サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« イントゥ・ザ・ウッズ (試写会) | トップページ | パーフェクト・プラン »

2015年3月 3日 (火)

プリデスティネーション

始まりはどこ?

Predestination

公式サイト http://www.predestination.jp

原作: 輪廻の蛇 (ロバート・A・ハインライン著/ハヤカワ文庫)
監督: ピーター・スピエリッグ ,マイケル・スピエリッグ  「デイブレイカー」

1970年11月6日、ニューヨーク。場末のバーに現われた青年が、バーテンダー(イーサン・ホーク)の男に自らの数奇な身の上を語って聞かせる。青年の告白を聞いたバーテンダーは、青年の人生を壊した男に復讐するチャンスを与えると提案する。その見返りに、バーテンダーの後継者になれと言う。実はバーテンダーは、未来から来た時空警察のエージェントだったのだ。彼は因縁の宿敵である連続爆弾魔フィズル・ボマーの犯行を阻止しようとしていた。

オーストラリア映画です。

タイムマシンで過去を変えてしまったことによる、パラドックスの連鎖。
どこが最初なのか、最初の任務だったのだろう。

1981年にタイムマシンができたとの設定だから、その後なんだろうけど、度々過去が変わってしまっているのでわからない。
タイムマシンで行けるのは、1981年から±53年の設定だったかな。

原題の意味は「宿命」。
悲しい宿命だなあ。

時空を何度も移動していると精神障害や認知症になるので、ある程度になると引退せざるを得ない。そこでバーテンダーは後継者を探していた。

作家だという青年の身の上話を聞くバーテンダー。

Predestination_6

この身の上話も驚くけど、バーテンダーの正体にもびっくりよ。

青年、ジェーン、バーテンダーのつながりには驚き。shock
これは予想できないわ。

Predestination_2

Predestination_4

Predestination_5_2

卵が先か鶏が先かの質問や、バーでおっちゃんが歌っている俺は俺のおじいちゃんなんて歌詞も、物語につながっていたのね。

孤児院の前に子供を置いたのは誰なのか、ジェーンを妊娠させた男は誰なのかと見ていたけど、予想外の展開だったわ。

サラ・スヌークはオーストラリアの女優さんだそうで、初めて見ましたが、難しい役をよくこなしていると思いました。

「デイブレイカー」をイーサンにあて書きした兄弟監督だけあって、今回もイーサンのイメージに合っているキャラだと思う。

(鑑賞日2月28日)

« イントゥ・ザ・ウッズ (試写会) | トップページ | パーフェクト・プラン »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

タイトルからしてぇ~逃げても無駄ぁ~ってぇなぁ感じぃ~^~^~

★マー坊さん
ポスターのイメージと、内容はちょっと違う気がします。
チェイスがテーマの映画ではないんですよ。

TBありがとうございます。
今回の感想はいつも以上にふわふわしていて、自分でも何が言いたいのか意味不明です。
火傷のシーンで、あの人とあの人が同一人物と分かってから、「それで?」と思ったまま終わってしまいました。
面白くなかったわけじゃないのに、なんと言ったらいいのか…。
スッキリせずモヤモヤです。

★すぷーきーさん
主題を何と思うかで感じ方が違うかも。

いやはや、見ごたえありました。
見る前に、原作本を手に取ったのですが、読まなくてよかったあ~。
いまからじっくり読みますわ。
帯がイーサンなんですもん。買わなきゃ!

★sakuraiさん
大好きなイーサンがたっぷり観賞できて
よかったですね。
原作もイーサン目当てで買いなんですね。

TBありがとうございます。
思いのほか楽しめました。
結局時空を超えて1人の人物の波乱に満ちた人生を追いかけたような気がします。それにしては波乱があり過ぎましたかね。
イーサン・ホークはいいですね。
サラさんはバーに入ってきた時点で「おねえ」かと思いましたよ。

★ミス・マープルさん
波乱の人生でしたが、
切ない孤独感も感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/59043648

この記事へのトラックバック一覧です: プリデスティネーション:

» プリデスティネーション ★★★ [パピとママ映画のblog]
ロバート・A・ハインラインによる「輪廻の蛇」を基にしたSFサスペンス。時空を往来する犯罪者を取り締まるエージェントと出会い、その仲間になった青年が繰り広げる戦いと彼が抱える宿命を活写する。メガホンを取るのは、『アンデッド』『デイブレイカー』の双子監督マイ...... [続きを読む]

» プリデスティネーション。 [すぷのたわごと。]
『プリデスティネーション』を観に行ってきました。 ちょっと変わったゾンビ映画『アンデッド』や、ちょっと変わったヴァンパイア映画[http://blogs.yahoo.co.jp/spooky1999/64242888.html/ 『デイブレイカー』]と同じ双子監督の最新作。 オーストラリア映画。 原題は『PREDESTINATION』で、予定、宿命、運命、天命といった意味らしい。 カタカナだらけの邦題が、最初は覚えられなかった。 けど、デスティネーションは聞いたことあるぞ、それにプリを..... [続きを読む]

» 『プリデスティネーション(Predestination)』ピーター・スピエリッグ [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞、他いろいろ触れています(ネタバレ)。『プリデスティネーション』(Predestination)原作 : ロバート・A・ハインライン監督・脚本 : ピーター・スピエリッグマイケル・スピエ [続きを読む]

» ショートレビュー「プリデスティネーション・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ウロボロスの宿命。 巨匠ロバート・A・ハインラインの傑作短編小説、「輪廻の蛇」の初の映像化。 異色のヴァンパイア映画「デイブレイカー」で注目された、ドイツ出身オーストラリア育ちの双子の監督スピエリッグ兄弟と、主演のイーサン・ホークが再タッグを組み、なかなかに味わい深いSF映画の佳作となった。 原作は邦訳文庫でわずか29ページ、30分もあれば読み終わってしまう短さだが、タイムパラドッ...... [続きを読む]

» 『プリデスティネーション』 [beatitude]
1970年11月6日。ニューヨークは連続爆弾魔フィズル・ボマーの脅威にさらされていた。青年ジョン(サラ・スヌーク)は場末のバーのバーテンダー(イーサン・ホーク)に、女の子として生まれ孤児院で育ち、18歳の時に流れ者の男と恋に落ち子供を授かるが相手は蒸発、生まれ...... [続きを読む]

» プリデスティネーション〜永遠の自作自演 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Predestination。オーストラリア。ロバート・A・ハインライン原作、ピーター・スピエリッグ、マイケル・スピエリッグ監督。イーサン・ホーク、セーラ・スヌーク、ノ ... [続きを読む]

» プリデスティネーション/PREDESTINATION [我想一個人映画美的女人blog]
先月一番たのしみだったこれ。  やっと観れた〜 同じく、イーサン主演の 人口の95%がヴァンパイアになってしまった未来を描いたSF「デイブレイカー」 の、オーストラリアの双子監督ピーター&マイケル・スピエリッグ最新作 SFの巨匠ロバート・A・ハイン...... [続きを読む]

» プリデスティネーション 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
オーストラリア出身のピーター&マイケルの スピエリッグ兄弟監督とイーサン・ホークが 2009年のヴァンパイア映画『デイブレイカー』 以来再びタッグを組んだSFサスペンス映画 『プリデスティネーション』が公開されました ので観に行ってきました。 ジェームズ・フランコ…... [続きを読む]

» プリデスティネーション  監督/ピーター&マイケル・スピエリッグ [西京極 紫の館]
【出演】  イーサン・ホーク  セーラ・スヌーク 【ストーリー】 1970年、ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョンは、バーテンダーに自身が歩んだ人生を語る。それは女性として生まれて孤児院で育ち、付き合っていた流れ者との子を宿すも彼に去られ、さらに赤ん坊...... [続きを読む]

» プリデスティネーション [迷宮映画館]
何も知らないで見てください。 [続きを読む]

» 『プリデスティネーション』('15初鑑賞27・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 18:45の回を鑑賞。 [続きを読む]

» プリデスティネーション [映画三昧、活字中毒]
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞プリデスティネーション/PREDESTINATION 2014年/オーストラリア/97分 監督: マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ 出演: イーサン・ホーク/セーラ・スヌーク/ノア・テイラー/クリストファー・カービイ/クリス・ソマーズ 公式サイト 公開: 2015年02月28日 1975年、NYでは“不完全な爆弾魔(フィズル...... [続きを読む]

» プリデスティネーション(Predestination) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 SF小説の大家ロバート・A・ハインラインによる短編小説「輪廻の蛇」を、イーサン・ホーク主演で映画化。時間と場所を自在に移動できる政府のエージェントが、凶悪な連続爆弾魔を追うためタイムトラベルを繰り返す姿を描いたSFサスペンス。1970年、ニューヨーク。ある...... [続きを読む]

» 存在の環/輪廻の蛇~『プリデスティネーション』 [真紅のthinkingdays]
  PREDESTINATION  1970年のニューヨーク、連続爆弾魔による爆発が相次ぐ夜の街。ある酒場 のカウンターに、一人の男(サラ・スヌーク)がやってくる。バーテンダー(イー サン・ホーク)は彼に興味を示し、身の上話をするよう促す。男の口から語ら れたのは・・・。  ハインラインの原作、タイムトラベルSF、イーサン・ホーク主演。事前にこ れ...... [続きを読む]

» 語りとSF、そして輪廻へと [笑う社会人の生活]
3日のことですが、映画「プリデスティネーション」を鑑賞しました。 1970年 ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョンはバーテンダーに自身が歩んだ壮絶な人生を語る。 そんなジョンにバーテンダーは自分は未来から来た時空警察のエージェントだと明かして・・・ 正...... [続きを読む]

» プリデスティネーション [銀幕大帝α]
PREDESTINATION 2014年 オーストラリア 97分 SF/サスペンス R15+ 劇場公開(2015/02/28) 監督: マイケル・スピエリッグ (ザ・スピエリッグ・ブラザーズ) ピーター・スピエリッグ (ザ・スピエリッグ・ブラザーズ) 『デイブレイカー』 製作: ピーター...... [続きを読む]

» プリデスティネーション (Predestination) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ 主演 イーサン・ホーク 2014年 オーストラリア映画 97分 SF 採点★★★★ 様々な局面で様々な選択をしてきた結果が今の自分と状況を作り上げているんですけど、振り返ってみると“やっちまった選択”っての…... [続きを読む]

» プリデスティネーション [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 製作:2014年 オーストラリア 上映時間:97分 監督:マイケル・スピエリッグ  ロバート・A・ハインラインの短編小説『輪廻の蛇』が原作のSFサスペンス映画である。携帯用タイムマシンを使って時空を往来し、犯罪者を取り締まる中年エージェントと、そ... [続きを読む]

» プリデスティネーション [♪HAVE A NICE DAY♪]
wowowで鑑賞 ふぉおおおお〜!これは驚いた〜!面白かった! 後々重要になってくるシーンから物語は始まっていたのね・・・ 最初からサスペンスな感じなので 何だか解らないけど、見逃さないぞ!って心構えで観た(笑) いや〜〜凄い。考えたら信じられない内容だ〜...... [続きを読む]

» プリデスティネーション [miaのmovie★DIARY]
【PREDESTINATION】 制作国: オーストラリア  制作年:2014年 1970年、ニューヨークの酒場に現れた青年ジョン(サラ・スヌーク)が バーテンダー(イーサン・ホーク)に奇妙な身の上を語り始めるー。 女の子<ジェーン>として生まれ、孤児院で育った"彼"は、18歳の時に恋に 落ちた流れ者との子を妊娠。しかし、その男はある日"忽然"と姿を消し、 赤ん坊も何者かに誘...... [続きを読む]

» 「プリデスティネーション」これは凄い・・ [ポコアポコヤ 映画倉庫]
予備知識なく見て大正解。4つ★半~5つ星未満 [続きを読む]

« イントゥ・ザ・ウッズ (試写会) | トップページ | パーフェクト・プラン »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ