サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ニューヨークの巴里夫 | トップページ | ベイマックス »

2014年12月21日 (日)

あと1センチの恋

近すぎてその一言が言えなかった

Love_rosie

公式サイト http://1cm-movie.com

原作: 愛は虹の向こうに (セシリア・アハーン著/小学館文庫)

ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は近所に住む6歳からの幼なじみで大親友。そんなそ二人の夢は、この小さなイギリスの田舎町を離れ、アメリカのボストンにある大学へ一緒に進学すること。ところがロージーは、クラスの人気者クレッグ(クリスチャン・クック)と軽い気持ちで関係を持って、妊娠してしまう。ロージーは妊娠した事をアレックスに言えないまま、アメリカへ行く彼を見送り、自分は地元に残って子育てに奮闘する。運命のいたずらに翻弄され、12年間も2人は近づいては離れていくが・・・。

Ps

「P.S.アイラヴユー」と同じ原作者だというので見てきました。
原題は“Love, Rosie”で、これまた手紙の末尾の言葉。
愛をこめて、ロージーへって感じかしら。

ハーバードの医学部を目指すアレックス。
将来ホテル経営をしたいロージーは、ボストン大を受ける。

幼い頃からの付き合いで、今さら異性として好きだと相手に言えないロージーとアレックス。

Love_rosie_2

好き、愛してる、と言いたい時には、相手に恋人やパートナーがいる。
相手の幸せを考えて、言葉を飲み込んでしまう。
そんなすれ違いを何度も繰り返すばかりでうまくいかず、それでも相手に対する気持ちは消えないまま。

Love_rosie_3

見ていてもどかしく、それでもふたりの気持ちが悲しく伝わってきました。

最初にバックに流れたのは、バート・バカラックの「恋よさようなら」。
「アローン・アゲイン」の歌が流れた時は、10代だったら泣いてたわ。

ラストは予想通りnote 

Love_rosie_4

リリー・コリンズは相変わらずの太眉だけど、かわいいよねえ。
元気な女の子が似合うわ。
サム・クラフリンは二枚目だし大作映画にも出演しているけど、観客を引きつける魅力になんか乏しいなあ。
ブレイクするような役柄でないからか、それとも演技力がないのか?

ロージーの弟のひとりが、アート・パーキンソンくんでした。

(鑑賞日12月17日)

« ニューヨークの巴里夫 | トップページ | ベイマックス »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

今年最初の映画のラストがハッピーエンドだったので
この1年、なんだかとても幸先のよさを感じます(笑)
リリーの克服も出来たということでWでハッピー!(爆)

アレックスくん、草食系なので知的な悪役なんかでブレイクするかも。

★itukaさん
やっぱり年の始めには、ハッピーな気分になる映画が良いですよね。

>アレックスくん、草食系なので知的な悪役なんかでブレイクするかも。

セクシーさが足りないんですかね。
今後も様子を見てみます。

アレックス君、ニコラス・ホルトに似てませんか?
もうちょっとミステリアスな雰囲気があるといいのかもね。
30年前に見たら、超キュンキュンだったかと思われ・・・・。

★sakuraiさん

>アレックス君、ニコラス・ホルトに似てませんか?

似た系統の顔かも。
雰囲気がさっぱりして癖がなさすぎなのかも。

公開時にはちょっと見れませんでしたが、やっと鑑賞。しかし本当に後ひとつ踏み出せたらというもどかしいお話でしたね。
幼馴染みというのがさらに難しくしてしまった?でも苦節うん十年、ようやくのハッピーエンドに一安心でした。
できてたらTBお願いします。

★atts1964さん
早く気持ちを伝えていたらと、
もどかしい恋でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/58296609

この記事へのトラックバック一覧です: あと1センチの恋:

» あと1センチの恋/意外に泣けなかった… [MOVIE BOYS]
『P.S.アイラブユー』の原作者セシリア・ハーンの「愛は虹の向こうに」をベースにしたラブストーリー。幼なじみの男女がお互いのことを好きでありながらも運命のいたずらでスレ違い続けその想いを相手に伝えられない。主演は『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズと『スノーホワイト』のサム・クラフリン。監督はクリスティアン・ディッターが務める。12年間スレ違い続けた末の結末は…。... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [とりあえず、コメントです]
セシリア・アハーン著の小説『愛は虹の向こうに』をもとに創り上げたラブストーリーです。 予告編を観てリリー・コリンズとサム・クラフリンの並んだ姿が可愛いなあと気になっていました。 様々なすれ違いでどうしても上手く行かない恋の行方は最後までヤキモキさせました~ ... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [ハリウッド映画 LOVE]
今年見収めの映画。選んだわけじゃなくて、地元じゃ見たい作品がなかったし、ちょうどパスポートもきれてTOHOの縛りがなくなったため、ねずみの国の映画館まで遠征してきました。 [続きを読む]

» あと1センチの恋 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3.5点】(09) 新春第一弾は苦手だったリリー・コリンズを克服する映画となった(笑) [続きを読む]

» 「あ1センチの恋」:作品もリリー・コリンズもキュート [大江戸時夫の東京温度]
映画『あと1センチの恋』、なるほどなかなか感じをつかんだタイトルですね。この作品 [続きを読む]

» 『あと1センチの恋』 2015年1月5日 TOHOシネマズ錦糸町 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『あと1センチの恋』 を鑑賞しました。 パスポートの17本目の鑑賞です。 これは見れないだろうなと思っていましたが、 拡大公開のお鉢にあずかり、TOHOで上映していただけたので 見る機会を得ました。 【ストーリー】  ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は6歳のころからの友達同士。自分たちの住むイギリスの田舎町を出て、アメリカのボストンの大学へ進学しようと約束し、二人とも合格。ところがロージーは、クラスの人気者クレッグと軽い気持ちで関係を持ち、身ごもってしまう。アレックス... [続きを読む]

» 「あと1センチの恋」 [Con Gas, Sin Hielo]
すれ違い過ぎる美男美女。 近過ぎて気付かない幼なじみの恋というのはよくあるプロット。 ただ美男美女でここまで王道を描き通してみせる映画はある意味珍しいのかもしれない。 冒頭、何かのパーティーでお酒に酔った二人がキスを交わす。二人とも異性としての意識が...... [続きを読む]

» No.470 あと1センチの恋 [気ままな映画生活]
「P.S.アイラヴユー」の原作者セシリア・アハーンの小説「愛は虹の向こうに」をもとに、幼なじみの男女の12年間にわたるすれ違いの恋を描いたラブストーリー。イギリスの田舎町で6歳 ... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [映画的・絵画的・音楽的]
 『あと1センチの恋』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)少々時間が余ったので予備知識なしに映画館に入ってみました。  本作(注1)の主な舞台は、イギリスの小さな田舎町。  そこに暮らすロージー(リリー・コリンズ:注2)とアレックス(サム・クラフリン)との...... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [映画好きパパの鑑賞日記]
 イギリスの恋愛映画は、ハリウッドとは違って本当にハートウォーミングで巧いなあと感心しました。フィル・コリンズの娘でありリリー・コリンズは初めてみましたが、彼女が演じるロージーの痛さとキュートさは、おじさんの心もわしづかみです。  作品情報 2014年ドイ…... [続きを読む]

» ショートレビュー「あと1センチの恋・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
あと少しだけ、届かない。 昨年末にミニシアター系で公開されて以来、口コミで劇場に女性客が詰めかけ、予想外のクリーンヒットとなったヨーロッパ発のラブコメ映画。 カップルの観客は散在するも、9割くらいは若い女性客という、少々居心地の悪い劇場で観たが、いやーこれはおじさんでも気恥ずかしいなる位に胸キュンキュンですよ。 原作はヒラリー・スワンク主演の「P.S.アイラヴユー」でも知られる...... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [迷宮映画館]
男と女の違いをまたまた痛感。 [続きを読む]

» あと1センチの恋 ★★★ [パピとママ映画のblog]
『P.S.アイラヴユー』の原作者としても知られるセシリア・アハーンの「愛は虹の向こうに」を基に、友達以上恋人未満の男女の擦れ違いを描くラブストーリー。6歳のころから全てを共有してきた男女が思いを伝えられず、それぞれの人生を歩むことになりながらも、思いも寄ら...... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
あと1センチの恋 14:ドイツ・イギリス ◆原題:LOVE,ROSIE ◆監督:クリスチャン・ディッター ◆出演:サム・クラフリン、リリー・コリンズ、クリスチャン・クック、スーキー・ウォーターハウス、アート・パーキンソン、ノーマ・シーハン、ジェイク・マンリー、ニック・リー...... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [こんな映画見ました〜]
『あと1センチの恋』---LOVE, ROSIE---2014年(ドイツ/イギリス)監督:クリスティアン・ディッター出演:リリー・コリンズ、サム・クラフリン デビュー作『P.S.アイラヴユー』が世界的ベストセラーとなったセシリア・アハーンの『愛は虹の向こうに』を映画化...... [続きを読む]

» 『あと1センチの恋』 [beatitude]
イギリスの田舎町で幼なじみとして仲良く育ち、互いに何でも語り合ってきたロージーとアレックス。ところが、いざ思春期を迎えた彼らは、お互いに「好き」のひと言が言い出せず、本当は一緒にダンスパーティーに出掛けたいのに見栄を張り合ったため、2人は別々のパートナ...... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [のほほん便り]
幼馴染の、ものどかしい恋、というと日本では含羞に満ちてるけれど、これは、イギリス映画。ちょっと下世話にドタバタしたコメディ要素の強い、ラブ・ストーリーでした。 大学の合格通知と妊娠発覚が一緒で、カトリックゆえ、中絶という選択肢はなく、産んで里子に、と思ってたら、予想外の可愛さ、手元で育てる展開になったのが、個人的には、サプライズでした。 ヒロインの、ロージー(リリー・コリンズ)が、ものすごく可愛く、ほとんど、それだけで成立してたほど? ちょっとキーマンな、赤い髪の年上女性との友情が... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [銀幕大帝α]
LOVE, ROSIE 2014年 ドイツ/イギリス 103分 ロマンス/コメディ PG12 劇場公開(2014/12/13) 監督: クリスティアン・ディッター 原作: セシリア・アハーン『愛は虹の向こうに』 出演: リリー・コリンズ:ロージー サム・クラフリン:アレックス クリスチャ...... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [atts1964の映像雑記]
2014年作品、クリスチャン・ディッター監督、リリー・コリンズ、サム・クラフリン出演。 6歳から幼なじみのロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は、ずっと一緒に青春を過ごしてきた、友達以上恋人未満の関係。 他愛もない話も夢の話も恋の話も、何でも共有してきた。 2人の夢は、この小さなイギリスの田舎町を離れ、アメリカのボストンにある大学へ一緒に進学すること。 お互い意識をし合いながら、なかなか恋人に発展しない二人だったが、パーティーの時にめでたくキスをす..... [続きを読む]

» あと1センチの恋 [タケヤと愉快な仲間達]
監督:クリスティアン・ディッター 出演:リリー・コリンズ、サム・クラフリン、クリスチャン・クック、タムシン・エガートン、スーキー・ウォーターハウス、ジェイミー・ビーミッシュ、ジェイミー・ウィンストン 【解説】 『P.S.アイラヴユー』の原作者としても知られ...... [続きを読む]

« ニューヨークの巴里夫 | トップページ | ベイマックス »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ