サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« LUCY/ルーシー | トップページ | プロミスト・ランド »

2014年9月 5日 (金)

ケープタウン

辛い現実

Zulu

公式サイト http://capetown-movie.com

原作: ZULU (キャリル・フェリー著)

南アフリカのケープタウンで、ある日、元人気ラグビー選手の娘が惨殺死体が発見される。捜査の指揮に当たるのはズールー族出身の強行犯撲滅課の刑事アリ・ソケーラ(フォレスト・ウィテカー)。彼が率いる捜査チームには、私生活に問題を抱えた白人刑事ブライアン・エプキン(オーランド・ブルーム)ンがいた。酒と女に溺れ、妻にも見捨てられた彼だったが、刑事としてはアリがもっとも信頼を置く部下だった。殺された少女の足取りをたどると、ある薬物の売人スタンと会っていた事がわかった。その薬物は、最近頻発している「児童失踪事件の現場にも残されている物だった。薬物の成分と恐ろしい作用が明らかになると、一連の事件は、組織的陰謀の表層に過ぎない事がわかってくる。

鑑賞後、小説の映画化作品なのを知りました。
そして、フランス映画なんですね。
監督は、ハリウッドリメイクされた「ツーリスト」のオリジナル、「アントニー・ジマー」を撮ったジェローム・サル。

「ツォツィ」でも、南アフリカの現状が描かれていましたけど、本作でも同じなんですね。
今なお残る、人種差別。
ホームレスの黒人の子供たち。
貧しい黒人達が暮らすスラムと、白人の富裕層が暮らすエリアの対比。

事件の捜査が進む後半は、ハンディカメラの映像が緊迫感充分で、ハラハラドキドキ。
サスペンスとして面白かったけど、辛い話で、残虐シーンが苦手な人には不向き。

ケープタウンの犯罪者たちは、警察だからって、おとなしくなんてしていませんからね。
警官を殺すのだって、ためらわない。
この街では簡単に人が殺されて、命がとても軽いというか命の値段が安いって感じ。

こういうのを見ると、日本に生まれてよかったと思うわ。
昔より物騒とはいえ、治安のレベルは全く違うわよね。

原題は小説のタイトルと同じ。
刑事のアリはズールー族の出身で、アパルトヘイト時代の傷を、心と体に負っている。

白人刑事のブライアンは酒と女にだらしがなく、署長には「クズ」と呼ばれているけれど、アリは彼の捜査能力を買っている。

Zulu_2

ブライアンは、違法捜査もいとわない男。

事件の捜査を進めていくと、アリたちにも命の危険が迫ります。

Zulu_4

オーリーは肉体美を披露していて、全裸シーンもありました。

Zulu_3

(鑑賞日9月2日)

« LUCY/ルーシー | トップページ | プロミスト・ランド »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

アメリカだっていまだに根強く残る差別。
そう簡単には亡くなりそうもないですね。
重たい現実に圧倒されました。

★sakuraiさん
こういう現実が、なんとか変わって欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/57247686

この記事へのトラックバック一覧です: ケープタウン:

» ケープタウン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(11) ラスト、もう少し粘り抜いてヘリに乗って欲しかった。 [続きを読む]

» ケープタウン(ZULU) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 「パイレーツ・オブ・カビリアン」のオーランド・ブルームと「大統領の執事の涙」のフォレスト・ウィテカーが、子ども失踪事件の捜査に奔走する刑事役を熱演したサスペンスアクション。フランスで話題を集めたクライム小説「ZULU」を、「ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰...... [続きを読む]

» ケープタウン 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
オーランド・ブルームとフォレスト・ウィテカー が共演を果たした南アフリカのケープタウンを 舞台にしたサスペンス映画『ケープタウン』が 公開されましたので観に行ってきました。 ケープタウン 原題:ZULU 製作:2013フランス/南アフリカ 作品紹介 『パイレーツ・…... [続きを読む]

» ケープタウン ★★★★.5 [パピとママ映画のblog]
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのオーランド・ブルームと、『大統領の執事の涙』などのフォレスト・ウィテカーが共演を果たしたサスペンスアクション。南アフリカの大都会ケープタウンを舞台に、そこに巣食う深い闇の世界をあぶり出す。キャリル・フェリー...... [続きを読む]

» 映画『ケープタウン』★ZULU族アリがたどりついた砂漠と青空 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165203/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 タイトルが『ケープタウン』で、アパルトヘイトのあった南アフリカ共和国が舞台だと わかりやすくなっています。 原題『ZULU』 は、黒人の部族名。 これはこれで、“ZULU族”の物語を見せるんだな、という予感も。 ..... [続きを読む]

» ケープタウン [迷宮映画館]
この物語が示唆するところは、深く、重い。 [続きを読む]

» 映画『ケープタウン』を観て [kintyres Diary 新館]
14-70.ケープタウン■原題:Zulu■製作年、国:2013年、フランス・南アフリカ■上映時間:107分■料金:1,800円、新宿バルト9(新宿三丁目)■鑑賞日:8月30日 □監督・脚本:ジェローム・サル□脚本:ジュリアン・ラプノー◆フォレスト・ウィテカー◆オーランド...... [続きを読む]

» ケープタウン [映画と本の『たんぽぽ館』]
南アフリカの抱える過去 * * * * * * * * * * 題名そのままの南アフリカ、ケープタウンが舞台です。 元ラグビー選手の娘が殺害されました。 捜査に乗り出したのは刑事ブライアン(オーランド・ブルーム)と、アリ(フォレスト・ウィテカー)。 そ...... [続きを読む]

» ケープタウン (Zulu) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジェローム・サル 主演 オーランド・ブルーム 2013年 フランス/南アフリカ映画 107分 アクション 採点★★★ 南アフリカを舞台とする作品って、その多くが人種隔離政策を題材としている気が。現実問題として人種隔離政策の傷跡ってのは深く残っているんでし…... [続きを読む]

« LUCY/ルーシー | トップページ | プロミスト・ランド »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ