サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • キングスマン:ゴールデン・サークル

    5パーセントの奇跡

    ジオストーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 母の身終い トークショー付き プレミア試写会 | トップページ | 小さいおうち 完成披露試写会 »

2013年11月27日 (水)

ウォールフラワー

誰でも悩み苦しむ青春時代

The_perks_of_being_a_wallflower

公式サイト http://wallflower.gaga.ne.jp

原作: ウォールフラワー (スティーブン・チョボスキー著/集英社文庫)
監督・脚本: スティーブン・チョボスキー

チャーリー(ローガン・ラーマン)は、内気で物静かな小説家志望の16歳。入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられた高校では、友達ができないままひっそりと息を潜めてやり過ごしていた。当然のようにパーティ会場でもたった一人で壁際に佇み“壁の花”状態。そんなある日、彼は勇気を振り絞り、フットボールの観客席で隣に座る陽気な上級生パトリック(エズラ・ミラー)に声を掛けてみる。すると意外にもパトリックは気さくに接してくれ、奔放な恋愛を重ねる義理の妹サム(エマ・ワトソン)も紹介してくれた。彼らの仲間に迎えられたチャーリーの高校生活は一変する。

10代だったら、キュンキュンしちゃう青春ストーリー。
泣けるし、感動しました。

原作は未読ですが、私があまり好きではないライ麦畑でつかまえての現代版といわれていると聞いて、一抹の不安を抱えての鑑賞でしたが、この物語は気に入りました。
後味もいいわあ。

Theperksofbeingawallflower_6

ローガンくん、よかったよ~~。
ほんと、よかった。
内気で純情で、トラウマを抱える高校生を見事に演じているので、感情移入できます。
主人公を、抱きしめて応援したくなる。


チャーリーは、ひとり、胸の中に封印していた幼い時の秘密があり、中学時代には親友が自殺し、精神的に辛いものを抱えていて、入院したり薬を飲んだりしているの。
同じ高校に通う姉にも、中学時代に親しかった友だちにも、校内で相手にされない。
友だちも彼女もいないまま、目立たないように過ごす高校生活。
でも思い切って、学園カーストとは無縁のはみだし者の陽気なパトリックに声をかける。
そうそう、じっと待っているだけじゃ友達はできないよ。
すると、彼らの仲間に入れた。みんなチャーリーより年上で、翌年には卒業する。

Theperksofbeingawallflower_4

彼の義理の妹(親が再婚同士で兄妹になった)のサムに恋をするけれど、彼女には大学生の彼氏がいる。
それでもサムを想い続けるチャーリー。
サムが志望大学へいけるように、試験勉強を手伝ってあげたりします。

Theperksofbeingawallflower_5

仲間のメアリー・エリザベスに付き合って欲しいといわれると、断れずに付き合ってしまう。

Theperksofbeingawallflower_3

彼女に迫られて戸惑うチャーリーがかわいい。

でも、やっぱり彼が好きなのはサムなのが、みんなにわかってしまう。

Theperksofbeingawallflower_2

チャーリーだけでなく、パトリックやサムにも、人には言えない秘密があった。

エマちゃんはとっても可愛いくて魅力的で、主人公が恋するのも納得。
エズラ・ミラーも、陽気なパトリックがうちに抱える悲しみや苦しみをリアルに表現していました。


傷ついたり傷つけたり。
おもいっきり悩み落ち込む事もあるけれど、キラキラ輝けるのも青春時代。happy01
誰でも共感できる物語だと思いました。

チャーリーが、叔母も姉もサムも、なんであんな相手と付き合っているのか、もっとふさわしい相手を恋人に持てばいいのにと思うのもよかった。
付き合っている本人はわからないんだよねえ。

(鑑賞日11月25日)

« 母の身終い トークショー付き プレミア試写会 | トップページ | 小さいおうち 完成披露試写会 »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

ほんとに!
見る前は、眉唾で、いぶかしんだのですが、見てよかった!!
おばさんですが、気持ちが痛いほどにわかるし、表し方もお見事!
素敵な映画でした。
はたから見ると、??と思うのもやけにわかりました。

★ssakuraiさん
見てよかったと思いました。
若手俳優たちの今後も楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/53910305

この記事へのトラックバック一覧です: ウォールフラワー:

» 映画:ウォールフラワー The Perks of Being a Wallflower エマ・ワトソン主演、高校時代の青春もの。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
タイトル、ウォールフラワーの意味は、原題から理解できる。 The Perks of Being a Wallflower、壁の花模様のように無意味に近い存在だった主人公(最近売れっ子、ローガン・ラーマン:写真中央) そんな彼が、エマ扮する個性的な高校生(写真:左)のグループと付き...... [続きを読む]

» 『ウォールフラワー』 2013年12月1日 TOHOシネマズシャンテ [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『ウォールフラワー』 を鑑賞しました。 今日は映画の日なので梯子の1本目 【ストーリー】  1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)兄妹との出会いによってすっかり様変わりする。チャーリーは初めて知る友情の素晴らしさや、初恋の胸のときめきに有頂天になっていたが……。 エズラ・ミラーが嵐の松潤と被るのは私だけ この映画は良かった... [続きを読む]

» 「ウォールカラー」、アメリカ版甘酸っぱい青春時代の物語! [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆   青春映画好き ☆☆☆☆ 1990年代のアメリカ。 題名の由来の、高校でさえない、壁の花だった文学志望の青年が、フットボール場で勇気を出して知り合った先輩の兄妹。 二人と付き合ううちに、青春儀礼である、酒、たばこ、ダンス、恋人とエスカレー...... [続きを読む]

» ショートレビュー「ウォールフラワー・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
壁の花だって、咲ければいい。 1999年に出版され、一躍ベストセラーとなった小説「The Perks of Being a Wallflower」を、原作者のスティーヴン・シュポースキー自ら脚色・監督して映画化した作品。 ありがちな異業種監督のお遊びではない。 素人とはとても思えない実に巧みな脚本構成と、映像的なセンスの良さに驚かされる。 物語は、作者の分身である主人公のチャーリ...... [続きを読む]

» ウォールフラワー [ダイターンクラッシュ!!]
2013年11月22日(金) 20:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 フレンドリーな変人たち 『ウォールフラワー』公式サイト フリーパスポート17本目。 「パーシー・ジャクソン」が、苛められっ子というか無視されているというかの高校一年生。 ハーマイオニーが、辛い過去があるが、人格者の娘。 「少年は残酷な弓を射る」の奴が、ハーマイオニーの義理の兄で、ナイスガイなゲイ。 いとも簡単にハーマイオニーたちに受け入れられ、楽しげな高校生活に突入。... [続きを読む]

» ウォールフラワー /THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click 「RENT レント」の脚本家として知られるスティーヴン・チョボスキーが、ベストセラーとなった同名小説を自ら監督を務め、 社会現象にもなった自身の小説「ウォールフラワー」を基に描いた青春もの 「...... [続きを読む]

» ウォールフラワー [gala]
ウォールフラワー 原題:The Perks of Being a Wallflower 監督:スティーヴン・チョボスキー 出演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ディラン・マクダーモット、他 2012/アメリカ 公式ウェブサイト スティーヴン・チョボスキー自らの原作(1999年にアメリカで発刊)を、脚本、監督として映画化したもの。この映画作品には、正直、感激しましたね。 映画作品として、ほぼ完璧に仕上がっていた。 成功の原因は、2つ。... [続きを読む]

» 「ウォールフラワー」 [Con Gas, Sin Hielo]
「無」の自分が「無限」の一部になるとき。 言うまでもないことだが、世の中は不公平だ。 神様は乗り越えられる人に試練を与えると言うが、それは得てして慰みに近く、克服できずに終わる者も多い。 本作の主人公・チャーリーは、幼くして負った心の傷に苦しみ続けて...... [続きを読む]

» ウォールフラワー [to Heart]
さよなら、壁際の僕。 原題 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 製作年度 2012年 上映時間 103分 原作:脚本:監督 スティーヴン・チョボスキー 出演 ローガン・ラーマン/エマ・ワトソン/エズラ・ミラー/メイ・ホイットマン/ジョニー・シモンズ/ジョーン・キューザック/ポー...... [続きを読む]

» あの頃/壁の花~『ウォールフラワー』 [真紅のthinkingdays]
 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER  アメリカのある街。ウェブの世界がリアルを凌駕する、少し前の時代。心に 傷を抱えた内気な少年チャーリー(ローガン・ラーマン)は、高校に入学する。 孤独な日々の中、エキセントリックで独特な雰囲気を醸すパトリック(エズラ ・ミラー)と、美しく奔放なサム(エマ・ワトソン)という血のつながらない...... [続きを読む]

» 「ウォールフラワー」 深い友達 [はらやんの映画徒然草]
昨日の「ブリングリング」に続き、偶然にもエマ・ワトソンの出演作を二日連続して観賞 [続きを読む]

» ウォールフラワー ★★★ [パピとママ映画のblog]
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー共演の青春作。原作者のスティーヴン・チョボスキーが監督を務め、自身の小説「ウォールフラワー」を基に、思...... [続きを読む]

» 「ウォールフラワー」 [ここなつ映画レビュー]
観て良かった。心の中に満ちて行くこの想い。 単なる青春映画ではないし、単なる初恋映画でもない。普通なら、本人はそうとは気づかず、宝物のようなきらめく日々を過ごすティーンエイジャー。中学・高校・そして大学へと、一歩一歩階段を駆け上がって行く。時には苦しみ、時には無様に。いや、でもそんな単なる陳腐な話でもない。主人公のチャーリー(ローガン・ラーマン)は、ちょっとだけ普通じゃなかったのだし。 私は女なのに、高校生活始まりたての頃は「Wallflower」でいるしかなかったチャーリーに激しく感情... [続きを読む]

» 「ウォールフラワー」 [セレンディピティ ダイアリー]
公開時から楽しみにしていた「ウォールフラワー」(The Perks of Bei [続きを読む]

» ウォールフラワー [映画と本の『たんぽぽ館』]
それぞれの迷い道 * * * * * * * * * * 16歳チャーリー(ローガン・ラーマン)は、高校入学初日からひとりぼっちです。 それは彼が以前に心を病んで入院していたためかもしれません。 周囲と馴染めず、食堂でもランチはひとりきり。 しかし彼は壁...... [続きを読む]

» ウォールフラワー [映画好きパパの鑑賞日記]
 「ライムギ畑でつかまえて」の再来、というキャッチフレーズにひかれていったら、これ何てラノベ?という感じ。原作者が監督・脚本を担当しているだけあって、思い切った改変もできなかったと推察されます。  作品情報 2012年アメリカ映画 監督:スティーヴン・…... [続きを読む]

» 『ウォールフラワー』(映画)拝啓マイセルフ、エマ・ワトソンは元気です [マンガデシネ]
  99年にアメリカでベストセラーとなった青春小説の映画化なんだとか。その小説を書いた本人が自ら監督として作り上げたということで興味を引かれた。スティーブン・チョボス ... [続きを読む]

» 映画『ウォールフラワー』★心の膿を出して未来の花を咲かせ(^_-)-☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
                     サム        チャーリー         パトリック 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162502/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 あらすじ→ ココ (結末まで) 孤独な高校生チャーリーが、義兄妹(パトリック&サム)と出逢って、活..... [続きを読む]

» ウォールフラワー [迷宮映画館]
なぜに若者が、これほどきつい人生を送らなけれなならなくなるのか?大人が悪い。 [続きを読む]

» ウォールフラワー [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
ウォールフラワー 12:米 ◆原題:The Perks of Being a Wallflower ◆監督:スティーヴン・チョボスキー ◆主演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ケイト・ウォルシュ、ディラン・マクダーモット、メラニー・リンスキー、ニ...... [続きを読む]

» ウォールフラワー [ポコアポコヤ 映画倉庫]
主役の3人を演じたそれぞれの役者さん達が、とても良かったので、良作になっている気がします。4つ★ [続きを読む]

» パーシーとハーマイオニーのラブストーリー(違)〜「ウォールフラワー」〜 [ペパーミントの魔術師]
ウォールフラワー [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-06-03売り上げランキング : 1208Amazonで詳しく見るby G-Tools 原作がそもそも大ヒットで、 期が熟すまで映画化を待っていたらしく、 それが功を奏して、公開当時も映画の評判は随分よかったらしい。やっと見...... [続きを読む]

» 「ウォールフラワー」 [或る日の出来事]
主人公たちと同じ高校生に近かったら、もっと同感したかもですが、わりと好きではあります。 [続きを読む]

« 母の身終い トークショー付き プレミア試写会 | トップページ | 小さいおうち 完成披露試写会 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COMING SOON

無料ブログはココログ