サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

« パーフェクト・プラン | トップページ | ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (試写会) »

2015年3月 9日 (月)

おみおくりの作法

死者を送る気持ちを

Still_life

公式サイト http://www.bitters.co.jp/omiokuri

ロンドンのケニントン地区の民生係ジョン・メイ(エディ・マーサン)は、孤独死した人の葬儀を執り行うのが仕事だ。事務的に処理できる仕事だが、几帳面で誠実な彼は、亡くなった人々の身内を捜すなど力を尽くし、糸口が全て途切れたときに初めて葬儀を手配して、礼を尽くして彼らを見送ってきた。そんなある日、彼の向かいのアパートで、ビリー・ストークという老人が孤独死しているのが発見される。近所に住んでいながら、彼について何も知らなかったことに心を痛めるジョン・メイ。そんな矢先、彼は合理化のあおりで解雇を言い渡され、ビリー・ストークの案件が最後の仕事となり、ビリー・ストークを知る人々を訪ね歩いて、その人生を紐解く旅に出る。

ハリウッド大作からインディーズ映画まで、数々の作品に脇役として出演しているエディ・マーサン。これが初主演作だそうです。
そして驚いたのが、1968年生まれ。
すみません、もっと上かと思っていました。(^-^ゞ

お葬式はジョン・メイの上司が言うように、亡くなった人より残された近親者のためにあると思うけど、ジョン・メイの後任の女性のように、ただの“物”のような扱いは嫌だな。
死者には敬意を払って欲しい。

一番エコなのは、お墓はなくて遺灰にして肥料になるように撒く事ではないかと思うけど、その時でも、死者を送る気持ちを込めて撒きたいし、撒いて欲しいわ。

ジョン・メイは、仕事も私生活もとっても几帳面。

Still_life_2

1人で黙々と仕事をこなし、家でも1人。
家族もなく、彼自身孤独な状況。

そんな彼に、解雇通告。
仕事を失ったら、彼にはする事がないみたいよね。

最後の案件となったビリー・ストークには、娘がいたらしいと室内にあったアルバムから推測したジョン。写真から以前勤めていたらしい製パン工場を最初に訪れ、近親者の手がかりを得ようとします。

Still_life_3

色々訪ね歩くと、ビリー・ストークには血縁者がおり、友人がいた時期もあった。
とっても短気で喧嘩っ早く、アル中だったビリー。
女にモテたビリー。
でもアル中になったのには、理由もあった。

Still_life_4

ジョンが人生を謳歌しようとした矢先、あんなことになるとは。

ここからネタバレ。

最初は誰も来ないはずだったビリーの・ストークの葬儀には、ジョンが訪ね歩いた人々が。

寂しく葬られたジョンの墓の周りに集まったのは、彼が見送った人たち。crying
ジョンにはもっと生きて、幸せになって欲しかったな。

(鑑賞日3月6日)

« パーフェクト・プラン | トップページ | ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (試写会) »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

コメント&TBありがとうございます。
>ジョンにはもっと生きて、幸せになって欲しかったな。
同じこと思いました。
ほとんど表情が変わらなかったジョンが、ケリーと出会って笑顔を見せるようになって、さあこれからという時に…。
見送った人たちが集まってきたのは、やばかったです。

★すぷーきーさん
やっぱり生きているうちに、
人とかかわって楽しく過ごそうと思いました。

この世の幸せとは無縁で、何か自分が生まれてきた使命を淡々とこなしていた感じでしたね。その使命から外れた時に彼のこの世の人生が終焉を迎えた。
彼は神の使いとしか考えられない存在に見えました。
でも人間の自分も、幸せにジョンは浸ってほしかったです。
TBお願いします。

★atts1964さん
ジョンは役目を終えたので、天に召されたのでしょうか。
それでも、現世で幸せになってほしかったですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/59166750

この記事へのトラックバック一覧です: おみおくりの作法:

» 『おみおくりの作法』 [beatitude]
ロンドンの南部、ケニントン地区の公務員である44歳のジョン・メイ(エディ・マーサン)の仕事は、孤独死した人の葬儀を執り行うことである。几帳面な彼は死者の家族を見つける努力を怠らず、その人のために葬礼の音楽を選び、弔辞を書く。規則正しい仕事と生活をしながら...... [続きを読む]

» 静かな人生~『おみおくりの作法』 [真紅のthinkingdays]
 STILL LIFE  ロンドン市・ケニントン地区の民生係、ジョン・メイ(エディ・マーサン)は、一人 暮らしのまま、誰にも看取られずに亡くなった人を引き受けるのが仕事。決して 事務的に処理することなく、身寄りや宗教を調べ、弔辞まで書いて葬儀を取り 仕切り、丁寧に死者を見送っていた。そんな彼が、地区の合併とコスト削減の ため、解雇...... [続きを読む]

» おみおくりの作法(Still Life) [田舎に住んでる映画ヲタク]
 孤独死した人を弔う仕事をする民生係の男が、故人の人生を紐解き、新たな人々との出会いから、生きることとは何かを見つめ直していく姿を描いたイギリス製ヒューマンドラマ。「フル・モンティ」「パルーカヴィル」などのプロデューサーとして知られるウベルト・パゾリ...... [続きを読む]

» おみおくりの作法 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『ベラミ 愛を弄ぶ男』などのプロデューサー、ウベルト・パゾリーニが監督を務め、身寄りのない人の葬儀を行う地方公務員の姿にスポットを当てた人間ドラマ。『戦火の馬』などのイギリスの実力派俳優エディ・マーサンを主演に迎え、心を込めて死者を弔う孤独な男の生きざ...... [続きを読む]

» おみおくりの作法   STILL LIFE [映画の話でコーヒーブレイク]
非常に前評判のよい本作、シネスイッチ銀座まで行かないとダメかなぁと思っていたら 何と!横浜ジャック&ベティで既に公開しているではないですか!! 早速、水曜日レディースディに行ってきました。 いつもは10分前到着を目指して出かけるのですが、たまたま1時間前に到...... [続きを読む]

» 映画・おみおくりの作法 [読書と映画とガーデニング]
原題 STILL LIFE2013年 イギリス、イタリア ロンドン南部、ケニントン地区の民生係、ジョン・メイ(エディ・マーサン)44歳、独身孤独死した人の葬儀を執り行うのが彼の仕事です几帳面で真面目な彼は、亡くなった人の親類縁者を探す努力を怠りませんしかし、どう...... [続きを読む]

» おみおくりの作法 [映画三昧、活字中毒]
■ シネスイッチ銀座にて鑑賞おみおくりの作法/STILL LIFE 2013年/イギリス、イタリア/91分 監督: ウベルト・パゾリーニ 出演: エディ・マーサン/ジョアンヌ・フロガット/カレン・ドルーリー/キアラン・マッキンタイア/アンドリュー・バカン 公式サイト 公開: 2015年01月24日 ロンドン、ケニントン地区の民政係ジョン・メイの仕事は、ケニントン地区で孤独死した住...... [続きを読む]

» 「おみおくりの作法」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
「泣ける映画!」とかって宣伝しなかったことに感謝。4つ★半 中国語タイトルが面白い。 [続きを読む]

» おみおくりの作法。 [すぷのたわごと。]
『おみおくりの作法』を観に行ってきました。 上映館が少なく、観るのを諦めていたら、よく行く映画館で公開が始まることを知ったので行ってきた。 原題は『STILL LIFE』で、Yahoo!翻訳だと“静物”だった。 ジョン・メイが食事の準備にいろいろ並べていくのとか、静物画の被写体みたいだった。 ロンドン、ケニントン地区の民生係ジョン・メイ(エディ・マーサン)。 ひとりきりで亡くなった人の葬儀を取り行う仕事をしている。 几帳面なジョンは、同じ服装、同じ食事など、規則正しい生活をしてい..... [続きを読む]

» 『おみおくりの作法』 (2013) / イギリス・イタリア [Nice One!! @goo]
原題: Still Life 監督: ウベルト・パゾリーニ 出演: エディ・マーサン 、ジョアンヌ・フロガット 、カレン・ドルーリー 、アンドリュー・バカン 、キアラン・マッキンタイア 、ニール・ディスーザ 、ポール・アンダーソン 、ティム・ポッター 鑑賞劇場: ...... [続きを読む]

» おみおくりの作法 [映画好きパパの鑑賞日記]
 原題は「STILL LIFE」。邦題は数年前のヒット作「おくりびと」を意識しており、中身的には先日公開された「悼む人」とかぶる部分もありましたが、英国らしい渇いたユーモアと突き放しつつも暖かさを感じる作風で、個人的にはこちらが好みです。  作品情報 2013年イギ…... [続きを読む]

» おみおくりの作法 [映画と本の『たんぽぽ館』]
悼む人、ジョン・メイ * * * * * * * * * * 舞台はロンドン。 ジョン・メイ(エディ・マーサン)は、孤独死した人を弔う民生係。 つまりは、孤独死した人の簡易的な葬儀を行い、埋葬する。 多分、仕事としてはそれだけをすれば事足りるのでしょう...... [続きを読む]

» 映画『おみおくりの作法』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
ファーストデイ、久しぶりにりんこちゃんと 「映画の日を楽しみましょう…」って事に。 上映時間のチェックから、チケットのゲ [続きを読む]

» [映画『おみおくりの作法』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・良作でした。  主人公は、役所の閑職、民生課の一部所、身寄りのない死者の葬儀・埋葬をするたった一人の職員。  冴えなくも、生真面目に、一人一人の死者の調査をし、丁寧な弔いを行なっている。  調査で知った死者の弔辞を読み、その死者にあった音楽を選...... [続きを読む]

» おみおくりの作法 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 主人公のような仕事、ワタシは結構好きかもしれない。 [続きを読む]

» おみおくりの作法 [いやいやえん]
【概略】 ひとりきりで亡くなった人を弔うロンドン市の民生係、ジョン・メイ。彼は人員整理で解雇の憂き目に遭い、最後の案件にこれまで以上の熱意で取り組む。 ドラマ 人と出会い、死と向き合い、人生は輝きだす。 孤独死した人を弔う民生係の主人公。まあそうか、誰かがやらなければならないもんね、区などにもそういう係がいるのかもしれないなあとまず思った。しかしこの主人公ジョン・メイは、仕事が丁寧なのだ。丁寧すぎる。誠意を持って仕事する事が悪いとは言わないが、効率が悪い。そうして、人員削減の解... [続きを読む]

» おみおくりの作法 [atts1964の映像雑記]
2013年作品、ウベルト・パゾリーニ監督、エディ・マーサン主演。 ロンドンの南部、ケニントン地区の公務員である44歳のジョン・メイ(エディ・マーサン)の仕事は、孤独死した人の葬儀を執り行うことである。 几帳面な彼は死者の家族を見つける努力を怠らず、その人のために葬礼の音楽を選び、弔辞を書く。 規則正しい仕事と生活をしながら、ジョン・メイはいつもひとりだった。 今日もたった一人で、孤独に亡くなった方の葬儀をし、一人で見送ったが、その後、埋葬されない遺骨の一つを、処分するジョ..... [続きを読む]

« パーフェクト・プラン | トップページ | ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (試写会) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ