映画って、スティーヴン・ソダーバーグ監督、 最後の劇場映画と言われているんだって? 彼、まだ若くなかった? 「そうだね。 『セックスと嘘とビデオテープ』で カンヌ国際映画祭パルムドールを史上最年少で受賞したのが26歳のとき...... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [だらだら無気力ブログ!]
中盤から終盤にかけての展開が面白い。 [続きを読む]

» サイド・エフェクト / Side Effects [勝手に映画評]
奇才スティーヴン・ソダーバーグの作品。新薬に疑われる“副作用”がもたらす、悲劇と疑惑を描いた、社会派サスペンス。50歳になるスティーヴン・ソダーバーグの最後の劇場公開映画になります。 それにしても、スティーブン・ソダーバーグって、芸の幅が広い。私が見た作品...... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [映画と本の『たんぽぽ館』]
エゴ丸出し、したたかな人々 * * * * * * * * * * ジュード・ロウ出演、これは見なくてはと思いつつ、 他の出演者を見てみれば、 ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム、 おやまあ、なんと豪華な出演陣。 期待が...... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [♪HAVE A NICE DAY♪]
新薬の副作用によって夢遊病となり、夫を殺害してしまった女性にルーニー・マーラ ルーニー・マーラの治療をする精神科医にジュード・ロウ ルーニー・マーラを前に診ていた博士にキャサリン・ゼタ・ジョーンズ この間観た「ホワイトハウス・ダウン」で強いチャニング...... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [ルナのシネマ缶]
スティーヴン・ソダーバーグ監督の 最後の作品と言われている本作は 想像していたストーリーとは ちょっと違う展開で、 社会派的な話かと思いきや ラストは『半沢直樹』バリの 倍返しでした! なかなか面白かったけど、 ある意味怖い話でもありました。 金融マンの夫マーティン(チャニング・テイタム)が 違法株取引で逮捕されやっと釈放されたが、 エミリー(ルーニー・マーラ)は、うつ病を再発させ 交通事故や自殺未遂を引き起こすように。 診察にあたる精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [心のままに映画の風景]
インサイダー取引で収監されていた夫マーティン(チャニング・テイタム)が出所した矢先、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、自動車事故で病院に運ばれる。 診察に...... [続きを読む]

» 『サイド・エフェクト』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サイド・エフェクト」□監督 スティーヴン・ソダーバーグ □脚本 スコット・Z・バーンズ□キャスト ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、       チャニング・テイタム、ヴィネッサ・ショウ■鑑賞日 ...... [続きを読む]

» 久々のダブルヘッダー [My Pace, My Self]
もう9月ではありますが、今年初のダブルヘッダーです。ここまでは映画館で観るのを諦めた作品もありましたが、文化の秋映画の秋ということで、今月に入ってからは諦めれない作品ばかりで各映画館の上映予定作品とにらめっこ。ディノスシネマズに観たい作品が多く、月曜日のPonta会員1000円があるからディノスは月曜、他の映画館を木曜に振り分けて。そして今月は月曜祝日だから今月ディノスで観たい作品はしっかり鑑賞できそうです。まあそんな理由で今日はディノスダブルヘッダーです。ストーリーがごっちゃにならないように、自分... [続きを読む]

» 『サイド・エフェクト』 2013年8月28日 よみうりホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『サイド・エフェクト』 を試写会で鑑賞しました。 この内容はネタばれを含むかもしれませんので マッサラで観たい方は読まないでください。 面白かったし、ルーニー・マーラもジュード・ロウも熱演でしたよ 【ストーリー】  金融マンであった夫マーティン(チャニング・テイタム)が違法株取引で逮捕されたのを機に、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、交通事故や自殺未遂を引き起こすように。診察にあたる精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は、かつて彼女を診ていたシーバート博士(キャ... [続きを読む]

» 『サイド・エフェクト』 シンプル・イズ・ベスト [映画のブログ]
 上手い! 本当に上手いと思う。  まず題名が上手い。  当初予定されていた『The Bitter Pill』も、とても上手い題だ。「The Bitter Pill」は「嫌なこと」を意味するが、「苦い錠剤」という意味もかけている。この題なら、抗うつ薬を巡る医師と患者の物語にピッタリだ。  そんな優れた題を捨てて、最終的に付けたのが『サイド・エフェクト』。「Side Effects」とは...... [続きを読む]

» 「サイド・エフェクト」 [セレンディピティ ダイアリー]
スティーヴン・ソダーバーグ監督によるサイコサスペンス、「サイド・エフェクト」(S [続きを読む]

» サイド・エフェクト。 [すぷのたわごと。]
『サイド・エフェクト』を観に行ってきました。 スティーヴン・ソダーバーグの“最後の劇場作品”だそうだ。 監督業からの引退ではないみたい。 原題は『SIDE EFFECTS』で、“副作用”という意味らしい。 血塗れの床、その三ヶ月前。 エミリー・テイラー(ルーニー・マーラ)は、夫マーティン(チャニング・テイタム)が出所し、新たな生活をスタートさせる。 しかし、かつて患っていた鬱病を再発、事故を起こす。 診察を担当した精神科医ジョナサン・バンクス(ジュード・ロウ)は、同情し、セラピ..... [続きを読む]

» 効果・効能・副作用~『サイド・エフェクト』 [真紅のthinkingdays]
 SIDE EFFECTS  ロンドン出身ながら、NYで精神科医として働くジョナサン・バンクス(ジュー ド・ロウ)は、エミリー・テイラー(ルーニー・マーラ)の担当医となる。やり手の 証券マンだった夫マーティン(チャニング・テイタム)がインサイダー取引の罪 で収監された後、彼女はうつを発症し、夫の出所直後に自殺を図ったのだ。 エミリーの元担当医であ...... [続きを読む]

» 「サイド・エフェクト」よくできた2時間サスペンス [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
とても評判いいし、前からずっと観たかった作品。 何より薬の副作用を扱った、もしや医療問題を絡めた社会派の作品?と、ちょっと期待しすぎたかなー 意外などんでん返しを用意して、でも謎を解いてみたら、案外手の混んだ2時間サスペンス。... [続きを読む]

» 薬と嘘と殺人事件 [笑う社会人の生活]
9日のことですが、映画「サイド・エフェクト」を鑑賞しました。 新薬の副作用によって夢遊病となり夫を殺害してしまった女性 薬を与えた主治医の精神科医はその悲劇の裏側に隠された真実を暴こうとするが・・・ 久々に正統派サスペンス、ミステリを見たなぁと 鬱、新薬...... [続きを読む]

» サイド・エフェクト(2013)**SIDE EFFECTS [銅版画制作の日々]
 事件に潜む、もう一つのldquo;副作用(サイド・エフェクト)rdquo; 久しぶりの更新。金曜日の午後、免許更新の後東宝シネマズ二条へ・・・・。公開前から気になっていた作品を早速鑑賞してきました。監督はあのソダーバーグ監督。なんでもこの作品が劇場長編...... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [こんな映画見ました〜]
『サイド・エフェクト』---SIDE EFFECTS---2013年(アメリカ)監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ジュード・ロウ 、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、チャニング・テイタム 「コンテイジョン」「マジック・マイク」のスティーヴン・ソ...... [続きを読む]

» 「サイド・エフェクト」 [ここなつ映画レビュー]
完成された作品。見事、と言う他ない。監督スティーヴン・ソダバーグ、50歳にしてこの完成度。しかし、確かに魅惑の光は輝いてはいたけれど、その中には爆発的なエモーションは無かった、と言うべきか。完成し過ぎ、こなれ過ぎ、という感じ。 そう考えると、この作品を劇場公開最後の作品にするとスティーヴン•ソダバーグは表明しているが、それでいいのかもしれない。最も好きな映画監督の一人スティーヴン•ソダバーグの新作がもう観られないという事は悲しいけれど、このままただ完成された作品を淡々と作り続けられてもどう... [続きを読む]

» サイド・エフェクト ★★★★ [パピとママ映画のblog]
スティーブン・ソダーバーグ監督が、薬の副作用が招いた殺人事件と、その事件に潜む陰謀を描いたサスペンス。幸福な生活を送っていたエミリーは、夫がインサイダー取引で収監されたことをきっかけに、かつて患ったうつ病が再発。精神科医のバンクスが処方した新薬により、...... [続きを読む]

» 『サイド・エフェクト』 (2013) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: SIDE EFFECTS 監督: スティーヴン・ソダーバーグ 出演: ジュード・ロウ 、ルーニー・マーラ 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、チャニング・テイタム 映画『サイド・エフェクト』 公式サイトはこちら。 ウォール街のエリート金融マン、マーティン(チャ...... [続きを読む]

» 映画『サイド・エフェクト』★トンだ副作用(トバッチリ)もラストは完治(^_-)-☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について : http://cinema.pia.co.jp/title/161228/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 主演: ジュード・ロウ だし、監督: ソダーバーグ だし、ということで 楽しみに鑑賞しました☆ 抗うつ薬の副作用で、無意識に、夫を殺してしまったという若妻。 本人が、心神耗弱な..... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [迷宮映画館]
あの独特の乾いた感じは、最後まで貫かれた。 [続きを読む]

» サイド・エフェクト [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
サイド・エフェクト 13:米 ◆原題:SIDE EFFECTS ◆監督:スティーブン・ソダーバーグ「マジック・マイク」 ◆主演:ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム ◆STORY◆ 金融マンであった夫マーティン(チャニング・テイ...... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [普通の会社員の○○○な話]
(あらすじ) うつ病の女性に処方した 新薬の副作用で思いもよらぬ トラブルに巻き [続きを読む]

» 映画『サイド・エフェクト』を観て [kintyres Diary 新館]
13-70.サイド・エフェクト■原題:Side Effects■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:106分■料金:1,800円■観賞日:9月9日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・撮影・編集:スティーヴン・ソダーバーグ◆ジュード・ロウ◆ルーニー・メーラ◆キャサリ...... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [いやいやえん]
うーんこれは他人事ではない。私も精神科医から処方箋をもらって薬を飲んでる身ですからね、ただ、新薬ではないですけども。 ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタムさんら共演。うふっ 精神科医バンクスのもとに、夫マーティンがインサイダー取引の罪で収監され出所した、うつ病の女性エミリーが来院する。新薬を処方するも副作用で夢遊病を発症してしまう。そして、ある日彼女は夢遊病状態のまま殺人事件を起こしてしまう…。主治医の責任を問われたバンクスは独自調査に乗り... [続きを読む]

» サイド・エフェクト [miaのmovie★DIARY]
Side Effects [DVD] [Import]()Jude Law、Rooney Mara 他商品詳細を見る 【SIDE EFFECTS】 制作国:アメリカ 制作年:2013年 公私共に順調な生活を送っている精神科医のバンクス。 ある日、彼のもとに、28歳の女性エミリーが来院する。彼女は夫 マーティンがインサイダー取引の罪で収監され、絶望のどん底に あった。マーティン...... [続きを読む]

» 「サイド・エフェクト」 [或る日の出来事]
出所後の夫を持つ女の話? 精神薬の話? それとも… [続きを読む]

« 許されざる者 ジャパン・プレミア | トップページ | キャプテンハーロック »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ