サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ボブという名の猫

    ダンケルク

    僕のワンダフル・ライフ

    ドリーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« グリフィン家のウエディングノート | トップページ | 大脱出 (試写会) »

2013年12月17日 (火)

永遠の0 (試写会)

臆病者の戦闘機乗り

Photo

公式サイト http://www.eienno-zero.jp
12月21日公開

原作: 永遠の0 (百田尚樹著/講談社文庫)
監督: 山崎貴  「リターナー」 「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ

祖母の葬儀の席で、今の祖父大石(夏八木勲)とは血のつながりがなく、実の祖父は宮部久蔵(岡田准一)という人であるのを知った佐伯健太郎(三浦春馬)と慶子(吹石一恵)。宮部は太平洋戦争中に零戦パイロットとして戦い、終戦直前に特攻隊員として出撃して戦死したという。健太郎は編集者の姉慶子に付き合って宮部について調べ始め、かつての戦友たちを訪ねる。するとみな口を揃えて、宮部を臆病者と非難した。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することに執着した腰抜けだと言う。それなら、なぜ宮部は特攻に志願したのか。やがて宮部の最期を知る人物に辿り着いた健太郎は、衝撃の真実を知る。

戦争を体験した人たちが、段々少なくなってきた現在。
いずれ皆いなくなってしまいますが、語り継いで行かなければならないと思います。
今の平和な日本は、多くの犠牲者の上にあると知らなければなりません。
戦争は悲しみと苦しみしかもたらさない事を知るため、平和を維持するため、忘れてはならないのです。

祖母の葬儀の席で、祖母が今の祖父とは再婚で、母清子(風吹ジュン)の実の父は宮部久蔵という人で、戦死したと初めて知った慶子と健太郎。
今の祖父は弁護士で、そんな祖父を目標に司法試験を受けるも、何度も落ちている健太郎。
宮部が戦死したのは、今の健太郎と同じ26歳。
バイト代につられて、姉と一緒に宮部久蔵について調べ始めます。

1

祖父を知っているという人達をたずねてまわりますが、臆病者、卑怯者、腰抜けと、すこぶる評判がよくない。
悪く言う人ばかりで、姉に付き合って調べるのはやめようと思っていた健太郎は、違う意見を聞いて驚きます。

健太郎の友人が、「特攻って、自爆テロと同じだろ。」と言いますが、健太郎は激しく反論します。こういう事も、知って欲しいですねえ。

映画は、現在と過去が交互に映し出されます。
現在のパートで宮部を知っている人達は、
平幹二朗、田中泯、橋爪功、山本學と、ベテラン勢が演じています。

戦時中、軍隊で宮部とかかわりがあった人達は、
濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也など若手俳優さん達です。

2

4

3

現在のパートでも過去のパートでも、ハンカチでずっと涙を拭きながらの鑑賞でした。
それぞれの気持ちを思うと、胸がいっぱいになります。

お国のために命を捧げるのが当たり前で、命を惜しむなんて公言するなど、とんでもない時代に、宮部はなんとしても、妻子のもとの帰りたいと言っていた。実はとても勇気がいる発言なのよ。
自分が死んで悲しむ者がいるなら、なんとしても生き残る努力をしろと、濱田岳に言います。

ゼロ戦の操縦に自信があった新井浩文は、宮部を嫌っていましたが、宮部の操縦技術のすごさを体感し、宮部に対する自分の認識が、間違っていたのに気づかされます。

戦況が悪化した戦争末期には、兵役を免除されていた学生達も動員されました。
宮部は戦闘機の操縦を教える教官でもありましたが、戦争末期になると、特攻としての技術だけを新兵達に教えします。もちろん軍の命令ですけど。
学生達は訓練の終了後に、その事を知りますが、それでもほとんどが特攻に志願。しかし結局戦艦に近づけないまま無駄死にして行くのを見続ける宮部は、すっかり様子が変わってしまっていました。

優秀で、戦争後の日本を担っていくべき若者達が、次々と無駄死にしていく。
特攻の名簿に宮部の名前があって、愕然とする新井浩文と染谷将太。

最初から今の祖父大石が、宮部とかかわりがあった人物なのは推測できますね。そして宮部が搭乗する機を替わったのは、偶然ではなくわざとだったのも予想通り。

絶対に妻子のもとに帰る。死んでも妻子を守るという決意の宮部に涙。
妻子とのシーンも泣けます。
そして宮部に惚れた男たちが、妻子を助けてくれた。

5

VFXが得意な山崎貴監督。
空中戦の映像は、ハリウッドには負けるけどなかなかの見ごたえでした。

(鑑賞日12月14日)

« グリフィン家のウエディングノート | トップページ | 大脱出 (試写会) »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

風子さん☆
泣けましたねー
私は原作を未読なので、これから映像を思い浮かべながらゆっくり読もうと思います。
いい写真をいっぱい集められましたね☆

★ノルウェーまだ~むさん
会場内は、鼻をすする音があちこちから聞こえました。
私も原作は未読です。

ご無沙汰しています
くいだおれです
覚えてますか?

当時の皆様は今はバラバラなのかしら?

永遠の0、監督作者舞台挨拶付きの試写会へと
3年生になった愚息を連れて行きました。
泣いている以外はものすごく険しい顔で
映画を見たと思います。
私の下の世代の一人でも多くが
見て欲しいと思います。
岡田君にそれだけの動員力があるといいなぁ。

で、うちの3年生は、岡田くんが上官にボコボコにされる場面がとっても衝撃だったようです
今全部わからなくても徐々になるほどと思えたらいいかなーと思ってます
火垂るの墓もその前に見ていたので
リンクすればいいけど…

★kayさん
うわ~~~、よくきてくださいました。
こちらこそ、覚えていてくださってうれしいです。
息子さんは3年生ですか。
映画が戦争について考えるきっかけになってくれるといいですね。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

本当に空中戦の映像はすごかったですね。
あれは劇場で見る価値があったような気がします。

★Nakajiさん
こちらこそ、本年もよろしくお願いしますね。

VFXが得意な山崎監督らしい空中戦でした。

風子さん、明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になり、ありがとうございました。

岡田君のお芝居、とても良かったです。
白組さんのVFXも流石でしたね。
今年もどうぞ宜しくー!

★オリーブリーさん
昨年同様、今年もよろしくお願いします。
岡田君は今年の大河ドラマでも主役で、頑張っていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/54212661

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の0 (試写会):

» 『永遠の0』 2013年12月7日 東宝試写室 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『永遠の0』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画でした 戦争ってなんだろうと考えてしまいますね。 【ストーリー】  祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……... [続きを読む]

» 「永遠の0」☆青い空に泳ぐゼロ戦 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!... [続きを読む]

» 「永遠の0」 [セレンディピティ ダイアリー]
放送作家、百田尚樹(ひゃくた・なおき)さんのデビュー作でベストセラーの「永遠の0 [続きを読む]

» 永遠の0 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...... [続きを読む]

» 永遠の0 [あーうぃ だにぇっと]
永遠の0@イイノホール [続きを読む]

» 永遠の0 [ハリウッド映画 LOVE]
監督:山崎 貴 出演:岡田准一, 三浦春馬、井上真央、 濱田岳、 新井浩文、 染谷将太、 三浦貴大、 上田竜也、、、 [続きを読む]

» 永遠の0 : 人を愛すること、時代を繋いでいくこと…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 私の年になると、師走は何故か落ち着きません。仕事の方は峠を越しているのですが、何なんでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 永遠の0 【製作 [続きを読む]

» 映画『永遠の0』★「必ず戻る」〜永遠の約束〜 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159874/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 映画レビューです(ネタバレ表示ですがボカす) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346152/rid215/p1/s0/c1/ 原作未..... [続きを読む]

» 永遠の0 ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役に...... [続きを読む]

» 永遠の0 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4,5点】(P) 映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。 [続きを読む]

» 永遠の0 [Akira's VOICE]
命を生む零。   [続きを読む]

» 「永遠の0」祖父の生きた足跡を知った先にみた生き抜く努力の先に本当に守るべき者たちの姿がある事を残された人たちに継承していた [オールマイティにコメンテート]
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ... [続きを読む]

» 映画 永遠の0 [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画nbsp; nbsp; ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は nbsp; 美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦が nbsp; 宮部久蔵の遺志を継いで?行ったことは、感動しました。 nbsp; nbsp; nbsp; 2013年 東宝 ... [続きを読む]

» 映画『永遠の0』観たよ〜ウゥッ・・・(´;ω;`) [よくばりアンテナ]
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人もズルズルと泣いてましたよ。 いい作品に仕上がってました。 VFXで評価の高い山崎監督ですものね。 迫力のある...... [続きを読む]

» 永遠の0 [花ごよみ]
百田尚樹の同名小説の映画化。 監督は山崎貴 主演は岡田准一。 この小説の主人公、 宮部久蔵を演じます。 孫の健太郎には三浦春馬。 井上真央、染谷将太、新井浩文、濱田岳等が共演。 健太郎(三浦春馬)が血のつながった 祖父である宮部久蔵(岡田准一)が、 な...... [続きを読む]

» 命の重さ、尊さ。〜「永遠の0」〜 [ペパーミントの魔術師]
永遠の0 (講談社文庫)百田 尚樹 講談社 2009-07-15売り上げランキング : 4Amazonで詳しく見る by G-Tools 私がまだバイトしてた頃からこの本はめっちゃ売れてた。 映画化でさらに拍車がかかってるけど、輪をかけて 原作者のテレビ出演が半端ないね。三谷幸喜よかすごい...... [続きを読む]

» 生きねば!『永遠の0』 [水曜日のシネマ日記]
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを実写版映画化した作品です。 [続きを読む]

» 映画「永遠の0」 [FREE TIME]
映画「永遠の0」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 『永遠の0』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、       ...... [続きを読む]

» 永遠の0 [だらだら無気力ブログ!]
最後の所は蛇足かな。 [続きを読む]

» 「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く [はらやんの映画徒然草]
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し [続きを読む]

» 永遠の0 [いやいやえん]
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロットとして戦い、終戦直前に特攻攻撃により帰らぬ人となっていた。やがて宮部の事を調べていくに連れて、彼の生き様と真実に直面する事になるのだが…。 これはもう〜〜〜〜岡田君映画でしょう!穏やかな人物像と圧倒的なイケメンぶりが儚さも生んで、ラストの... [続きを読む]

» 「永遠の0」、百田尚樹原作の0戦の映画です。 [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆☆ 特に若い人には見て欲しい意味で ☆☆☆☆☆ かなりの資料を丹念に調べて書き上げた百田尚樹の原作。これパクリだとの批評もありますが、それだけ、現実に即した映画です。 祖母が死んだことから、姉弟の祖父が実際の祖父ではなかったという話で、フリー...... [続きを読む]

» 永遠の0 [にきログ]
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした あらすじ 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した...... [続きを読む]

» 永遠の0 [心のままに映画の風景]
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと誘われ、かつての戦友たちを訪ねることになる。 百田尚樹のベストセラー「永遠の0」を映画化。 国のため死ぬことが当たり前になっていた...... [続きを読む]

» 永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええのん?」っと言われながら)購入し、などなど次世代育成モードな我が夫婦は、この映画を観た。 (ちなみに、この映画が「よかった、感動した...... [続きを読む]

» 「永遠の0」 [ここなつ映画レビュー]
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見たい!戦艦が爆撃される所見たい!となって当然な訳で。 怖い。でも好き。というアンビバレンツな感情に折り合いを付けられる程大人ではないし、私にとってはまだ生々しい(末っ子の父から生まれた末っ子なので伯父は南方で戦死しています)太平洋戦争を題材とした映... [続きを読む]

» ショートレビュー「永遠の0・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
60年後に、届いた想い。 実に見応えのある、堂々たる力作である。 百田尚樹の原作はだいぶ前に読んだが、なんと文庫本のベストセラー歴代1位を更新する大ヒット作となったらしい。 長大な原作の映像化がどうあるべきか、おそらく既読者は色々言いたい事も多いだろうが、私としては一本の映画として脚色のバランスも良く、山崎貴監督の作品としてはベストと言って良い仕上がりだと思う。 現代と過去を行き...... [続きを読む]

» 永遠の0 [♪HAVE A NICE DAY♪]
戦争を扱った作品だから・・・どうしようかな〜・・・と思いながらも 観に行って来ました。 やっぱり切なくて号泣ではないのだけど 何度も涙が。なので終わって鏡を見たら しっかりと泣いた目になってました。 この戦争があった時代というのは、本当に お国の為に命を...... [続きを読む]

» 永遠の0 [to Heart]
この空に願う、未来――壮大な愛の物語。 製作年度 2013年 上映時間 144分 原作 百田尚樹 脚本 山崎貴/林民夫 監督 山崎貴 出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚...... [続きを読む]

» 「永遠の0」(2013) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
今年初の劇場映画はヒット中のこちらになりました。 原作も暮までには何とか読み終え映画に備えましたが、後半3分の1くらいは驚きの連続で「なるほど〜」と感心しつつ、また感動のうちに読了した感じでした。原作での感動が大きかったので、映画の感想はちょっと内容のことは簡単になるかも。。。すみません。^^; しかし映画もよかったですね〜後半は何度もハンカチを目に当てながらの鑑賞で、終映後、女性は皆化粧室に駆け込んでいましたが、こんなに泣いた映画は久々だったかも。 こ..... [続きを読む]

» 永遠の0 [映画的・絵画的・音楽的]
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...... [続きを読む]

» 永遠の0 [タケヤと愉快な仲間達]
監督:山崎貴 出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、染谷将太、吹石一恵、風吹ジュン、橋爪功、夏八木勲 【解説】 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視...... [続きを読む]

» 『永遠の0』 [真紅のthinkingdays]
 司法浪人中の健太郎(三浦春馬)は、自分と血のつながった祖父が、太平洋戦 争の最中に特攻出撃で亡くなっていたことを知る。祖父の名は宮部久蔵(岡田准 一)。祖父はどんな人間で、どんな生き方をしたのか。フリーライターの姉(吹石一 恵)の助手として、健太郎は祖父のかつての仲間を訪ね始める。  「必ずあなたたちの元へ帰ってきます。腕がなくなっても、足がなくなっても、   た...... [続きを読む]

» 永遠の0 [まてぃの徒然映画+雑記]
原作を読んでいたけれど意外と映画の評判もいいので観てきました。原作と比べると現代のシーンが多いなあと思ったけれど、吹石一恵が可愛かったので良しとしよう。 宮部久蔵(岡田准一)の凄さを語るエピソードが結構カットされていたのも、映画の構成上やむを得ないの...... [続きを読む]

» 永遠の0 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:144分 監督:山崎貴  ちょっと視点を変えた戦争映画である。特攻隊員だったという実祖父の生きざまを孫からの視点で、現代と過去を交錯させながら綴っていく。「海軍一の臆病者」と呼ばれたゼロ戦搭乗兵だった祖父、それは... [続きを読む]

« グリフィン家のウエディングノート | トップページ | 大脱出 (試写会) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

COMING SOON

無料ブログはココログ