サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ | トップページ | 米アカデミー賞発表 »

2015年2月23日 (月)

きっと、星のせいじゃない。

0と1のあいだは無限の数がある

The_fault_in_our_stars

公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/kitto-hoshi

原作: さよならを待つふたりのために (ジョン・グリーン著/岩波書店)

末期のガンで肺の機能も低下し、酸素ボンベが手放せないヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)。今は奇跡的に薬が効いているけれど、学校にも通えず、友人もいない。そんなある日、両親に言われていやいや参加したガン患者の集会で、骨肉腫で片足を切断した高校バスケットの元スター選手ガス(アンセル・エルゴート)と出会う。ヘイゼルに惹かれたガスだが、彼女に距離を置かれてしまう。ヘイゼルに振り向いてもらおうと、彼女が敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに成功するガス。それをきっかけに、二人は作家に会おうとオランダへ旅行に出る。

難病ものだけど、死よりも“生”を見つめたティーンエイジャーのガン患者同士のラブストーリー。
0から1の間は無限なんだと考えて過ごしていけたら良いなと思う映画でした。
良いセリフがたくさんあった。
辛く悲しい現実だけでなくユーモアもあり、心を輝かせて残りの時間を生きていけたら良いなってお話。

思い出すこともあって、両親の気持ちやヘイゼルの気持ちに泣かされる場面がちょこちょこありました。

家に引きこもっている娘ヘイゼルに対し、母は少しでも楽しい事をして欲しいと願っている。
友だちを作って欲しいと、ガン患者の集会に行かせる。

そこで出会ったガスは、積極的にヘイゼルにアプローチ。
ガスは骨肉種で片足を切断。今のところ再発は無い。
しかしいつ病状が悪化して死ぬかわからないヘイゼルは、彼に辛い思いをさせたくないと、友達以上の関係を避けるけど、どんどん惹かれていくのよん♪

The_fault_in_our_stars_2

アンセル・エルゴートはイケメンではないけれど、見ているうちに、こんなボーイフレンドがいたらいいなと思えてきました。

ヘイゼルがお気に入りの小説「大いなる痛み」。
ヘイゼルは、主人公が死んだあとの話が知りたい。
主人公の周囲の人たちはどうなったのか。
作者のヴァン・ホーテンに手紙を出した事もあるけど、返事は無い。
そんな彼女の気持ちを知って、作家の秘書にメールを出して返事をもらったガス。

ヴァン・ホーテンが住むデンマークへ行くまで、費用やヘイゼルの病状などの問題がありましたが、何とか出発。

ヴァン・ホーテンが、ふたりに高級レストランの予約までしてくれていました。

The_fault_in_our_stars_3

ここからネタバレ。

なんとなくね、ガスの方が先に死んでしまう展開だろうとは思っていました。
しかし、いろいろ手配してくれていて良い人のように思えていたヴァン・ホーテンが、会ってみたらすっごくいけ好かないアル中のパジャマオヤジ。
みんな秘書の女性がしてくれていたの。
この展開には驚きました。
でも、家族を病気で失ったせいだろうというのも、予想はついていました。
ウィレム・デフォーは、こういう役がはまりますぅ。

ラストのガスの手紙が素敵だったわぁ。shine
彼はヘイゼルの人生に、輝きを与えてくれました。

ただ難病で闘病中にしては、シャイリーンは腕とか肉付きがよくて、病人に見えないわ。(爆)

The_fault_in_our_stars_4

ヘイゼルの両親には、サム・トラメルローラ・ダーン

(鑑賞日2月20日)

« フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ | トップページ | 米アカデミー賞発表 »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

元気そうな病人たちでしたね。
悲壮感がなかったのが、いいのか悪いのか。
こんだけ死ぬ用意ができて死ねるって、妙にうらやましさも感じてしまいましたわ。

★sakuraiさん
死を受け入れる準備ができて死ねたら良いですね。

こんばんはhappy01

確かに、シェイリーンは肌ツヤも良くて健康的でしたねcoldsweats01

ヴァン・ホーテンの正体は、私も、やられた〜と思いましたgood

「死」よりも「生きること」に焦点を当てた映画でしたね!

★Erika Aさん
精一杯生きたいと思える映画でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/58988030

この記事へのトラックバック一覧です: きっと、星のせいじゃない。:

» 『きっと、星のせいじゃない。』 2015年2月16日 よみうりホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『きっと、星のせいじゃない。』 を試写会で鑑賞しました。 映画とは関係ないけど、よみうりホールは久しぶりだった。 どうやら2ヶ月はご無沙汰だったみたい。 【ストーリー】  末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。だが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガス(アンセル・エルゴート)と知り合う。ヘイゼルに惹(ひ)かれたガスだが、彼女に距離を置かれてしまう。ヘイゼルに振り向いてもらおう... [続きを読む]

» きっと、星のせいじゃない。 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3.5点】(試写会) 試写会が当たりました!去年も当ったけど観に行けなかったから [続きを読む]

» きっと、星のせいじゃない。 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
きっと、星のせいじゃない。 14:米 ◆原題:THE FAULT IN OUR STARS ◆監督:ジョシュ・ブーン ◆出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、サム・トラメル、ウィレム・デフォー、ロッテ・ファービーク、アナ・デラ・...... [続きを読む]

» 『きっと、星のせいじゃない』(試写会) [・*・ etoile ・*・]
15.01.20 『きっと、星のせいじゃない』(試写会)@有楽町朝日ホール CheRishさんで当選 いつもありがとうございます! 実はCheRishさんでは『エクソダス』も当たっていたのだけど、体調崩して行けなかった『エクソダス』お声掛けしてキャンセルしてしまった、こぶた...... [続きを読む]

» 映画・きっと、星のせいじゃない。 [読書と映画とガーデニング]
原題 THE FAULT IN OUR STARS2014年 アメリカ原作 ジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」 主人公のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は16歳13歳で甲状腺癌になり、腫瘍が肺に転移幸い抗がん剤が効いて、今は酸素ボンベは手離せないものの小康状...... [続きを読む]

» 0と1の間のちいさな無限。〜「きっと、星のせいじゃない」〜 [ペパーミントの魔術師]
どっちかが余命いくばくもなくてっていうラブストーリーはあれど、どっちもってのは ある意味相当悲しいはなしなんだけども どっちもそういう病だからこそ、誰よりもわかりあえることもあるわけで。ものは考えようで。 誰かに出会って人生が変わるとはよく言うけど、 ...... [続きを読む]

» 映画『きっと、星のせいじゃない』★“愛”言葉は“OK!”その先もずっと… [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166498/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ガン患者の会で出逢った、10代の男女( ヘイゼル & ガス )の物語ですが いわゆる病気モノではなく、青春ラブストーリーというのに惹かれて 鑑賞しまし..... [続きを読む]

» 『きっと、星のせいじゃない。』 [ラムの大通り]
(原題:THE FAULT IN OUR STARS) ----『きっと、星のせいじゃない。』。 これって、タイトルからしてロマンチック。 「うん。 この映画もやはり新宿カリテ、新宿武蔵野館での予告で観ていたんだけど、 やはりヒットしそうな予感があるんだ」 ----ふうん。 青春ラブロマ...... [続きを読む]

» 「きっと、星のせいじゃない」☆透き通った涙 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
清らかで濁りのない、透き通った美しい涙がほろほろと流れる映画。 自分の境遇を後回しにして、残される者に対して愛を注ぐ物語。 湿っぽいお涙頂戴にしないところが、さすがアメリカ☆でも大判ハンカチは最初から用意しておこう!... [続きを読む]

» 恋愛の基本。その2。『きっと、星のせいじゃない。』 [水曜日のシネマ日記]
ガン患者の集会で出会った若い男女の恋愛模様を描いた作品です。 [続きを読む]

» 『きっと、星のせいじゃない。』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「きっと、星のせいじゃない。」□監督 ジョシュ・ブーン□脚本 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー□原作 ジョン・グリーン□キャスト シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーン、        ウ...... [続きを読む]

» きっと、星のせいじゃない。★★★★ [パピとママ映画のblog]
ジョン・グリーンのベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」を基にした青春ロマンス。ガン患者の集会で出会った若い男女が恋に落ち、憧れの作家と対面しようとオランダへ旅する姿などを追う。『ダイバージェント』に出演したシャイリーン・ウッドリーとアンセル...... [続きを読む]

» きっと、星のせいじゃない。 [映画と本の『たんぽぽ館』]
切なくも輝かしい、病気のオンナノコストーリーの王道 * * * * * * * * * * 病気のオンナノコのストーリーは見ないことにしている私ですが、 本作は全米大ヒット作ということで、気になって見てみました。 末期のガンで、酸素ボンベが離せない...... [続きを読む]

» きっと星のせいじゃない [迷宮映画館]
子供を見送る親の悲しさよ。 [続きを読む]

» きっと、星のせいじゃない。 [映画的・絵画的・音楽的]
 『きっと、星のせいじゃない。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)時間的な余裕があるときにはこうした純愛ラブストーリーも良いのでは、と思って映画館に行ってみたのですが、案の定、女子高生が大部分でした。  本作(注1)は、17歳で末期ガンを患っている少...... [続きを読む]

» 予め死を受け入れた二人のために~『きっと、星のせいじゃない。』 [真紅のthinkingdays]
 THE FAULT IN OUR STARS  17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は、甲状腺ガンが肺に 転移し、酸素ボンベが手放せないながらも小康状態を保っていた。母(ローラ ・ダーン)の薦めでガン患者が集う会に参加した彼女は、骨肉腫により右足を 切断した、18歳のオーガスタス(アンセル・エルゴート)と出逢う。  アメリカで大ヒ...... [続きを読む]

» 「おみおくりの作法」「きっと、星のせいじゃない」 [セレンディピティ ダイアリー]
少し前に見た作品ですが、2つまとめて感想を書き留めておきます。どちらも”死”をテ [続きを読む]

» きっと、星のせいじゃない。 [映画好きパパの鑑賞日記]
 がんにかかった若者の悲恋物語との事前情報に、アメリカでもお涙頂戴がはやっているのかと、ちょっと冷めた感じで見にいきましたが、丁寧な作りで無理に泣かせようとしていません。ちなみに、周りは若い女性ばかりで、宣伝も女性向きなのですが、中高年の男性がみても、…... [続きを読む]

» 「きっと、星のせいじゃない。」ずっと涙が止まらない・・・ [Wandarlust! 映画とドラマ、ダラダラ英語雑記帳]
きっと、星のせいじゃない。(特別編) [DVD] きっと、星のせいじゃない。 原 [続きを読む]

« フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ | トップページ | 米アカデミー賞発表 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ