サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« マダム・マロリーと魔法のスパイス | トップページ | フューリー ジャパン・プレミア »

2014年11月16日 (日)

6才のボクが、大人になるまで。

撮影期間12年

Boyhood

公式サイト http://6sainoboku.jp

製作・監督・脚本: リチャード・リンクレイター

テキサスの田舎町に住む6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)と生活していた。父親のメイソン・シニア(イーサン・ホーク)は、離婚してアラスカに放浪の旅に出てしまった。シングルマザーとなった母は、キャリアアップを目指して大学への入学を決意し、メイソンとサマンサを連れて祖母が住むヒューストンに引っ越す。そこで多感な思春期を送り始めたメイソンは、実父との交流や母の再婚、そして初恋と、様々な経験を重ねていく。

物語は、どうということはない普通の少年の成長物語。
両親の離婚、母の再婚、思春期の言動など、その時々で誰でも抱く感情。
映画として面白いかどうかは、評価が分かれるところ。

ただ、通常の映画と違うのは、時を再現するのではなく、その時に撮っているという“リアルな時”。

ハリー・ポッターがはやっているとか、トワイライトとか、レディーガガとか。
オバマが大統領選に出馬したなど、周囲の出来事から実際の“時”を撮っているのがわかる。

かなりのギャンブルよね。
撮影は毎年夏休みに3~4日だったらしいけど、10年以上の間に何があるかわからないものね。
主人公が現実世界でどんな子に育つかわからないし、事故や病気で死んじゃうなんて事も起こるかもしれないじゃない。
無事に撮影が終わってよかったわね。

Boyhood_5

主人公メイソンの姉サマンサを演じるのは、リンクレイター監督の娘。

Boyhood_6

ママのオリヴィアは、男運が悪いのか男を見る目がないのか、結婚離婚を繰り返す。
ママは頑張っているけれど、子供はそのたびに振り回される事になっちゃう。

ママの再婚相手に、無理やりこんな髪型にされちゃうメイソン。
Boyhood_4

仕方なくいやいや学校へ行くと、女の子にかっこいい言われ、ころっと機嫌を良くしちゃう。(笑)

イーサン・ホークも若かった!

Boyhood_2

風来坊だったパパも、12年のうちに再婚し、再婚相手との間にも子供ができ、定職に就きました。

12年経った出演者たち。

Boyhood_8

同じ子役で12年間も撮影するというのは、斬新だったはず。

しかし図らずも、ハリー・ポッターシリーズは、全作同じ子役で撮る事になった。
とりあえず3作目までの予定で、その後は未定だったけど、結局メインの3人だけでなく、ホグワーツの主だった生徒は同じ子役で撮られた。
ハリポタは全くのファンタジーだったけど、観客は10年間子役たちの成長を見ることになった。

たまたま本作の撮影は、ハリー・ポッターと同時期になってしまっている。
ハリポタシリーズがなければ、本作の手法にもっと感嘆したと思うの。

(鑑賞日11月14日)

« マダム・マロリーと魔法のスパイス | トップページ | フューリー ジャパン・プレミア »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

ハリポタは結果的のそうなったけど、こっちは最初からこういう目的でしたからね。
とはいえ、ビフォアも18年間だし、今のあっさり使い捨ての時代に、貴重な監督さんだと思います。
なんてイーサンの若いころに、ちゅどーん!!でした。ア--よかった。

★sakuraiさん
イーサンも若かったですね。
彼も撮影期間中に、離婚と再婚をしているんですよねえ。

TBありがとうございます。
この映画はジワーっとくる内容でした。
最後に泣き崩れるオリヴィアの気持ちがすごくよくわかったし。
12年って大人は大きく変化しないけれど、子供ってすごく変わりますね。

★ミス・マープルさん
子供の巣立ちって、親には複雑なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/57976860

この記事へのトラックバック一覧です: 6才のボクが、大人になるまで。:

» 6才のボクが、大人になるまで。 (2014) [ジュライシネマログ]
〈あらすじ〉 メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活し ... [続きを読む]

» 『6才のボクが、大人になるまで。』 2014年10月23日 東宝東和試写室 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『6才のボクが、大人になるまで。』 を試写会で鑑賞しました。 まだまだ先ですが、現時点ではアカデミー賞にいちばん近い映画と評判の本作です。 【ストーリー】  メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母が住むヒューストンへの引っ越しを決める。さらに彼らの転居先に、離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)が1年半ぶりに突然現れ…... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。/人生はそれだけでドラマだ [MOVIE BOYS]
リチャード・リンクレイター監督が6才の少年とその家族を同じキャストで12年間に渡って撮り続けた家族の変遷のドラマだ。主人公メイソンはオーディションで選ばれたエラー・コルトレーン、母親を大ヒットテレビドラマ『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』のパトリシア・アークエット、離婚した父親を『クロッシング』などのイーサン・ホーク、そして姉を監督の娘のローレライ・リンクレイターが演じている。 ... [続きを読む]

» 『6才のボクが、大人になるまで。』 [こねたみっくす]
6才のボクが大人になるまでに必要なこと。それはたくさんの人たちからたくさんの愛を受けること。 劇的な展開がある訳でも、クライマックスに向けて何か大きな感動がある訳でも ... [続きを読む]

» 映画:6才のボクが、大人になるまで。 あっと驚きの企画が生む、異次元の感動。今年のベスト1級! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
昨日に紹介した映画、100歳の華麗なる冒険 とは全く方向性が真逆! 100才が吹く大ボラ、に対し、こちらは 6才(笑) 何と! 12年間、毎年数日ずつ集合して撮影する「人生」の映画。 原題は そのものズバリ、Boyhood。 ドキュメンタリーでなく制作されたこの企...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。/BOYHOOD [我想一個人映画美的女人blog]
「ビフォア」シリーズや「スクール・オブ・ロック」「テープ」など様々な作品で いつも楽しませてくれる、リチャード・リンクレイター監督の、待望の最新作は オーディションで選ばれた6歳の少年エラー・コルトレーンを主演に、 彼の12年間の成長と家族の変遷の...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。  監督/リチャード・リンクレイター [西京極 紫の館]
【出演】  エラー・コルトレーン  パトリシア・アークレット  イーサン・ホーク  ローレライ・リンクレイター 【ストーリー】 メイソンは、母・オリヴィアと姉・サマンサとテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母...... [続きを読む]

» 「6才のボクが、大人になるまで。」 [或る日の出来事]
「ボク」より、ラスト近くの母親の言葉に胸を突かれた。 [続きを読む]

» 「6才のぼくが、大人になるまで」☆人をつくるもの [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
まるでドキュメンタリーを観ているかのような、自然体な演技。 4人の役者が同じ家族の12年間を演じるだけでも凄いのに、本物の家族のようで微塵も違和感を感じさせないのは、やはり子役の姉弟の魅力あってこそでは?... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 [映画と本の『たんぽぽ館』]
165分のタイムトラベル * * * * * * * * * * 一人の少年が6歳〜18歳になるまで、 12年間の成長と家族の軌跡を描きます。 なんといってもスゴイのは、実際に12年間をかけ、 同じキャスト・スタッフで作品を撮り続けたというところ。 このポスター...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで   BOYHOOD [映画の話でコーヒーブレイク]
タイトル通り、12年間という長い時間をかけて一つの家族を追うドキュメンタリーのような ドラマです。同じキャストで、主人公メイソンとメイソンの姉を演じる役者たちが 徐々に成長していく姿を、近所で見守るおばちゃんのような感覚で鑑賞。 子どもから大人へ。この頃の1...... [続きを読む]

» 少年時代~『6才のボクが、大人になるまで。』 [真紅のthinkingdays]
 BOYHOOD  テキサスに住むメイソン(エラー・コルトレーン)は、口数が少なく内向的な 少年。姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とは、喧嘩しながらも仲がい い。ミュージシャン志望だった父メイソンSr(イーサン・ホーク)は家族と離れ てアラスカで放浪し、たまにしか会えない。母オリヴィア(パトリシア・アーク エット)はシングルマザーとして自立す...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 [映画的・絵画的・音楽的]
 『6才のボクが、大人になるまで。』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)評判につられて映画館に行ってきました。  本作の舞台はテキサス州のある町。  初めの方では、6歳のメイスンは、ベッドで母親のオリヴィアにハリーポッターの本を読んでもらったり...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるにまで。・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
12年の、家族のエポック。 映画史に残る、驚くべき青春映画だ。 リチャード・リンクレイター監督と4人の俳優たちが、実に12年の長きにわたって撮影を続けた、現実よりも現実らしいリアリティ・ムービー。 6歳の少年の成長を軸に描かれる人生の軌跡は、出会いと別れ、達成と挫折、成長と老い。 生身の俳優が、自らの肉体の時間をスクリーンに刻み付ける事で生まれる説得力は、唯一無二と言って良いので...... [続きを読む]

» 6才のボクが大人になるまで(2014)**BOYHOOD [銅版画制作の日々]
 すべての瞬間に、「大切」が宿っている。 お久しぶりです。バタバタしていて映画鑑賞も出来ておらず、、、、。ようやく3本目を東宝シネマズ二条にて鑑賞。グレース王妃は随分鑑賞から時間が経ってしまい、書くことが出来ず。今回も忘れてはならぬと早速書き始めました...... [続きを読む]

» 「6才のボクが、大人になるまで。」 [セレンディピティ ダイアリー]
リチャード・リンクレイター監督の「6歳のボクが、大人になるまで。」(Boyhoo [続きを読む]

» 「6才のボクが、大人になるまで」 [Con Gas, Sin Hielo]
干支がひとまわり。 「ビフォア〜」シリーズのR.リンクレイター監督が仕掛けた別の長期プロジェクト。 なんとある家族の12年に渡る物語を、同じ12年をかけて同じ俳優で撮り続けたという実験的作品。「ビフォア〜」が定点観測ならばこちらは連写というところか。 いわ...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 [心のままに映画の風景]
6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。 キャリアアップを目指した母は、大学への入学を決意し、メイソンとサマンサを連れ、祖母が住むヒューストンへと引っ越しを決める。 離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)との再会、母の再婚、多感な思春期、メイソンは...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。★★★★★ [パピとママ映画のblog]
『ビフォア』シリーズなどのリチャード・リンクレイター監督がメガホンを取り、6歳の少年とその家族の12年にわたる軌跡をつづった人間ドラマ。主人公を演じた新星エラー・コルトレーンをはじめ、主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。主人...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 [迷宮映画館]
母の物語です。 [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 BOYHOOD [まてぃの徒然映画+雑記]
一つの家族の12年間を追った物語。同じキャストが年齢を重ねていく過程を撮る、といって思い浮かぶのは日本の名作ドラマ「北の国から」シリーズ。父や母になっているであろう純と蛍を見てみたい。この作品は、ゴールデングローブ賞作品賞を受賞しました。 6才のメイソン...... [続きを読む]

» [映画][☆☆☆☆★]「6才のボクが、大人になるまで。」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「スクール・オブ・ロック」のリチャード・リンクレイター監督(兼脚本&製作)、「エド・ウッド」のパトリシア・アークエット、「ガタカ」のイーサン・ホーク他出演。ある少年が6歳から18歳になるまでの成長と、その周囲の人々の人間模様を描くヒューマンドラマ。 主... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
6才のボクが、大人になるまで。 14:米 ◆原題:BOYHOOD ◆監督:リチャード・リンクレイター「恋人までの距離(ディスタンス)」「ビフォア・サンセット」 ◆出演:パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレーター、イーサン・ホーク、イ...... [続きを読む]

» 18年の時 [笑う社会人の生活]
20日のことですが、映画「6才のボクが、大人になるまで。」を鑑賞しました。 6歳のメイソンは母オリヴィアと姉サマンサとテキサス州の小さな町で生活していた 大学に入学した母のためヒューストンに転居しその地で多感な思春期を過ごす。父との再会や母の再婚、義父の暴...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
賞レースで話題になった12年をかけて製作された 映画『6才のボクが、大人になるまで。』が 公開、都心からしばらく経って埼玉のシネコンで 上映されましたので観に行くことに、見逃して いたので助かりました。 6才のボクが、大人になるまで。 原題:BOYHOOD 製作:201…... [続きを読む]

» 「6才のボクが、大人になるまで。」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
2002年から2013年の12年間撮影された作品。同じキャストって凄いです。4つ★~4つ★半 [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 [こんな映画見ました〜]
『6才のボクが、大人になるまで。  』--BOYHOOD----2014年(アメリカ)監督: リチャード・リンクレイター出演: パトリシア・アークエット 、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター 、イーサン・ホーク 「スクール・オブ・ロック」「ビフォア・ミ...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 [♪HAVE A NICE DAY♪]
wowowで鑑賞 昨年、アカデミー賞でも色々ノミネートされ 助演女優賞に輝いた作品です。 12年間、撮り続けたという事で話題になりました この男の子やお姉ちゃんが成長していく物語であって 親も子育てしながら自分の人生を歩む物語。 本当の親子のようで、ある一家...... [続きを読む]

» 6才のボクが、大人になるまで。 [miaのmovie★DIARY]
【BOYHOOD】 制作国: アメリカ  制作年:2014年 メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。 キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母オリヴィアに従って、 姉サマンサと共にヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春 期を過ごす。アラスカから戻って来た父メイソンSrとの再会、母の再 婚、義父の暴力、そして初恋。周囲の環境の変化に時には耐え、時 には柔軟に対応しな...... [続きを読む]

« マダム・マロリーと魔法のスパイス | トップページ | フューリー ジャパン・プレミア »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ