サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« エンド・オブ・ウォッチ | トップページ | サイド・エフェクト »

2013年9月 8日 (日)

許されざる者 ジャパン・プレミア

その男 人斬り十兵衛

Photo_2

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/yurusarezaru
9月13日公開

1992年のクリント・イーストウッド監督・主演作のリメイク

監督: 李相日  「フラガール」 「悪人」

1880年、北海道。かつて徳川幕府の命を受けて志士たちを惨殺し、“人斬り十兵衛”と恐れられた男、釜田十兵衛(渡辺謙)は、一人の女性と出会い所帯を持ったが、その妻は3年前に他界し、今は残された2人の子どもとともに、人里離れた土地で、つましく静かな生活を送っていた。そんな時、かつて幕府軍として一緒に戦った仲間、馬場金吾(柄本明)が現われ、賞金首の話を持ちかけられる。もう人殺しはしないという亡き妻との約束を理由に、その話を断った十兵衛だが、最北の地での暮らしは過酷を極め、食べるものにも事欠く有様。十兵衛は、再び刀を手にする。

ニッポン放送の上柳アナウンサーの司会で、ジャパンプレミアが始まりました。
1階の客席の出入口から、佐藤浩市さんと柄本明さん、2階には渡辺謙さんが登場しました。
謙さんはそのあと、1階後方から李相日監督と一緒に登場してステージに上がりました。
キャストが通る近くの席でなくて、残念だったわ。

ステージにせり上がって登場したのは、
柳楽優弥  勿那汐里  小池栄子  國村隼  小澤征悦  三浦貴大  滝藤賢一
若手、中堅、ベテランとそろっているキャストです。



さて映画の舞台は、オリジナルと同じ1880年の設定。
明治13年です。

勝てば官軍で、勝者は賞賛され、負ければ人殺し。

幕府軍だった釜田十兵衛は、明治になると官軍に追われる身となった。
逃げ延びた地で出会ったアイヌの女性を妻として子供も生まれ、ひっそりと暮らしていた。

北海道の荒涼とした大地が、物語の雰囲気を決める大きな要因となっていると思います。
生活の厳しさ、辛さが伝わってきます。
十兵衛たちが馬で移動するのも、納得できる大地。

4jpg_2

とにかく北海道の風景がすばらしい。

3

フィクションではあるけれど、厳しさを感じる風景と、アイヌ民族の迫害の歴史を持つ土地が、多少違和感はあっても、物語に真実味を与えてる。

悪役の大石(佐藤浩市)は暴力的ではあるけれど、それほど憎めなかった。
十兵衛も大石も、時代に翻弄された者。
たまたま勝者と敗者となって、明暗が分かれた。
大石もその点をわかっていたのじゃないかしら。
十兵衛を人斬りと呼ぶけど、自分も同類でしょ。

社会状況も価値観も大きく変動した時代。

同じ勝者でも、蝦夷の小さな町とはいえ、権力を持つ地位に就いた長州出の大石と、賞金を稼ごうと北海道にやってきた薩摩出の北大路(國村隼)の対比も効いてた。

賞金目当てで十兵衛たちと同行する事にし、後でその出自が明らかになる沢田。
柳楽くんは謙さんや柄本さんと一緒のシーンが多くて、頑張っていました。
精神が不安定な時期もあったけど、最近はどうなのかしら。
才能ある俳優なので、このまま続けほしいわ。

オリジナルは細かくは覚えていないけれど、同じ展開だなあと思ってみていました。

ラストも同じなのかとのんびり見ていたら、
結末が違う。

大石との対決で、鬼気迫る十兵衛が怖い。

2

一旦スイッチが入ると、十兵衛の本質は変わっていないと思い知らされる。
十兵衛自身も、所詮自分は変われないと感じたのかな。
心に重くのしかかるよう。
十兵衛の悲哀が感じられる結末。

骨太な男の映画になっていました。
結末が違う事で、作品の雰囲気がオリジナルと大きく違って感じられました。

(鑑賞日9月2日)

« エンド・オブ・ウォッチ | トップページ | サイド・エフェクト »

【映画】や行」カテゴリの記事

プレミア試写会」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
コメント&TBをありがとうございました。
この映画は賛否が分かれているようですが、私は楽しめました。
オリジナルも素晴らしかったけれど、この日本版も悪くないと思いました。
アイヌのことを盛り込んだのもよかったかなと。
こちらからもTBさせてくださいね。

★choroさん
そちらは、またyahoo以外の人のコメントやTBができるようなってうれしいです。

リメイクとしては、頑張ってしよくできている作品だと思います。

舞台を変えても、こんなしっくりくるとは、意外でした。
時代に翻弄されてしまった悲哀が見事に出てましたね。
時代の活かし方は、こっちの方がよかったかもです。

★sakuraiさん
うまく設定を持ってきたなと思いました。
リメイクとしては、いい出来です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/53039740

この記事へのトラックバック一覧です: 許されざる者 ジャパン・プレミア:

» 『許されざる者』 2013年8月30日 よみうりホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『許されざる者』 を試写会で鑑賞しました。 評価はわかれるんでしょうね。こういう映画は評論家はいい評価なんでしょう 【ストーリー】  1880年、開拓が進む江戸幕府崩壊後の北海道。人里離れた土地で子どもたちとひっそりと暮らす釜田十兵衛(渡辺謙)だが、その正体は徳川幕府の命を受けて志士たちを惨殺して回った刺客であった。幕末の京都で人斬(き)りとして名をとどろかせるも、幕府崩壊を機に各地を転々と流れ歩くようになり、五稜郭を舞台にした箱館戦争終結を境に新政府の追手をかわして失踪。それから10年あまり、... [続きを読む]

» 「許されざる者」☆和服を着た洋画 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
1992年にクリント・イーストウッド監督・主演でアカデミー賞他数々の賞を総なめにした「許されざる者」を日本を舞台に焼きなおした作品。 これ以上のキャストはいない、これ以上の壮大な景色はない、申し分のない条件が揃ったこの映画の、何故か1つだけ引っかかるものは・・・・... [続きを読む]

» 許されざる者 [うろうろ日記]
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 北海道で賞金目当てに人殺しに出かける謙 [続きを読む]

» 許されざる者 [悠雅的生活]
不殺の誓い。賞金首。別の生き方。(試写会) [続きを読む]

» 許されざる者 : 魂を揺さぶる映画 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 無人探査機ボイジャー1号が昨年8月25日ごろ、人工物として初めて太陽圏を離れたとのこと。ちなみに、本日紹介する作品も今までの報画の枠を離れたといえるこちらになります [続きを読む]

» 『許されざる者』 (2013) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督: 李相日 出演: 渡辺謙 、柄本明 、佐藤浩市 、柳楽優弥 、忽那汐里 、小池栄子 、國村隼 、近藤芳正 、滝藤賢一 、小澤征悦 、三浦貴大 試写会場: ヤクルトホール 映画『許されざる者』 公式サイトはこちら。(2013年9月13日公開) 明治13年。開...... [続きを読む]

» 許されざる者 [Akira's VOICE]
殺生な人生ってツライね。。   [続きを読む]

» 映画:許されざる者 凄い迫力! だが「なぜ今、日本でリメイク?」の疑問は解消されない。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
1992年クリント・イーストウッド監督・主演の西部劇(アカデミー賞作品賞受賞)のリメイク。 まず特筆すべきは、北海道でのオールロケ。 これがとても美しく、映画の醍醐味のひとつを十二分に楽しんだ。 (写真:物語の中心となるセット) そして渡辺 謙。 ハリウッ...... [続きを読む]

» 「許されざる者(2013)」 背中に負う十字架 [はらやんの映画徒然草]
クリント・イーストウッドの「許されざる者」が公開されたのは日本では1993年で、 [続きを読む]

» [W侍映画『許されざる者』『ウルヴァリン SAMURAI』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆本日公開作の、本来の時代からズレた「侍」をフィーチャーした2作品を観てきましたよ。  いやはや、どちらも面白かった。  とりあえず、夜の仕事を終えて帰宅してから感想を書きますな^^    ◇    『許されざる者』    イーストウッド作の邦画リメイク...... [続きを読む]

» 『許されざる者』 (2013年) [cinema-days 映画な日々]
蝦夷地に逃げ延びた江戸幕府側の 残党が極貧の末、再び賞金稼ぎとして 戦いに身を投じるさまを描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) クリント・イーストウッド版(1992年)の邦画リメイク... [続きを読む]

» 許されざる者(2013) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2013/09/13公開 日本 PG12 135分監督:李相日出演:渡辺謙、柄本明、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、近藤芳正、國村隼、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大、佐藤浩市 人は、どこまで許されるのか。 [Story]1880年、北海道。かつて幕府軍最下層の兵士として幕末の志士を斬り...... [続きを読む]

» 許されざる者 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(F) 重厚な時代劇に渡辺謙はピッタリ合うね [続きを読む]

» 映画『許されざる者(2013)』★最後に許せなかった者 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160530/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 イーストウッド主演の『 許されざる者 』には “許されない罪”とは、どの範囲なんだろうか … などと思わされるのに その疑問さえ、安っぽく感じるほどの作品でありました。 殺人でなく..... [続きを読む]

» 『許されざる者』 オリジナルとここが違う! [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  なんと稀有なことだろう。  クリント・イーストウッドが監督・主演した1992年の映画『許されざる者』は、まごうことなき傑作だ。アカデミー賞の作品賞をはじめ、多くの賞を受賞して...... [続きを読む]

» 『許されざる者』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「許されざる者」□監督・脚本 李相日□キャスト 渡辺 謙、柄本 明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、        國村 隼、近藤芳正、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyaz...... [続きを読む]

» 許されざる者・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
“許されざる者”は誰か? クリント・イーストウッドが1992年に監督・主演した「許されざる者」は、西部劇のマスターピースにして、映画史にその名を刻む傑作中の傑作である。 テレビの「ローハイド」からマカロニウェスタンを経て、数多くのガンマンを演じてきたイーストウッドが、10年以上企画を暖めて作り上げた“最後の西部劇”は、もはや勧善懲悪的な二元論が説得力を持たなくなった20世紀末に、老ガ...... [続きを読む]

» 許されざる者 暴力の本質に迫る! [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【50うち今年の試写会5】 クリント・イーストウッドが監督と主演を務め、アカデミー賞作品賞などに輝いた西部劇をリメイクしたとういうこの作品。 このクリント・イーストウッド版がテレビで放送されていたけど録画し忘れて観れなかった、観ておかなくて良かったのかどうかは分からんけど。  明治維新の際に北海道に落ち延びた幕府軍の生き残りである釜田十兵衛は、僻地で幼子と暮らしていた。そんな十兵...... [続きを読む]

» 許されざる者 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
クリント・イーストウッド監督・主演で第65回米アカデミー作品賞、監督賞ほか4部門を受賞した傑作西部劇「許されざる者」(1992)を、「フラガール」「悪人」の李相日監督のメガホンで日本映画としてリメイク。江戸幕府崩壊後の明治初期、北海道開拓時代の歴史の中で、か...... [続きを読む]

» 許されざる者 [ハリウッド映画 LOVE]
監督:李相日出演:渡辺謙、佐藤浩市、柄本明、柳楽優弥、・・・ [続きを読む]

» あの名作を日本の手で [笑う社会人の生活]
3日のことですが、映画「許されざる者」を鑑賞しました。 試写会にて あのイーストウッド監督作 「許されざる者」の日本リメイク 渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、監督は李相日 期待できるメンバーながら、元が素晴らしい作品だけに 不安もあったが・・・ 全体としては 悪...... [続きを読む]

» 映画「許されざる者」 [FREE TIME]
映画「許されざる者」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 許されざる者 [映画と本の『たんぽぽ館』]
一元的には語れない正義、人を殺める側の痛み * * * * * * * * * * 1992年クリント・イーストウッド監督・主演作品のリメイク。 本作の製作が発表された時には、ひどく意外な感じがしたものでした。 あれを日本で…?!  でも出演に渡辺謙、佐藤浩...... [続きを読む]

» [映画][☆☆☆★★]「許されざる者」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「悪人」の李相日監督、「硫黄島からの手紙」の渡辺謙主演。第65回アカデミー賞作品賞を受賞したクリント・イーストウッド監督(及び主演)作品を、舞台を明治初期の北海道に移してのリメイク。 ちなみに1960年に公開された、オードリー・ヘプバーン主演の同名作品と... [続きを読む]

» 「許されざる者」(2013) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
私は結構よかったと思ったんだけどなぁ。。。。(笑) 帰宅後YAHOO映画の評の低さを見てちょっとびっくり。でも、映画は楽しんだ者勝ちなので・・・^^; ということで、イーストウッドの名作 「許されざる者」 の日本版リメイク作品として公開された本作ですが、比べるのも面白いし、また、日本ならではの設定も個人的にはよかったと思いました。大筋はオリジナルと同じですが、日本人が観るからこそ解かる部分も多いのではないかなぁ。我々はアメリカ映画に出てくるネイティヴ・アメリカンのことを、深く理..... [続きを読む]

» 許されざる者 [映画的・絵画的・音楽的]
 『許されざる者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、イーストウッド監督が制作し、アカデミー賞作品賞等を受賞した同タイトルの作品を、すべて日本に置き換えてリメイクしたものです。  元の作品では、マニー(クリント・イーストウッド)、昔の相棒・ロー...... [続きを読む]

» 許されざる者 [だらだら無気力ブログ!]
見応えある作品だった。 [続きを読む]

» もう誰も殺さなくていい~『許されざる者』 [真紅のthinkingdays]
 1880年、北海道。幕末に 「人斬り十兵衛」 と恐れられていた釜田十兵衛 (渡辺謙)は、痩せた土地で二人の子を抱え、極貧の生活を送っていた。そこ へかつての仲間・馬場金吾(柄本明)が現れ、賞金稼ぎの話を持ち掛ける。  クリント・イーストウッド監督/主演のアカデミー賞受賞作品 『許されざる者 (UNFORGIVEN)』 のリメイク。有名過ぎるオリジナルは未見だが、本作を 観...... [続きを読む]

» 「許されざる者」 [ここなつ映画レビュー]
クリント・イーストウッドのあまりにも有名な同名作品の日本版リメイク。期待して、満を時して、男節(オトコブシ)満開の息子を連れて鑑賞。 …正直、期待した程ではなかった。つまらなかった訳ではないけど…普通。 「人斬り十兵衛」(渡辺謙)が覚醒するまでがちょっと長くないか?オーラスの人斬り十兵衛切りまくるの図、も、スローモーションの多用でテンポ悪し。そう、全体的にテンポが悪く、もっさりした感じ。「研ぎ澄まされた」とか、「孤高の」という雰囲気がイマイチ出ていなかった。ゼロではなかったけどね。 ... [続きを読む]

» 許されざる者 [迷宮映画館]
柄本明のモーガン・フリーマン度に脱帽。 [続きを読む]

» 許されざる者 [銀幕大帝α]
2013年 日本 135分 ドラマ/時代劇 PG12 劇場公開(2013/09/13) 監督: 李相日 アダプテーション脚本: 李相日 出演: 渡辺謙:釜田十兵衛 柄本明:馬場金吾 柳楽優弥:沢田五郎 忽那汐里:なつめ 小池栄子:お梶 近藤芳正:秋山喜八 國村隼:北大路正春 滝藤...... [続きを読む]

» 許されざる者 [いやいやえん]
【概略】 かつて「人斬り十兵衛」として恐れられた男は、刀を捨て極貧生活を送っていたが、昔の仲間から賞金首の話を持ち掛けられ…。 アクション クリント・イーストウッドの名作「許されざる者」を邦画でリメイク。これだけでもうイタタタターなんですが。 渡辺謙さん主演。 ほとんどコピーです。「省略」とアイヌを交えてはいるけど。 大雪山を回って、ってどこに住んでんだ?と北海道在住の私は考えた、でもアイヌコタンの側っていってたしなあ…。どこなんだべ。まあそれはいいにせよ、ラストの銃撃&刀... [続きを読む]

« エンド・オブ・ウォッチ | トップページ | サイド・エフェクト »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ