サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 | トップページ | アイアン・ウィル/白銀に燃えて »

2015年3月27日 (金)

マジック・イン・ムーンライト (試写会)

理論か感情か
人生は楽しく生きよう

Magic_in_the_moonlight

公式サイト http://magicinmoonlight.jp
4月11日公開

監督: ウディ・アレン

頭が固くて皮肉屋のイギリス人男性スタンリー(コリン・ファース)は、中国人に扮装し、華麗なイリュージョンで喝采を浴びる天才マジシャン。そんなスタンリーが友人ハワード(サイモン・マクバーニー)の依頼を受け、ある大富豪が入れあげているアメリカ人霊媒師ソフィ(エマ・ストーン)の真偽のほどを見抜くために、南仏コート・ダジュールの豪邸へ乗り込んでいく。ところが実際に対面したソフィは若く美しい女性で、スタンリーをあっと驚かせる透視能力を発揮。この世に魔法や超能力なんか実在しないという人生観を根底からひっくり返されたスタンリーは、笑顔も抜群にチャーミングなソフィに魅了されてしまう。

ウディ・アレン監督作は悲観的でシニカルだし、たいていハッピーエンドでないので相性が悪いのですが、これは面白そうかもと試写会に応募しました。

コリン・ファースがとにかくうまかったです。
さすがでした。
悲観的で合理主義。皮肉屋で人に嫌われる発言ばかりな様子が、笑えて楽しめました。

あまり推理せずに気楽に見ていたので、展開に少し驚くことができたのもよかったです。

舞台は1920年代なので、髪型や服装、車などは、レオの華麗なるギャツビーと同様だなあと思いました。

映画の天才マジシャンのスタンリーは、古くからの友人でマジシャンでもあるハワードから、ソフィというアメリカ人の霊能力者だという女性の、からくりを暴いてほしいと頼まれます。
大富豪のグレース夫人(ジャッキー・ウィーヴァー)がソフィをすっかり信じて、会社の重要な決定まで頼っているし、夫人の息子のブライス(ハミッシュ・リンクレーター)は、ソフィに夢中になっている。ソフィは絶対インチキだとハワードは思ったが、いくら観察してもからくりがわらかないので、スタンリーに見破ってほしいというのです。

Magic_in_the_moonlight_2

グレース夫人の娘夫婦も、ソフィは詐欺師だと考えています。
娘婿は精神分析医で、スタンリーに会った彼が、スタンリーについての分析を妻に話すのですが、これが的を射ていてすごい。(笑)
この分析で、スタンリーの性格がよくわかります。

Magic_in_the_moonlight_4

頭から霊能者なんて信じていないスタンリーですが、ソフィが知らないはずの事を次々と言い当てるので、本当に霊能力があるのかもと思い始めます。
そして彼女に好意を抱き始めた自分にも、驚き戸惑います。

Magic_in_the_moonlight_5

実はスタンリーには、オリヴィアという美人で教養があり、理論的な思考をする婚約者がいます。
それに対し、ソフィは美人ではあるけれど、貧しい育ちで無教養な女性。
理論的に、自分とは不釣り合いな女性である。

さて、ソフィは本物か詐欺師か。
スタンリーの恋の行方はいかに。

ブライスのおバカぶりも笑えました。

Magic_in_the_moonlight_3

ソフイの母親は、マーシャ・ゲイ・ハーデン

Themoonlightmovie9

スタンリーの大好きなヴァネッサおばさんに、アイリーン・アトキンス

(観賞日3月26日)

« イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 | トップページ | アイアン・ウィル/白銀に燃えて »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。ウディ・アレンにしては、優しいラストでしたね(^^)
なかなか突き落すような終わり方をする場合がありますが、これはホンワカでしたし、エマ・ストーンが可愛かった。
でも次は用心しなくてはならない監督でもありますね。
RSS表示ができないみたいなので、お返しTBができなさそうです。

★atts1964さん
いつもより監督の毒が少ないので、
楽しく見られて私にはよかったです。
かわいいエマ・ストーンのファッションが楽しめる映画でもありました。

ブライスのおバカな歌が良かったですよねhappy01

★Erika Aさん
バカに見える役も、結構難しいと思います。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/59347275

この記事へのトラックバック一覧です: マジック・イン・ムーンライト (試写会):

» 映画:マジック・イン・ムーンライト Magic in the Moonlight  ウディ・アレン新作は息抜きお気楽ムービー [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
機内映画で鑑賞。 「The Maze Runner」「The giver」(そのうちアップ予定)と、今のアメリカっぽくイマイチなSF × 2本にゲンナリ(笑) じゃ次はもっと固めにしようと、タイトルに惹かれ、突入。 すると、タイトルバックが出、音楽が鳴り出すと、やけにウディ・ア...... [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [あーうぃ だにぇっと]
マジック・イン・ムーンライト@一ツ橋ホール [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [だらだら無気力ブログ!]
エマ・ストーン、超可愛い。 [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ&イギリス  コメディ&ロマンス  監督:ウディ・アレン  出演:コリン・ファース      エマ・ストーン      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ハミ ... [続きを読む]

» 『マジック・イン・ムーンライト』 2015年4月11日 丸ノ内ピカデリー [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『マジック・イン・ムーンライト』 を鑑賞しました。 この恋のマジックにかからないのはいないよ エマ・ストーンのいろんな服装が見れて幸せだ(笑) 【ストーリー】  魔法や超能力など信じない皮肉屋のイギリス人マジシャン、スタンリー(コリン・ファース)は、ある大富豪をとりこにしているアメリカ人占い師の正体を暴いてほしいと頼まれる。南フランスの富豪宅を訪ねるも占い師ソフィ(エマ・ストーン)が発揮する驚異的な透視能力にただただ驚かされ、それまでの人生観を覆される羽目に。その上、かれんな容姿で明るく活発な彼... [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [atts1964の映像雑記]
2014年作品、ウディ・アレン監督、コリン・ファース、エマ・ストーン出演。 1928年、ベルリン、謎の中国人・ウェイ・リン・スーがマジックを披露している。 彼の一番の技は、生きた象を消してしまう技と、瞬間移動だった。満員のお客も拍手喝采で、終了後楽屋にサインをねだりに来る客が殺到するが、彼は冷たく拒否をして奥の部屋に引っ込んでしまう。 化粧を取ると、そこに現れた顔はイギリス人のスタンリー(コリン・ファース)だった。 そこに、古くからの友人のハワード・バーカン(サイモン・マ..... [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [♪HAVE A NICE DAY♪]
ウディ・アレンの作品でやっぱり又、オシャレで軽く楽しめた 今回はバードマンとこの作品と続けてエマ・ストーンを観ました バードマンとは全く違った柔らかい可愛いエマ・ストーン 洋服も柔らかな素材でフワフワ可愛い色も パーティで着てたドレスもオシャレでちょ...... [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [佐藤秀の徒然幻視録]
マジックが密造される時 公式サイト。原題:Magic in the Moonlight。アメリカ=イギリス、ウディ・アレン監督。コリン・ファース、エマ・ストーン、アイリーン・アトキンス、ハミッシュ・ ... [続きを読む]

» 「マジック・イン・ムーンライト」 [セレンディピティ ダイアリー]
ウッディ・アレン監督の最新作、「マジック・イン・ムーンライト」(Magic in [続きを読む]

» 『マジック・イン・ムーンライト』 [beatitude]
頭が固くて皮肉屋のイギリス人マジシャン、スタンリー(コリン・ファース)は中国人に扮装し、華麗なイリュージョンで喝采を浴びている。そんなある日、とある大富豪が入れあげているアメリカ人女占い師ソフィ(エマ・ストーン)の真偽のほどを見抜いてほしいと友人に頼まれ、...... [続きを読む]

» 『マジック・イン・ムーンライト』 [こねたみっくす]
エマ・ストーンよりもコリン・ファースが可愛らしすぎて困っちゃいます。 最近のウディ・アレン監督作品と比べると、どうも物足りなく感じてしまうのはなぜ?ダイアン・キートン ... [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
1920年代の南フランスを舞台に、不思議な能力を持つ女性占い師と、そのトリックを暴こうとするマジシャンの恋の駆け引きを描いたロマンチックコメディー。『ミッドナイト・イン・パリ』など数々の名作を手掛けてきた名匠ウディ・アレンがメガホンを取り、対照的な男女の恋...... [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [映画的・絵画的・音楽的]
 『マジック・イン・ムーンライト』を渋谷ル・シネマで見ました。 (1)前作『ブルージャスミン』が良かったウディ・アレン監督の最新作というので、映画館に出かけてみました。  本作(注1)の冒頭は、1928年のベルリン。  「Wei Ling Soo」と書かれた看板がかかって...... [続きを読む]

» 映画『マジック・イン・ムーンライト』★タネも仕掛けもない、真実のロマンス♪ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/166553/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 (筋書きを、ネタバレしてしまいますと 要反転↓) マジシャンの男が、占い師の女のウソを暴こうとするも 関わっているうちに、相思相愛になってしまう―― ・マジシャン(=..... [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [心のままに映画の風景]
頭が固く皮肉屋のイギリス人スタンリー・クロフォード(コリン・ファース)は、中国人マジシャンのウェイ・リング・ソーとして華麗なイリュージョンで喝采を浴びていた。 ある日、大富豪のカトリッジ母息子(ジャッキー・ウィーバー、ハミッシュ・リンクレイター)が入れあげているアメリカ人女占い師ソフィ(エマ・ストーン)の真偽のほどを見抜いて欲しいと、友人のハワード・バーカン(サイモン・マクバーニー) ...... [続きを読む]

» 「マジックインムーンライト」 [Con Gas, Sin Hielo]
仕掛けるひとの隙を突く。 老いてますます盛んという枠を超えて、老いてから世界に飛び出して作品を作り続けるW.アレン。今回の舞台は南フランスだ。 C.ファース演じる英国人の天才奇術師スタンリーと、E.ストーン演じる何でも人の心を読み当てる米国人占い師ソフィー...... [続きを読む]

» 「マジック・イン・ムーンライト」 [或る日の出来事]
エマたんに会えれば、それでいい。 [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [映画好きパパの鑑賞日記]
 ウディ・アレンの毒にもクスリにもならないラブコメ。1920年代の南フランスの雰囲気は良かったけど、「ブルージャスミン」のような毒もなく、途中でちょっと退屈しちゃいました。  作品情報 2014年アメリカ、イギリス映画 監督:ウディ・アレン 出演:コリン・ファ…... [続きを読む]

» 恋というマジック [笑う社会人の生活]
映画「マジック・イン・ムーンライト」を鑑賞しました。 魔法や超能力など信じない人気マジシャン、スタンリーは幼馴染から大富豪をとりこにしている占い師の正体を暴いてほしいと頼まれる ペテンを見抜いてやろうと南フランスの富豪宅を訪ねるが占い師ソフィが発揮する...... [続きを読む]

» マジック・イン・ムーンライト [こんな映画見ました〜]
『マジック・イン・ムーンライト』---MAGIC IN THE MOONLIGHT---2014年(アメリカ/イギリス )監督:ウディ・アレン出演:コリン・ファース、サイモン・マクバーニー 、エマ・ストーン、アイリーン・アトキンス、マーシャ・ゲイ・ハーデン 「ミッドナイト...... [続きを読む]

» 「マジック・イン・ムーンライト」マジシャンとサギ師の恋の行方は? [Wandarlust! 映画とドラマ、ダラダラ英語雑記帳]
「マジック・イン・ムーンライト」これは劇場で見ようかなどうしようかな、と思ってるうちに見逃しちゃってた作品です。ウディ・アレン、コリン・ファース、エマ・ストーン、と揃ってたら、そりゃ〜気になっちゃう作品ですよね! う〜ん、でも映画を見てみると・・・コリン・ファースとエマ・ストーンはさすがに良かったものの、でも、いろいろモヤモヤする作品だったなあ〜... [続きを読む]

« イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 | トップページ | アイアン・ウィル/白銀に燃えて »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ