サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« バンクーバーの朝日 ジャパンプレミア | トップページ | グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 »

2014年10月21日 (火)

ファイヤー・レスキュー

濃煙に惑わされるな

As_the_light_goes_out

公式サイト http://www.fire-r.jp

消防士のサム(ニコラス・ツェー)とチウ(ショーン・ユー)とイップ(アンディ・オン)の3人は、屯門で起こった火事現場で無理して勝手な行動をしたために負傷し、諮問委員会にかけられる。現場で3人の連帯責任との約束のはずが、昇進を狙うサムは、自分の非ではないと言い、チウひとりが責任を取った。
1年後のクリスマス・イブ。サムは転属のために、イップが署長である龍鼓灘消防署での、最後の勤務の日となっていた。サムがいなくなる代わりに、大陸出身で経験があるホイ・ヨン(フー・ジュン)と新人隊員のチョン(ウィリアム・チャン)が入隊し、平和に1日が終わるかと思っていた。 だが、酒酢醸造所で火災が起き、サムたちは現場ですぐに鎮火させるが、サムは建物の裏に発電所につながるパイプラインがあることに気づき、火事後の地面の熱が下がっていないことから、イップに二次被害を防ぐためにさらなる消火を進言するが、却下される。その夜、予感は的中し、パイプ付近で火災が発生し、現場に入ったサム、イップ、ホイたちは素早く火災に対応するものの、二次被害が発生し、発電所は大火災となってしまう。香港は大停電となり、街中の大渋滞で応援が到着しない中、サムたちは発電所内に取り残されている人々を救うために建物内に入っていく。

鑑賞券が当たって見てきました。

美少年だったニコラス・ツェーも、30代ですね。
「インファナルアフェア」で、トニー・レオンの警察学校時代を演じたショーン・ユーも、妻子持ちの役ですよ。

原題は「救火英雄」
読めなくても、漢字の国の人だから意味はわかるよね。
納得のストーリーでしたわ。

香港では製作費をかけたパニック大作で、ハラハラドキドキ。
予想外の人も死んだりして、スリリング。
ただ、みんな暗い中でヘルメットをかぶっているので、誰だかわかりにくい場面があるのが難点。
ホイが抱えているドラマもあるけど、サムの心のドラマが主題ね。

屯門で起こった火事現場のトラウマなのか、サムは現場勤務をやめて事務仕事についていました。移動で最後の日となったので、一緒に現場にと誘われて醸造所の現場にいきました。

As_the_light_goes_out_2

1年前、保身のために友情を裏切ったサム。
その後もお前が決めろといわれると、なかなか上の命令に反する行動は取れない。
自分の信念が貫けない男。
まあね、どこでもなかなか上司には逆らえない。
ある悲劇もあり、サムは大きな決断をする。

煙にまかれても、常に冷静さを保って進んでいかなければならない消防士さんたち。
本当にご苦労様です。

始めのほうで、えっ?これってSF?って思ったら、消防士募集のCMだった。そこにジャッキー・チェンが友情出演してます。

(鑑賞日10月17日)

« バンクーバーの朝日 ジャパンプレミア | トップページ | グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
風子さんはポストカード誰でした?
鑑賞券だと貰えないんでしょうか?
アンディ・オンでがっかりでした。
隕石?の落下とジャッキーにはびっくりしました。(笑)
若手だと思っていた俳優が子持ちの役…自分が歳を取るはずですねぇ。(^^;)

★すぷーきーさん
私は招待券で見たので、ポストカードはもらえませんでした。
お金を払って見た人しかもらえないんですよね。

突然大量の隕石が香港に降ってきて、SF映画なのかと思っちゃいましたよ。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/57653432

この記事へのトラックバック一覧です: ファイヤー・レスキュー:

» ファイアー・レスキュー。 [すぷのたわごと。]
『ファイアー・レスキュー』を観に行ってきました。 原題は『救火英雄』、Yahoo!翻訳の中国語→日本語で“火事を消す英雄”だった。 英題は『AS THE LIGHT GOES OUT』、Yahoo!翻訳の英語→日本語で“光が消えて、”だった。 その最後の「、」はどっから湧いて出たんだ? 消防学校の同期サム(ニコラス・ツェー)、チウ(ショーン・ユー)、イップ(アンディ・オン)は、火災現場で命令を無視して勝手な行動をとり、サムとチウが負傷。 連帯責任で行動していたが、査問委員会でチウひ..... [続きを読む]

» ファイアー・レスキュー 救火英雄 [まてぃの徒然映画+雑記]
謝霆鋒ニコラス・ツェー、余文楽ショーン・ユーが競演する消防士アクション。胡軍フー・ジュン、任達華サイモン・ヤム、安志杰アンディ・オンらが脇を固める。 クリスマス・イブに小さな酢酸工場で起きた火災。何の問題もなく鎮火できたと思われていたが、すぐ脇には香...... [続きを読む]

» 「ファイヤー・レスキュー」 [ここなつ映画レビュー]
大変見応えがありました。香港映画です。韓国映画が続いていて、少々食傷気味だったので、やはりここは香港映画に立ち戻りたいな、と。実際もう香港映画なら何でも良かった、という位。とはいえ、近頃仕事が立て込んでいて、脳味噌休める必要もあったので、多少は気楽に観られるものを、とチョイス。好きな人ばかり出てるしね。そして冒頭に書いた通り、大変見応えがありました。ちょっと盛り込み過ぎではないの?と思う程。いや、だいぶ盛り込み過ぎでしょう。香港の街を守るファイヤー・レスキュー(消防士)の奮闘と活躍を描くだけの内容で... [続きを読む]

« バンクーバーの朝日 ジャパンプレミア | トップページ | グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ