サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« アソシエイトの主役にザック | トップページ | 坂下門から乾門へ »

2014年4月 7日 (月)

あなたを抱きしめる日まで

罪とは 赦しとは

Philomena

公式サイト http://www.mother-son.jp

事実に基づいた映画

原作: あなたを抱きしめる日まで (マーティン・シックススミス著/集英社文庫)
監督: スティーヴン・フリアーズ  「ハイ・フィデリティ」 「クィーン」
製作・脚本・出演: スティーヴ・クーガン

イギリスに暮らす敬虔なフィロミナ(ジュディ・デンチ)は、ある日娘のジェーンに、長年の秘密を打ち明けた。50年前のアイルランドで、10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは、家を追い出され修道院に入れられた。そして男の子を出産してアンソニーと名付けるが、その子が3才の時、修道院は養子に出してしまう。それ以来アンソニーを忘れたことのない母のために、ジェーンは政府の広報担当をクビになった、元ジャーナリストのマーティン・シックススミス(スティーヴ・クーガン)に話を持ちかける。再起を図るマーティンはその話を受け、信心深くて平凡な田舎の主婦フィロミナと無神論者でインテリ紳士のマーティンという、対称的なふたりのアンソニー捜しの旅が始まった。

フィロミナの相手は長く付き合ったのではなく、ゆきずりの相手みたいね。

Philomena_3

母親は亡くなっていて、父親と2人暮らしだったらしいフィロミナは、妊娠すると勘当されて修道院へ。
出産後はただ働きで、子供とは一日に一時間しか会わせてもらえない。
修道院を出るには、お金を払わなければならない規則。

Philomena_4

アンソニーと仲良しのメアリーを養女にというとても身なりのいい夫婦が来ましたが、アンソニーがメアリーから離れないため、アンソニーも一緒に連れて行かれました。

カトリック信者でないので、フィロミナがいた修道院に対してマーティンと同じ気持ちや憤りを感じる一方、彼らの法にとってはどうなのだろうと考えます。

カトリック教徒にとって、その罪の重さはどのくらいに位置づけられるのかは知りませんけど、未婚で妊娠する事は罪であり、当然罰がある。
そうなると、そもそもそれを知っていて妊娠したフィロミナが悪いとなる。
息子と一緒に暮らせなかった事も、その罪に対すると罰ともいえる。
すべては彼女の罪のせいである。
しかし、彼女はどの程度の性教育を受けていたのか。
何しろ60年も前で、しかもカトリック教徒が詳しい性教育を受けていたとは思えない。
映画の中でも、妊娠については教えてもらっていないような事言っていたものね。

教えを破った未婚の母たちへの仕打ちは仕方ないかも知れないけれど、子供には罪はないわよね。
養子に出された子達が、実母を捜しに来たのに嘘をつくのは許せないわ。

修道院もお金がなければ運営できないけど、子供を売っていたとわね。
一応お金持ちのアメリカ人たちで、ちゃんと養育してくれるであろうという家庭ではあったけど、書類を処分したというから、何か後ろ暗いところがあったのでしょう。
そういうことをしていたシスターたちは、それを罪とは思っていなかったのかしら。
フィロミナの罪とシスター達の罪は、どういう位置づけなのか聞いてみたくなります。

それにしてもめぐり合わせってあるのかな。
フィロミナひとりでは、息子の消息はわからないままだったでしょう。
様々な人脈やコネを持つシックススミスが協力してくれたので、知ることができた。

Philomena_2

対称的なフィロミナとマーティンの旅の様子は、とてもユーモラスでイギリスらしかったです。

Philomena_5

アンソニーは高い教育を受けて大きな家に住んでいた。それはフィロミナと暮らしていたら、できなかった事。立派に成人し、母親を恨んでいなかったようだし、会いたがっていたと知ったフィロミナは、どれほどうれしかったでしょう。そしてある意味、彼女のもとに帰ってきていたのですね。

悲しみもあるでしょうが、彼女が心の平安も得られたのであればいいなと思います。

シスターを赦すと言ったフィロミナもよかったわ。
辛くても、憎むより赦す事を選んだ彼女。

マーティンもBBC時代にアンソニーと会っていたなんて、なんというめぐり合わせでしょう。
袖振り合うも他生の縁。
目に見えないつながりがある人っているんだわ。

(鑑賞日4月4日)

« アソシエイトの主役にザック | トップページ | 坂下門から乾門へ »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

事実は小説より奇なり・・とはよく言ったもんですね。
ジュディ・デンチがまた素晴らしかった!さすがでした。

★ssakuraiさん
驚きの事実でした。
ジュディ・デンチって、本当にどんな役もこなしてしまいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/55680517

この記事へのトラックバック一覧です: あなたを抱きしめる日まで:

» あなたを抱きしめる日まで ★★★★ [パピとママ映画のblog]
10代で未婚の母となり幼い息子と強制的に引き離された女性の奇跡の実話を、『クィーン』などのスティーヴン・フリアーズ監督が名女優ジュディ・デンチを主演に迎えて映画化。ジャーナリストのマーティン・シックススミスによる「The Lost Child of Philomena Lee」を基に...... [続きを読む]

» あなたを抱きしめる日まで  PHILOMENA [映画の話でコーヒーブレイク]
今年のアカデミー賞ノミネート作品は実話に基づいた作品が多いです。 「キャプテン・フィリップス」しかり、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」しかり、「アメリカン・ハッスル」に、 「それでも夜は明ける」、「ダラス・バイヤーズ・クラブ」に「ローン・サバイバー」...... [続きを読む]

» 映画・あなたを抱きしめる日まで [読書と映画とガーデニング]
原題 PHILOMENA2013年 イギリス 前日夜、アカデミー賞の総集編をテレビで見て睡眠時間3時間ほど絶対観たい映画なのに眠くなったらどうしようhellip;そんな心配は全く不要でしたこの映画でうたた寝なんてありえません! これもまた実話に基づいた映画です...... [続きを読む]

» あなたを抱きしめる日まで/PHILOMENA [我想一個人映画美的女人blog]
ベネチア映画祭で脚本賞、トロント映画祭では観客賞の次点だった アカデミー賞作品賞ノミネート9本のうちの1本 それだけで十分期待しちゃうのですが。 邦題がセンスなさすぎ こんな古くさいタイトル、全く観る気が削がれちゃうけど アカデミー賞作品賞ノミ...... [続きを読む]

» 「あなたを抱きしめる日まで」そんな過酷な事実を主人公はどう受け止めるか [soramove]
「あなたを抱きしめる日まで」★★★★ ジュディ・デンチ、スティーヴ・クーガン出演 スティーブン・フリアーズ監督、 98分 2014年3月15日公開 2013,,ファントム・フィルム (原題/原作:PHILOMENA) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「10代で未婚の母となり幼い息子と 強制的に引き離された女性の奇跡の実話を、 『クィー... [続きを読む]

» 『あなたを抱きしめる日まで』 [ラムの大通り]
(原題:Philomena) ----これもアカデミー賞作品賞にノミネートされているんだよね。 いわゆる話題作…。 「そうだね。 ただ、この日本語タイトルがなあ」 ----えっ、ダメ? 「ダメじゃないけど、 他の作品に比べると、ちょっと弱い。 よくある母子モノという感じ。 とこ...... [続きを読む]

» あなたを抱きしめる日まで [悠雅的生活]
オックスブリッジ。BMW。ケルティック・ハープ。 [続きを読む]

» 映画:あなたを抱きしめる日まで Philomena デコボコ?コンビが辿り着く先は。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アカデミー賞で、作品賞、主演女優賞、脚色賞、作曲賞にノミネート。 イギリス映画ということもあって、当ブログとしてはノミニー止りと予想した。 が鑑賞してみると、これはこれでなかなかの傑作! 主演はジュディ・デンチ スティーヴ・クーガン。 デンチは...... [続きを読む]

» あなたを抱きしめる日まで [シネマ・クレシェンド]
マーティン・シックススミスのノン フィクション本『The Lost Child of Philomena Lee』を原作に、18歳で未婚の母となり、幼い息子と強制的に引き離されてしまった女性フィロミナ・リーの子供 ... [続きを読む]

» ある母の記/ 「寛容」 についての物語~『あなたを抱きしめる日まで』 [真紅のthinkingdays]
 PHILOMENA  アイルランド出身で、英国に娘と暮らす老婦人フィロミナ(ジュディ・デンチ)は、 50年前に未婚のまま、アンソニーという名の男の子を出産していた。修道院 から養子に出されたまま行方知れずの息子を、フィロミナは捜す決心をする。 BBCの元キャスターで求職中のジャーナリスト、マーティン・シックススミス(ス ティーヴ・クーガン)とともに...... [続きを読む]

» 映画『あなたを抱きしめる日まで』★未婚の母がソコまで背負わされた受難と涙 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163279/ ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。 息子と生き別れになっていた、アイルランド女性 フィロミナ(=ジュディ・デンチ) が 約半世紀ぶりに、息子を捜そうと決心し、アメリカに渡る―― 昔、ご対面番組があって、生き別れの親子の30年ぶりの対面の涙を..... [続きを読む]

» あなたを抱きしめる日まで [迷宮映画館]
ジュディ・デンチの絶品の演技。 [続きを読む]

» あなたを抱きしめる日まで [こんな映画見ました〜]
『 あなたを抱きしめる日まで』---PHILOMENA---2013年(フランス/イギリス)監督:スティーヴン・フリアーズ 出演:ジュディ・デンチ、 スティーヴ・クーガン 、ソフィ・ケネディ・クラーク、 アンナ・マックスウェル・マーティン、 ミシェル・フェアリー 、...... [続きを読む]

» あなたを抱きしめる日まで [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
あなたを抱きしめる日まで 14:イギリス・アメリカ・フランス合作 ◆原題:PHILOMENA ◆監督:スティーヴン・フリアーズ「クィーン」「わたしの可愛い人 シェリ」「がんばれ、リアム」 ◆主演:ジュディ・デンチ、スティーヴ・クーガン、ソフィ・ケネディ・クラーク、ア...... [続きを読む]

» 息子探しの果てに [笑う社会人の生活]
25日のことですが、映画「あなたを抱きしめる日まで」を鑑賞しました。  18歳で未婚の母となったフィロメナは親から強制的に修道院に入れられ、息子をアメリカに養子に出されてしまう。 それから50年 イギリスで娘と暮らしながら常に手離した息子のことを案じ、娘の知...... [続きを読む]

» あなたを抱きしめる日まで [いやいやえん]
【概略】 50年前に生き別れた息子を捜そうとする主婦と、その記事に再起を懸ける元ジャーナリストの旅の行方を描く。 ドラマ 未婚で身籠ったため修道院に預けられた挙句、産まれた子供を勝手に里子に出された母親が、50年経ってその息子を探しに行くというお話。 てっきり、その手助けをするジャーナリストが巡りめぐった実の息子だなんて展開だったら都合よすぎるお涙頂戴だったけれども、そうはならなかったのが良かった。 笑いが多めですね〜シリアスな展開かと身構えてると笑わしに来るんですよ。 主... [続きを読む]

» 「あなたを抱きしめる日まで」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
赦しがテーマだったとは・・・ [続きを読む]

» あなたを抱きしめる日まで [映画と本の『たんぽぽ館』]
真実は小説よりも・・・ * * * * * * * * * * 実話を元にした物語。 1952年アイルランド。 18歳で未婚の母となったフィロミナは、 親から強制的に修道院に入れられ、 3歳になった息子のアンソニーは養子に出され、離れ離れになってしまいます。 ...... [続きを読む]

« アソシエイトの主役にザック | トップページ | 坂下門から乾門へ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ