サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 今日と明後日 来日ゲストのイベントをネットで生中継 | トップページ | 干支にぴったりの感動作「シービスケット」テレビで放映 »

2014年1月29日 (水)

オンリー・ゴッド

罪深き人々

Only_god_forgives

公式サイト http://onlygod-movie.com

製作・監督・脚本: ニコラス・ウィンディング・レフン  「ドライヴ」

タイのバンコクでボクシングクラブを経営しながら、裏でドラッグビジネスに手を染めていた、ビリー(トム・バークとジュリアン(ライアン・ゴズリング)の兄弟。ある日兄ビリーが、16才の娼婦をなぶり殺しにした末、彼女の父親に殺害される。知らせを受けた犯罪組織を仕切る兄弟の母親(クリスティン・スコット・トーマス)がアメリカから駆けつけ、ジュリアンに復讐を命じる。やがてそんなジュリアンの前に、元警官だと名乗る謎の男が立ちはだかる。

「ドライヴ」でこの監督の作風はわかっているので、覚悟して見に行きました。

やっぱりセリフや説明は少なく、映像から観客が物語を補い、心情を読み取らなければなりません。

そして容赦ない暴力描写。

ジュリアンは、兄は殺されても仕方ない事をしたと、兄を殺した男を殺しませんでした。
しかし母親は納得しない。
そして殺された少女の父親に、ビリーを殺すように指示した男がいたのを知って、その男とその男の娘も殺すように仲間に指示します。

映像は、薄暗い中に赤みを帯びた光。

Only_god_forgives_2

Only_god_forgives_3

Only_god_forgives_4

Only_god_forgives_5

ジュリアンの生い立ちなど、語られない過去が気になりますねえ。
なぜビリーはロリコンなのか。なぜ少女を殺したのか。
なぜジュリアンは娼婦のマイとセックスせずに、眺めているだけなのか。
母親との関係が原因らしいようですが。
そしてなぜ父親を殴り殺したのか。

ラストでジュリアンが両手を差し出しているのは、父親を殺した手を裁くからかしら。

(鑑賞日1月27日)

« 今日と明後日 来日ゲストのイベントをネットで生中継 | トップページ | 干支にぴったりの感動作「シービスケット」テレビで放映 »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
思いっきり説明不足でしたね。(^^;)
チャンの行動は意味不明だし、いろいろ謎だらけでした。
マイはクリスタルと会った後ジュリアンと揉めたのに、なぜジュリアンとチャンの戦いを観に行ったんでしょう?

★すぷーきーさん
一番わからなかったのは、
おっさんのカラオケです。

TBありがとうございます♪
警官のインパクトが強かったです。
暴力の恐怖で、カラオケでも緊張感ありました><
すっかり、主役になっていたようでした。

★yutake☆イヴさん
どういう存在なのか、なぜカラオケなのか、
さっぱり意味がわかりませんでした。(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/54761252

この記事へのトラックバック一覧です: オンリー・ゴッド:

» オンリー・ゴッド ★★★ [パピとママ映画のblog]
『ドライヴ』で注目を浴びたニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再度手を組んだ異色サスペンス。兄を殺され復讐(ふくしゅう)を果たそうとする弟と、その前に立ちはだかる謎の男との手に汗握る攻防を描写する。究極の悪女を演じるのは『イング...... [続きを読む]

» オンリー・ゴッド [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★【2点】(11) この異様な世界観は『地獄の黙示録』の終盤を匂わせる? [続きを読む]

» オンリー・ゴッド [心のままに映画の風景]
ジュリアン(ライアン・ゴズリング)は、兄ビリー(トム・バーク)とタイのバンコクでボクシングジムを経営しながら、その裏でドラッグビジネスに手を染めていた。 ある日、ビリーが若い娼婦をなぶり殺しにした末、彼女の父親に殺害される。 溺愛する息子の死を知らされた母親クリスタル(クリスティン・スコット・トーマス)がアメリカからやって来る。 犯罪組織を仕切るクリスタルは、復讐に燃えるが、元警...... [続きを読む]

» オンリー・ゴッド。 [すぷのたわごと。]
『オンリー・ゴッド』を観に行ってきました。 原題は『ONLY GOD FORGIVES』で、なんでFORGIVESを削ったんだろう? “許す”を削らなきゃいけない理由は何? 「この映画は観る人を選ぶんだよ。フフン(嘲笑)」という幻聴が聞こえるのは気のせい? タイのバンコクで、兄ビリー(トム・バーク)とボクシングクラブを経営しているジュリアン(ライアン・ゴズリング)。 ボクシングクラブは隠れ蓑で、裏ではドラッグの仕事をしていた。 ある日、ビリーが殺される。 ジュリアンは仇を討とう..... [続きを読む]

» オンリー・ゴッド [♪HAVE A NICE DAY♪]
こここここれは痛過ぎる 流石に観れないシーンがあって目を瞑りましたー だから、最後、どうなったか解らない・・・ 警察官が刀を出して・・・ライアン・ゴズリングが腕を出す・・・ で・・・どんな終わり方だったんだろう〜〜?? でも怖くて観れなかったー 前の座席...... [続きを読む]

» 「オンリー・ゴッド」 [ここなつ映画レビュー]
Only God Forgives なのである。いや、確かにこのニコラス・ウィンディング・レフン監督の「ドライヴ」は秀作だった。ライアン・コズリングがカッコいいのもよく判った。しかし、なんなのでしょうか。「賛否両論な作品」らしいが、大きく息を吸い込んでから言いたい事がある。前半の30分は10分でよし。中盤30分は要らね。後半30分は15分にできる。まあつまり、だらだらな訳よ。もちろん私の印象ではね。30分以内の作品だったら良かったのに。 「血のような赤」を基調にした映像。凄まじいまでの暴力描写。そう... [続きを読む]

» オンリー・ゴッド/ONLY GOD FORGIVES [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ライアン、革手袋をはずし、素手で挑む 「好き嫌いが分かれる、パーソナルな映画。」とは、ライアン・ゴズリングの言葉。 まったくその通りであり、わたしはこの世界観、大好物 「ドライヴ」に続く、...... [続きを読む]

» ニコラス・ウィンディング・レフン監督、ライアン・ゴズリング主演『オンリー・ゴッド(Only God Forgives)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『ドライヴ』ニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが描く復讐連鎖劇の極北『オンリー・ゴッド(Only God Forgives)』物語・ビリー(トム・バーク)とジュリアン(ライアン... [続きを読む]

» 映画『オンリー・ゴッド』を観て [kintyres Diary 新館]
14-12.オンリー・ゴッド■原題:Only God Forgives■製作年、国:2013年、デンマーク・フランス■上映時間:90分■料金:1,000円■観賞日:2月1日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督・脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン◆ライアン・ゴスリング◆...... [続きを読む]

» オンリー・ゴッド 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
「アイム・ソー・エキサイテッド!」を観た後は 同じシネコンで上映していた「ドライヴ」の監督・ 主演コンビが再び組んだ映画「オンリー・ゴッド」 を続けて鑑賞です。 オンリー・ゴッド 原題:ONLY GOD FORGIVES 製作:2013デンマーク/フランス 作品紹介 「ドライヴ」で…... [続きを読む]

» 赤い闇~『オンリー・ゴッド』 [真紅のthinkingdays]
 ONLY GOD FORGIVES  タイ・バンコク。ジュリアン(ライアン・ゴズリング)はタイ式ボクシングクラブ を兄ビリー(トム・バーク)と共に経営しながら、麻薬売買組織に携わっていた。 ビリーが殺され、彼を溺愛していた母クリスタル(クリスティン・スコット・トー マス)がアメリカからやって来た・・・。  『ドライヴ』 で私のハートを鷲掴みにしたラ...... [続きを読む]

» オンリー・ゴッド [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
オンリー・ゴッド 13:デンマーク、フランス ◆原題:ONLY GOD FORGIVES ◆監督:ニコラス・ウィンディング・レフン「ドライヴ」 ◆主演:ライアン・ゴズリング、クリスティン・スコット・トーマス、ビタヤ・パンスリンガム、ラター・ポーガーム、ゴードン・ブラウン、トム・バ...... [続きを読む]

» 映画『オンリー・ゴッド』★いろんな意味で神様しか許さないかも…(_) [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163748/ ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。 高評価と言われる、映画 『 ドライヴ 』 の監督&主演の作品です。 (と言っても、当初の主演予定は、 ライアン・ゴズリング ではなかったらしい ……^^; ) この作品は、絶賛だったり..... [続きを読む]

» オンリー・ゴッド [銀幕大帝α]
ONLY GOD FORGIVES 2013年 デンマーク/フランス 90分 ドラマ/犯罪/格闘技 R15+ 劇場公開(2014/01/25) 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン 『ドライヴ』 製作: ニコラス・ウィンディング・レフン 脚本: ニコラス・ウィンディング・レフン 出演: ラ...... [続きを読む]

» オンリー・ゴッド [だらだら無気力ブログ!]
これは劇場でなくDVDで充分だった。劇場で観てたら間違いなく寝落ちしてた。 [続きを読む]

» 神という名の、 [笑う社会人の生活]
27日のことですが、映画「オンリー・ゴッド」を鑑賞しました。  兄ビリーが若い娼婦をなぶり殺しにした末、彼女の父親に殺害される。 兄の復讐を果たそうとする弟ジュリアンだが、その殺しには裏に謎の男が関わっていて・・・ 評判などから 覚悟して見たせいか 意外に...... [続きを読む]

» オンリー・ゴッド [いやいやえん]
【概略】 兄・ビリーを殺され報復を考えたジュリアンだったが、兄の犯した事件の一部始終を聞き思い留まる。しかし激昂した母・クリスタルは彼に復讐を命じ…。 アクション 寡黙設定のライアン・ゴズリングが主演。やっぱかっこええ。 この神=ゴッドはチャンの事なのか? 母が贔屓目の兄のしでかした悪行には胸糞が悪くなるも、母親の命令には従わざるをえない、母性愛に飢えたジュリアン。復讐、そんな彼を警官チャンが猛攻する。 キャストの演技をほとんど無表情にすることで、可能な限りの「不安」と「感... [続きを読む]

« 今日と明後日 来日ゲストのイベントをネットで生中継 | トップページ | 干支にぴったりの感動作「シービスケット」テレビで放映 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ