サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ネイバーズ | トップページ | レイコップ ふとんクリーナー »

2015年2月 1日 (日)

フォックスキャッチャー (試写会)

大富豪の狂気

Foxcatcher

公式サイト http://www.foxcatcher-movie.jp
2月14日公開

実話に基づいた映画
原作はマーク・シュルツの自叙伝

監督: ベネット・ミラー  「カポーティ」 「マネーボール」 

1984年のロサンゼルス・オリンピックで金メダルに輝いたレスリング選手でありながら、経済的に苦しい生活を送っていたマーク・シュルツ(チャニング・テイタム)は、ある日、有名な大財閥デュポン家の御曹司ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、自ら率いるレスリング・チーム“フォックスキャッチャー”で、1988年のソウル・オリンピックの金メダルを目指そうと誘われる。マークは破格の年俸で契約を結び、デュポンがペンシルベニア州の広大な所有地に建造した最先端の施設でトレーニングを開始する。しかしデュポンの度重なる突飛な言動、マークの精神的な混乱がエスカレートするにつれ、ふたりの主従関係はじわじわと崩壊してゆく。

上映前に、監督の実弟セオドール・ミラー氏と彼の妻でモデルのアンミカさんのトークショーがありました。

弟さんはイベント会社を経営しているらしいですが、日本語がペラペラで驚きました。
本作の撮影現場にも行ったそうで、スティーヴ・カレルは役に入り込んでいて、誰も近づけない雰囲気だったそうですよ。

さて映画は、「カポーティ」「マネーボール」同様、実在の人物を描いている。
楽しい映画ではないし、エンターテイメント性もなく淡々としていて静かなので、隣りの男性は、始まりのほうは寝ていたようだった。

役者の演技力を見る映画かな。
メインキャスト3人の演技はすごいです。
特にコメディー映画の出演が多いスティーヴ・カレルが、これまでと全く違うシリアスな役。怖いですよ~。

それとね、静かなんけど、音が状況や心情を語るのよ。
音の使い方にも注目。

マーク・シュルツはオリンピックの金メダリストでありながら、兄の影に隠れ評価されない。
一方大富豪のジョン・デュポンも、母親(ヴァネッサ・レッドグレー)から評価されていないので、マークに目を留めたのかもしれない。
母親から認められていたら、ジョンももっと違う人間に育っていたかもしれない。
息子は母親に認められたかったし、母親は意識的ではないにしても、彼を支配しようとしていたのかな。

初めはジョンに感謝していたマークだけど、次第に彼の目的は、自分が世間から評価される事だとわかるの。
ジョンとの関係が壊れていくに連れ、お酒やドラッグに溺れてしまう。

Foxcatcher_4

Foxcatcher_2

ジョンがお金の力で、マークの兄のデイヴ(マーク・ラファロ)をコーチとしてフォックスキャッチャーに呼び寄せる。
するとデイヴは、弟の精神状態がおかしい事に気づく。
幼い頃から父親代わりでもあったから、そりゃわかるわよね。

Foxcatcher_3

デイヴもジョンの狂気に気づくけど、家族の生活の安定のために、フォックスキャッチャーに留まる事を決める。

なまじお金があると、財力以外は、自分が大した人間ではないと認めたくないのかしらね。
己を知るって大事よね。

金メダリストであり、良き夫、良き父親で、コーチとしても評価されているマークが、妬ましかったのかしら。
自分には無い物、手に入れられない物を持っていたマーク。

↓こちらが本物のシュルツ兄弟
The_schultz_brothers

(鑑賞日1月29日)

« ネイバーズ | トップページ | レイコップ ふとんクリーナー »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

話はともあれ、役者ってマジ凄い!と感じさせてもらいました。
スティーブ・カレルが近寄りがたい雰囲気だったというのも、わかりますわ。

★sakuraiさん
コメディー俳優のカレルがこんな役をやれるとは、
本当に驚きですね。

最近見た中では一番面白かった映画です。
3人の俳優の演技が光りましたね。
スティーヴ・カレルの鼻も含めて特殊メイクしたルックスと金持ちながらどこか歪んでいる人柄の表現。
チャニング・テイタムがいつも伏し目がちで兄を超えられない自分に悩みながら、一人では生きられないマークの心を全身で演じる。
陽気でかつ人望もあり、家族にも恵まれた兄デイヴ役のマーク・ラファロ。
見終わってからもいろいろ考えてしまいました。

★ミス・マープルさん
お金持ちだからって、心が満たされるとは限らないですよね。
やっぱり人とのつながりとか、心のつながりが大切ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/58756578

この記事へのトラックバック一覧です: フォックスキャッチャー (試写会):

» フォックスキャッチャー/FOXCATCHER [我想一個人映画美的女人blog]
全米を震撼させた96年の大富豪デュポン財閥御曹司による金メダリスト殺人事件を題材に、 レスリング五輪金メダリストとそのパトロンとなった大富豪が 悲劇の結末を迎えるまでを描いた戦慄の実録人間ドラマ。 「カポーティ」「マネーボール」(larr;レビューなし...... [続きを読む]

» 『フォックスキャッチャー』 [ラムの大通り]
(原題:FOXCATCHER) ----『フォックスキャッチャー』って“キツネ狩り”のことだよね。 そんな歌、なかったけ? 「中島みゆきだね。 しかし、変なこと知っているなあ。 この映画のそれは、レスリングチームの名前」 ----レスリング・チーム? 「うん。 野球で言えば球団名...... [続きを読む]

» 『フォックスキャッチャー』 2015年1月29日 一ツ橋ホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『フォックスキャッチャー』 を試写会で鑑賞しました。 今週はクタクタで。。。よく寝れる映画ですよ(笑) ところでアンミカって誰なんだか 【ストーリー】  大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、ソウルオリンピックに向けたレスリングチーム結成プロジェクトに勧誘される。同じくメダリストである兄デイヴ(マーク・ラファ... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー/誰も悪くない… [MOVIE BOYS]
デュポン財閥の創業者一族の御曹司、ジョン・E・デュポンがレスリングのオリンピック金メダリストを射殺した事件を『カポーティ』や『マネーボール』のベネット・ミラー監督で映画化した。御曹司ジョンを『ゲット スマート』のスティーヴ・カレル、ゴールドメダリストの兄を『キッズ・オールライト』のマーク・ラファロ、弟を『親愛なるきみへ』のチャニング・テイタムが演じる。... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【FOXCATCHER】 2015/02/14公開 アメリカ 135分監督:ベネット・ミラー出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ Story:大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマークは、...... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(11) 異様な空間には緊張感が張りつめて息苦しいのだ(笑) [続きを読む]

» 「フォックスキャッチャー」 母の呪縛 [はらやんの映画徒然草]
大財閥の御曹司が、元オリンピックの金メダリストを射殺してしまう。 かなりセンセー [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [ハリウッド映画 LOVE]
暗かった、、、 [続きを読む]

» フォックスキャッチャー ★★★ [パピとママ映画のblog]
デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンが起こした殺人事件を映画化した実録ドラマ。ジョン・デュポンが結成したレスリングチームに引き抜かれた五輪メダリストの兄弟が、彼の知られざる姿を知った果てに悲劇に見舞われる。監督は『カポーティ』などのベネット・ミラー。『...... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー  監督/ベネット・ミラー [西京極 紫の館]
【出演】  チャニング・テイタム  スティーヴ・カレル  マーク・ラファロ 【ストーリー】 大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマークは、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョ...... [続きを読む]

» 映画『フォックスキャッチャー』★金持ち坊ちゃんの“支援”から“支配“の果て [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166624/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 レスリングの金メダリストが、後援の富豪に殺された実話―― というのが辛くて、躊躇しましたが、 スティーヴ・カレル の演技が好評なのと、チラシ中央の“上から目線“が気になって 鑑賞しました。 &nb..... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [映画の話でコーヒーブレイク]
何を隠そう(以前から公言していますが)、私はスティーヴ・カレルのファンです。 と言っても、日本での知名度は低いので「だれ?」っとお思いの方も多いでしょう。      ダンディでしょ?ポスターの中央が同一人物とは思えない。 「ブルース・オールマイティ」スピ...... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [心のままに映画の風景]
1984年のロサンジェルス・オリンピックで、金メダルを獲得したレスリング選手のマーク・シュルツ(チャニング・テイタム)は、同じ金メダリストの兄デイヴ(マーク・ラファロ)を頼りにするも、マイナー競技ゆえ、次のソウル・オリンピックを目指すどころか、競技を続けるのもままならなかった。 ある日、デュポン財閥の御曹司であるジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、自ら率いるレスリングチーム結成...... [続きを読む]

» 映画「フォックスキャッチャー 」ヒリヒリするような緊張感がラストまで [soramove]
映画「フォックスキャッチャー 」★★★☆ スティーブ・カレル、チャニング・テイタム、 マーク・ラファロ、バネッサ・レッドグレーブ、 シエナ・ミラー 出演 ベネット・ミラー 監督、 135分、2015年2月14日公開 2014,アメリカ,ロングライド (原題/原作:SIFOXCATCHER) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 今年の... [続きを読む]

» フォックス・キャッチャー [♪HAVE A NICE DAY♪]
ちょっと前に今頃だけど「カポーティ」を観て 衝撃を受けまして マネーボールも面白かったし なので、この作品も観たいなあ〜と思って観ました。 こちらも実話なんですね。事件があったのは知りませんでした。 うわあ〜怖い〜〜!とは違って 静か〜に怖い〜〜〜 でも静...... [続きを読む]

» 『フォックスキャッチャー(FOXCATCHER)』ベネット・ミラー監督、マーク・ラファロ、チャニング・テイタム、スティーヴ・カレル [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『フォックスキャッチャー』FOXCATCHER監督 : ベネット・ミラー物語・大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は給... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー (Foxcatcher) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ベネット・ミラー 主演 スティーヴ・カレル 2014年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★★ 「ないものはしょうがない!」って考える方なので、“ないものねだり”って性質ではないと自負している私。でも、女房なんかに言わせると「あるものねだりがすごい…... [続きを読む]

» 「フォックスキャッチャー」 [ここなつ映画レビュー]
あまりにも息を詰めて観ていたため、肩がこりっこりになってしまった。凄かった。本当に息詰まる、緊張感に溢れる作品。レスリングというスポーツのハードさや、とある貴族の異常性だけが凄かったのではない。勝ちたい、とか、栄誉を得たい、とかいう、人間の欲望だけが凄かったのではない。越えられない壁、埋まらない溝。マーク(チャニング・テイタム)の兄を越えたいという切望、ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)の母親に認められたいという渇望。そう、私はこの作品を観終わって、実はこれは家族の、ひいては血の抱える問題を描い... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [映画的・絵画的・音楽的]
 『フォックスキャッチャー』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)昨年のカンヌ国際映画祭で監督のベネット・ミラー(注1)が監督賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、多数の猟犬を従えて馬に乗ってキツネ狩りをするシーンが描か...... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
スティーヴ・カレルやチャニング・テイタム、マーク・ ラファロら実力派が共演する実際にあった出来事を基に したレスリングにまつわるドラマで、監督は『カポーティ』 などのベネット・ミラーが務める映画『フォックス キャッチャー』が公開されましたので観に行ってきま…... [続きを読む]

» 人間の闇 [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画「フォックスキャッチャー」を鑑賞しました。 オリンピックで金メダルを獲得したマーク・シュルツはデュポン財閥の御曹司ジョンからレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に誘われる 同じく金メダリストの兄へのコンプレックスから抜けだす...... [続きを読む]

» 『フォックスキャッチャー』 なぜこうなったのか [No Movie, Not My Life!]
ようやく松山でも上映の『 フォックスキャッチャー 』 最終日に駆け込みで地元のアート系劇場シネマルナティックで観てきました! FOXCATCHER  2014年 135分 あらすじ: 1984年のロサンジェルス・オリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手、マーク・シュルツ。しかし、マイナー競技ゆえに生活は相も変わらず苦しいまま。同じ金メダリストでマークが頼りにする兄のデイヴも、妻子ができて以前のように付きっきりというわけにはいかない。いまや、..... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [Cest joli〜ここちいい毎日を♪〜]
フォックスキャッチャー 14:米 ◆原題:FOXCATCHER ◆監督:ベネット・ミラー「マネーボール」「カポーティ」 ◆出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、アンソニー・マイケル・ホール、ガイ...... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [いやいやえん]
【概略】 レスリング界で起こった実話を元に描くサスペンス。大財閥の御曹司、ジョン・デュポン率いるチーム“フォックスキャッチャー”と契約した金メダリストのマーク・シュルツ。だが、ふたりの主従関係は次第に崩壊していく。 サスペンス なぜ大財閥の御曹司は、オリンピックの金メダリストを殺したのか? 1996年1月26日、世界的な化学メーカー、デュポン社の創業者一族の御曹司が、レスリングの金メダリストを射殺したのだ。変わり者として知られた大富豪と優秀なアスリートの間には、いかなる因縁があ... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「フォックスキャッチャー」 原題「Foxcatcher」 監督:ベネット・ミラー 2014年 アメリカ映画 135分 キャスト:スティーヴ・カレル      チャニング・テイタム      マーク・ラファロ      バネッサ・レッドグレープ      シエナ・ミラー ロス五輪の金メダリスト、マークは経済的に苦しく、 十分なトレーニングもできずにいた。そんな時、 デュポン財閥のジョンから、ソウル五輪金メダル 獲得を目指す... [続きを読む]

» フォックスキャッチャー [セレンディピティ ダイアリー]
先日の目黒シネマに続いて、今度は飯田橋の名画座、ギンレイホールで「フォックスキャ [続きを読む]

« ネイバーズ | トップページ | レイコップ ふとんクリーナー »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ