サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« セイフ ヘイヴン ニコラス・スパークス著 | トップページ | 母の身終い トークショー付き プレミア試写会 »

2013年11月21日 (木)

フィルス

わけありのロクデナシ

Filth

公式サイト http://www.uplink.co.jp/filth

原作: フィルス (アーヴィン・ウェルシュ著/パルコ出版)

クリスマス・キャロルが街中で流れ出す季節のある晩に、残忍な日本人大学生殺人事件が起きた。この事件の捜査の指揮を任されたのは、エディンバラ警察のブルース・ロバートソン刑事(ジェームズ・マカヴォイ)。差別主義者にして性欲の権化。おまけにアルコールとドラッグの中毒も併せ持つ筋金入りのロクデナシ。しかし刑事として有能なのを自負する彼は、同じ部署の無能なライバルたちを出し抜いて事件を解決し、警部補への昇進を目論む。

※R18+

イギリス映画で、本国では大ヒット。原作は、「トレインスポッティング」と同じ著者。
フィルスの意味は「クズ」で、主人公はまさにクズ野郎。
フィルスには、スラングで「警察」の意味もあるそうです。

真面目で繊細な役が多いマカヴォイさんが、とんでもないやさぐれた悪徳刑事を演じています。

Filth_4
↑子供に向かってこんなポーズ

同僚の妻との不倫に売春。未成年者との淫行現場に踏み込むと、少女を脅して○ェ○させるなど、様々な悪行の数々。
警部補のポストがひとつ空き、その座を狙うライバルたちの評判を落とすべく、裏工作も怠らない。
とにかくひどい男です。

同僚には
隠れナチ
同性愛者のピーター
無能なガス(ゲイリー・ルイス)
ヤク中で短小の新米刑事レイ・レノックス(ジェイミー・ベル)

Filth_5

上司と寝ているはずのアマンダ(イモージェン・プーツ)

リッチな会計士でブルースと買春旅行に行くクリフォードに、エディ・マーサン

Filth_2

ブルースがいたずら電話をかけているクリフォードの妻は、シャーリー・ヘンダーソン

ブルースがかかっている精神科医に、ジム・ブロードベント

「リトルダンサー」で親子役だったジェイミーくんとゲイリー・ルイスが、同じ部署の刑事役ですよ。月日が流れましたねえ。
会計士の妻は、ハリポタの嘆きのマートル。

同僚の評判を落として出世を目論むゲスな様子を、コミカルに描いていくのかなと思いきや、意外な展開が待っていました。
主人公の内面があらわに。
色々なピースがあちこちにあったのも、わかります。
お下劣シーンの連続ですが、意外にも切なく悲しいおすすめ映画だった。
チラシの中央に書かれている「この男をお救いください!」も納得。
「トランス」といい本作といい、マカヴォイさんは役と演技の幅を広げてますねえ。

ここからは、ネタバレを含む感想です。

冒頭の殺人現場で、ある女性が近づいてくると、逃げ出す犯人グループ。
彼らが逃げ出すような人物って誰?と思ったけど、ブルースの悪行ぶりで、少し注意がそれていたところに、正体がわかって愕然!( ̄ロ ̄lll)

ブルースには妻キャロルと娘がいるはずなのに、何かおかしいなとは思っていたのよ。
それと、精神科医にかかっている理由。
なぜ、犯人達の顔を知っている?
最近読んだばかりの「セイフ ヘイヴン」の夫ケヴィンと、かなり重なっちゃったわ。映画では描かれていない、妻が家出してからのアル中のケヴィンの様子が、ブルースとそっくりなの。家はゴミだらけで散らかっている。妻がいなくて寂しい気持ちと、妻を恨む気持ちが入り混じる。自分勝手な思い込みと妄想。他の女性とセックスしても妻を思い出す。
自分ではばれないていないつもりでも、実はアルコールの臭いがプンプンして、周囲にはアル中なのがバレバレな現実とかね。

道で倒れている男性を助けようとするあたりから見え隠れする、ブルースの良心。
あら、こんなところもあったの?と思うのよ。

白人女は黒人男に○ェ○したりしないとのセリフも、ずっとあとに効いてくる。
妻が娘を連れて家を出た。妻の相手は黒人だった。
そのショックから立ち直れないまま、どんどん気持ちも生活も荒れていった。
昇進すれば、妻が帰って来ると思ったのかしら。
昇進どころか制服警官に降格された。

やっと現実を把握し、しっかりと制服に身を包んだ彼が選んだ道は、悲しい。weep
悲しく哀れな男の物語だった。

(鑑賞日11月19日)

« セイフ ヘイヴン ニコラス・スパークス著 | トップページ | 母の身終い トークショー付き プレミア試写会 »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/54006914

この記事へのトラックバック一覧です: フィルス:

» 『フィルス』 2013年11月11日 渋谷シネマライズ [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『フィルス』 を試写会で鑑賞しました。 ジョン・S・ベアード監督、アーヴィン・ウェルシュ原作者が登壇しました。 あと知らないアイドルグループBISとかいうのも 【ストーリー】  スコットランド警察の刑事、ブルース・ロバートソン(ジェームズ・マカヴォイ)。優秀な頭脳を誇り、活力あふれる彼だったが、その裏ではアルコールとドラッグの依存症に陥り、売春や不倫に手を出し、残業の不正申告を欠かさないという、刑事の風上にも置けない人物だった。そんな中、日本人の留学生が殺されるという事件が発生。目撃者ゼロという... [続きを読む]

» フィルス [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(10) 男性のイチモツのスキャンコピーには笑えるが [続きを読む]

» フィルス [心のままに映画の風景]
スコットランド警察のブルース・ロバートソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、頭脳優秀な刑事だが、その裏では、売春や不倫、アルコールとドラッグ依存症に陥るイカれた人物だった。 そんな中、日本人の留学生が殺されるという事件が発生。 事件を解決して昇進を目論むブルースだったが、捜査を進める内、自身の過去と向き合うことになり、精神的に追い詰められていく。 「トレインスポッティング」の...... [続きを読む]

» (精神的に)あぶない刑事 アーヴィン・ウェルシュ ジョン・S・ベアード 『フィルス』 [SGA屋物語紹介所]
ハリウッドの若手俳優の中でも、演技派として注目を浴びているジェームズ・マカボイ。 [続きを読む]

» フィルス(2013)★★FILTH [銅版画制作の日々]
 この男をお救いください!英国発★愛と絶望を笑いにする最高にイカしたクライム・コメディ!! 先週の日曜日、京都みなみ会館で鑑賞。最初このチラシ観た時はラッセル・クロウじゃ?!と思うくらいでしたが、実は何を隠そうあのジェームズ・マカヴォイ君だったのです。ま...... [続きを読む]

» 対照的なダブルヘッダー [My Pace, My Self]
昨日は1日ということでもちろん映画 先週から観たい映画が続々と公開になっているのでもちろんダブルヘッダー 対照的な2本でした。 ※以下感想です。  ネタバレありですのでご注意ください。 nbsp;... [続きを読む]

» フィルス [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
フィルス 13:イギリス ◆原題:Filth ◆監督:ジョン・S・ベアード ◆主演:ジェームズ・マカヴォイ、ジェイミー・ベル、イモージェン・プーツ、ジム・ブロードベント、シャーリー・ヘンダーソン、ジョアンヌ・フロガット、エディ・マーサン、エミュ・エリオット、マー...... [続きを読む]

» フィルス ★★ [パピとママ映画のblog]
『トレインスポッティング』の原作者でもある作家、アーヴィン・ウェルシュの小説を実写化したクライムコメディー。頭脳明晰(めいせき)ながらも、酒や麻薬に溺れ、さまざまな不正行為を働く刑事が、留学生殺人の捜査に乗り出したことから思わぬ事態に遭遇する。『つぐな...... [続きを読む]

« セイフ ヘイヴン ニコラス・スパークス著 | トップページ | 母の身終い トークショー付き プレミア試写会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ