サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« ホビット 決戦のゆくえ (試写会) | トップページ | あと1センチの恋 »

2014年12月19日 (金)

ニューヨークの巴里夫

女に翻弄されるグザヴィエくん

Chinese_puzzle

公式サイト http://www.nyparisian.ayapro.ne.jp

「スパニッシュ・アパートメント」「ロシアン・ドールズ」に続く第3弾

監督:  セドリック・クラピッシュ

40歳になったグザヴィエ(ロマン・デュリス)は、妻ウェンディ(ケリー・ライリー)と2人の子供とパリで暮らし、小説家としてある程度成功していた。しかしスペイン留学時の仲間で友人でもあるレズビアンのイザベル(セシル・ドゥ・フランス)から、精子を提供してほしいと頼まれ、それを引き受けたことで、妻と気まずい雰囲気に。そしてニューヨーク出張から帰った妻から、向こうで好きな人ができたと告白され、彼女は子供を連れてニューヨークに旅立ってしまう。話し合いのためにグザヴィエはニューヨークへ飛ぶが、ウェンディと子供たちが、セントラルパークを見下ろす豪華な部屋に住む、マッチョなエリート金融マンのもとで暮らしているのを見てショックを受ける。

相変わらずふらふらする、憎めないダメ男グザヴィエのコメディー。
優しいけれど毅然とした男らしさがなく、なーんか頼りなく、女達に振り回されちゃう。

Chinese_puzzle_3

しょうがない男だなあと思いながらも、楽しく笑って鑑賞しました。

妻子とまずまず幸せに暮らしているグザヴィエ。
しかしレズビアンのイザベルから、子供が欲しいので精子を提供してくれないかと頼まれる。ウェンディにその事を話すけれど、言い顔するはずがないじゃない。
そんなのわかりきっていると思うけど、なぜ引き受けるのよこの男は。(爆)

出張から帰ったウェンディは、ニューヨークで出会いがあったからと、子供を連れてニューヨークへ行ってしまう。子供から制服のある学校に通っているのを聞いたグザヴィエは、自分の教育方針と違うと、ウェンディと話し合うためにニューヨークへ。
するとウェンディの相手は、自分と違ってお金持ちでがたいのいい男だった。

イザベルは中国系アメリカ人のパートナー、ジューと一緒にニューヨークに住んでいるので、グザヴィエはとりあえずそこへ居候。

Chinese_puzzle_4

Chinese_puzzle_2

子供たちのそばで暮らすために偽装結婚したり、イザベルから子供の認知を求められたり、出張でニューヨークに来た元恋人のマルティーヌ(オドレイ・トトゥ)と会ったり。

イザベル浮気がジューにバレないように、あたふたしたり。

Chinese_puzzle_5

息子のトム(パブロ・ミュニエ=ジャコブ)が、またよくできた子なの。
さすがフランス男?(爆)

一応ハッピーエンドだけど、グザヴェエのことだからこのまま安泰とは思えないし、この先もまだ色々ありそうな気がするぅ。(笑)

(鑑賞日12月16日)

« ホビット 決戦のゆくえ (試写会) | トップページ | あと1センチの恋 »

【映画】な行」カテゴリの記事

コメント

あの長男は、要チェックですね!
唾つけておかないと。
相変わらずの胡散臭さと、情けなさぶりがツボでした。

★sakuraiさん
長男君、イケメンに成長するといいですね。
グザヴェエどうしようもない情けなさが笑えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/58287126

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークの巴里夫:

» 『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』 [ラムの大通り]
(原題:Casse-tete chinois) ----おおっ。 久しぶりの外国映画。 しかもフランス映画とは!? でも、このタイトルはニャいよね。 『ニューヨークのパリジャン』でいいじゃニャい。 「おそらく、いや確実に “巴里”という言葉を使いたかったんだろうね。 『巴里のアメリカ...... [続きを読む]

» ニューヨークの巴里夫 [迷宮映画館]
ロマンの胡散臭さ、全開!好きだわあああ。 [続きを読む]

» ニューヨークの巴里夫(パリジャン) [映画と本の『たんぽぽ館』]
子どもと別れた父親は戦士だ * * * * * * * * * * 「スパニッシュ・アパートメント」、「ロシアン・ドールズ」に続く セドリック・クラビッシュ監督青春3部作の完結編。 とはいえ、どれも見ていないなあ・・・と思ったのですが、 なんと「スパニ...... [続きを読む]

« ホビット 決戦のゆくえ (試写会) | トップページ | あと1センチの恋 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ