サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

    パワーレンジャー

    トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

日本へのメッセージ

« ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (試写会) | トップページ | 博士と彼女のセオリー »

2015年3月13日 (金)

陽だまりハウスでマラソンを (試写会)

あきらめるのはまだ早い

Back_on_track

公式サイト http://hidamarihausu.com
3月21日公開

元オリンピック選手で伝説のランナー・パウル(ディーター・ハラーフォルデン)は、最愛の妻の病気をきっかけに夫婦で老人ホームに入居する。忙しく働くキャビンアテンダントのひとり娘に、負担をかけられないからだ。70歳を越えても心身共に健康なパウルは、子供だましのレクリエーションや規則にとらわれる施設側の態度にに嫌気が差し、施設内の庭でランニングを始める。ベルリンマラソン完走を目標に頑張る彼の姿を見て、当初はあきれていた妻や入居者たちも応援するようなり、ホームは賑やかに変わっていくが…。

上映前にトークショーがありました。

3月22日の「とくしまマラソン」完走でギネス認定に挑む“走る女三世代”中島ファミリー<祖母:かずえさん(80才)、 母:ちえさん(56才)、フリーアナウンサーの孫:彩さん(27才)>の3人がゲストでした。
お母さんは2年足らずだし、おばあちゃんはマラソンを始めて8か月だそうですよ。79でやったことないマラソンに挑戦するなんて、すごいですねえ。大阪マラソンでは完走はできなかったけれど、37キロまで走ったとか。初めは「いい年して何やってんだ。」と言っていたおじいちゃんも、今は応援してくれているそうです。

さて映画は、老人施設の実態(?)を考えさせられると共に、人生あとわずかとあきらめて生きるのではなく、いくつになっても楽しく日々を過ごす方が、心にも体にも良いって事。
動けるうちは、明るく生きていたいわねえ。

個性的な入居者の面々が、楽しませてくれました。
夫婦の絆や人と人とのつなかりも感じられるし、笑って泣ける作品でした。

Back_on_track_6

実際のベルリンマラソンでも撮影しています。

以前に乳癌を患った事のある妻の体調が良くない。娘は仕事柄、いつも両親宅に駆けつけられるわけではない。妻と共に渋々施設に入ったパウル。
施設でさせられるのは、彼にとってはつまらない事ばかり。
しかし家は売ってしまったし、妻だけを残して施設を出るわけにもいかない。
そんなパウルは、ランニングを始める。

Back_on_track_2

ベルリンマラソンに出場するという彼に対し、施設関係者や他の入居者、妻も冷ややかな目で見る。でも中には昔の彼を知っている者もいて、好意的な人もいますけどね。

ランニングを続けるうち、妻も昔のように練習に付き合ってくれるようになった。

Back_on_track_3

そして成り行きで、若い介護士と競争する事に。

Back_on_track_4

その様子を見ている入居者のじいちゃんばあちゃん。

悲しい事もありましたが、マラソンで頑張るパウルを応援する施設の人たち。

Back_on_track_5

(鑑賞日3月10日)

« ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (試写会) | トップページ | 博士と彼女のセオリー »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/59154673

この記事へのトラックバック一覧です: 陽だまりハウスでマラソンを (試写会):

» 陽だまりハウスでマラソンを [映画好きパパの鑑賞日記]
 高齢者の問題を、ドイツ映画らしくほろ苦いユーモアをまじえながらもきまじめに取り上げた作品。介護につかれている自分としては、痛いところをつかれて、素直に楽しめなかったところも。  作品情報 2013年ドイツ映画 監督:キリアン・リートホーフ 出演:ディータ…... [続きを読む]

» 陽だまりハウスでマラソンを [映画と本の『たんぽぽ館』]
二人は風と海 * * * * * * * * * * 本作はこの題名から、 もう少しほのぼのしたハートウォーミングストーリーを予想していたのですが、 意外とシリアスで切実です。 妻・マーゴ(ターチャ・サイブト)の病気がきっかけで、 夫婦二人で老人ホーム...... [続きを読む]

» 陽だまりハウスでマラソンを  Sein letztes Rennen [映画の話でコーヒーブレイク]
久々のドイツ映画です。 タイトルとポスターから、ほんわか、ほのぼの系の映画かと思ってたいたのですが…。 70歳を超えたおじいちゃん、実はメルボルンオリンピックで金メダルを獲得し 敗戦後疲弊したドイツ国民に希望を与えた伝説のマラソンランナーという設定です。 ま...... [続きを読む]

» 『陽だまりハウスでマラソンを』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
日本とあまり変わりない老人問題が提示されているが、ユーモアたっぷりで明るい。パウロの若い頃の勇姿、そして今のメタボ姿、どちらの走りにも胸が熱くなる。高齢者は生き甲斐が欲しいのだ。もしパウロがマラソンの途中で死んだとしても、きっと夫婦ともども本望だろうと…... [続きを読む]

» 映画『陽だまりハウスでマラソンを』★老夫婦フーフー人生マラソン日記のような^^; [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166543/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 老人ホームに入居したパウル夫妻。 ホームでの生活になじめないパウルは 昔、選手だったマラソンを、始めることにした―― 高齢者が老後にも、まだまだ花を咲かせるゾ!と言う作品は この頃、よく目にしますが、それだけ老後の生き方についての関心が 高まっているのかもしれません。 ..... [続きを読む]

« ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (試写会) | トップページ | 博士と彼女のセオリー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ