サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ミリオンダラー・アーム | トップページ | ファイヤー・レスキュー »

2014年10月19日 (日)

バンクーバーの朝日 ジャパンプレミア

移民の苦難と忍耐

Photo

公式サイト http://www.vancouver-asahi.jp
12月20日公開

監督: 石井裕也  「舟を編む」 「ぼくたちの家族」

19世紀末から戦前にかけて、一攫千金を夢見てカナダへ渡った日本人達。しかし彼らを待ち受けていたのは、人種差別と、低賃金の過酷な肉体労働だった。そんな中、日本人街に“バンクーバー朝日”という野球チームが生まれる。白人チームのパワープレーに全く歯がたたなかったが、自分達の利点を生かした頭脳プレーで、徐々に白人チームを負かしていく。やがて夢も希望も持てなかった日系の移民たちにとって、朝日は一条の光となっていく。

製作にフジテレビも名前を連ねているので、笠井アナの司会でジャパンプレミアが始まりました。
ホリプロファンクラブ枠とジャニーズのファンクラブ枠があったみたい。それ以外の一般人は何人くらいだったのかしら。3階のバルコニー席だったけど、スクリーンの中央付近で見やすい位置でよかったわ。
観客は、9割以上女性だったんじゃないかしら。

実在した日系人の野球チーム。
そのチームを通して、日系移民たちが、バンクーバーでどのように生活していたのかが語られます。
白人達の半分の賃金で、長時間の肉体労働。
白人に文句を言えばどうなるかわかっているから、じっと我慢。
第二次世界大戦間近で、日本人の一世や二世たちは、どんどん仕事がなくなる。
そして真珠湾攻撃で、日本がアメリカの敵国となると、アメリカ同様、日系人たちはかばんひとつで強制収容所に入れられる。

アメリカに移民した日本人と、同じだったのですねえ。
中井貴一と草彅君の、日系移民のテレビドラマを思い出しましたよ。
彼らの苦労に涙。
野球のシーンは、役者さんたちが吹き替えなしでやっているそうですよ。

“朝日”は、体格とパワーで圧倒的に勝る白人チームに、ずっと勝てないチームでした。
しかしある時、キャプテンが白人チームの欠点に気づきます。
そして小回りが利く日本人の特性と、頭脳プレーで勝てるようになっていきます。
この部分はなかなかコミカルで楽しいです。
でもそうすると、白人の審判は正当なジャッジをしないんですよ。
頭にきますが、自分たちはあくまでフェアプレーを貫き、そんなジャッジにクレームもつけません。そんな彼らの姿が、次第に白人達にも認められていくんです。

そして犯人チームを負かす“朝日”は、日本人街の人達の希望にもなります。
やっと白人の人たちとの関係にも少し変化が訪れそうな時、第2次世界大戦でその希望も一気に消えてしまうんですね。

2

ショートでキャプテン レジー (妻夫木聡) 製材所で働いている
ピッチャー  ロイ (亀梨和也) 漁師
セカンド ケイ (勝地涼) レジーと同じ製材所で働いている
キャッチャー トム (上地雄輔) 家族で豆腐店を営む妻子持ち
サード フランク (池松壮亮) ホテルのポーター
日本人学校の先生 宮崎あおい
レジーの父 佐藤浩市 出稼ぎが多くて家にほとんどいない。稼いだお金は、全て日本にいる親戚に送ってしまう。

エンドロールで映る老人は、多分ただひとりご存命な“朝日”に在籍していらした方だと思います。

撮影は全部足利なんですってね。
野球場や日本人街のセットを全て造ったって、驚きよ。

上映後に、再び登場した笠井アナの司会で、舞台挨拶が行なわれました。
映画にあわせて、ステージとアリーナの中央に、レッドカーペットではなくグリーンカーペットが敷かれていました。
亀梨のファンのキャーという歓声が多かったわ。
上地さんは、笑いを取ってましたよ。

楽しい舞台挨拶の詳しい様子が、東宝のサイトにあります。
こちら

(鑑賞日10月15日)

« ミリオンダラー・アーム | トップページ | ファイヤー・レスキュー »

【映画】は行」カテゴリの記事

プレミア試写会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/57623444

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーの朝日 ジャパンプレミア:

» 『バンクーバーの朝日』(一部、『KANO 1931海の向こうの甲子園』) [ラムの大通り]
----バンクーバーってカナダだよね。 これっていつごろのお話。 プレスに写っている俳優さんたちのファッションも どことなく古めかしいけど…。 「そうだね。 ではまずは時代背景から。 19世紀末から戦前にかけて 貧しい日本を飛び出し、 一攫千金を夢見てアメリカ大陸に...... [続きを読む]

» バンクーバーの朝日/全ては彼らから始まった [MOVIE BOYS]
1900年代初頭、カナダに移住した日本人は厳しい差別に晒されながらも野球チーム朝日軍の勝利によって現地の人々に受け入れられていく。しかしそこで起こった第二次世界大戦はそんな彼らの努力を無に帰するものだった…。監督を務めるのは『舟を編む人』や『ぼくたちの家族』の石井裕也。主人公・レジー笠原を妻夫木聡が、チームメイトを亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮らが演じている。... [続きを読む]

» 「バンクーバーの朝日」スモールベースボールの原点を知った先にみたベースボールを通じて乗り越えた人種の壁と日本人のひたむきなプレー [オールマイティにコメンテート]
「バンクーバーの朝日」は戦前のカナダバンクーバーに実在した野球チームバンクーバー朝日の実話のストーリーである。戦前のカナダバンクーバーで差別に苦しみながらも野球を通じ ... [続きを読む]

» バンクーバーの朝日 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成、戦術やひたむきさでやがて白人に認められていくさまを実話を基に描くドラマ。メガホンを取るのは『舟を編む』『ぼくたちの家族』などの石井裕也。製材所で肉体労働に就く野球チームの...... [続きを読む]

» 映画「バンクーバーの朝日」 [FREE TIME]
映画「バンクーバーの朝日」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» バンクーバーの朝日 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2014/12/20公開 日本 133分監督:石井裕也出演:妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣、鶴見辰吾、光石研、石田えり、佐藤浩市、 ...... [続きを読む]

» 映画『バンクーバーの朝日』を観て [kintyres Diary 新館]
14-102.バンクーバーの朝日■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:132分■料金:0円(1ヶ月FP利用)■鑑賞日:12月23日(TOHOシネマズ渋谷) □監督:石井裕也◆妻夫木聡◆亀梨和也◆上地雄輔◆勝地涼◆池松壮亮◆高畑充希◆佐藤浩市◆宮崎あおい◆貫地谷し...... [続きを読む]

» バンクーバーの朝日 [to Heart]
明日も見えない異国の地で、 そのチームは希望になった。 上映時間 133分 脚本 奥寺佐渡子 監督 石井裕也 出演 妻夫木聡/亀梨和也/勝地涼/上地雄輔/池松壮亮/高畑充希/宮崎あおい/貫地谷しほり/田口トモロヲ/鶴見辰吾/光石研/石田えり/佐藤浩市 戦前のカナダ・バンクー...... [続きを読む]

» 『バンクーバーの朝日』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「バンクーバーの朝日」□監督 石井裕也□脚本 奥寺佐渡子□キャスト 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、       高畑充希、宮崎あおい、佐藤浩市■鑑賞日 11月23日(火)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足...... [続きを読む]

» 映画『バンクーバーの朝日』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
『ぼくたちの家族』の監督・主演トリオ 野球上手で有名な上地くん、亀梨くん出演 公開を、すごく楽しみにしていました。 『バ [続きを読む]

» 『バンクーバーの朝日』 [cinema-days 映画な日々]
第二次大戦前のカナダに実在した 日系人野球チーム「バンクー バー朝日」の チームメイトたちが、差別や偏見に負けずに 生きる姿を描く... 【個人評価:★★★ (3.05P)】 (劇場鑑賞)... [続きを読む]

» バンクーバーの朝日 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
バンクーバーの朝日 14:日本 ◆監督:石井裕也「ぼくたちの家族」「舟を編む」 ◆出演:妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、佐藤浩市、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩...... [続きを読む]

» 『バンクーバーの朝日』 2014年12月30日 TOHOシネマズ市川 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『バンクーバーの朝日』 を鑑賞しました。 パスポートの8本目 【ストーリー】  1900年代初めのカナダ・バンクーバー。貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。製材所で働くレジー笠原(妻夫木聡)やケイ北本(勝地涼)、漁業に携わるロイ永西(亀梨和也)らは野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、最初は白人チームにばかにされながらも、次第に現地の人々にも認められていく。 見事に薄っぺらな映画であった。 石井監督の映... [続きを読む]

» バンクーバーの朝日 [映画と本の『たんぽぽ館』]
野球好きたちの“夢” * * * * * * * * * * 1914年〜41年、戦前のカナダで活躍した 日系移民の野球チーム“バンクーバー朝日”の実話です。 石井裕也監督、そして敬愛する奥寺佐渡子さん脚本ということで 楽しみにしていました。 日系移民たちは過...... [続きを読む]

» バンクーバーの朝日 [真紅のthinkingdays]
 戦前、多くの日本人がカナダ・バンクーバーへと渡り、移民として人種差別に 耐えながら肉体労働に従事していた。日系2世としてカナダで生まれ育ったレジ ー(妻夫木聡)は、仲間のロイ(亀梨和也)、ケイ(勝地涼)、フランク(池松壮亮) らと野球チーム 「バンクーバー朝日軍」 を結成する。  石井裕也監督、妻夫木聡と池松壮亮の再タッグで、楽しみにしていた作品。 2015年の元日に鑑賞...... [続きを読む]

» バンクーバーの朝日 [映画的・絵画的・音楽的]
 『バンクーバーの朝日』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ぼくたちの家族』や『舟を編む』の石井裕也監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「海の向こうで3年働けば日本で一生暮らしていけるほど稼ぐことができるという話を...... [続きを読む]

» 「バンクーバーの朝日」 [ここなつ映画レビュー]
2015年最初に観た作品。もちろん息子と一緒に、である。公開時から観ることは決めていたが、少年野球の頃から(もっと言えば保育園の頃から)交流のあるママ友さんが、息子さんと観に行って「すごく良かったわよ」と教えてくれたので、一年の初っ端はこれで飾ることに致しました。前半部分から怒濤の落涙。アホでしょ、私。誰も泣いてなんかいない所で泣き始めてしまった。連戦連敗の野球チームが、「Brain baseball」で勝てるようになっていく、ただそれだけでも、もう涙が止められない。アジアからの移民として差別・偏見... [続きを読む]

» バンクーバーの朝日 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[バンクーバーの朝日] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2015年2本目です。 【あらすじ】 1900年代初頭。貧しい日本から新天地を目指してカナダ・バンクーバーにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧…... [続きを読む]

» 「バンクーバーの朝日」カナダ日系移民の苦難の歴史・・・ [Wandarlust! 映画とドラマ、ダラダラ英語雑記帳]
バンクーバーの朝日 DVD 通常版 バンクーバーの朝日 2014年  日本映画 [続きを読む]

» 映画・バンクーバーの朝日 [読書と映画とガーデニング]
2014年 日本 戦前のカナダ・バンクーバーには多くの日本人が新天地を求めて移住してきていました激しい差別の中、安い賃金で苛酷な労働に耐えるも、一向に良くならない暮らし向きそんな中、日系人野球チームバンクーバー朝日で頑張っていた若者たち...... [続きを読む]

« ミリオンダラー・アーム | トップページ | ファイヤー・レスキュー »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ